【Ubuntu18.04】VNC Serverを構築してMacからリモートアクセスしよう

みなさんこんにちは!手元のUbuntu機にリモートでアクセスしたいと思ったことはありませんか?色々調べてみても情報が古かったり、よくわからなかったりしますよね。そこで今日は、

  • そもそもVNCってなに
  • UbuntuにVNCをインストール
  • UbuntuにVNC Serverを構築
  • MacからUbuntuにリモートアクセスする

ということをわかりやすく説明しているのでUbuntuにリモートアクセスしたいと考えている方は是非参考にしていただければ幸いです!また、本記事ではUbuntu18.04LTSをVitualBoxで動作させて動作確認していきます!

VNCってなに?

それではまずそもそもVNCとは何かということについて説明していきます。VNCはVirtual Network Computingの略で、マシンを遠隔操作するときに使うもののことですね。

PCやサーバの遠隔操作を行うには他にもSSHすることも考えられますが、デスクトップ共有がVNCの強みですね。

VNCと一言に言っても2種類あり、一つは操作される側にいれるものと、もう一つは操作する側にいれるものになります。操作される側のものをサーバソフト、操作する側のものをクライアントソフなどと呼んだりします。

つまり今回を例に挙げると、サーバソフトの入ったUbuntu18.04をクライアントソフトの入ったMacから操作するというわけですね。Macにはもともと必要なクライアントソフトが入っているので特段導入などの必要はありません。

遠隔操作の言葉通り、悪用されたら大変なのできちんと使い方をマスターしていきましょう!

UbuntuにVNC Serverを構築しよう!

さて、それでは早速Ubuntu VNC Serverをダウンロードしていきましょう。端末を開き、

sudo apt-get update

まずは例に習ってアップデートしておきましょう。

VNC Serverをインストールしよう

アップデートが完了したら、

sudo apt-get install vnc4server

でVNC Serverをインストールします。

VNC Serverを起動、設定しよう

インストールが完了したらVNC Serverを起動していきましょう。

vncserver :1

として起動できます。初回ですと、

You will require a password to access your desktops.

Password:

このように、パスワードを設定するように言われますので好きなものを設定してください。

Password must be at least 6 characters - try again

6文字以内だと怒られるみたいですね。その後、設定を行うため、/.vnc/xstartupファイルを変更していきます。

vi ~/.vnc/xstartup

このように、viなどで編集しましょう。その後、

#!/bin/sh

# Uncomment the following two lines for normal desktop:
# unset SESSION_MANAGER
# exec /etc/X11/xinit/xinitrc

[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
x-terminal-emulator -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
x-window-manager &

こんな感じになっていると思うので、

unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
startxfce4 &

こちらを追記してください。コメントを外しても構わないですが、面倒なのでコピペしちゃいましょう。その後、

vncserver -kill :1
vncserver :1

と停止後また起動しましょう。

Macからリモートアクセスしてみよう!

VNC Serverの設定が終わったら、Macからリモートアクセスしてみます。

システム環境設定、共有から、画面共有をONになっていない方はONにしておきましょう。vnc:://IPアドレスとしてアクセスするのですが、IPアドレスわからない方は、

ifconfig

とするとIPアドレスわかります。

ifconfig
eth1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.33.10  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.33.255
        inet6 fe80::a00:27ff:fe15:3548  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        ether 08:00:27:15:35:48  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 734  bytes 80133 (80.1 KB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 651  bytes 207107 (207.1 KB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

このように筆者は、VirtualBox側で、プライベートネットワークを192.168.33.10に構築していることがわかりますね。Finderを開いてコマンドKを押すと、アクセス画面になるので、

接続し、設定したパスワードを入れると、

接続できました!

まとめ

いかがでしたか?VNCは何かということから、実際の導入方法、設定方法、Macでのアクセスをみてきました。リモートデスクトップを使うとどこでもそのマシンにアクセスできるので便利ですね。

VNCをマスターして快適な遠隔Ubuntuライフを送れるようになるといいですね!それでは!!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説