【Python基礎まとめ】インストールから基本文法、使い方まで解説

Pythonの基礎まとめ 導入、基本文法、資格


初心者だけどPythonの基礎を知りたい。
インストールから基本的な使い方までを理解したい。

これからPythonを始めたい初心者の方にとって、基礎を覚えるまでにどういう手順で進めていけばよいのかと、迷ってしまう方は多いのではないでしょうか?

ここでは、Pythonのインストールから、動かし方、基本文法などについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

基礎文法だけを理解したい方は、「Pythonの基本文法を理解しよう」まで進めてください。

※この記事はPythonのバージョン3.6で動作確認をしています。

なお、Pythonの記事については、こちらにまとめています。

この記事の要約
  • Pythonは機械学習などでよく使われるプログラミング言語
  • 構文がわかりやすく計算向けライブラリが豊富
  • Pythonのプログラミングを行うには実行環境の構築が必要

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

目次

そもそもPythonとは

画像:Shutterstock

Pythonは近年人気のあるプログラミング言語の1つです。

機械学習や教育・研究の分野など学術的な分野でシェアが高く、最近はAIブームで広くビジネスの場でも使われています。

Pythonの人気が高い理由として、

  • 分かりやすい構文
  • 短い記述量で書くことができる
  • 人工知能の分野で実績がある

など、初心者向けであることや、人工知能などで扱う計算向けのライブラリが豊富であることが挙げられます。

以降の解説を読み進める前に、Pythonの特徴をおさらいしておきたい人は次の記事を参考にしてください。

Pythonとは?特徴やできること、活用例をわかりやすく簡単に解説
更新日:2024年4月16日

Pythonのインストール

Pythonのプログラムを動かすためには、Pythonの実行環境を用意する必要があります。

Pythonのインストール有無や最新版へのインストールについては、以下の記事を参考にしてください。

Pythonのインストール方法をOS別に解説(Windows・Mac・Linux)
更新日:2024年4月10日

Pythonの動かし方を理解しよう

Pythonのプログラムは、拡張子「.py」のファイルに記述します。

Pythonの動かし方や Hello World を出力する方法については、以下の記事で解説しています。

【Pythonの動かし方とは】実行方法を初心者向けに1から解説
更新日:2024年4月16日
【Python入門】Hello Worldを表示する方法
更新日:2024年3月1日

簡単に読み進められる内容となっていますので、Pythonの使い方を一通り知りたい方はぜひ参考にしてください。

Pythonの基本文法を理解しよう

Pythonの使い方は理解できましたでしょうか? ここではPythonの基本文法(変数・演算・条件分岐・繰り返しなど)を一通り紹介していきます。

実際にプログラムを作成して動作を確認してみましょう。

変数の定義と初期化

# 変数の定義
num = 100
pi = 3.14
str_ = "samurai"
 
print("num = ",num)
print("pi = ",pi) 
print("str_ = ",str_) 

'''
実行結果
num =  100
pi =  3.14
str_ =  samurai
'''

演算

num = 100

# 演算
print(num + 100)
print(num - 50)
print(num * 10)
print(num / 10)
print(num % 30)

'''
実行結果
200
50
1000
10.0
10
'''

条件分岐

# 条件分岐
age = 25
 
if age > 20:
    print("あなたの年齢は20歳以上ですね!")

'''
実行結果
あなたの年齢は20歳以上ですね!
'''

繰り返し処理(for文)

# 繰り返し処理(for文)
for i in range(10):
    print("i = ",i)
    
'''
実行結果
i =  0
i =  1
i =  2
i =  3
i =  4
i =  5
i =  6
i =  7
i =  8
i =  9
'''

 繰り返し処理(while文)

# 繰り返し処理(while文)
i = 0
while i < 5:
    print("i = ",i)  
    i = i + 1
    
'''
実行結果
i =  0
i =  1
i =  2
i =  3
i =  4
'''

辞書(dictionary)

# 辞書を定義
fruits = {"apple":100, "orange":80, "melon":300}
 
# 値を取り出す
print(fruits["apple"])
print(fruits["orange"])
print(fruits["melon"])
 
'''
実行結果
100
80
300
'''

それぞれの詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてください。

資格取得にチャレンジしてみよう

Pythonの資格としては、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が運営している「Python 3 エンジニア認定基礎試験」があります。


資格を取得することで、Pythonの基本的な使い方について一通りのスキルを身につけることができます。

また資格を取得するメリットとしては、

  • 資格取得の勉強の過程で効率よくスキルを身につけられる
  • 資格保持者としてアピールできる

などがあります。

会社によっては資格取得を重視しているところもありますので、取得しておくことをぜひおすすめします。

Pythonの資格を取得する方法については、以下の記事でさらに詳しく解説していますので参考にしてください。

Pythonについてもっと詳しく知りたい方へ


Pythonについてもっと詳しく知りたい!

という方は下の記事も合わせて参考にしてください。

Pythonアプリ開発完全ガイド!成功へと導く入門手順を初心者向けに解説
更新日:2023年8月29日

Pythonについて、

  • 特徴やメリット
  • できること、できないこと
  • 基礎の基礎
  • 仕事を会得する方法
  • 学習方法

など、初心者に必要な情報が全て情網羅されています。

挫折なくPython言語の習得を目指すなら

ここまでの解説を踏まえ、独学でPythonを習得しようと考えている人のなかには、

独学で習得できるかな…
途中で挫折したらどうしよう…

と不安な人もいますよね。

実のところ、Pythonといったプログラミング言語の学習途中で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

また、こうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とPython言語の習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのサポート体制

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも効率的に必要なスキルだけを習得可能です。

8
9
10
8
9
10
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのカリキュラム例

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なぜ侍エンジニアが挫折せずPython言語を習得できるのか気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

画像:Shutterstock

ここでは、これからPythonの勉強を始める初心者の方に向けて、基本的な使い方を一通りまとめました。

Pythonは近年AI(人工知能)の分野で注目を集めていますが、さまざまな用途で活用することができます。

もし、Pythonの基本的な使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次