スライドショースライドショー

【Python入門】for文による繰り返し処理まとめ

プログラミングをする上で、決められた回数分繰り返し処理を行うことはよくあります。Pythonでは好きな回数のループ処理を行う方法として、for文が用意されています。

この記事では、for文の基本的な使い方からbreak,continueによる繰り返し処理の中断、スキップ処理、for文の発展的な使い方などについて解説いたします。

for文は使う頻度が高い処理になりますので、使い方についてはしっかりと理解しておきましょう。

※ この記事のコードはPython 3.7で動作確認しました。

for文の書き方

まずはfor文の基本的な書き方を見ておきましょう。

for 変数 in シーケンス:
    繰り返し処理したいコード

Pythonでは他の言語でforeachと呼ばれる書き方が標準のfor文の書き方に相当します。これはシーケンスの各要素をループ毎に頭から取り出して、for文のブロック中で使うことができる書き方です。

シーケンスとは、リストや文字列、タプルなどの複数のデータが順番に並んでいる型のことをいいます。

詳しくはこちらの記事で解説されているのでぜひ見てみましょう!

【Python入門】初心者必見!forループの使い方とその応用
更新日 : 2018年10月30日

for文の基本的な使い方

「5回だけ繰り返し処理をしたい!」のように、指定した回数だけループを使いたい場合はrange関数を使いましょう。

range関数は引数の数字(int型)の回数分だけ数字を返すイテレータになります。

for i in range(5):
    print(i)
0
1
2
3
4

このように5回文繰り返し処理が実行されましたね!

詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください!

【Python入門】range関数を使ってリストを作ろう!
更新日 : 2019年5月9日

for文の中断、スキップ(break、continue)

for文の中で「この条件を満たしたらループ処理を止めたい!」という場合、break文を使うことでfor文のブロックから抜けることができます。

for i in range(5):
    if i == 3:
        print("Break!")
        break
    print(i)
0
1
2
Break!

また、「この条件を満たしたら、それ以降の処理を行わずに次のループに進みたい」という場合にはcontinue文を使います。

for i in range(0,5):
    if i == 2:
        continue
    print(i)
0
1
3
4

このようなループ中でのみ使用される文についての詳しい解説については、以下の記事で詳しく解説しています!

記事は主にbreakについて解説していますが、continueについても解説しているのでぜひご覧ください。

Python超初心者向け!breakとcontinueの基礎の基礎を解説!
更新日 : 2018年11月20日

for文でelseを使う方法

breakを使ってループを抜けた時と、指定した回数のループ処理を終えてforブロックを抜けた時、それぞれでその後の処理を変えたいときがあります。

このような時にはelseブロックを使うことでスマートにプログラムを書くことができます。

for i in range(3):
    print(i)
else:
    print("Done")
0
1
2
Done

このようなfor文の後のelseブロックの使い方は、こちらの記事で詳しく解説されています!

【Python入門】for文の後にelseブロックを使う方法
更新日 : 2018年10月30日

覚えておくと必ず役に立つので是非とも記事を読んで使いこなしてください!

辞書型のindexやkeyをfor文で取り出す方法

for文を回すとシーケンスの要素が一つずつ取り出されますね。

しかし要素だけでなく、その要素の番号(index)を取り出したい時があります。このような時に活躍するのがenumerate関数です。

このenumerate関数にシーケンスを渡すと、シーケンスの要素とその番号を返してくれます。

実際に見てみましょう。

for ix,val in enumerate(["りんご","ゴリラ","ライオン"]):
    print("インデックスは{},要素は{}".format(ix,val))
インデックスは0,要素はりんご
インデックスは1,要素はゴリラ
インデックスは2,要素はライオン

このように要素番号と要素を同時に受け取ることができました。

このようなenumerate関数の詳しい使い方や、辞書のkeyとvalueを同時に受け取る方法などについて、こちらの記事で詳しく解説しています。

【Python入門】enumerate関数とfor文でindexを取得しよう
更新日 : 2018年10月31日

まとめ

ここでは、Pythonのfor文を使う方法について紹介しました。

for文のような繰り返し処理はプログラミングで非常に大切な機能の一つです。それぞれの章にある記事のリンクでは、それぞれの方法や機能について詳しく解説しているのでぜひ、ご覧ください。

ぜひ、Pythonのfor文を使いこなせるようになりましょう!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

フクロウ

フクロウ

第一言語はPythonです。
皆さんRustやりましょう。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説