【Java入門】Vectorクラスで可変長配列を扱う方法(add/remove/size)

こんにちは!エンジニアの中沢です。

Javaには可変長配列を扱うための「Vectorクラス」があります。

可変長配列は、配列のサイズを変更してArrayListのように使えるので上手く活用してください。

この記事では、

・Vectorクラスとは
・Vectorクラスの使い方
・addで要素を追加する方法
・removeで要素を削除する方法

という基本的な内容から、

・Vectorのサイズをsizeで取得する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、「Vectorクラス」の使い方をわかりやすく解説します!

Vectorクラスとは

Vectorクラスは、可変長配列を扱う場合に使います。

Vectorクラスの可変長配列は通常の配列と違い、要素を追加したり、削除することが簡単にできます。

Vectorクラスの可変長配列は、ArrayListと同じように使うことができますが、パフォーマンスの問題でArrayListを使うことが一般的です。

そのため、現在ではVectorクラスはあまり使われていません。

Vectorクラスの使い方

addで要素を追加する方法

ここでは、Vectorクラスの可変長配列にaddメソッドで要素を追加する方法を解説します。

要素を追加するには、addメソッドの引数に追加する要素を指定します。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにして、要素を追加することができました。

removeで要素を削除する方法

ここでは、removeメソッドで要素を削除する方法を解説します。

要素を削除するには、removeメソッドの引数に削除したい要素のインデックスを指定します。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにして、指定したインデックスの要素を削除することができました。

Vectorのサイズをsizeメソッドで取得する方法

ここでは、Vectorのサイズを取得する方法を解説します。

Vectorのサイズを取得するには、sizeメソッドを使います。

sizeメソッドは戻り値でVectorのサイズを返します。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにして、サイズを取得することができました。

ArrayListの使い方

ここでは、Vectorと同じように可変長配列を扱うことができるArrayListの使い方を解説します。

ArrayListは、Vectorと同じようにaddメソッドで要素を追加したり、sizeメソッドでサイズを取得することができます。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにして、要素の追加とサイズの取得ができました。

ArrayListの詳しい使い方はこちらの記事で解説しているので、ぜひ確認してください。

JavaのList型とは!?ArrayListの使い方を基礎の基礎から解説!
更新日 : 2019年4月23日

まとめ

いかがでしたか?

今回はVectorクラスで可変長配列を扱う方法を解説しました。

配列の要素を簡単に追加したり削除できるので、ぜひ活用してくださいね。

もし、Vectorクラスの使い方を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説