【2021最新】エンジニア職種一覧、仕事内容や年収を初心者向けに解説!

昨今、ITエンジニアという職種が大きな注目を集めています。2020年には、小学校でプログラミング教育の義務化がスタートしました。また、ビジネスパーソンの間でもビジネススキルの1つとして、プログラミングを学習する方も増えつつあります。

そのため、就職や転職をしてITエンジニアを目指そうと考えている方も多くいらっしゃいます。

ただ、ITエンジニアと一言でいってもさまざまな職種があることをご存知でしょうか。それらの職種は、仕事内容も異なれば、平均年収もまったく異なります。

そこで今回は、エンジニアの職種について、全19種類を一挙にご紹介いたします。

エンジニア職種一覧

前述したとおり、エンジニアはさまざまな職種があります。企業やプロジェクトによって、それぞれの職種の業務範囲は異なります。

ここでは各エンジニアの一般的な仕事内容と平均年収について、1つずつご説明いたします。

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、大規模システムなどには欠かせない職種です。アーキテクチャがシステムの出来を左右するといっても過言ではありません。

ここでは、ITアーキテクトの平均年収や仕事内容をご紹介いたします。

ITアーキテクトの平均年収

ITアーキテクトの平均年収は、約717万円となっています。これは今回ご紹介するIT関連の職種の中でも、最も高い年収です。

グラフを見ても、年収約850万円付近まではかなりボリュームも多いことがわかります。また、最高は1,100万円以上であるため、高年収を狙うこともできるといえるでしょう。

ITアーキテクトの仕事内容

アプリケーションの開発とは、何を正解とするかの判断が難しいものです。なぜなら、開発して終わりではなく、その後も実際に運用していくことが重要なためです。

企業は、何らかの企業戦略に基づいてアプリケーションを開発します。まず、ITアーキテクトはその企業戦略を十分に理解する必要があります。その上で、企業戦略を実現できるアプリケーションの構成、全体像などを設計するのが主な仕事です。

また、アプリケーションはそれぞれ求められるものが異なります。たとえば「最低でも10年間は機能改修を続けることができるようにしたい」や「とにかく高速な処理を実現したい」といったものです。

ITアーキテクトは、このようなポイントに対して、どのような方針で実現するかといった点も考慮する必要があります。

ITコンサルタント

コンサルタントといえば、就活生からの人気が高い職種の1つでもあります。一般的にコンサルタントとは、企業の課題を抽出し、経営層に解決策の提言などを行います。

では、ITコンサルタントとはどのような仕事内容なのでしょうか。ここでは、ITコンサルタントの平均年収と仕事内容をご説明いたします。

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均年収は、約647万円とのことです。今回ご紹介するITに関連した職種の中でも、かなり高い部類に入ります。

ただしグラフを見ると、647万円以上のボリュームが半減していること、そして400万円~600万円のボリュームが多いことがわかります。年収700万円台後半に到達するためには、ややハードルが高くなるといえるでしょう。

ITコンサルタントの仕事内容

前述したとおり、コンサルタントとは企業に潜む課題を検出し、解決策の提案や実現をサポートします。ITコンサルタントとは、IT分野に特化したコンサルタントです。クライアントのITリソースやアプリケーションなどが抱えている課題を分析し、解決策のアドバイス等を行います。

ITコンサルタントは、IT関連の知識やスキルはもちろんですが、ビジネスに対する知見も求められます。また企業内の課題を分析するためには、クライアントからのヒアリングが必要不可欠です。

そのため、ほかの職種以上により高いコミュニケーションスキルを身につけることが求められます。

インフラエンジニア

インフラとは、ネットワークやサーバーといったITリソースを指します。このような企業のインフラを支えているのが、インフラエンジニアという職種です。

では、インフラエンジニアの平均年収や仕事内容はどうなっているのでしょうか。順にご説明いたします。

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収は、約549万円とのことです。ボリュームを見ても400万円半ば~550万円あたりが多いようです。

スキルによっては、さらに高い年収を狙うことが可能ですが、1,000万円超えはかなりハードルが高いといえるでしょう。

インフラエンジニアの仕事内容

現在の社会は、インターネット無くしてはビジネスが成立しない状況となっています。

そのため、どのような業界の企業であっても社内にネットワークやサーバーなどといったインフラを構築する必要があります。このインフラについて、設計、構築、運用を行うのがインフラエンジニアです。

