【Ruby入門】範囲オブジェクト(Range)の使い方を理解しよう!

こんにちは!Webコーダー・プログラマーの貝原(@touhicomu)です。今日は、RubyのRangeオブジェクト(範囲オブジェクト)について解説します。この記事では、

  • 範囲オブジェクトの指定方法
  • Rangeクラスで範囲を指定する方法
  • Rangeでeachを使う方法
  • Rangeでforを使う方法
  • 日付でRangeを使う方法
  • 数値範囲オブジェクトでinclude?による比較
  • 文字範囲オブジェクトでinclude?による比較
  • 日付範囲オブジェクトでinclude?による比較


というように、基本的な内容から応用的な使い方に関しても学習していきます。このページで、RubyのRangeオブジェクト(範囲オブジェクト)の使い方をよく把握して自分のスキルとしていきましょう!

範囲オブジェクトの指定方法

まずは基本的なRangeの使い方について見てきます!Rangeは直訳すると「範囲」という意味ですが、Rangeオブジェクトはその通り範囲を表すためのオブジェクトです。

範囲オブジェクトはリテラルで指定します。リテラルとは、Rubyのプログラム中に直接書き込める値のことです。例えば数字の2や文字列”ruby”はリテラルです。というのも、値として直接解釈されるからです。

反対にprintなど直接「値」として解釈されないものはリテラルではないものです。擬似コードで範囲オブジェクトのリテラルを書くと、以下のような形になります。

範囲開始値..範囲終了値

以上のように、範囲の開始値と範囲の終了値を「..」でつないで書くと、範囲オブジェクトのリテラル表現になります。まずは、範囲オブジェクトをpメソッドで出力して、Rubyが範囲オブジェクトをどのように取り扱っているか確認してみましょう。

range = 1..10
p range

実行結果:

1..10

以上のように、「1..10」をオブジェクトであるものとRubyが認識し、pメソッドによりオブジェクトをそのまま出力しています。

範囲は数字だけではなく文字などでも使うことができます。

# 'a'から'z'までの範囲オブジェクトを出力
p 'a'..'z'

実行結果:

"a".."z"

以上のように、文字の範囲オブジェクトもRubyに正しく認識されています。

Rangeクラスで範囲を指定する

範囲オブジェクトは前述した「範囲開始値..範囲終了値」によってオブジェクトを作成できますが、Rangeクラスのnewメソッドでも同様に範囲を指定することができます。具体的には以下のように記述します。

range1 = Range.new(1, 10)
range2 = Range.new('a', 'z')

p range1
p range2

実行結果:

1..10
"a".."z"

このように「範囲開始値..範囲終了値」の場合と同じように範囲オブジェクトを定義できます。

繰り返しでRangeを使う

Rangeでeachを使う方法

範囲オブジェクト(Rangeオブジェクト)はeachによる繰り返しでよく使用されます。eachによる繰り返しを行いたい時は配列を渡していた方も多いと思いますが、範囲オブジェクトを渡すことで少し手間が省けます。

(1..5).each do |i|
  p i
end

実行結果:

1
2
3
4
5

以上のように、範囲オブジェクトに直接eachメソッドを使用し、繰り返し処理を行うことができます。

また、範囲オブジェクトに対し、「1...5」と指定することで、最大値(ここでは5)を含まずに繰り返します。

# 1から10までの範囲オブジェクトを繰り返し出力(最大値を含まない)
(1...5).each do |i|
  p i
end

実行結果:

1
2
3
4

以上のように、「1...5」と少し形を変えて範囲オブジェクトを指定することで、最大値を含まない範囲オブジェクトになります。

eachメソッドについて詳しくは、以下の記事を参照してください。

【Ruby入門】ループ処理まとめ(for・times・while・each・upto・downto・step・loop)
更新日 : 2019年6月25日

Rangeでforを使う方法

範囲オブジェクト(Rangeオブジェクト)には、for文による繰り返し処理にも使用できます。for文の処理内容はeachメソッドと全く同じです。for文はeachメソッドで実現されています。

このように、for文のような他の言語でよく使う構文をeachと同じように使えるようにすることを、「Rubyのシンタックス・シュガー」と言います。

シンタックス・シュガーとは、「(Rubyの)構文を砂糖のように甘くてやさしく、柔軟性のある使い方にすること」という意味です。

実際に文字の範囲オブジェクトにfor文を使ってみましょう。ここでは、’a’から’d’までのアルファベットの範囲オブジェクトを使用します。

for i in 'a'..'d'
  p i
end

実行結果:

"a"
"b"
"c"
"d"

以上のように、範囲オブジェクトに対してeachメソッドの場合と同じようにfor文が使用できました。

for文について詳しくは、以下の記事を参照してください。

【Ruby入門】for文の基礎から応用までをわかりやすく解説!
更新日 : 2019年1月7日

日付でRangeを使う方法

日付もRangeオブジェクトとして扱うことができます。このおかげで連番の日付を、簡単に生成することができます。

ここでは、Dateクラスのparseメソッドを使用して、”2017-03-01”などの文字列からDateクラスのインスタンス(値)を作成しています。

そして、日付の範囲オブジェクトに対し、eachメソッドを使用して範囲の分、日を繰り返して、pメソッドによりそれぞれの日を出力しています。

require 'date'
(Date.parse("2017-03-01")..Date.parse("2017-03-05")).each do |date|
  p date
end

実行結果:

#<Date: 2017-03-01 ((2457814j,0s,0n),+0s,2299161j)>
#<Date: 2017-03-02 ((2457815j,0s,0n),+0s,2299161j)>
#<Date: 2017-03-03 ((2457816j,0s,0n),+0s,2299161j)>
#<Date: 2017-03-04 ((2457817j,0s,0n),+0s,2299161j)>
#<Date: 2017-03-05 ((2457818j,0s,0n),+0s,2299161j)>

Dateについて詳しくは、以下の記事を参照してください。

Rubyで日付・時刻を扱うならTimeクラスに決まり!
更新日 : 2019年4月24日
【Ruby入門】日付・時刻の扱い方(Date、DateTime、Time)
更新日 : 2019年6月26日

Rangeでinclude?による比較

Rangeの中に値が含まれているかどうかをinclude?メソッドで確かめることができます。

include?メソッドはRangeオブジェクトに共通のメソッドで、数値のRangeオブジェクト、文字のRangeオブジェクト、日付のRangeオブジェクトのどれにも適用できます。

数値Rangeオブジェクト

まずは、数値のRangeオブジェクトに対して、include?メソッドを使用してみましょう。include?は、第一引数に値を指定すると、その値がRangeオブジェクトに含まれている場合はtrue、含まれてない場合はfalseを返します。

range = 1..5
p range.include? 3
p range.include? 8

実行結果:

true
false

文字Rangeオブジェクト

次に、文字のRangeオブジェクトに対してinclude?メソッドを使用してみましょう。構文は数値のRangeオブジェクトのinclude?メソッドと同じ構文です。

range = 'a'..'d'
p range.include? 'b'
p range.include? 'z'

実行結果:

true
false

日付Rangeオブジェクト

次に、日付のRangeオブジェクトに対してinclude?メソッドを使用してみましょう。構文は数値のRangeオブジェクトのinclude?メソッドと同じ構文です。

require 'date'

p (Date.parse("2017-03-01")..Date.parse("2017-03-05")).include? Date.parse("2017-03-03")
p (Date.parse("2017-03-01")..Date.parse("2017-03-05")).include? Date.parse("2017-04-01")

実行結果:

true
false

以上のように、日付Rangeオブジェクトに対してもinclude?を使用することができました。このようにRangeオブジェクトなら中身に関係なくinclude?による比較ができていることがわかります。

まとめ

今回は、RubyのRangeオブジェクト(範囲オブジェクト)について学習しました。学習のポイントを振り返ってみましょう!

  • Rangeオブジェクトには、数値、文字、日付などの範囲を指定できる
  • each繰り返しでRangeを使うことができる
  • for繰り返しでRangeを使うことができる
  • include?によりRangeオブジェクトの比較ができる


以上の内容を再確認し、ぜひ自分のプログラムに生かし学習を進めてください!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

貝原 輝昌

貝原 輝昌

こんにちは!貝原(@touhicomu)と申します。
現在は、Web業界のフリーランスとして、主にPHP/WordPress/BuddyPress/VPSサーバー構築などの業務を受注しています。
現住所は、日本の西海岸、長崎県は波佐見町です。田舎ライフです。^^
地元の観光団体「笑楽井石」にボランティアでほたる撮影会やそば塾などのスタッフとして参加させて頂いています。
以下の活動も行っています。
 ・笑楽井石のブログ
 ・エクセル関数を日本語化するソフト
 ・エクセルVBAを日本語で記述するソフト

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説