スライドショースライドショー

【ExcelVBA入門】セルをクリアする方法について徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAでセルをクリアする方法を知っていますか?

データを新しく書き込むためにクリアしたり、もともとあるデータを消すためにクリアしたり、クリアする方法を知っておくと便利です!

そこで今回は、

・セルをクリアする方法

といった基礎的なことから、

・値のみ・書式のみなどの形式を指定してクリアする方法

・合わせて覚えると便利な一覧データを指定する方法

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

セルをクリアする方法

はじめに、セルをクリアする方法について解説します!

セルを指定してクリア

まず、セルを指定してクリアする方法について解説します。

セルを指定してクリアする方法は、次のとおりです。

Range(セルのアドレス).Clear    'セルのアドレス例:A1 ,B5など
Cells(行番号 , 列番号).Clear   '行番号・列番号例:1 , 4 , 5 , 8などの数値

使い方をわかりやすく解説するために、サンプルコードを用意しました。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test()
  Range("C4").Clear
End Sub

実行後のデータ:

このように、簡単にクリアすることができます。

複数のセル範囲を指定してクリア

次に、複数のセル範囲を指定してクリアする方法について解説します。

複数のセル範囲を指定してクリアする方法は、次のとおりです。

Range("開始セル:終了セル").Clear
Range("開始セル", "終了セル").Clear

こちらも、サンプルコードを用意しました。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test2()
  Range("C3", "C4").Clear
End Sub

実行後のデータ:

このように、簡単に複数のセル範囲をクリアすることができます。

シートを指定してセルをクリア

次に、シートを指定してセルをクリアする方法について解説します。

シートを指定してセルをクリアする方法は、次のとおりです。

Worksheets(シート名).Range(セルアドレス).Clear             '1つのセルのみクリア
Worksheets(シート名).Range("開始セル:終了セル").Clear       '複数セル範囲をクリア
Worksheets(シート名).Range("開始セル” , “終了セル").Clear   '複数セル範囲をクリア

セルを指定するRangeの前に、「Worksheets(シート名)」をつけて、ドット(.)でつなぐことで、シート名を指定してクリアすることができます。

こちらも、サンプルコードを用意しました。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test3()
  Worksheets("Sheet1").Range("C4").Clear
End Sub

実行後のデータ:

このように、簡単にシート名を指定してセルをクリアすることができます。

形式を指定してクリアする方法

ここまでの解説を見て、次のように思った方もいるのではないでしょうか。

値のみ・書式のみ消したい場合はどうすればいいんだろう・・・

そうなんです。

Clearメソッドは簡単なのですが、値・書式・罫線など全ての情報を消してしまいます。

そのため、指定した形式のみ削除する方法を合わせて覚えておくと便利です!

形式を指定して削除できるメソッド一覧をまとめました。

Noメソッドクリアする情報
1Clear全て
2ClearCommentsコメント
3ClearContents値と数式
4ClearFormats書式 (色や罫線、条件付き書式など)
5ClearNotesコメント
6ClearOutlineアウトライン
7ClearHyperlinksハイパーリンク

Clearメソッドと使い方は一緒ですが、簡単に解説するために値・数式のみ消すClearContents」を使ったサンプルコードを用意しました。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test6()
  Range("A4", "C4").ClearContents
End Sub

実行後のデータ:

このように形式を指定してクリアすることもできるので、覚えておくと便利です!

合わせて覚えると便利な一覧データを指定する方法

ここまでセルのクリア方法を解説してきましたが、「毎回セルの範囲を指定するのが大変・・・」と思った方もいるのではないでしょうか。

サンプルに使ったような一覧データを消すとき、データの行数が変わるとRangeのセル範囲も変わってしまいますよね。

サンプルデータ:

そんな時に便利なのが、SpecialCellsUdsedRangeです!

それぞれ、次のようなことができます。

・SpecialCells:指定したセルから最終セルまでのセル範囲を取得
・UdsedRange:データがある全てのセル範囲を取得

具体的な使い方について、それぞれ解説しますね。

SpecialCellsで一覧データをクリアする方法

まず、SpecialCellsを使って一覧データをクリアする方法について解説します。

SpecialCellsを使って次のように書くことで、一覧データのデータ部分のみクリアすることができます。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test4()
  Range("A2", Range("A2").SpecialCells(xlLastCell)).Clear
End Sub

実行結果:

ヘッダ行以外のデータを削除するためにRange(開始行,終了行)セル範囲を指定し、開始行A2セル終了行SpecialCellsで取得した最終セルを使って指定し、クリアしています。

このように、一覧データのデータ部分のみをクリアしたい場合は、SpecialCellsがおすすめです!

UsedRangeで全てのセル範囲をクリアする方法

次に、UsedRangeを使って全てのセル範囲をクリアする方法について解説します。

UsedRangeを使って次のように書くことで、全てのデータ範囲をクリアすることができます。

実行前のデータ:

サンプルコード:

Sub Test5()
  ActiveSheet.UsedRange.Clear
End Sub

実行結果:

ActiveSheet」で表示しているシート・「UsedRange」ですべてのデータ範囲を指定し、データをクリアしています。

このように、データのあるすべてのセルをクリアする場合は、UsedRangeの使い方を覚えておくと便利です!

UsedRangeについては以下でも詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA】UsedRangeプロパティでセル範囲を全て取得する方法とは?
更新日 : 2019年5月25日

まとめ

今回は、セルをクリアする方法について徹底的に解説しました。

たくさんのデータを扱うExcelだからこそ、データをクリアするケースはよくあります。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説