インフラエンジニアはネットワークやサーバーなどを扱うため、インフラ全般に対する専門的なスキルが求められます。

また、最近ではクラウドサービス上にインフラを構築するケースが増えつつあります。そのため、クラウドに関するスキルも身につけておくとよいでしょう。

AIエンジニア

昨今、AIは大きな注目を集めている最先端技術の1つです。すでに私たちの生活においても、さまざまなシーンでAIが活用されています。そのAI開発に関わっているのがAIエンジニアです。

ここでは、AIエンジニアの平均年収や仕事内容をご紹介いたします。

AIエンジニアの平均年収

AIエンジニアの平均年収は、約599万円とのことです。ボリュームを見ると約700万円前後までは十分に狙うことができるでしょう。

またスキルを身につければ、1,000万円オーバーも可能です。ただし年収の範囲は広いため、経験やスキル次第で年収に差が出ることがわかります。

AIエンジニアの仕事内容

AIエンジニアの主な仕事は、AIの開発、学習データの作成、結果の分析などがあります。

AIの開発では、主にPythonを用いてロジックやアルゴリズムの開発を行います。

また、AIを開発するためには大量の学習データが必要です。その学習データを収集したり、AIが学習しやすい形に加工するのも、AIエンジニアの仕事です。

さらに、AIが導き出した結論を解析し、ビジネスに有益な情報としてまとめるといった仕事も行います。

Webエンジニア

インターネットが社会のインフラとなった現在、WebサイトやWebアプリケーションは、個人にとっても企業にとってもなくてはならない存在となりました。そのWebに関する仕事を行うのが、Webエンジニアです。

ここでは、数あるエンジニアに関連した職種の中でも人気が高いWebエンジニアについて、平均年収や仕事内容をご説明いたします。

Webエンジニアの平均年収

Webエンジニアの平均年収は、約589万円とのことです。約900万円までは各レンジに一定のボリュームが確認できます。

そのため、経験やスキルがあれば比較的コンスタントに年収がアップしやすいい職種といえるでしょう。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの設計、開発、運用などが主な仕事となります。

Webエンジニアは、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)の2つに分けることができます。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーの目に見える部分についてHTML、CSS、JavaScriptなどの言語を用いて開発を行います。バックエンドエンジニアは、サーバーといわれるユーザーの目に見えない部分について、Java、PHP、Python、Rubyなどのプログラミング言語を用いて開発を行います。

Web界隈は技術が移り変わるスピードが非常に早く、少し前までは主流だったものが一気に他の技術へと置き換わることも少なくありません。ほかの職種にもいえることですが、Webエンジニアは常に学ぶことが求められる職種でもあります。

クラウドエンジニア

もはやクラウドサービスは、IT業界によくある流行の技術ではありません。すでにシステム開発の現場において、ファーストチョイスとなりつつあります。

そのクラウドサービスのスペシャリストがクラウドエンジニアです。では、クラウドエンジニアはどのような年収で、どのような仕事を行っているのでしょうか。1つずつ解説いたします。

クラウドエンジニアの平均年収

クラウドエンジニアの平均年収は、約597万円とのことです。比較的ボリュームが多い約700万円前後までは、十分に年収アップのチャンスは期待できるといえるでしょう。

また可能性としてはやや低くなりますが、1,000万円前後も狙える職種です。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアは、前述したインフラエンジニアと非常に近い仕事を担当します。具体的には、インフラの設計、構築、運用などが主な業務です。

ただしインフラエンジニアは、実際に通信機器、LANケーブル、物理的なサーバーを扱って、インフラ環境を構築していきます。一方クラウドエンジニアは、すべてクラウドサービス内にインフラ環境を構築していきます。ここが最大の違いです。

現在クラウドサービスは、Amazon社のAWS、Microsoft社のAzure、Google社のGCPなどが高いシェアを獲得しています。昨今では複数のクラウドサービスを組み合わせて使用するマルチクラウドも増加しています。

そのため、クラウドエンジニアも複数のクラウドサービスに精通していることが求められつつあります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、インフラの中でもサーバーに特化したエンジニアです。サーバーエンジニアの平均年収、仕事内容を見てみましょう。

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアの平均年収に関するデータがないため、ここでは前述したインフラエンジニアの平均年収を改めてご紹介しておきます。

なおサーバーエンジニアは、大きいカテゴリではインフラエンジニアに属します。そのため平均年収についても、インフラエンジニアと同程度、あるいはサーバーエンジニアの方が少し低いくらいをイメージしていただければ問題ありません。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアは、サーバーの設計、構築、運用などが主な仕事です。サーバーを導入する目的によって、どのような性能のサーバーをどれくらいの台数用意するかが異なります。

また、サーバーにインストールするOSやソフトウェアなども選択する必要があります。これらを検討し、実際に使用できるように構築するのがサーバーエンジニアの仕事です。

また、稼働したサーバーについてOSやソフトウェア関連のアップデートを行ったり、問題が発生した場合に調査、対応するといった仕事もサーバーエンジニアが担当します。

システムエンジニア

これまでご説明してきた職種の中でも、最も知名度が高いのがシステムエンジニアです。ただ、その職種名は聞いたことがあるものの、具体的な仕事内容などはあまり把握していないという方が少なくありません。

ここでは、システムエンジニアの平均年収と仕事内容についてご説明いたします。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収は、約506万円とのことです。これまでご紹介してきたほかの職種よりも、低い年収となっています。

ただし国税庁が発表した民間給与実態統計調査によれば、令和元年における給与所得者の平均給与は約436万円です。そのため、他業種などと比較するとシステムエンジニアの平均年収は十分に高いといえるでしょう。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは、システムを開発するのが主な仕事です。具体的には下記の仕事を担当します。

  • 要求分析
    クライアントにヒアリングを行い、現状の課題を分析する。
  • 要件定義
    要求分析の結果をもとに、システムに求められる要件を定義する。
  • 基本設計
    システムの機能、画面、操作などといった基本的な部分を設計する。
  • 詳細設計
    基本設計の内容を元に、プログラミングできるレベルにまで詳細に落とし込み設計する。
  • 製造
    設計書をもとにプログラミングする。また、単体テスト(機能ごとのテスト)を行う。
  • テスト
    各機能を結合した状態の挙動を確認する結合テストなど、一連のプログラムが問題なく動作するかテストする。
  • 運用・保守
    機能追加や不具合の改修などを行う。

上記の中でも、システムエンジニアは要求分析~基本設計までの上流工程といわれる作業を担当するケースが多いです。ただし、所属する企業や参画するプロジェクトによっては、全行程を担当することもあります。

社内SE

ITエンジニアに関する職種の大多数は、自社以外のクライアントやユーザーを対象として活動します。そのような中で、社内SEは自社のメンバーを相手として仕事を行うというユニークな一面を持っています。

この社内SEという職種について、平均年収や仕事内容をご説明いたします。

社内SEの平均年収

社内SEの平均年収は、約496万円とのことです。ここまでご紹介してきたITエンジニアに関する職種の中では、はじめて平均年収が500万円を下回る結果となりました。

ただし、前述した日本の給与所得者の平均と比較すると、約60万円程度高いことがわかります。

社内SEの仕事内容

社内SEは、主に2つの仕事を担当します。

1つ目は自社で使用するシステムの開発です。社内SEは自社で使用するシステムの設計、開発、テスト、運用といった一連の作業を行います。

ただし昨今の傾向として、社内SE(または社内SEが配属される情報システム部門の人員)は削減され、少数で対応しているケースが増えています。そのため、開発は外部のベンダーへ発注し、社内SEはベンダーのマネジメントを担当するというケースもあります。

社内SEのもう1つの仕事は、社内のヘルプデスク業務です。企業にはさまざまなITリソースがあります。具体例をあげると、パソコンや複合機といったハードウェア、社内システムやOfficeなどといったソフトウェアなどです。

一般社員の中にはITに対する知見がない人も多いため、社内SEがITリソースに関するトラブルや使い方などをサポートします。

セキュリティエンジニア

ITが社会に浸透するにつれて、さまざまなサイバー犯罪、あるいはハードウェアやソフトウェアの設定ミスによるトラブルなどが増加しています。これらのトラブルを未然に防いだり、不測の事態に対応するのがセキュリティエンジニアです。

ここではセキュリティエンジニアの平均年収や仕事内容をご紹介いたします。

セキュリティエンジニアの平均年収

セキュリティエンジニアの平均年収は、約573万円とのことです。ITエンジニアに関する職種の中でも高い部類といえるでしょう。

ボリュームから見ると約700万円程度の年収であれば、十分に実現することができます。また、高いスキルがある場合は年収1,000万円以上も狙うことができるでしょう。

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアは、その職種名が表すとおりセキュリティのスペシャリストです。企業をさまざまなサイバー犯罪から守る最後の砦ともいえるでしょう。

