大学生でもプログラミングで副業できる?副業までの流れと6つのメリットと

大学生でもプログラミングで副業できる?

画像:Shutterstock

大学生になってアルバイトを始める人も多いでしょう。しかし、大学生であればアルバイト以外に副業で稼ぐという方法を取ることもできます。副業にもいろいろな種類がありますが、プログラミングもその中に含まれています。

大学生でプログラミングの副業をして、収入を得ることは難しいと感じる人もいます。しかし、しっかりとスキルや行動力、副業の知識を身につけることで、大学生でもプログラミングを副業にすることはできます。

スキルさえあれば可能

しっかりとスキルを身につけていれば、大学生でもプログラミングを副業にすることはできます。ただし、プログラミングは専門的な知識や技術を必要とします。

そのため、仕事内容によって求められるスキルレベルは異なりますが、基本スキルを身につけて、最低限のスタートラインに立てると思っておきましょう。

今のバイトより高時給も目指せる

アルバイトは時給制が多いですが、シフトは自分で自由に決められるわけではなく、思うように収入が得られないということもあります。しかし、副業であれば自分の好きなだけ仕事をすることができ、プログラミングでは成果報酬型が多いので、仕事をすればするほど収入が増えます。

また、単純にプログラミングは専門的な知識と技術が必要なため、報酬額は高い傾向にあり、時給換算するとアルバイトよりも高時給になる場合も多いです。

大学生がプログラミングで副業するメリット

画像:Shutterstock

大学生のアルバイト求人は多くあり、副業よりも比較的簡単に仕事を獲得することはできます。副業の場合は自分で仕事を獲得しなければいけないため、場合によってはあまり仕事が得られないという状況になってしまうこともあります。

しかし、副業で収入が得られるようになってくると、アルバイトでは得られないメリットを多く得ることができます。特に、プログラミングを副業にする場合にはそのメリットが多くなります。

時間を有効に使える

プログラミングは環境が整っていればどこでも仕事ができます。そのため、仕事の受け方によっては納期までに納品すれば良く、アルバイトのように決まった時間に出勤して、指定された時間まで拘束されて仕事をするということがなくなります。

自由にいつでも仕事ができるため、空いている時間を有効に使って仕事をすることができます。また、空いている時間を活用するため、わざわざ仕事のために時間を作る必要もありません。

プログラミングスキルが身につく

プログラミングを副業にする場合、最低限のプログラミングの知識は先に身につけておく必要があります。しかし最低限の知識だけでは、できる仕事の範囲に制限があるので、その後もスキルアップをしていく必要があるでしょう。

しかし、プログラミングの仕事をすることで、実践経験からスキルアップをしていくことができます。収入を得ながら、実践によってスキルアップして、さらに高収入の仕事に挑むというサイクルを作ることができます。

学外で人脈が作れる

大学生が持つ行動範囲や人脈は、仕事をする社会人よりも狭いことが多いです。しかし、副業をして、企業と繋がることによって、普段の限られた範囲の人間関係の枠を超えて人脈を作ることができます。

大学生にとって、企業や学外の人脈ができることは、大学卒業後にもメリットになるでしょう。

一般的なアルバイトよりも高収入を狙える

プログラミングの副業は仕事を獲得するまでが大変で、うまく仕事が獲得できないと収入が得られないということもあります。しかし、プログラミングは専門的な知識と技術が必要なため、報酬も高めの傾向があります。

アルバイトより高時給を目指すことができます。スキルが上がってくると、週末だけの仕事で10万円ほどの収入を狙えることもあります。

卒業後も副業できる可能性

副業は空いている時間に行います。そのため、大学を卒業後して社会人として働くようになっても、大学生のときと同じように空いている時間にプログラミングの副業を続けるということも可能です。

大学生のうちに効率の良い仕事の方法を身につけておけば、本職以外での収入を得られるようになります。ただし、就職先によっては副業が禁止の場合もあるので注意しましょう。

ビジネススキルを習得できる

アルバイトとは異なり、副業は個人で活動をするため、誰に頼ることなくすべてのことを自分1人で行う必要があります。そのため、企業を相手に仕事を受注したり、仕事のやりとりをしたりなどすることも自分で行わなければなりません。

これらのやりとりによって、ビジネススキルを身につけることができます。また、ビジネススキルもプログラミングのスキルと同様に、最低限の基礎は身につけておく必要があります。

大学生がプログラミングで副業するまでの流れ

画像:Shutterstock

プログラミングを副業にすれば、一般的なアルバイトよりも高収入を狙うことができます。しかし、副業なのでアルバイトとは異なり、自分で仕事を獲得する必要があります。

しかし、社会人経験がない大学生が自分の力で仕事を獲得することは難しいです。そのため、プログラミングの副業では最初の仕事を獲得するまでの流れを把握しておく必要があります。

どのような副業をしたいかを見極める

プログラミングは仕事をするジャンルによって必要なプログラム言語やスキル、知識などは異なります。プログラミングの副業は大学を卒業後も続けられる可能性があるので、どのようなジャンルの仕事を受け、どのようなスキルを身につけていくか方向性を絞っておきましょう。

また、起業の知識を身につけたければベンチャー企業、就職したい希望ジャンルがある場合はその分野の企業など、副業をする目的も見極めて仕事を選びましょう。

基礎スキルを身につける

中には未経験者歓迎という場合もありますが、基本的にプログラミングの仕事は未経験者の募集は少ないです。そのため、最低限の基礎スキルを身につけて、やっとスタートラインに立つことができます。

基礎スキルの身につけ方には、独学やスクール、大学での講義などがあります。プログラミングの仕事が受けられるようになれば、その後は実践でスキルアップをしていくことができます。

成果物を作る

自分のプログラミングスキルを企業に理解してもらうと、そのスキルに合った仕事を獲得しやすくなります。そのため自身で成果物を作って、ブログなどで実績と併せて公開している人もいます。

ただし、このレベルになっている人はかなりのスキルがあり、難しい案件を受注することもできるので、すでに副業ではなくフリーランスとして独立して仕事が行えるレベルに達していることもあります。

副業先を探す

大学生がプログラミングを副業にした場合、仕事が獲得できずに困ってしまうということは多いです。プログラミングに関するアルバイトがないというわけではありませんが、あまり数は多くありません。

しかし、アルバイトではなく、別の方法によってプログラミングの仕事を安定的に獲得していく方法はいくつかあります。まずはこれらの方法で最初の仕事を獲得すると良いでしょう。

インターン

大学生の中には就職活動としてインターンに参加するという人もいます。インターンでは無給ということもありますが、プログラミングのインターンでは報酬が得られることもあります。

大手企業でもプログラミングの短期インターンを募集しているところがあり、中には数日で数万円という高額な報酬を出してくれる企業もあります。報酬以外にも、スキルアップや人脈作りなどのいろいろなメリットが得られます。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトにはプログラムに関する案件が多く挙がっています。案件が多いため、自分のスキルレベルに合った仕事や、希望するジャンルの仕事などを探して選ぶことができます。

ただし、クラウドソーシングサイトは多くの人が利用しています。そのため、ライバルが多く、良案件は奪い合いとなります。また、スキルレベルの高いフリーランサーも利用しているため、企業にうまく自分を売り込む必要があります。

プラグミラングの副業探しにおすすめのサイト

画像:Shutterstock

クラウドソーシングサイトでは仕事の奪い合いとなりますが、それでも案件が多いことや基本的に無料で使用できること、手軽に使うことができるなどのメリットは大きいです。

そのため、プログラミングを副業として始めるのであれば、まずはクラウドソーシングサイトを利用しての案件獲得を目指してみましょう。ただし、クラウドソーシングサイトはそれぞれ持っている特徴が異なるため、自分に適したサイトを利用するようにしましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは業界を代表するクラウドソーシングサイトの1つです。その規模は大きく、登録している企業やユーザーの数は非常に多いです。

案件も多く、プログラミングに関する案件だけでなく、多くの種類の案件があります。ただし、ユーザー数が多いため、良案件になるとその競争率は高くなるので、注意が必要です。

ランサーズ

ランサーズも取り扱う案件数が多く、希望する条件のプログラミングの仕事を見つけやすいです。もし、ランサーズを利用していて、トラブルや困ったことがあっても、サポート窓口が24時間対応しています。

そのため、プログラミングを副業として始めたばかりの大学生でも安心して利用できます。

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスはフリーエンジニアに案件を紹介してくれるサービスを行っています。エンジニアの案件紹介に特化しているため、スキルで条件を絞って仕事を探すことができます。

他にも、リモート勤務や経験1〜2年、週2〜3日勤務などの大学生の副業として望ましい条件で仕事を探すこともできます。ただし、あくまでもフリーランスが使うサービスなので、企業から求められる条件も高めになることもあります。

プログラミングの副業は時間のある大学生だからこそおすすめ

画像:Shutterstock

大学生でもプログラミングを副業にして、収入を得ることは可能です。

プログラミングの副業には成果報酬型であったり、仕事をするほど収入が増えたりなどの特徴があります。これらの特徴は、時間が取りやすい大学生と相性が非常に良いです。

また、スキルアップや企業との人脈作り、大学卒業後も副業は続けられることなどのメリットも多くあります。大学生であることを活かして、アルバイトよりも高い収入を目指しましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。