スライドショースライドショー

1分でわかる!gitでのブランチの作り方とリモートに上げるまで!

みなさんこんにちは! フリーランスプログラマーのsatoです!

今日はブランチの作成方法について見ていきましょう。branchはgitを扱う上で非常に重要な機能です。そのブランチを作る方法をここで学んでおきましょう。

  • [基本]branchとは
  • [基本]新規ブランチの作り方
  • [基本]リモートのブランチを元にした作り方
  • [基本]リモートへのあげ方
  • [応用]branchを一覧確認
  • [応用]branchの切り替え方法

最初に、基本的な概念や作り方を学び、そのあと少し応用的な内容まで見ていきましょう。それではよろしくお願いいたします。

branchとは

branchとは、gitの非常に重要な仕組みです。branchがあるからこそ、複数の開発ラインを設けたり、共同開発を行ったりということが、非常に簡単に行えるんです。

そんなbranchの詳細は以下のリンク先でまとめていますので、わからない方は、ぜひお読みください!

【Git入門】ブランチ(branch)とは?メリットや使い方を解説!
更新日 : 2019年10月14日

branchの作成方法!

それでは早速作り方を見ていきましょう。

新規ブランチの作り方

完全新規のブランチを作る方法は二通りあります。一つはbranchコマンドを利用した方法。

もう一つはcheckoutコマンドを利用した方法です。どちらを使用しても結果は変わりません。どちらを選んでも大丈夫です!

branchコマンドを使用した作り方

branchコマンドを利用した作り方はシンプルです。「git branch」に続けて、作りたいブランチ名を記述しましょう。

git branch [新規ブランチ名]

checkoutコマンドを使用した作り方

つぎにcheckoutコマンドを利用した作り方です。こちらは「-b」オプションを利用します。-bオプションをつけないと、ブランチの切り替えとなってしまいます。ブランチを作成するのなら-bオプションを必ずつけましょう!

git checkout -b [新規ブランチ名]

リモートのブランチを元にした作り方

誰かがリモートにあげたブランチを元に、自分のローカルブランチとして作成することもできます。その場合、checkoutでの生成コマンドの後ろに、「リポジトリ名」と「元となるリモートブランチ名」をつけましょう

書き方:

git checkout -b [ローカルで作るブランチ名] [リモートリポジトリ名]/[元となるリモートブランチ名]

少しわかりづらいため実例も見てみましょう。

実例:

git checkout -b new_branch origin/new_branch

この実例は、originリモートリポジトリの「new_branch」を、ローカルにも同名で作成している例です。

リモートへのあげ方

次に「ローカルで作ったブランチ」をリモートへ上げる方法を学びましょう。こうすることで初めて、ブランチをみんなに共有できるわけですね。

git push -u origin [リモートへ上げたいローカルブランチ名]

ちなみに「-u」オプションは追跡ブランチとして、設定するためにつけています。追跡ブランチについては少し難しい話となるため、説明は割愛します。初心者の方は、まずはおまじないよのように「-u」オプションを必ずつけておくことをお勧めします

branchを作った後に!

branchを一覧確認

ローカルブランチのみを一覧確認するなら、以下のようにbranchコマンドを叩きましょう。

実行処理:

git branch

実行結果:

$ git  branch
  branchA
  branchB
  branchC
* master

結果時に頭についている※印は、現在選択中のブランチです。またリモートブランチも一覧表示したい場合は、以下のように-aオプションをつけましょう。

git branch -a

branchの切り替え方法

切り替えるのは非常に簡単です! checkoutコマンドを利用しましょう。

git checkout [切り替え先のローカルブランチ名]

ローカルブランチの削除方法

ローカルブランチを削除するときは以下のコマンドです。-Dオプションをつけるだけなので簡単ですね!

git branch -D new_branch

リモートブランチの削除方法

リモートリポジトリを削除するときは以下のように打ちます。

git push --delete origin new_branch

また注意点として、リモートブランチを削除したとしても、他人の環境で表示が残り続けてしまいます。その場合は、以下のコマンドを打ってもらい、削除の同期をかけてもらいましょう。

git fetch -p

まとめ

一通りブランチの作成に関わる部分を見てきました。参考にしていただければ幸いです。ブランチはgitの非常に重要な機能です。

作成・切り替え・削除・リモートへの上げ方・落とし方。この辺りのマスターは必須です! ぜひ実践して、覚えておきましょう。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説