スライドショー

【Git初心者向け】リポジトリの作成からpushまでを解説

pushを使用すれば、ローカルリポジトリで編集した内容をリモートリポジトリにアップロードすることが可能です。

編集したファイルをどうやってアップロードするの?
そもそもアップロードするまでの手順がわからない……

なんて方に向けて、この記事ではpushコマンドを使用してアップロードするまでの一連の手順を優しく解説していきます!

  • リモートリポジトリの作成
  • ローカルリポジトリの作成
  • ファイルをリポジトリに登録
  • pushコマンドでファイルをアップロード

この記事を読めば、pushコマンドでアップロードするまでの一覧の流れを理解できるようになるでしょう。初心者の方はぜひ参考にしてください。

まずはリポジトリを作成しよう

まずはGitHubにログインしてリポジトリを作成しましょう。

「Repository name」にリポジトリ名を、「Description」にリポジトリの内容を入力して「Create Repository」をクリックします。

登録が完了すると、このようにURLが表示されます。

表示されているURLは、pushコマンドで送信するときに使用しますのでメモを取っておきましょう。

自分の端末にローカルリポジトリを作ろう

次にローカル環境でローカルリポジトリを作成します。Macならターミナルを起動して、任意の場所にディレクトリを作成します。ここでは「/Users/ユーザー名」以下にディレクトリを作成しています。

$ mkdir github
$ cd github
$ mkdir pushtest
$ cd pushtest

ディレクトリを作成したら、「git init」コマンドでローカルリポジトリを作成します。

$ git init

以下のように表示されたら成功です!

Initialized empty Git repository in ~

ファイルをローカルリポジトリに登録しよう

次にファイルを新規に作成してローカルリポジトリに作成してみます。任意のテキストファイルをディレクトリ「pushtest」に作成します。ここでは「pushtest.txt」にしています。

$ vi pushtest.txt

pushtest.txtの内容

push test!

ファイルを作成したら、「git add」コマンドでファイルをインデックスに追加します。インデックスに追加することでGitで管理する対象のファイルになります。

$ git add pushtest.txt

インデックスの追加を実施したら、リポジトリに登録します。登録には「git commit」コマンドを実行します。

$ git commit -m “pushコマンドの確認”

指定した引数はこのリポジトリの内容を表します。成功すると以下のように表示されます。

Your name and email address were configured automatically based
on your username and hostname. Please check that they are accurate.
You can suppress this message by setting them explicitly:

これでリポジトリの登録が完了しました。

リモートリポジトリにpushしよう

それではいよいよリモートリポジトリに作成したファイルをpushコマンドで送信してみましょう。gitのpushコマンドは、ローカル環境であるローカルリポジトリで編集したファイルをリモートリポジトリにアップロードするためのものです。

送信する前に「git remote」コマンドを使用してリモートリポジトリに追加を行います。リポジトリのURLは先程GitHubで作成したリポジトリのURLを指定します。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザーID/push_test.git

続いて「git push」コマンドでリモートリポジトリに送信を行います。以下のコマンドを実行します。

$ git push origin master

ユーザーネームとパスワードを聞かれますので、それぞれGitHubのユーザーとパスワードを入力しましょう。成功したら以下のように表示されます。

Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 245 bytes | 245.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/takataka58/push_test.git
 * [new branch]      master -> master

GitHub上で登録されていることを確認します。

これでローカルリポジトリからのアップロードが完了しました。

そもそもGitとは

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事にGitやGitHubの概要や基本を解説していますので、参考にしてください!


【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

まとめ

ここではpushコマンドを使用して、リモートリポジトリにファイルをアップロードするまでの一覧の流れをわかりやすく解説しました!

  • リモートリポジトリの作成
  • ローカルリポジトリの作成
  • ファイルをリポジトリに登録
  • pushコマンドでファイルをアップロード

手順さえわかってしまえばリモートリポジトリへ送信する方法は簡単なことがわかりましたね! もし、pushコマンドの手順を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説