セキュリティエンジニアの仕事は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、セキュリティのコンサルティング業務です。こちらは、企業のセキュリティに関するルールや体制の整備、セキュリティ対策や運用に対してアドバイスなどを行う仕事です。

2つ目は、企業内のセキュリティをより堅牢なものとするために、現状を分析してセキュリティ対策を実現する仕事です。こちらはほかのITに関する職種と同じように、セキュリティに関する企画・設計・構築・テスト・運用といった作業を行います。

セールスエンジニア

エンジニアにも興味があるけれど、実際にお客さんと触れ合いながら仕事をしたい方にはセールスエンジニアという職種がおすすめです。ここでは、セールスエンジニアの仕事内容や平均年収をご紹介いたします。

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアの平均年収は、約518万円とのことです。日本の給与所得者の平均と比較すると、約80万円程度高い結果となっています。

ただし約600万円を超えたあたりからは、ボリュームがかなり少ないことがわかります。そのため、より高年収を目指すためには、相応のスキルや経験が求められます。

セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアは、営業とエンジニアという2つの職種を合わせた仕事を行います。自社のシステムの提案やクライアントのヒアリングなどは、基本的に営業が担当しているケースが多いです。

ただし、営業だけでは技術的な質問や疑問にこたえられないこともあります。そのような際にセールスエンジニアが同行することで、クライアントに対してより速く、より正確な対応ができるようになります。

またセールスエンジニアは、自社製品のデモやシステムを納品後のアフターサービスなども担当します。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、その職種名が表すとおりデータベースのスペシャリストです。データが大きな価値を生み出す現在、データーベースエンジニアという職種の重要性も高まっています。

ここでは、データベースエンジニアの平均年収と仕事内容についてご紹介いたします。

データベースエンジニアの平均年収

データベースエンジニアの平均年収は、約560万円とのことです。この平均年収は、ITエンジニアの職種の中でも、比較的高い部類に入ります。

800万円前後からはかなりボリュームが少ないため、データベースエンジニアとしてより高い年収を狙うためには、豊富な経験やデータベースに関する専門的かつ高度なスキルが必要となるといえるでしょう。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、データベースの設計・構築・運用などを担当します。

アプリケーションの目的や用途によって、データベースに求められるものは異なります。データベースエンジニアは、どういったデータベースが必要になるのかを設計し、それらの設計に基づいて実際に構築するのが主な仕事です。

またデータベースを安定的に稼働させるために、随時チューニングやバージョンアップなどの運用作業も行います。そのほか、データベースのバックアップや権限の管理など、データベースに関する作業はデータベースエンジニアが担当しています。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、ITエンジニアに関する職種の中でもかなり新しい職種です。ビッグデータという技術が注目されることにともなって、需要が高まっている職種の1つです。

それでは、データサイエンティストの気になる平均年収、仕事内容を見ていきましょう。

データサイエンティストの平均年収

データサイエンティストの平均年収は、約697万円とのことです。これは今回ご紹介したITエンジニアの職種の中では、ITアーキテクトに次ぐ高さとなっています。

経験やスキルをさらに身につければ、年収1,000万円を目指すことも十分に可能な職種です。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの仕事は、主に2つです。

1つ目はデータの収集・加工などといった業務です。データは、ただたくさん集めるだけでは意味がなく、有効に活用することもできません。効果的に活用するためには、扱いやすいデータに加工する必要があります。そのため、データサイエンティストは、データの収集や加工などを担当します。

また、膨大なデータを分析する作業もデータサイエンティストの仕事です。膨大なデータはHadoopなどといった専用のデータベースに格納します。

また、分析を行うためにはBIツールといったものを使用して、データを可視化する必要があります。データサイエンティストはこのような専用データベースの構築や運用、BIツールの設計などを行います。

さらに、BIツールによって導き出された結果は、そのままではビジネスに活用することができません。そのため、BIツールよりアウトプットされた結果について、データサイエンティストがビジネス的な観点も含めて分析し、経営陣にアドバイスを行うといったコンサル的な業務も担当しています。

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアは、基本的にクライアントのオフィスへ出向いて仕事を行います。前述したセールスエンジニアと少し似たような性質を持っていますが、仕事内容はまったく異なります。

ここでは、フィールドエンジニアの平均年収や仕事内容についてご説明いたします。

フィールドエンジニアの平均年収

フィールドエンジニアの平均年収は、約478万円とのことです。今回ご紹介しているITエンジニアの職種では、2番目に低い年収となっています。ただし、前述した日本の給与所得者の平均年収である約436万円よりも40万円程度高い数字です。

グラフを見ると、約550万円以上はボリュームが減っていることがわかります。フィールドエンジニアとして高年収を狙うのは、ややハードルが高いといえるでしょう。

フィールドエンジニアの仕事内容

フィールドエンジニアのフィールドとは、「クライアントの現場」を指します。フィールドエンジニアとは、パソコン、プリンタ、通信機器といったハードウェアや、ソフトウェアなどに問題が起こった場合、クライアントの現場に駆け付けて問題を解決するのが主な仕事です。

ハードウェア、ソフトウェアなどのIT製品は、クライアントへ販売して終わりではありません。なぜならば、クライアントはそれらのハードウェアやソフトウェアを活用して、ビジネスを行うためです。

それらのIT製品に問題が起こるということは、クライアントのビジネスに大きな影響を与えてしまうリスクがあるということです。フィールドエンジニアはそのような問題を最小限度にとどめ、クライアントのビジネスを円滑に進めるサポートを行います。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアについては、Webエンジニアについてご紹介した際に少し触れたとおりです。昨今WebサイトやWebアプリケーションは、ビジネスにおいても重要な役割を担っています。そのため、フロントエンドエンジニアの需要も高止まりしている状況が続いています。

ここでは、フロントエンドエンジニアの平均年収と仕事内容についてご説明いたします。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収は、約571万円とのことです。ボリューム的には約500~650万円付近が多いですが、最高年収は約1,000万円程度となっています。

後述しますが、フロントエンドエンジニアはほかの職種と比較すると必要となるスキルも少ないという特徴があります。そのため、初心者や経験が浅いエンジニアも多く働いています。

これらを考慮すると、年齢層の割には十分に高い年収を得ることができるといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの主な仕事は、Webアプリケーションの開発です。Webアプリケーションのなかでも、ユーザーの目に触れるフロントエンドといわれる部分の開発を担当します。最低限必要なスキルは、HTML、CSS、JavaScriptの3つです。

多くの場合、Webサイトの外観はWebデザイナーが担当します。フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが設計した外観を前述した3つのスキル(HTML、CSS、JavaScript)などを用いてつくっていきます。

Webデザイナーやバックエンドエンジニアと密にコミュニケーションを取りながら進めるため、コミュニケーションスキルが求められる職種でもあります。

プログラマー

プログラマーという職種は、IT業界を目指す人たちであれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。プログラマーは今回ご紹介しているエンジニアに関連した職種の中でも、高い知名度を誇っています。

ここではプログラマーの平均年収と仕事内容についてご紹介いたします。

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収は、約438万円とのことです。今回ご紹介しているエンジニアに関連した職種の中では、もっとも低い平均年収となりました。

グラフを見ると、ボリュームの多くは約400万円~500万円であることがわかります。プログラマーは初心者、比較的経験が浅いエンジニアが多いため、全体的な平均年収も低い水準で落ち着いているようです。

一方、最高は843万円と高額な年収を手にしているプログラマーも存在しています。プログラマーは全員低いというわけではなく、プログラミングスキルなどを極めれば高い年収を手にできる可能性もある職種といえるでしょう。

プログラマーの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容をご説明する際に、システム開発の主な工程についてご紹介しました。具体的には下記のとおりです。

  • 要求分析
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 製造
  • テスト
  • 運用・保守

プログラマーはこの工程のうち、詳細設計、製造、テストを行います。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの命運を握る重要なポジションです。エンジニアの中には、プロジェクトマネージャーをキャリアパスのゴールに据えている方も多くいます。

そのプロジェクトマネージャーの平均年収や仕事内容は、どのようになっているのでしょうか。早速みていきましょう。

プロジェクトマネージャーの平均年収

プロジェクトマネージャーの平均年収は、約618万円とのことです。ボリュームを見ると約700万円程度までは到達しやすいといえるでしょう。また、経験やスキルによっては1,000万円オーバーを目指すことも可能です。

