【Linuxコマンド】mkdirでディレクトリを作成する方法

Linuxにはディレクトリを新規作成するときに便利な「mkdir」コマンドがあります。

ここでは「mkdir」コマンドについて以下の内容で解説していきます。

mkdir

Linuxで開発する上で、ディレクトリやサブディレクトリを作成するために「mkdir」コマンドはよく使用されます。

この記事では「mkdir」コマンドについてわかりやすく解説していますので、ぜひ使い方を覚えておきましょう!

mkdirコマンドとは

Linuxで新規にディレクトリを作成するには「mkdir」コマンドを使用します。

・「mkdir」コマンドの書式

$ mkdir ディレクトリ名

ディレクトリのパスを指定して新規ディレクトリを作成することもできます。

次項では「mkdir」コマンドの使い方について詳しく解説します。

mkdirコマンドの使い方

shutterstock_258257249
ここでは「mkdir」コマンドの使い方についてパターン別に見ていきましょう。

ディレクトリを作成する

指定した名称でディレクトリを作成するには、以下のように記述します。

$ mkdir testdir
$ ls

実行結果:
linux_mkdir01

このように名称を指定するだけで、簡単にディレクトリが作成できることがわかりますね!

複数のディレクトリを作成する

複数のディレクトリを作成する場合は、引数に作成するディレクトリ名称をまとめて指定します。

ここでは複数ディレクトリ「testdir01」「testdir02」「testdir03」を指定しています。

$ mkdir testdir01 testdir02 testdir03
$ ls

実行結果:
linux_mkdir02

このようにまとめてディレクトリが作成できることがわかりますね!

mkdirコマンドのオプション

「mkdir」コマンドで使用する主なオプションです。

オプション説明
-m指定したパーミッションでディレクトリを作成
-p階層ディレクトリを作成
-vディレクトリ作成時に詳細を表示する

-mでパーミッションを指定する

新規に作成するディレクトリにパーミッションを指定する場合は「-m」オプションを使用します。

以下では作成するディレクトリのパーミッションを「777」に指定しています。

$ mkdir -m 777 testdir
$ ls -l

実行結果:
linux_mkdir03

ls -lで詳細を確認すると、パーミッションが「drwxrwxrwx」になっていることがわかりますね!

パーミッションについては以下の記事で詳しく解説しています。

-pで階層ディレクトリを作成する

新規ディレクトリを作成して、そのディレクトリの下にサブディレクトリを作りたい場合は「-p」オプションを使用します。

$ mkdir -p ディレクトリ名1/ディレクトリ名2

以下ではディレクトリ1を「testdir」、ディレクトリ2を「testsubdir」でそれぞれ作成しています。

$ mkdir -p testdir/testsubdir
$ ls -l testdir/

実行結果:
linux_mkdir04

このようにサブディレクトリまで作成されていることがわかりますね!

Linuxについてもっと知りたい方へ

そもそもLinuxについて、

「実はなんとなくしか理解していない…」
「Linuxを効率よく学習する方法が知りたい」

といった情報を知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね!



まとめ

ここでは、Linuxでディレクトリを新規に作成する「mkdir」コマンドについて、

  • mkdirコマンドとは
  • mkdirコマンドの使い方
  • mkdirコマンドのオプションと使い方

などについて解説しました。

実際にmkdirでディレクトリを新規に作成する機会は多いと言えますので、オプションの使い方までしっかりと覚えておきましょう。

もし「mkdir」コマンドの使い方を忘れてしまったら、この記事を参考にしてくださいね。

プログラミング学習を効率良く進めたいなら…

学習を始めたけどエラーが解決できない
作りたいものはあるけど、何から始めればいいかわからない
プログラミングに対して、このような悩みを持っている方も多いですよね。

そんな方には、弊社が運営するサブスク型のプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+がおすすめです。



月額2980円(税別)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる28種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

プログラミングを効率的に学びたい人はもちろん、何から始めたらよいのかわからない方は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。
まずは30日無料体験

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら