【図解】Webサイトとは?ホームページやWebページとの違いは?

  • Webサイト
  • Webページ
  • ホームページ

あなたも一度は耳にしたり、実際に使ったりしたことってありますよね。でもこの3つの言葉を正しく理解して使えてますか?

よく分からないけどなんとなく使っている

って人も多いですよね。そこで今回は3つの違いを図でわかりやすく解説します。知っていると誰かに言いたくなること間違いなし!

まずはWebページとWebサイトの違いを知ろう!

Webページとは

まずは「Webページ」とはなんなのかを確認しましょう。実はあなたが見ているのがWebページなんですよ。え、そうなの? とびっくりされた人も多いのではないでしょうか。

Webページとは、ブラウザで見ているページ単体のことを指します。

あなたが普段からブラウザ越しに見ている見ているものがWebページなんです。

Webサイトとは

「Webサイト」とは、同じドメインのWebページ全ての集まりを指します。まずドメインとは、URLの中にある赤枠のことです。

画像:ドメイン

繰り返しになりますが、ドメインごとのWebページの集合体をWebサイトと読んでいます。

図でわかるWebページとWebサイトの違い

画像:WebページとWebサイトの違い

図でわかる通りWebサイトはWebページで構成されています。つまりインターネット上で見れるコンテンツは、Webサイトの中の1ページなんですね。

WebサイトとWebページの違いがわかりましたが、ではホームページってなんなの?と疑問に思われる方がいらっしゃるかと思います。次の項目でしっかり確認しましょう。

ホームページとは?

ホームページの本来の意味

「ホームページ」の元々の意味は、ホームボタンをクリックした際に表示されるWebページのことです。例えばYahooジャパンやGoogleなど登録している人もいるでしょう。このホームボタンの設定は人によって異なります。

画像:ホームボタン

またYahooジャパンの場合、画面左上に「ホームページに設定する」というリンクがあります。

画像:Yahooジャパン ホームページに設定する

ホームページには複数の意味がある

Webサイトのトップページをホームページという場合もあります。よく「ホームへ戻る」というボタンやリンクを見かけたりしますよね。このようにホームページという言葉が広く使われ、Webサイトなどよりも身近な言葉として私たちの生活に根付いてきました。

また自分が運営しているWebサイトのことをホームページという場合もあります。このようにホームページという言葉は、色々なところで使われています。

Webサイトという言葉よりも、ホームページの方が私たちに身近だったからかもしれません。

Webサイトとホームページに違いはない?

元々は別の意味だったWebサイトとホームページですが、現在ではWebサイトをホームページということが多く一般的になっています。普段生活で私たちが使う範囲ならどちらを使っても、意思の疎通さえできていれば問題ありません。

ただエンジニアやWeb制作などを本職にしたいと考えている方は、しっかりと使い分けましょう。

WebサイトやWebページ、ホームページの違いは基本中の基本です。場合によっては業務に差し障りが出る可能性もありますので、この記事で正しい意味を覚えてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

  • Webページ

ブラウザで見ているページ単体のこと

  • Webサイト

同一ドメインのWebページの集まり

  • ホームページ

ホームボタンに設定されているWebページ

でしたね。ただホームページはWebサイトのことを言うときにも使われます。正しい意味を理解して使い分けましょう。

Writer

モリシタ

株式会社SAMURAI

猫をこよなく愛する、侍エンジニアブログ編集部のモリシタです。
価値ある情報をお届けする為、日々精進しながら執筆活動に取組んでいます!

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら