機械学習プログラミングスクールおすすめ10選!Pythonもマスター

機械学習を勉強してAI開発に携わりたい。
機械学習に強いPythonを習えるプログラミングスクールってどんなところがあるんだろう?

そんなあなたに、AI・Pythonの技術を学べ、とくに「機械学習」に強いプログラミングスクールをご紹介します。

また合わせて、

  • 機械学習エンジニアの仕事内容と需要
  • 機械学習エンジニアに必要なスキル
  • あなたにぴったりのスクールの選び方

の3つもご紹介しますので、ぜひご一読ください。

この記事の監修者

機械学習が学べるスクール一覧

以下の表は機械学習が学べるスクールの一覧になります。スクール名や料金などを記載していますので、どのようなスクールがあるか参考にしてください。

スクール名 受講形式 特徴 料金
DIVE INTO CODE 通学 合宿のように学ぶ形式を取っていて、否が応でもスキルが身につく ¥647,800(税込み)~
TECHCAMP 通学・オンライン 教室学習とオンラインの両方を採用 ¥239,580(税込み)~
AIジョブカレ 通学 修了認定試験に合格すればE資格の受験資格が得られます ¥27,500(税込み)~
スキルアップAI 通学・オンライン 機械学習やAIを体系的に学べるコミュニティ ¥132,000(税込み)~
Winスクール 通学 3つの受講スタイルを選べる ¥355,300(税込み)~
SAMURAI ENGINEER オンライン 生徒1人1人にオーダーメイドカリキュラム ¥166,000(税込み)~
TechAcademy オンライン コース受講終了後も教科書閲覧可 ¥229,900(税込み)~
Aidemy オンライン オンラインで24時間メンターがチャットサポート ¥209,000(税込み)~
CodeCamp オンライン チャット対応時間7時~23時40分 ¥195,800(税込み)~
TECH BOOST 通学 エンジニアに特化した人材紹介サービスを展開する企業が運営 ¥126,500(税込み)

機械学習が学べるおすすめ通学式スクール5選

まずは通学式のスクールを5つご紹介します。通学式のメリットは、スクール講師と対面授業するためモチベーションを維持するのにとてもよいです。自主学習が苦手な人でも、スクール行けば「頑張ろう!」となりますよ。

DIVE INTO CODE

previous arrownext arrow
Slider

DIVE INTO CODEのおすすめポイント

  • 即戦力になるために設計された授業が受けられる

  • 同期やメンターと繋がりやすい

  • サポート体制が充実している

DIVE INTO CODEは、みっちり合宿のような形式で機械学習を学べるプログラミングスクールです。対象のコースは「機械学習エンジニアコース」で、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としており、プロのエンジニアの実務から逆算した本当に必要なスキルだけを学べます。

渋谷の教室に通学し10:00~19:00までフルタイムで、他の学習者や講師陣とみっちり学ぶ形式を取っているので、しっかりとしたスキルが身につきます。転職・就職サポートも実績多数。代表講師が自らポートフォリオや履歴書・経歴書のレビューから面接対策までやってくれ、万全の体制を整えています。

入学金・受講料合わせてかなり高額ではありますが、「スキルが確実に身につけられる」「転職にも強い」とネット上でも評判なスクールとなっています。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 入学金:100,000円
コース料金:547,800円
受講形式 個別無料カウンセリング、無料体験会、併用
講師の質 現役エンジニア
対応時間 10:00~21:30
(木曜日:13:00~19:00)

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

TECHCAMP

previous arrownext arrow
Slider

TECHCAMPのおすすめポイント

  • 本気の転職コースから教養としてのコースやデザイナーコースまである

  • 専属のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので転職成功率99.0%

  • たくさんの賞を受賞している実績がある

オンラインと教室型を併用し学習できるのがTECH CAMPです。機械学習が学べるコースは「AI入門コース」が該当し、東京・名古屋・大阪に教室があります。多くのメディアにも取り上げられ、プログラミングなどのスキルだけでなくビジネスに必要なマインドやスキルも習得できるので、受講生満足度も98%と非常に高いのが特徴です。

転職・就職支援は、専属キャリアアドバイザーが受講中からマンツーマンでサポートする体制を取っており、有名企業への転職実績多数。なんと現在まで300名を超える人が転職に成功しています。さらに転職に成功しなかった場合は受講料を全額返金するという「転職保証コース」もあり、受講後も入社して3年目までキャリアサポートを行ってくれるので、初心者の方でも安心です。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 プログラミング教養コース
・239,580円
(月額21,780円+入学金217,800円)
エンジニア転職コース
短期集中スタイル
・712,800円
夜間・休日スタイル
・932,800円
受講形式 対面/少人数グループレッスン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 平日:10時〜22時
土日祝日:11時〜22時
オンライン:11時〜22時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

AIジョブカレ

previous arrownext arrow
Slider

AIジョブカレのおすすめポイント

  • プログラミング経験豊富な講師による講義

  • 実際の現場で使えるスキルが身につく

  • 転職成功でキャッシュバックしてくれる

AIジョブカレは、経験豊富なエキスパートから機械学習のノウハウを体系的に学べるAI​技術専門の教育講座です。東京・名古屋・福岡などの主要都市で、実務経験が豊富な講師から教えてもらえます。

コースもいくつかありますが、その中でも機械学習に特化している「​機械学習講座」では、8日間という短期間ながら、​グループワークや模擬演習などを経て、実務活用できるスキルがしっかり身につけられます。ただし、Pythonの知識・スキルがある程度身に付いていることが前提の講座ですので、Pythonの知識・スキルに不安のある方は別の「Python講座」を受講する必要があり、どちらかといえば経験者を対象とした内容になっているので注意しましょう。

転職・就職サポートとしては未経験OKの企業の紹介をしてくれ、しかも仕事決定で受講料が無料​になるというキャンペーンまであります。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 Python+数学講座
・ライブ配信:54,780円
・動画受講:43,824円
Python講座のみ
・ライブ配信:21,780円
動画受講:17,424円
受講形式 教室/オンライン
講師の質 プログラミング講師
対応時間 平日9:00〜18:00

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

スキルアップAI

previous arrownext arrow
Slider

スキルアップAIのおすすめポイント

  • AIを体系的に学べる

  • 実際のビジネスデータセットを用いた超実践的カリキュラム

  • 全ての講座がオンラインで受講可能

スキルアップAIは「超実践的機械学習」をうたっているように、受講後にすぐ使える機械学習エンジニアやデータサイエンティストのスペシャリストとなるため、機械学習やAIを体系的に学べるコミュニティです。

機械学習やAIの講座には体系的なものがない、受講料が高い、学んだことを活かせないなどの問題を解決するために生まれたスクールで、機械学習やAIに特化した講座を多数取り扱っているのが特徴です。

どのコースの価格も10~30万円以内と、機械学習やAIの講座の中では安いほうで、Pythonなどの基礎講座なら数万円からとなり、非常に受講しやすくなっています。将来、機械学習エンジニアとしてバリバリ活躍したいと考えている方にはうってつけかもしれません。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 AIジェネラリスト基礎講座
・132,000円
ソフトウェアエンジニア入門講座
・11,000円
受講形式 オンライン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 -

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

Winスクール

previous arrownext arrow
Slider

Winスクールのおすすめポイント

  • 年間1000社以上の企業研修&年間1万7000人が受講

  • 全国どこの教室でも受講できる

  • 自分の都合に合わせて予定を変更できる

Winスクールは機械学習やAIの講座だけでなく、パソコンや多数のプログラミング言語を学べるスクールとして昔から知られている通学式のスクールです。機械学習の講座としてはPythonをはじめとしてAIやIoTなどの基礎を習得できます。

全国各地に教室があるので入会すればどの場所でも受講可能で、受講回数上限内なら1週間に何回でも受講可能という、通学式スクールの中でもかなり柔軟な対応で、非常に学習しやすい環境と言えます。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 WebデザイナーPlusコース(150分×34回)
・355,300円
Javaプログラマコース(150分×22回)
・289,300円
受講形式 グループレッスン
講師の質 不明
対応時間 平日:9時から22時
土・日・祝日:9時から18時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

機械学習が学べるおすすめオンライン式スクール5選

続いては、オンライン型のスクールを5つご紹介いたします。オンライン式スクールのメリットは、自身のペースで学習を進められることです。通学する時間やスキマ時間を勉強に充てたいと考える人には最適です。

SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEERのおすすめポイント

  • 1人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラム

  • オリジナルアプリを開発できる

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン

まずは、当塾・SAMURAI ENGINEERをご紹介いたします。特徴はオンライン&マンツーマン形式で、現役エンジニアの専任講師が徹底指導する体制を取っています。

ちなみに機械学習は、人工知能開発に特化した「AIコース」でしっかり学習できますよ!

しかも上記カリキュラムは、あなたの希望やレベルに応じて専任の講師がオーダーメイドでカスタマイズし、最初から最後まで交代なく一人の講師が指導。サポート時間も土日祝日関係なく8時〜22時で対応し、担当講師と合意の上なら時間外でもサポートOKです。忙しい人・モチベーションが続かない人にこそメリットを感じていただけると自負しています。

さらに、専任のキャリアアドバイザーが転職・就職までをしっかりサポート。コース修了後の進路をしっかり見据えた万全の体制をご用意しています。無料カウンセリングもやっていますので、まずはお気軽にお越しいただき、疑問をなんでもぶつけてください。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 デビューコース
(4週間プラン)
・入学金:98,000円
・授業料:68,000円
エキスパートコース
(12週間プラン)
・入学金:198,000円
・授業料:400,000円
AIコース
(12週間プラン)
・入学金:298,000円
・授業料:400,000円
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 経年年数3年以上の現役フリーランスエンジニア中心
対応時間 365日、8~22時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

TechAcademy

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

TechAcademyのおすすめポイント

  • 受講したコースの教科書を卒業後も閲覧可能

  • 毎日15時から24時まで質問や面談に対応

  • 回数無制限の課題レビュー

TechAcademyも同じくオンライン型・マンツーマン形式のスクールで、多彩なコースが魅力。機械学習をしたい方向けの対象コースは「Pythonコース」です。

学習方法は自習が中心となりますが、パーソナルメンターと週2回のビデオ面談やチャットサポートがあるので、モチベーションを維持しながら実践的に学習できます。

もちろん無料の転職サポートも備えており、学習を進めていけば企業やコンサルタントからスカウトが届き、成長中の企業や職場環境が整った企業を紹介してくれます。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 Pythonコース
4週間プラン
・174,900円
8週間プラン
・229,900円
12週間プラン
・284,900円
16週間プラン
・339,900円
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 365日、15時~24時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

Aidemy

previous arrownext arrow
Slider

Aidemyのおすすめポイント

  • 入門講座なら無料で受けられる

  • 24時間チャットサポートに対応している

  • マンツーマン指導でしっかり学習できる

AidemyはAIエンジニアに特化したプログラミングスクールで、オンラインで24時間チャットサポートしてくれるのが特徴的です。

カリキュラムはオープンソースの自動運転ソフトウェアの権威・加藤真平 准教授 (東京大学大学院)が監修しており、数学の知識やプログラミングの知識がない初心者の方でも安心して学習できます

最も人気なプランは「Aidemyプレミアムプラン」です。このプランは機械学習に特化したコースが選び放題で、2週間以内であれば無条件全額返金保証もしてくれるので、お試し気分で気軽に利用できます。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 Aidemyプレミアムプラン
3ヶ月プラン
・528,000円
6ヶ月プラン
・858,000円
9ヶ月プラン
・1,078,000円
受講形式 オンライン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 月・土 12:00 ~ 22:00
日・火〜金17:00 ~ 22:00

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider

CodeCampのおすすめポイント

  • 自分の学習スタイルにあった講師を指名できる

  • 毎日7時から24時まで対応

  • 現役エンジニアとのマンツーマンレッスン

Code Campは現役エンジニアから実践的なスキルとマインドセットが学べる、オンラインプログラミングスクールです。一人ひとりに合わせた学習カリキュラムや、年中無休で7~23時の間であればいつでも受講できる環境が整えられています

機械学習のコースは企業の人材育成にも導入されているので、実績十分の学習コースとなっています。

現役エンジニアが指導してくれるので、レッスンの満足度は96.6%。通過率17%の選考を経て採用された業界トップクラスの講師陣です!

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 各種コース
・198,000円(2ヶ月)
・308,000円(4ヶ月)
・363,000円(6ヶ月)
プレミアムプラス
・470,000円(2ヶ月)
・583,000円(4ヶ月)
・803,000円(6ヶ月)
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 現役エンジニア中心
対応時間 365日、7時~24時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

tech boost

previous arrownext arrow
Slider

tech boostのおすすめポイント

  • Web系エンジニアを目指す人におすすめなスクール

  • 一人ひとりに合わせたカリキュラムを用意してもらえる

  • メンターの質が高い

tech boostは、「世の中に対する考え方まで変えていき一人ひとりの未来まで変えていくことを目指しています。」という謳い文句を掲げているプログラミングスクール。

エンジニア転職に向けて「学習プランのオーダーメイド」「現役エンジニアのサポート」「キャリアサポート」が充実しており、高い転職成功率を誇っています。

機械学習単体の講座はないのですが、プログラミング基礎言語、アプリ開発、AI/IoTスキルという風に習得していけるのでプログラミング初心者でも体系的に学習できます。

公式サイトで詳細を見る
期間・料金 スタンダードコース
・126,500円~
ブーストコース
・287,320円~
メンタリング(月4回~)
・34,760円~
受講形式 オンラインor教室
講師の質 現役エンジニア
対応時間 平日:10:00~22:00
土日:10:00~19:00

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

機械学習を学ぶのになぜスクールなのか?

現在、機械学習やAI、Pythonを学ぶ機会やツールがたくさんあります。スクールはもちろんのこと、参考書や自主的に学習するオンラインサイトなどレベルの高いものもあります。

こう見ると高いお金を払ってまで、機械学習を学ぶためにスクールでなくてもよいと思うかもしれません。たしかに自分で1から10まで機械学習の知識を身につけるならスクールでなくてもよいです。しかしスクールを選択し学習することは、機械学習の知識を身につける以上の効果があります。

それはスクールで学習を終えたあとにも役立つことが多いので、ぜひこの項目をご覧ください。

機械学習エンジニアの市場情報を得ることができるから

機械学習をはじとしてIT市場が活発になったのはここ数年のことです。政府や業界も機械学習の市場がどんどん伸びると発表していますが、機械学習やAI市場を正確に把握することは難しいので、転職しようとしても失敗するかもしれません。

しかしプログラミングスクールなら機械学習の学習を行いながら、常に新しいAI市場の情報が集められます

スクールに通う目的は「機械学習の知識やスキルを習得して、社会で活用しポジションや収入アップなどを達成すること」なので、将来を見据えるならスクールで学習する方がメリットは多いでしょう。

専門的な知識を身に付けることができるから

機械学習の知識、スキルと簡単にいいますが、その内容は多岐に渡ります。プログラミング言語はもちろん、数学的な思考力、統計解析の知識などがあります。ただプログラミング言語だけを習得するなら自主学習だけでも十分ですが、数学的な思考力や統計解析の知識を身につけることは難しいでしょう。

スクールでは1人で習得するのも難しい勉強部分もサポートしてくれますし、質問もし放題なので、学習するのにとても心強いです。「1人じゃないから頑張れる」という側面があるのもスクールを選ぶポイントの1つです。

【必見!】機械学習について学ぶスクールの選び方

【必見!】機械学習について学ぶスクールの選び方

続いては、あなたにぴったりのスクールの選び方をご紹介します。スクールに入学してから「しまった…想像したのと違った」のように後悔をしないように、チェックしておいてください。

機械学習が学べるコースがあるか

機械学習を学べるコースがしっかりあるのかをチェックしましょう。当然ながらこれが最も重要で、いくらコースが充実していたり評判が良くても、機械学習がしっかり学べなければ本末転倒です。まずはきちんとコースの有無を確認してください。

オンラインか通学式か

受講形態がオンラインか通学式かを確認しましょう。通学式はモチベーションを維持しやすいですが、時間や場所が限られています。

逆にオンラインは好きな時間や場所で自由に学習できますが、モチベーションの維持がしづらいです。

選ぶポイントは自分の生活スタイルや性格。過去、受験勉強の際に自分がどうたったか?等を思い出し選んでみましょう。(ちなみに、中にはどちらの受講形態にも対応しているスクールもあります)

転職・就職サポートが充実しているか

最後のポイントは、転職・就職サポートが充実しているかです。いくら学習環境が良く、最短でスキルを身につけたところで、それは転職・就職し仕事に就いてこそはじめて生きるもの。

専任のコンサルタントが居るのと、相談に乗ってくれるだけでは雲泥の差があります。サポートがあるのか、企業との繋がりはあるのか、過去の転職・就職事例等もチェックし、自分の希望が叶いそうなところを選びましょう。

スクールで学ぶ機械学習に必要なスキルとは?

ここでは、機械学習エンジニアに必要なスキルを以下に3種類解説します。どのような知識やスキルが必要なのかを理解することは重要なので、機械学習のスクールに行ってみようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Python(機械学習に必須の言語)

機械学習の開発において最も用いられるプログラミング言語が「Python」なので、この言語はマスターしておきたいとことろです。IEEE Spectrumが、アメリカの機械学習エンジニアに聞いた「プログラミング言語ランキング・2018年版」では、Pythonが1位。ちなみに、前年でも1位を獲得しており、もはや機械学習=Pythonと言ってもいいほどです。

ちなみに、Pythonは機械学習だけでなくAIやWebサービス開発、統計解析にも使える守備範囲の広い言語です。有名どころだと、YouTubeやDropboxの開発にも使用されています。

※詳しくは下記記事もお読みください。

Pythonとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説
更新日 : 2021年8月16日

深層学習(ディープラーニング)

合わせて押さえておきたいのが深層学習(ディープラーニング)です。深層学習(ディープラーニング)とは、機械学習をさらに発展させた技術のこと。機械学習との違いは、情報やデータを分析する際に使う仕組みが、人間の神経を参考に作った「ニューラルネットワーク」になっていることです。

合わせて学習しておくことで機械学習への理解が深まるとともに、深層学習(ディープラーニング)のスキルも同時に求められる求人も中にはあるため、身につけておくと転職・就職にも有利になります。

※詳しくは下記記事もお読みください。

これならわかる!機械学習とディープラーニングの違いとは?
更新日 : 2019年2月20日

統計解析

統計解析では確率変数や予測モデルなどを数学的に解いて、データとデータにどのような関係があるのかを紐解く学問です。この統計解析手法は機械学習にも用いられています。機械学習などではデータを与えることでプログラムが独自に解析し答えを出します。

その解析部分の精度をアップするため、どのようなデータを与えればよいか、機械学習の中身をどう変えるかに統計解析の考えが必要となりますので、必ず習得しておきたいです。

AI/機械学習エンジニアの需要

機械学習のスキルを取得したところで、実際にそれを生かせる場がなければ意味がありません。ここでは、機械学習エンジニアの需要について簡単にご紹介しておこうと思います。

求人数

IT情報を専門に豊富に取り扱うメディアZDNET Japanによれば「2020年に需要が高まるIT職種トップ10」として2番目に機械学習エンジニアが取り上げられています。

今後はあらゆる企業がAI企業になる。そうなれば、AIはあらゆるテクノロジ部門でもっとも投資額が大きい分野の1つになるだろう」とMukherjee氏は述べている。「機械学習エンジニアに対する需要は非常に高まる

引用元:ZDNET Japan URL

実際に、転職サイトやフリーランス向け求人サイトでも「機械学習エンジニア」の求人情報は以下のように高くなっています。

サイト名求人の種別求人件数(2020年7月23日時点)
マイナビ転職会社員43
doda会社員713
エン転職会社員11
クラウドテックフリーランス83
ギークスジョブフリーランス36
レバテックフリーランスフリーランス226

上記のように機械学習エンジニアの需要は十分にあり、今後の将来性も見込めるでしょう。

待遇・年収

機械学習エンジニアの待遇や年収は、これまでのITエンジニアよりも高くなります。それだけ機械学習エンジニアの需要が増えているということです。下の表をみてください。

サイト名求人の一例年収例(2020年7月23日時点)
マイナビ転職【ソフトウェアエンジニア】ビッグデータ解析×人工知能技術400~800万円
dodaビッグデータ解析・人工知能カンパニー600万円
エン転職AIエンジニア(人工知能や機械学習の案件を担当)400~700万円

これはほんの一例に過ぎませんが、他の業種と比較すると年収は高いです。

まとめ

ますます需要の高まる機械学習エンジニア。そのスキルを学ぶためには、以下の6つのスクールに通い、しっかりと準備をしておきましょう。

  • DIVE INTO CODE(通学式)
  • TECHCAMP(通学式)
  • AIジョブカレ(通学式)
  • スキルアップAI(通学式)
  • Winスクール(通学式)
  • SAMURAI ENGINEER(オンライン型)
  • TechAcademy(オンライン型)
  • Aidemy(オンライン型)
  • CodeCamp(オンライン型)
  • tech boost(オンライン型)

ぜひあなたに合ったスクールを見つけてください!

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら