WordPressのデータをインポート・エクスポートする方法

こんにちは!フリーランスの長野です。

WordPressのエクスポートで困っていませんか?

サイト内のデータを他のサーバーなどに移転しなければならない場合などにエクスポートが必要になります。

そこでこの記事では、WordPressのエクスポートについて

・デフォルトの機能でインポート・エクスポートする方法 

といった基本的な内容から、

・プラグインを使ったインポート・エクスポート方法
・CSVで記事をエクスポートする方法
 

など発展的な内容についても解説していきます。

インポート/エクスポートの使い方

WordPressでは標準でインポート機能、エクスポート機能が備わっています。
まずはここから確認していきましょう。

エクスポートの使い方

管理画面の左メニューから「ツール」→「エクスポート」を選択クリックします。

エクスポートする内容を

・すべてのコンテンツ
・投稿
・固定ページ
・メディア

の中から選択することができます。

「投稿」や「固定ページ」などはエクスポートする条件を設定することができます。

どれをエクスポートするか、条件を設定して「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンをクリックします。

例えば「すべてのコンテンツ」を選択してボタンをクリックするとwptest.wordpress.yyyyy-mm-dd.xmlファイルがダウンロードされます。

ファイル名の「yyyyy-mm-dd」部分には西暦年月日が入力されています。

インポートする方法

それではエクスポートしたファイルをインポートする方法をみていきましょう。

管理画面の左メニューから「ツール」→「エクスポート」を選択クリックします。

「Blogger」ブログや「RSS」フィールドから投稿などをインポートすることもできます。

今回はWordPressエクスポートファイルからインポートしますので、WordPressの「今すぐインストール」をクリックします。

すると「インポータ―の実行」に変化しますので、クリックします。

「ファイルを選択」ボタンをクリックして、エクスポートファイルを指定しましょう。

指定したら「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンをクリックします。

必要に応じてインポートする投稿者を割り当て「実行」ボタンをクリックします。

インポートできたら完了のページが表示されます。

プラグインAll-in-One WP Migrationの使い方

先ほどは標準のインポート/エクスポートについて説明しました。

しかし標準の場合、プラグインやその他の設定項目、アイキャッチやカテゴリーなどをエクスポートできない項目もあります。

簡単な構成の場合は標準でも十分かもしれませんが、そうでない場合はどうしたらよいのでしょうか?

そんなときに使えるのが、「All-in-One WP Migration」というプラグインです。


https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-wp-migration/

インストールは下記の記事などを参考に行なってみてください。

>>WordPress活用の基本!プラグインのインストール方法は?

エクスポートする方法

管理画面の左メニューに「All-in-One WP Migration」が表示され「エクスポート」が選択できます。

「高度なオプション」をクリックして展開するとエクスポートしない項目を選択することができます。

「エクスポート先」を選択クリックします。

ここでは「ファイル」を指定して作成されたファイルのボタンをクリックすると、ファイルがダウンロードされます。

インポートする方法

インポートするファイルをドラッグ&ドロップでアップロードします。

表示に従って進めると最後に「データを正常にインポートしました。」と表示されるので、「閉じる」ボタンをクリックして終了です。

CSVで記事をエクスポートする方法

WordPressの投稿や固定ページをCSVファイルでエクスポートして、Excelでも閲覧、編集したい場合があります。
データを移行したり、データを集計したい場合などです。

しかし、WordPressには標準でCSVファイルをエクスポートする機能はありません。

そんな機能を追加するプラグイン「WP CSV Exporter」をご紹介しましょう。

「WP CSV Exporter」は日本語で分かりやすいのと、機能が豊富なのが特長です。
投稿も固定ページもエクスポートできる他、条件を細かく設定することもできます。


https://ja.wordpress.org/plugins/wp-csv-exporter/

こちらの下記の記事などを参考にインストールしてみてください。

>>WordPress活用の基本!プラグインのインストール方法は?

「投稿」、「固定ページ」、「カスタムCSS」、「チェンジセット」それぞれのタブで細かく設定することができます。

設定したら「エクスポート投稿CSV」ボタンをクリックしてエクスポートします。

もっとく詳しい使い方は、プラグインの作者様が解説してくれています。
下記も参考にしてみてくださいね。

>>WP CSV Exporterの詳しい使い方

まとめ

ここではWordPressサイトをエクスポートする方法について説明しました。

標準機能の使い方から、プラグイン「All-in-One WP Migration」の使い方、CSVファイルのエクスポートに特化した「WP CSV Exporter」の使い方についてご紹介しました。

それぞれエクスポートできる内容が異なるので、いろいろと試してみてください。

未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

LINEで送る
Pocket

書いた人

長野 透

長野 透

熊本在住のフリープログラマ兼ライターです。C/C++/C#、Java、Python、HTML/CSS、PHPを使ってプログラミングをしています。専門は画像処理で最近は機械学習、ディープラーニングにはまっています。幅広くやってきた経験を活かしてポイントをわかりやすくお伝えしようと思います。
お問合せはこちらでも受け付けています。
[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説