jQueryの開発エディタって何が良いの?ブラウザで使えるものを厳選


どんな開発エディタを使うのが簡単なんだろう
jQueryを使った手軽なプログラミングができるエディタって何?
初心者でも簡単に利用できるエディタを知りたい

jQueryでプログラミングする時にみなさんはどんな開発エディタを使っているでしょうか?

最近はブラウザから直接利用できるクラウド型のエディタが普及しており、より一層気軽にプログラミングができるようになっています。

初心者の方でも簡単に使いこなせて、効率よく学習やプログラミングを行うことができるエディタは一体どれが良いのでしょうか。

そこで、この記事では初心者でも今日からjQueryの開発エディタに困らない方法について分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで読んで理解を深めて頂ければ幸いです。

一人でも多くの方がjQueryの不安を解消できれば幸いです。

ブラウザの利用

この章では、ブラウザに搭載されている開発者ツールをエディタのように使う方法について見ていきましょう。主に利用者の多いChromeブラウザのケースについて学んでいきます。

DevToolsについて

IE,Firefox,Chromeなど、主要なブラウザには開発者向けにデバッグなどを効率的に行えるツールが搭載されています。

Chromeブラウザの場合であれば【メニュー】→【その他のツール】→【デベロッパーツール】を選択することで開発者向けのツールが起動します。

メニューの選択から開発者ツールを起動

ショートカットキーで【Ctrl + Shift + i】キーを同時押しでも起動することができます。

開発者ツールの【Console】タブに切り替えれば、コンソール上でJavaScriptを記述して実行できるようになります。

Consoleタブに切り替える

1行ずつエンターキーを押して実行していくワンライナータイプのエディタですが、手軽にコードを実行して試すことができるので非常に便利です。

ただし、現在開いているWebページがjQueryを利用していない場合だと、一般的なJavaScriptだけしか実行することができません。

そこで、jQueryをいつでも利用できるようにする方法を次の章で見ていきましょう!

jQueryを利用する方法

開発者ツールでjQueryを利用するには、まず最初にライブラリを読み込んであげる必要があります。

これはJavaScriptから動的に読み込んであげる必要があるので、簡単なプログラムを記述していくことになります。といっても、わずか3行だけの簡単なものなので安心してください。

プログラムとしては次のコードを1行ずつコンソール上で記述して実行していきます。


jQueryを利用するためのプログラム実行画面

特にエラーメッセージなどが出なければ成功です!

この3行を実行したあとは、普通にjQueryが利用できるようになっています。試しに、Webページの背景色を変更してみましょう。


jQueryで背景色を赤色に変えた画面

背景色が見事に赤くなりましたね!

これで、ブラウザさえあればエディタを用意することなく、jQueryによるプログラミングができるようになりました。

クラウドエディタの利用

この章では、ブラウザから利用できるクラウド型のコードエディタについて見ていきましょう。いずれも無料で登録不要なので、気軽にプログラムを始められます。

CodePen


CodePenはコードエディタと実行画面が1つになったエディタで、誰でも気軽にプログラミングを楽しめるようになっています。ユニークなのは、プロジェクトをポートフォリオのようにまとめて閲覧できる機能がある点です。

さらにブログ機能もあるので、プログラムだけでなく記事として自分の作品を紹介することもできます。フォーク機能を使えば他のユーザーが作ったプロジェクトに、自分だけのカスタマイズを付与して作り直すことも簡単です

主な機能は次のとおりです!

  • HTML / CSS / JavaScriptによるプログラムが可能
  • プロジェクトの公開機能
  • ポートフォリオ、ブログ機能
  • URLによるシェア、埋め込み機能
  • フォーク機能
  • コードの整形・エラー検出
  • 外部ライブラリの読み込み
  • Pug,SCSS,Babelなどのプリプロセッサ搭載

JSFiddle


JSFiddleはWebブラウザから手軽にプログラミングを楽しむために、かなり早い段階(2010年頃)からクラウド型のエディタを提供している人気のサービスです。

独特の画面構成ですが(現在はカスタマイズ可能)、作って公開するだけでなくコラボレーション機能によって複数人で1つのコードエディタを共有できるのも大きな特徴の1つでしょう。

主な機能は次のとおりです!

  • HTML / CSS / JavaScriptによるプログラムが可能
  • プロジェクトの公開機能
  • URLによるシェア、埋め込み機能
  • コラボレーション機能
  • フォーク機能
  • コードの整形・エラー検出
  • 外部ライブラリの読み込み
  • Haml,SCSS,Babelなどのプリプロセッサ搭載

PlayCode


PlayCodeは手軽にプログラミングできるだけでなく、複数のファイルを作成してディレクトリ構造を作れることによる本格的なプロジェクトにも使えるWebエディタと言えます。

作成したプロジェクトは専用の公開ページを作ることが可能なので、ユーザー側はごく普通のWebページとして閲覧できるという特徴があります。また、外部ライブラリは名称から自動的に検索して追加できる機能などもあるので便利です。

主な機能は次のとおりです!

  • HTML / CSS / JavaScriptによるプログラムが可能
  • プロジェクトの公開機能
  • 専用の公開ページ作成機能
  • コンソールログ画面を標準装備
  • URLによるシェア
  • 複数ファイルによるディレクトリ構造の作成
  • コードの整形・エラー検出
  • 外部ライブラリの読み込み
  • Pug,SCSS,Babelなどのプリプロセッサ搭載

クラウドIDEの利用

この章では、統合開発環境(IDE)に近い機能をブラウザから利用できる高度なエディタについて見ていきましょう。初心者でも手軽に利用できることで知られているCodeSandboxについて学んでいきます。

CodeSandboxとは?


CodeSandboxはプログラミングをするうえで必要な機能はほとんど標準で揃っており、ブラウザで起動しているとは思えないくらい軽快に動作する非常に優れたコードエディタです。

トップページからログイン不要で【Create Sandbox】ボタンをクリックするだけで、あからじめ用意されたエディタのテンプレートを選択することができます。

さまざまなテンプレート選択画面

Angular, React, Vueといった人気のフレームワークから、Next.js / Nuxt.jsのようなサーバーサイドで実行するフレームワークも手軽に利用することができるのは大きな魅力でしょう。各種プリプロセッサを搭載し、デバッグやテストまで完結できるエディタになります。

主な機能は次のとおりです!

  • バックエンド・フロントエンドのコードを書ける
  • Angular, React, Vueなどのフレームワークを標準搭載
  • 専用の公開ページ作成機能
  • コンソールログ画面を標準装備
  • URLによるシェア
  • フォーク機能、埋め込みタグ生成機能
  • 複数ファイルによるディレクトリ構造の作成
  • コードの整形・エラー検出
  • 外部ライブラリの読み込み
  • Pug,SCSS,Babelなどのプリプロセッサ搭載
  • GitHub連携、ファイルの読み込み・書き出し
  • npmモジュールのインポート
  • デバッグ・テスト機能
  • エディタカスタマイズ
  • PWAとしての利用も可

プログラムの書き方

それでは、CodeSandboxでjQueryを使ってみましょう。

標準テンプレートから【Vanilla】を選択してコードエディタを起動させます。

コードエディタが起動した画面

Vanillaはピュアな素のJavaScriptを利用するためのテンプレートで、余計なライブラリや機能などは追加されていないのでゼロからスタートするには最適です。

次にjQueryが使えるように設定しましょう。【Add Dependency】ボタンをクリックするとさまざまなモジュールを追加できるリストが表示されます。


モジュール選択画面

キーワード検索で【jquery】と入力すると表示されるモジュールをクリックするだけで、自動的にインストールされます。

あとはJavaScriptファイルから次のように記述すれば準備完了です!

これで普通にjQueryが使えるようになりました。

試しにh1要素のテキスト文字を変更してみましょう。


h1要素のテキストを変更する

デフォルトではdiv要素にID属性値として【app】が付与されているので、これをセレクタにしてh1要素を追加しています。

これであとは通常通りにjQueryによるプログラミングが楽しめるというわけです。

まとめ

今回は、jQueryによるプログラミングを気軽に試せる開発エディタについて学習をしました!

最後に、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう!

  • ブラウザに搭載されている開発者向けツールでもjQueryは使える
  • ブラウザから直接プログラミングできるWebエディタがいくつかある
  • より高度なプログラミングをサポートしてくれる統合開発環境(IDE)がある

上記内容を踏まえて、ぜひ自分でもプログラミングに取り入れて活用できるように頑張りましょう!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

マサト

マサト

JavaScriptが大好きで、趣味も仕事もJavaScriptを中心に活動していたら、いつの間にかフリーランスになってました。
30代になってからプログラミングを始めた経緯があり、分からないことだらけだった経験を踏まえて、読者に分かりやすい記事制作をモットーにしています。
JavaScript以外の趣味は、旅をしながらの街歩きや登山など。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説