PHP入門!インストールから勉強方法、必要な知識を初心者向けに解説

PHPを入門するためにはどんな手順が必要なの?
PHP入門者におすすめの勉強方法は?

PHPの勉強をこれから始めたい方の多くは、このような考えを持っているのではないでしょうか。PHPの習得を成功させるために、まずは基本的なことを知っておきたいですよね。

そこで今回は、PHP入門者が押さえておきたい情報について一通り解説します。プログラミング初心者でも分かりやすい内容になっていますので、ぜひご一読ください。

本記事を読むことで、PHPを入門するための必要な知識がわかります。気になるところからお読みください。

この記事の要約
  • PHPは1990年代に登場して以来高い支持を集める開発言語
  • PHPはWebのバックエンド開発が得意+初心者でも習得しやすい
  • PHP学習は開発環境の構築からはじめよう

本記事を読む前に、PHPがどんなプログラミング言語をおさらいしておきたい人は次の記事を参考にしてください。

→ PHPとは何かわかりやすく解説!できることや将来性、学習方法も紹介

目次

PHP入門者に必要な5つの知識

PHP入門者に必要な基礎知識

画像:PHP入門者に必要な基礎知識
まずは、PHP入門者に必要な5つの基礎知識について、順番に解説していきます。

そもそもPHPとは

PHPは1990年代に開発された、日本で10万人以上が利用している人気のプログラミング言語です。世界でも広く使われており、TIOBE Indexによると2021年3月現在、PHPは世界8位の人気があります。

TIOBE Index

出典:TIOBE Index
PHPは、主にWebシステムを構築するために使われています。Webシステムは、ブラウザを通してユーザーのパソコンとWebサーバーが通信することで動作する仕組みです。

ユーザーのパソコン側(フロントエンド)とWebサーバー側(バックエンド)の2つで構成されていますが、PHPはバックエンドのプログラム開発に使われています。

PHPを使ってできること

PHPを使うと前述のとおり、Webシステムのバックエンド(Webサーバー側)で動くプログラムを開発できます。具体的に言うと、ユーザーのブラウザ上に表示するWebページのもととなるデータを、Webサーバーから取得するのが主な使い方です。

PHPはWeb開発に特化した言語で、Web関連であれば以下の通りなんでも作れます。

  • SNSサイトの制作
  • ECサイトの制作
  • ブログや掲示板サイトの制作
  • 社内管理システムの構築
  • お問い合わせフォームの実装
  • 予約システムの実装
  • グループウェアシステムの開発
  • 様々なAPIとの連携
  • 検索機能
  • データベースとの連携
  • 広告配信システムの開発
  • バッチ処理の作成

その反面Web以外の分野には不向きで、ほとんど使われることがありません。しかしWeb開発での需要は圧倒的に高く、今後も安定した仕事が期待できるでしょう。

PHPでできることをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧くださいね。

PHPでできることとは?具体例を用いてわかりやすく解説
更新日:2024年4月29日

PHPの難易度

PHPの難易度は比較的低め

画像:PHPの難易度は比較的低め
C言語やJavaで書かれたプログラムを実行するには、コンピューターが理解できる形に変換する「コンパイル」という前工程が必要です。一方のPHPは「スクリプト言語」という分類で、コンパイルせずともそのままプログラムを実行できます。

コンパイルはエラーの内容を見つけにくいもの多く、コンパイルで発生したエラーを取り除く→再度コンパイルの繰り返しとなるため、プログラムを実行するまでに手間がかかります。

また、規模が大きいプログラムほどコンパイルエラーも発生しやすく、多くのエラーを解決しなければなりません。

このようなコンパイルで発生するエラーに悩まされることなくプログラムの動作を確認できるという点で、PHPの難易度は比較的低めです。しかも、長年使われており日本語の参考情報も多いので、初心者でも学習しやすいでしょう。

PHPと一緒に学習したいプログラミング言語

PHPは、Webシステムのバックエンド開発で良く使われていると解説しました。Web開発に強くなるために、以下のプログラミング言語も一緒に学習しておくのがおすすめです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript

「HTML」は、Webページに表示するコンテンツを記述するための言語で、Webエンジニアには習得が欠かせません。「CSS」はWebページのデザインをカスタマイズするための言語で、HTMLとセットで使われるので学習しておきましょう。

HTML/CSSの知識をもっと増やしたい方には、以下の記事もおすすめです。

HTML/CSSとは?初心者向けの基礎知識と学習サイト5選
更新日:2024年5月6日

また「JavaScript」は、Webシステムのフロントエンド開発で必ず使われるプログラミング言語です。PHPと併せて習得すれば自分だけでのWebシステム構築も可能となり、Webエンジニアとしての価値が高まります。

JavaScriptについてもっと情報が欲しい方は、以下の記事も読むと良いでしょう。

JavaScriptとは?初心者向けに特徴や学習方法をわかりやすく解説
更新日:2024年6月14日

PHP入門者にも必須のフレームワークとは?

PHPの学習を進める上で、押さえておきたいのが「フレームワーク」です。

フレームワークとは、プログラム開発の手間を減らしてくれる「出来合いのプログラム」のこと。フレームワークを活用すると複雑な機能でも短時間で実現できるので、開発効率アップには欠かせない存在です。

この章では、代表的なPHPのフレームワークを3つご紹介します。

世界で最も人気な「Laravel」

Laravel

出典:Laravel
「Laravel」は、世界で最も人気の高いPHPフレームワークです。数行のソースコードを書くだけでプログラムをある程度自動生成してくれるため、プログラミング初心者でも少ない手間で利用できます。

幅広い機能を提供しているので、大規模な開発プロジェクトでも利用しやすいのが特徴です。Laravelが気になる方は、以下の記事も読むと良いでしょう。

Laravelとは?PHPフレームワークの特徴やできること、使い方も紹介
更新日:2024年5月10日

日本でも人気の「CakePHP」

Laravel

出典:CakePHP
「CakePHP」は、日本でも多くのエンジニアが愛用しているPHPフレームワークです。日本語の参考情報も多く、プログラミング初心者でも少ない学習コストで習得しやすいメリットがあります。

CakePHPを使ってみたい方は、以下の記事でさらに理解を深めておきましょう。

【5分でわかる】PHPのWEBフレームワーク「CakePHP」とは?
更新日:2024年4月29日

カスタマイズしやすい「FuelPHP」

FuelPHP

出典:FuelPHP
「FuelPHP」は、比較的新しいPHPフレームワークです。必要な時だけプログラムを読み込むのが特徴で、無駄なメモリを使うことなく軽量かつ高速な動作を実現できます。

自由度が高くカスタマイズしやすい反面、プログラミング初心者にはやや学習コストが高いと言えます。FuelPHPに魅力を感じる方は、以下の記事を読めばさらに詳しく理解できますよ。

【初心者向け】高速軽量なPHPフレームワーク「FuelPHP」とは
更新日:2024年4月29日

PHPを入門するために必要な3つのステップ

PHPを入門するためには、以下の3ステップを行うと良いでしょう。

  • ステップ1:PHPの開発環境を構築する
  • ステップ2:PHPファイルを作成する
  • ステップ3:PHPのプログラムを実行する

各ステップの詳細については、順番に解説していきます。

ステップ1:まずはPHPの開発環境を構築しよう

簡単なプログラムを動かせるとイメージしやすいので、まずはPHPの開発環境を構築すると良いでしょう。PHPの開発環境として、以下3つをインストールしておくことをおすすめします。

  • PHP本体
  • Apache(アパッチ)
  • MariaDB

PHP本体は、プログラムを実行するためには必須となります。「Apache」は、Webサーバーとやり取りを行うために必要なソフトウェアです。

またWebサーバーで大量のデータを取り扱うためには、データベースも欠かせません。データベースを管理するために必要なソフトウェアの1つが、「MariaDB」です。

PHPの環境構築には、これら3つをまとめた「XAMPP(ザンプ)」というパッケージをインストールするのがおすすめです。

具体的なXAMPPを使ったPHPの環境構築方法については、以下の記事を参考にしてくださいね。

PHPの開発環境を構築するには? XAMPP利用とその問題点もあわせて紹介
更新日:2024年5月6日

ステップ2:PHPファイルを作成しよう

次に、簡単なプログラムを実行するために必要なPHPファイルを作成しましょう。XAMPPをインストールすると、「C:\xampp\htdocs」というフォルダが作成されているはずです。

