Ubuntu初心者必見!よく使うコマンドをマスターしよう!

みなさんこんにちは!

Ubuntuを使っていると、

あれ? このコマンドどうやるんだっけ?
コマンドラインはどう呼び出すんだっけ?

など忘れてしましがちですよね。

そこで今日は、

  • コマンドとは
  • コマンドラインの呼び出し方
  • よく使うコマンド


を、タイプ別に体系的に紹介していきます。

よく使うコマンドに絞り動作結果なども含めて載せていくので、Ubunutのコマンドをど忘れしてしまったという人や、これからUbuntuのコマンドを学びたい方などは参考にしていただければ幸いです!

また、Ubuntuのコマンドひいては、UNIX系コマンドは基本的にバージョンなどは考慮しませんが、Ubuntu18.04LTSで動作確認を行っていくことを頭の片隅に入れておいてもらえると幸いです。

コマンドとは?

実際にコマンドを見ていく前に、コマンドとはそもそもなにか、Ubuntuでのターミナルの呼び方などしっかりおさらいしていきましょう。

まず、コマンドとは命令のことで、直接何かしらの文字を打ち込むことで、何かの動作をすることができます。

これは一般的に、CUI(Character User Interface)での操作などと言われますね。

対照的にマウスや、右クリックなどで何かしらの動作を行うことをGUI(Graphical User Interface)での操作何て呼びますね。

基本的にGUIで操作されたものも、内部ではそのコマンドが打ち込まれ動作しているのですが、GUIの方が初心者にとっては直感的に扱えてわかりやすいというメリットがあります。

CUIは、キーボード一つで完結できたり慣れれば圧倒的に早く快適という特徴があり筆者は割とファイル作成やrenameなども全てコマンドで完結してしまいます。

ターミナル?コマンドプロンプト?正しい呼び名は?

そして、このコマンドを受け付けるプログラムをコマンドラインと呼びます。

このコマンドラインですが、Macではターミナル、Windowsではコマンドプロンプトなどと呼ばれていますね。

Ubuntuではプログラムの名前としては端末となっています。

まあ正直この名前はどうでも良いので、ターミナルでもコマンドプロンプトでも端末でもどれもコマンドを受け付けるためのコマンドラインなんだなあと思ってもらえれば良いです。

名前の違いに踊らされないようにしましょう。

Ubuntuでのコマンドラインの呼び出し方

次に、Ubuntuでのコマンドラインの呼び出し方を見ておきます。やり方はいろいろありますが、

このように、アクティビティから端末と検索して呼ぶのがよいでしょう。

よく使うようであればデスクトップに置いておいても良いですね。

Ubuntuでよく使うコマンドを紹介!

さて、それでは実際にUbuntuコマンドを忘れがちの方や、これから学んでいく方のための実際に使うコマンドをタイプ別に紹介していきます!

ちなみに、Ubuntuコマンドと先ほどからいっていますが、正確にはUNIXコマンドですのでそこらへんも頭に入れておきましょう。

ディレクトリ操作系

まずは、一番よく使うディレクトリ操作系をみていきます。

pwd

こちらは自分のいる位置を確認するコマンドです。

プルパスで表示されます。

[email protected]:~$ pwd
/home/kai

こんな感じですね。結構使います。

dir

こちらは、カレント以下のディレクトリ構造をみれるコマンドです。

[email protected]:~$ dir
test.txt      テンプレート  ドキュメント  ピクチャ    公開
ダウンロード  デスクトップ  ビデオ      ミュージック

こんな感じですね。次に紹介するcdとあわせてめちゃめちゃ使います

cd

こちらはディレクトリを移動するためのコマンドです。

[email protected]:~$ cd デスクトップ
[email protected]:~/デスクトップ$

こんな感じでディレクトリを移動できます。コマンドラインの基本ともいうべき必須のコマンドです。

mkdir

こちらはディレクトリを作成するコマンドです。

[email protected]:~/デスクトップ$ mkdir test
[email protected]:~/デスクトップ$ dir
test

こんな感じでディレクトリが作成できます。これを使い始めると、右クリックして、、なんて操作にはもう戻れません。

rm

これはディレクトリを消去するコマンドです。

-rfオプションをつけて、依存関係ごと消したりするときに使うことが多いです。

ちなみに、ファイルの削除もできます。

[email protected]:~/デスクトップ$ rm -rf test
[email protected]:~/デスクトップ$ dir

こんな感じですね。

ファイル操作系

フォルダ操作は一通り見たので次はファイル操作を見ていきます。

touch

これは、新規ファイルの作成に使います。

同時に書き込んでかつ、vimなどが使える場合はviコマンドを使いますが、とりあえずファイルだけ作成したいという場合によく使います。

[email protected]:~/デスクトップ$ touch test.txt
[email protected]:~/デスクトップ$ dir
test.txt

cat

これは、ファイルの中身を表示するコマンドです。

結構使います。

[email protected]:~/デスクトップ$ cat test.txt
testだよ

cp

これはファイルをコピーするコマンドです。

[email protected]:~/デスクトップ$ cp test.txt test2.txt
[email protected]:~/デスクトップ$ dir
test.txt  test2.txt

こんな感じでフォルダにも利用できます。

mv

これはrenameするときに使うコマンドです。

[email protected]:~/デスクトップ$ mv test.txt testtttt.txt
[email protected]:~/デスクトップ$ dir
test2.txt  testtttt.txt

test.txtの名前が変わりましたね。

プロセス管理系

次はプロセス系を見てきましょう。

正直今までのものはGUI操作でもあまり速度は変わらず行えますが、これ以降はコマンドを叩いた方が圧倒的に早いです。

ps

こちらは王道のpsコマンドです。現在動いているプロセスを確認できます。

[email protected]:~/デスクトップ$ ps
  PID TTY          TIME CMD
 2265 pts/0    00:00:00 bash
 2904 pts/0    00:00:00 ps

やけに重いけど、なにがそんなに動いてるんだってことを確認できるのでめちゃめちゃ使います。色々なオプションも用意されているので、時間を設けてきっちり使いこなせるようにしておきましょう。

kill

こちらは上のpsコマンドとセット用いられることが多いです。プロセスをkillできます。

実際にプロセスを確認していらないものはkillするという感じですね。

kill プロセスID(PID)

という感じで指定しましょう。

jobs

こちらは実行待ちのjobを表示してくれます。

[email protected]:~/デスクトップ$ jobs

今はとくにありませんね。

システム管理系

最後にシステム管理系のコマンドを見ておきましょう。定期的に自分のマシンの内容を見たり設定できるのでマスターしておきたいところです。

sudo

まずはこいつからですね。

[email protected]:~/デスクトップ$ sudo -s
[sudo] kai のパスワード: 
[email protected]:~/デスクトップ#

sudoはrootの権限を持てるコマンドです。このように、rootに入っても良いですし、必要な時だけコマンドの前にsudoをつけて使うこともできます。

よく使うというよりは、使わないと生きていけないです。

who

こちらは現在ログイン中のユーザを表示できます。

[email protected]:~/デスクトップ$ who
kai      :0           2019-01-18 17:50 (:0)

複数人で使う場合は必須ですね。

whoami

これはwhoに似ていますが、こちらはログイン名を表示します。

[email protected]:~/デスクトップ$ whoami
kai

hostname

こちらはhostnameを確認できます。設定していると定期的に必要になるので覚えておいて損はないです。

[email protected]:~/デスクトップ$ hostname
kai-VirtualBox

shutdown, reboot

システムのシャットダウンを行ったり、再起動したりですね。

shutdown

でシャットダウンで、

reboot

で再起動です。

体感的にはrebootはよく使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コマンドとはという基礎的なところから、よく使うUNIXコマンドを紹介してきました。

紹介したUNIXコマンドはほんの一例で他にもいろいろあるので、最初はたくさんググっていろいろ覚えていきましょう!

それでは!!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]om

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説