スライドショースライドショー

初心者でも大丈夫!Pythonでポートフォリオサイトを作る方法

【Python初心者向け】 ポートフォリオサイトを作る


Pythonでポートフォリオを作りたい…
作った物をポートフォリオサイトでまとめたい!

Pythonエンジニアに転職をしたい、制作物の記録を残したい。そんなときは自分のポートフォリオサイトが欲しいとお考えでしょう。

今回の記事では、Pythonのフレームワーク「Django」を使って、ポートフォリオサイトを作る方法を解説します。

具体的には、PythonとDjangoのインストールから、ポートフォリオサイトに簡単なテキストを表示させる所まで解説していきます。

侍テクニカルライターの遠藤がお供させていただきます。ぜひ最後までお付き合いください。

ポートフォリオサイトを作るメリットとは

画像:Shutterstock

まずは前提知識として、ポートフォリオサイト制作のメリットを把握しておきましょう。

メリットとして挙げられるものは以下になります。

  • 実績としてアピールできる
  • 就活・転職・フリーランスとしての案件獲得に役立つ
  • 一つのサイトを形にするので、それだけ技術が身につく
  • ポートフォリオサイト自体が一つのポートフォリオになる

ポートフォリオサイトなので、もちろん実績の記録を残すことができます。これを利用して、就活や転職、フリーランスとして案件獲得に役立てることができます。

また、一つのWebサイトを作ることになるので、ポートフォリオサイトを作ったという事実がポートフォリオの一つとして成り立ちます

既に様々なアプリを作った方だけでなく、初心者の方が最初の実績を作るためにポートフォリオサイト制作をするという選択も十分にアリです!

Djangoとは

今回使用するDjangoはPythonで作られているWebフレームワークの一つです。Pythonフレームワークの中でも、最も人気のあるものになっています。

Webフレームワークとは、WebサイトやWebアプリケーションを作るうえで必要な機能群があらかじめ組み立てられている骨組みの事です。

Djangoを使うことで、少ないコード量でWebサイトが簡単に作れます。今回紹介するような基礎的なページであれば、慣れれば数分で作れてしまいますよ。

これを使わない手はないですよね! 以下の表はPythonの主なフレームワークをGoogle Trendで比較したものです。

vs python framework

引用元:Google Trends(https://trends.google.co.jp/trends/explore?geo=JP&q=Bottle%20Python,Django%20Python,Flask%20Python,Pyramid%20Python,Plone%20Python)

2019年9月現在、Djangoは最も人気のあるフレームワークであることが分かります。

Pythonでポートフォリオサイトを作るには

それではポートフォリオを作りましょう! 冒頭でも述べた通り、PythonフレームワークのDjangoを使ってポートフォリオサイトを作っていきます。

Pythonのインストール

まずはPythonをインストールします。

今あなたのPCのPython環境を確認しましょう。以下のコマンドを実行してください。

$python -V

これでバージョンが出ない(エラー表示)場合や、バージョンがPython2系である場合は、Python3系の環境をインストールしておきましょう。

手順は以下記事で解説しています。

Djangoのインストール

続いて、Djangoをインストールします。

インストール手順は以下の記事を参照してください。

Djangoの環境ができたら、実際に使ってポートフォリオサイトを作りましょう!

Djangoを使う

基本的な使い方

Djangoの使い方は以下の記事を参考にしてください。

この記事では、Djangoを使って作ったページにHTMLで指定した文字列を表示する所までが解説されています。

CSSを利用しよう

Djangoで任意の画面が表示できるようになったら、デザインを記述するCSSを使って見やすいデザインにしましょう。シンプルなもので構いません。

以上のPython(Django), HTML, CSSを使うと、ポートフォリオサイトの基本ができあがります。

ここからカスタマイズを進めて、サイトを拡張していきましょう。

良いポートフォリオサイトを作るには

良いポートフォリオサイトを作るには、ゴールをイメージすることが大切です。

そのためには、さまざまなWebサイトやポートフォリオサイトを参考にしてイメージを膨らませると良いです。デザイン案として形にできるとなお素晴らしいです。

一つの理想形として、Webディレクターとして著名な徳田優一さんのポートフォリオサイトを紹介します。このようなサイトを見本にして、自分のポートフォリオサイトを強化していきましょう!

UNDERLINE

まとめ

画像:Shutterstock

今回の記事では、PythonのフレームワークDjangoを使ってポートフォリオサイトの基礎を作る手順について解説しました。

この記事だけではまだ簡素なWebサイトしかできませんが、ここからどんどんカスタマイズして、素敵なポートフォリオサイトを作り上げてください!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説