実は、Webブラウザで「http://localhost/」というURLにアクセスした時に、このフォルダ内にあるPHPプログラムが実行されるのです。このようなパスを「ドキュメントルート」と呼びますが、今回はドキュメントルートを変更する方法は割愛します。

ドキュメントルートには様々なファイルやフォルダが存在するので、区別するために「sample」というフォルダを作成してみてください。そして、その中に「test.php」という空のPHPファイルを作成しましょう。

空のPHPファイルを作成

画像:空のPHPファイルを作成

ステップ3:PHPのプログラムを実行してみよう

作成したPHPファイルに、「Hello World」と表示する簡単なプログラムを書きましょう。以下のソースコードをコピーアンドペーストして、上書き保存すればOKです。

<?php
echo 'Hello world';
?>

今回はソースコードの細かい説明は割愛しますが、“<?php”と”?>”の間にPHPのプログラムを書いていくのが基本です。PHPファイルを変更したら、デスクトップの検索バーに「XAMPP」と入力して、「XAMPP Control Panel」を起動しましょう。

「XAMPP Control Panel」を起動

画像:「XAMPP Control Panel」を起動
次にXAMPP Control Panel画面で、Apacheの「Actions」にある「Start」ボタンを押下して、Apacheを起動します。

Apacheを起動

画像:Apacheを起動
そしてWebブラウザのアドレスバーで「http://localhost/sample/test.php」と入力してアクセスし、以下のように表示されれば成功です。

「Hello World」と表示

画像:「Hello World」と表示
先ほど作成したPHPファイル内のプログラムが実行されて、「Hello World」と表示されました。

これがPHPプログラムを実行する最も基本的な方法ですが、それ以外の実行方法について知りたい方は以下の記事も見ると良いでしょう。

PHPのプログラムを実行するには!?超初心者向けに手順と理由を解説
更新日:2024年5月6日

PHP入門者が勉強するためにおすすめな4つの方法とは

おすすめの勉強法

画像:PHP入門者におすすめの勉強法
PHP入門者が勉強するなら、以下4つの方法がおすすめです。

  • オンラインサイトで勉強する
  • 動画を見て勉強する
  • 本を読んで勉強する
  • プログラミングスクールに通う

詳細はひとつずつ順番に解説していきます。

なお、PHPの勉強方法については以下の記事でも詳しく解説していますので、併せて参考にしてくださいね。

PHP初心者が基礎をマスターするための勉強法と全手順を解説
更新日:2024年5月21日

オンラインサイトで勉強する【おすすめサイト3選】

画像:オンラインサイトで勉強する
パソコンで勉強できるオンラインサイトを使うと、手軽にPHPの勉強が可能です。おすすめのオンラインサイトを3つ、ご紹介します。

何でも分かる公式サイト「PHP マニュアル」

PHP マニュアル

「PHP マニュアル」は、PHPの公式サイトが公開しているPHPのマニュアルです。公式なので高い信頼性があり、PHPのプログラミングに関することなら何でも書かれています。

情報が分かりやすく整理されているため、知りたい情報だけをピンポイントで取得できるのもメリットです。サンプルコードも充実しており、プログラミング初心者でも理解しやすいでしょう。

公式サイトで詳細を見る

エンジニアに質問できる「SAMURAI TERAKOYA」

SAMURAI TERAKOYA

「SAMURAI TERAKOYA」は、プログラミングについて幅広く勉強できるサイトです。PHPの基本的な書き方から、簡単なWebアプリの作成方法まで勉強できます。

また、現役エンジニアに質問できるQ&A掲示板があるのも魅力です。PHPの勉強で発生した不明点はもちろん、転職に関する相談も聞いてくれるので、PHPを仕事にしていきたい方におすすめします。

公式サイトで詳細を見る

スライド形式で学べる「Progate」

Progate

「Progate」は、スライド形式でプログラミングについて勉強できるサイトです。PHPの基礎知識から、簡単なお問い合わせフォームの作成まで勉強できます。

前のスライドに戻ったり途中から再開したりできるので、自分のペースに合わせて勉強できるのがメリットです。無料の会員登録でも基本的な部分は学べるので、コストをかけずに勉強したい方は使ってみると良いでしょう。

公式サイトで詳細を見る

動画を見て勉強する【おすすめサイト2選】

動画で勉強する

画像:動画で勉強する
動画を見て勉強すると、よりPHPの知識が定着しやすいのでおすすめです。動画でPHPを勉強できるサイトを2つ、ご紹介します。

3分の動画で学べる「ドットインストール」

ドットインストール

「ドットインストール」は、1本あたり3分程度の動画でPHPを勉強できるサイトです。短時間で動画を見られるので、通勤などのすき間時間でも気軽に勉強できます

PHPの基礎文法に関する講座が充実しており、サンプルコード付きで細かく説明してくれます。途中までは無料でも見られるので、使ってみて自分に合っていれば有料会員登録するのも良いでしょう。

公式サイトで詳細を見る

動画を見ながら実践できる「paizaラーニング」

paizaラーニング

「paizaラーニング」も、動画を見てPHPについて勉強できるサイトです。プログラムを書くスペースが用意されているので、動画を見ながら自分で実践できます。

配列の使い方やオブジェクト指向など、PHPの基本的な書き方を重点的に学べます。こちらも途中までは無料で見られるので、試しに使ってみると良いでしょう。

公式サイトで詳細を見る

本を読んで勉強する【おすすめ良書3選】

本を読んで勉強する

画像:本で勉強する
本での学習は、1冊でPHPの知識を幅広くカバーできるのがメリットです。PHP入門者におすすめの、勉強本を3冊ご紹介します。

なお、以下の記事ではPHPの初心者から上級者まで、レベル別におすすめ勉強本をご紹介しています。PHPをもっと深く勉強したいという方には、こちらもおすすめです。

PHPが学べるおすすめの本!入門~上級までレベル別に紹介
更新日:2024年5月21日

よくわかるPHPの教科書【PHP7対応版】


PHPの基本的なプログラミングスキルを学びたい人に最適な入門書です。まずはプログラムが動く仕組みから解説してくれるので、プログラミング初心者の方でも心配ありません。

そして簡単なWebアプリの作成を通して、基本的なPHPのテクニックを一通り勉強できる内容になっています。最終的にはPHPを使った掲示板アプリを開発できるようになるので、実践的なスキルも身に付くのがメリットです。

気づけばプロ並みPHP改訂版


ショッピングサイトの開発を通して、PHPについて勉強できる本です。PHPプログラミングの基礎学習が終わって何か作ってみたい方には、この本をおすすめします。

ユーザー認証やカート機能、注文フォームといったショッピングサイトに必要な機能をすべて最初から作り上げる方法を紹介しています。フレームワークなどに頼らず、必要な機能をゼロから作成するスキルを養えるのがメリットです。

PHPフレームワークLaravel入門


PHPの人気フレームワーク「Laravel」を活用して、Webサービスを開発する方法を紹介している本です。Laravelの基礎知識や導入方法はもちろん、Webシステムが動く仕組みなどについても勉強できます。

また実践的なノウハウも充実しており、フォームの作り方やデータベースの作成・連携まで幅広く取り扱っています。最終的にはユーザー認証を搭載したWebアプリの開発ができるようになるので、Laravelを使ったWeb開発を学びたい方におすすめです。

プログラミングスクールに通う

ここまでの解説を踏まえ、学習サイトや本を活用し独学でPHPを習得しようと考えている人のなかには、

独学で習得できるかな…
途中で挫折したらどうしよう…

と不安な人もいますよね。

実のところ、PHPといったプログラミング言語の学習途中で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

また、こうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とPHPの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのサポート体制

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも効率的に必要なスキルだけを習得可能です。

6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design
3
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (2) (1)
4
5
6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design
3
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (2) (1)
4
5
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのカリキュラム例

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なぜ侍エンジニアが挫折せずPHPを習得できるのか気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回はPHP入門者に向けて、以下3つの情報についてお伝えしました。

  • PHP入門者に必要な5つの知識
  • PHPを入門するために必要な3つのステップ
  • PHP入門者におすすめな4つの勉強方法

在宅ワークの増加にともなって、自宅で使えるWebシステムの需要もどんどん高まっています。そんななかでWeb開発に使えるPHPはさらに注目されていくので、今のうちに勉強しておきましょう。

侍エンジニア塾ブログには、他にもPHP習得の手助けになる記事がたくさんあります。色々な記事を気軽に読んで見ると良いでしょう。

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次