一言でプロジェクトマネージャーといっても、プロジェクトの規模や質により、求められる難易度は異なります。より高い年収を得るためには、大規模なプロジェクト、あるいは難易度が高いプロジェクトを推進できるようなスキルが求められます。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの責任者であり、ヒト、モノ、カネといったリソースを管理します。

プロジェクトがスタートする際には、プロジェクトを完遂するために与えられた予算などをもとに、必要な人員、環境などを検討します。また、プロジェクト全体のスケジュールなども策定します。

開発がスタートしたあとは、進捗の管理や成果物のチェックなどを行い、あらかじめ設定した予定どおりにプロジェクトが進行しているかを管理します。

残念ながら、さまざまな要因によりプロジェクトは予定どおりに進まないことも少なくありません。このような場合には社内やクライアントと調整を行い、さまざまな相手と折衝をおこなうことも、プロジェクトマネージャーの重要な仕事の1つです。

モバイルエンジニア

個人がインターネットを利用するデバイスは、既にパソコンからスマートフォンへと移り変わっています。その証拠として、すでにGoogleはモバイルファーストインデックス(検索順位の評価について、パソコンのWebページではなく、スマートフォンのWebページを評価基準とする方針)を実行しています。

モバイルエンジニアは、スマートフォンのアプリを開発するエンジニアです。ここでは、モバイルエンジニアの平均年収と仕事内容をご説明いたします。

モバイルエンジニアの平均年収

モバイルエンジニアの平均年収は、約545万円とのことです。グラフを見ると約700万円程度までは十分に狙うことができるといえるでしょう。

それよりも高い年収はボリュームも少なくなるため、経験やスキルを積むことが必要です。

モバイルエンジニアの仕事内容

モバイルエンジニアは、Apple社のiOS、Google社のAndroidといったスマートフォンアプリの開発を行うエンジニアです。モバイルエンジニアは、ほかの職種と同様に下記の仕事を行います。

  • 企画
  • 設計
  • 製造
  • テスト
  • 運用・保守

なお、必要なスキルとしては、スマートフォンOSのSDKに関する深い知識、スマートフォンアプリのUI/UXなどが求められます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、企業のネットワーク環境を支える重要な仕事を担当します。ここでは、ネットワークエンジニアの平均年収や仕事内容をご紹介いたします。

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収に関するデータがないため、ここでは前述したインフラエンジニアの平均年収を改めてご紹介しておきます。

なおネットワークエンジニアは、大きいカテゴリではインフラエンジニアに属します。そのため、平均年収についても、インフラエンジニアと同程度、あるいはネットワークエンジニアの方が少し低いくらいをイメージしていただければ問題ありません。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、その職種名のとおりネットワークのスペシャリストです。

ネットワークエンジニアの主な仕事は、ネットワークの設計、構築、運用などです。企業の状況によって、ネットワークに求められるものは異なります。ネットワークエンジニアはクライアントに対するヒアリングなどを通じて情報収集を行い、最適なネットワークを設計、構築します。

また、ネットワークに問題が発生した場合は迅速に調査・対応を行うのも、ネットワークエンジニアの重要な仕事の1つです。

実務未経験・初心者におすすめのエンジニア職種ランキング

実務未経験・初心者におすすめのエンジニア職種

これからIT業界への就職や転職を考えている方は、どのような職種を目指せば良いか迷われている方も多いでしょう。ここでは、実務未経験やプログラミング初心者におすすめのエンジニア職種をランキング形式でご紹介いたします。

1位 プログラマー

1位はプログラマーです。現在、IT業界で活躍しているさまざまな職種のエンジニアも、はじめはプログラマーをしていたという方が多いです。

ほかの職種に比べると、必要となるスキルが少ないのが特徴です。

2位 フロントエンドエンジニア

2位はフロントエンドエンジニアです。こちらは前述したとおり、とても人気と需要が高い職種の1つでもあります。

必要となるスキルもHTML、CSS、JavaScriptと学びやすいものが多いため、実務未経験者や初心者におすすめしたい職種です。

3位 Webエンジニア

3位はWebエンジニアです。フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアを含むWebエンジニアは、インターネットの発達とともに高い需要が見込める職種の1つです。

転職するならおすすめのエンジニア職種ランキング

転職するならおすすめのエンジニア職種

昨今、他業種からエンジニアへ転職するケースが増えています。ここでは、転職するならおすすめしたい職種をご紹介いたします。

1位 社内SE

最もおすすめしたい職種は、社内SEです。社内SEは納期という考え方があまり強くなく、自社の都合で作業を進めることができます。

ほかIT系の職種から転職をする際に、ワークライフバランスを実現するために社内SEを希望する方も多いです。

2位 クラウドエンジニア

2位はクラウドエンジニアです。クラウドエンジニアは、インフラの知識とクラウドサービスの知識を必要とします。ややハードルは高いですが、この先の高い需要が継続する職種の1つです。

3位 モバイルエンジニア

3位はモバイルエンジニアです。前述したように、インターネットの中心はパソコンからモバイル(スマートフォン)に移り変わっています。今後も高い需要が見込まれるため、転職者にはおすすめしたい職種です。

高い将来性が期待できるエンジニア職種ランキング

高い将来性が期待できるエンジニア職種

IT業界でエンジニアとして働くのであれば、できるだけ将来性が高いエンジニアになりたいと考えるのは自然なことでしょう。ここでは、高い将来性が期待できるエンジニアの職種をランキング形式でご紹介いたします。

1位 データサイエンティスト

1位はデータサイエンティストです。

情報銀行というビジネスモデルもスタートしていますが、今後もデータの価値は高まっていくことが予想されています。そのため、データを扱うプロフェッショナルであるデータサイエンティストは、高い将来性がある職種といえるでしょう。

2位 AIエンジニア

2位はAIエンジニアです。AIも近年急速に発達している技術の1つです。

すでに私たちの身の周りでも、さまざまなシーンでAIが活用されています。今後もこの傾向はしばらく継続することが予想されます。そのため、AIエンジニアの将来性は高いといえるでしょう。

3位 セキュリティエンジニア

3位はセキュリティエンジニアです。ITが社会のインフラとなりつつある現在、セキュリティに求められるものも大きくなっています。なぜならば、セキュリティがぜい弱な場合、個人情報の漏えいやシステムの停止など、被害が甚大になるリスクがあるためです。

セキュリティエンジニアは、セキュリティのプロフェッショナルとして、堅牢なシステムを実現します。近年のさまざまな事件によって、これまで企業で軽視されがちだったセキュリティについて重要視する傾向が強くなっています。そのため、将来性もかなり期待できるでしょう。

高年収のエンジニア職種ランキング

高年収のエンジニア職種

エンジニアとして働く以上、高い年収を得たいと考えている方も多いはずです。ここでは、高年収のエンジニアをランキング形式でご紹介いたします。

1位 ITアーキテクト

1位はITアーキテクトです。平均年収は約717万円です。

ITアーキテクトは、アプリケーションの良し悪しを決める重要な要素でもあります。非常に難易度が高い仕事である反面、リターンも大きい職種といえるでしょう。

2位 データサイエンティスト

2位はデータサイエンティストです。平均年収は約697万円です。

データサイエンティストは、高い将来性ランキングでも1位にランキングしていました。エンジニアとしてのスキルはもちろん、ビジネス的な知識や視野も必要になるため、ITアーキテクト同様に難しい職種といえます。

3位 ITコンサルタント

3位はITコンサルタントで、平均年収は約647万円です。

ITコンサルタントも、ビジネス的な知識や視野が必要不可欠な職種です。エンジニアはIT関連のスキルだけではなく、いくつかのスキルを掛け合わせることで、市場価値が飛躍的に高まります。高年収を目指しているのであれば、このポイントを意識しておきましょう。

まとめ

今回はITエンジニアに関連する全19の職種について、平均年収と仕事内容をご紹介しました。

ひとことでエンジニアといっても、年収や仕事内容はまったく異なります。現在なりたい職種はもちろんですが、3年後、5年後、10年後になりたい職種を日頃から考えておきましょう。

もしどのような職種があったか忘れてしまったとき、あるいはどのような職種があったか確認したいときは、この記事を参考にしていただければ幸いです。

この記事のおさらい

実務未経験・初心者におすすめのエンジニア職種は?

実務未経験・初心者におすすめのエンジニア職種は下記のとおりです。
・プログラマー
・フロントエンドエンジニア
・Webエンジニア

高年収のエンジニア職種は?

高年収のエンジニア職種は下記のとおりです。
・ ITアーキテクト
・データサイエンティスト
・ITコンサルタント

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら