【最短1ヶ月】未経験からランディングページ制作を学べるスクール4選

スマートフォンの普及と共に、インターネットを通じて物やサービスを購入するのが一般的になってきましたね。インターネットを通じて商品を売るときに必要なのが、ランディングページLP)です。

この記事を見ているあなたも、自分でランディングページを作りたいとお考えではないでしょうか。

そこで、ランディングページを作れるようになりたいからスクールを探しているけど、

ランディングページの制作が学べるスクールってどこがあるのかな?
スクールを選ぶ基準って、あるのかな?

このような疑問をお持ちでないでしょうか?

そこでこの記事では、スクールを選ぶ際にチェックするべきポイントと、ランディングページ制作が学べるオススメのスクールを5つ紹介します。

株式会社SAMURAI

SAMURAI ENGINEER Blog編集部

日本初の現役エンジニア講師によるマンツーマン専門プログラミングスクールを運営。卒業生は累計28,000名以上。挫折しないプログラミングスクールNo.1にも選ばれています。2013年創業以来の運営で得た知見をもとに、プログラミング学習・スクールの選び方・エンジニアのキャリアについて専門的な立場から解説します。

ランディングページ制作が学べるスクール一覧

今回紹介するランディングページ制作が学べるスクール4校を下記の一覧表にまとめました。

比較表_判定基準
マンツーマン:◎=講師が1人を専属で担当
転職支援:◎=転職保証あり
独立支援:〇=フリーランス/副業支援あり

  料金 受講形式 マンツーマン 転職保証 独立支援 各スクールの特徴
166,000円~ オンライン 生徒1人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラム
174,900円~ オンライン コース受講終了後も教科書閲覧可
239,580円~ オンライン 教室学習とオンラインの両方を採用
195,800円~ オンライン チャット対応時間7時~23時40分

・この一覧表は横にスライドします。
・2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

スクールのアイコンをタップすると、公式サイトを閲覧できますよ。

また、各スクールの詳細を今すぐに知りたい方は、次のボタンをタップして紹介ページに飛んでくださいね。

各スクールの詳細を今すぐ見る

スクール選びでチェックするべきポイント

スクール選びでチェックするべきポイント

ランディングページ制作を学べるスクールを選ぶさいに、確認しておきたいポイントは5つあります。

  • オンライン型か対面型か
  • 料金や期間の詳細
  • マンツーマンか講義形式か
  • 無料体験や就職支援などのキャリアサポートがあるかどうか
  • 受講コースにランディングページ制作ができるか

スクールを選ぶポイントでとっても重要なのが、無料体験や就職・案件の獲得支援があるかどうかです。

ランディングページ作成の案件は多く存在しますが、未経験で実績がない場合ハードルが上がってしまいます。また、ランディングページ制作はプログラミングと比べると、上達までに時間がかからないので競争も激しくなります。

そのため、案件の獲得をしっかりサポートしてくれるスクールがオススメです。

また、ランディングページ制作コースを解説しているスクールが少ないのが特徴です。ほとんどのスクールがWeb制作コースの中に含まれています。そのためWeb制作コースの中にランディングページが作成できるスキルがあるか確認しましょう。

ランディングページ制作が学べるスクール4選

ここからは、ランディングページ制作が学べるスクール4つを紹介していきます。

SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEERのおすすめポイント

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

  • 一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラム

  • 就職・転職サポートだけでなく企業や独立のサポートもしてくれる

SAMURAI ENGINEERは、現役エンジニアの講師が専属で卒業まで学習をサポートしてくれます。

専属マンツーマンなので、強みや弱みを把握してくれて、あなたに合わせた指導をしてくれます。

また、レッスン内容は完全オーダーメイドカリキュラムを採用しています。あなたの目標や目的に合わせてレッスン内容を自由にカスタマイズができます。

例えば、ランディングページ制作だけのつもりだったけど、Web制作ができるようになりたいと思ったときに変更が可能です。

SAMURAI ENGINEERでは、独立支援や案件サポートもついているので安心して取り組める環境が整っています。

「話を聞いてみたい」、「何から始めるべきか分からない」という方は、無料カウンセリングで相談することも可能です。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) デビューコース
(4週間プラン)
・入学金:98,000円
・授業料:68,000円
エキスパートコース
(12週間プラン)
・入学金:198,000円
・授業料:400,000円
フリーランスコース
(12週間プラン)
・入学金:298,000円
・授業料:498,000円
AIコース
(12週間プラン)
・入学金:298,000円
・授業料:400,000円
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 経年年数3年以上の現役フリーランスエンジニア中心
対応時間 365日・8時~22時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

TechAcademy

previous arrownext arrow
Slider

TechAcademyのおすすめポイント

  • 週2回マンツーマンメンタリング

  • 毎日15時から24時まで対応

  • 回数無制限の課題レビューや毎日チャットサポートしてくれる

TechAcademyのオススメポイントは、パーソナルメンター制度というサポートがあるところです。

特に毎日のチャットサポート無制限の課題レビューは、学習を効率的に進める上でかなり良いサービスです。

学習を進めていると必ず疑問点や、自分では解決ができないような問題に直面してしまいます。そのためチャットサポートですぐに疑問や問題を解決できるので効率良く学習を進めることができます。

またマンツーマンメンタリングでは、チャットで説明が難しい内容や、チャットだけでは理解ができなかったところなど、質問したいことをためておき、疑問を解決する場として利用するのがオススメです。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) フロントエンドコース
4週間プラン
・174,900円
8週間プラン
・229,900
12週間プラン
・284,900
16週間プラン
・339,900
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 365日・15時~24時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

TECHCAMP

previous arrownext arrow
Slider

TECHCAMPのおすすめポイント

  • 本気の転職コースから教養を学べるコースやデザイナーコースまである

  • 転職成功率99.0%

  • たくさんの受賞実績がある

受講生の満足度98%という高い数字を叩き出しているのがTECHCAMPです。

入学費148,000円を払えば、そのあとは月額14,800円でレッスンが受け放題なので、トータルするとコスパよく学習することができます。

教室とオンラインに対応しており、自分にあった学習方法で進めることができるところもポイントです。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) プログラミング教養コース
・239,580円
(月額21,780円+入学金217,800円)
エンジニア転職コース
短期集中スタイル
・712,800円
夜間・休日スタイル
・932,800円
受講形式 対面/少人数グループレッスン
講師の質 現役エンジニア
対応時間 平日:10時~22時
土日祝日:11時~22時
オンライン:11時~22時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider

CodeCampのおすすめポイント

  • 自分の学習スタイルにあった講師を指名できる

  • 毎日7時から24時まで対応しているので、仕事や勉強と両立しやすい

  • 現役エンジニアのマンツーマンレッスン

CodeCampは受講人数20,000人を突破している実績のあるスクールです。マンツーマンレッスンでは好きな講師を選択できるところがポイントです。相性の良い講師を選べたり、違う講師から学ぶことで様々な視点を吸収できます。

また、CodeCampでは24時まで受講が可能なのもポイントです。仕事と両立して学びたい方などの忙しい方でも受講しやすいのがポイントです。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 各種マスターコース
・162,800円(2ヶ月)
・272,800円(4ヶ月)
・327,800円(6ヶ月)
プレミアムコース
・272,800円(2ヶ月)
・382,800円(4ヶ月)
・437,800円(6ヶ月)
プレミアムプラスコース
・437,800円(2ヶ月)
・547,800円(4ヶ月)
・767,800円(6ヶ月)
※別途33,000円の入学金
受講形式 オンラインマンツーマン
講師の質 現役エンジニア中心
対応時間 365日・7時~24時

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

ランディングページ制作に将来性はあるのか

ランディングページ制作に将来性はあるのか

ここまでオススメのスクールを紹介してきましたが、ここからはランディングページ制作の将来性について紹介します。

結論として、ランディングページの制作だけでは高い収入は見込めません。

理由について解説します。

ランディングページ作成の単価は1件5万円〜10万円

引用元:クラウドワークス https://crowdworks.co.jp/

ランディングページの制作単価をクラウドワークスで見てみると、ランディングページの制作単価は5万円〜10万円となっていました。

Web制作の案件が15万〜30万前後なので、Web制作よりも単価が低いのが現状です。

ランディングページの制作は高いスキルが要求されないため競合が多くなってしまいます。良い案件は奪い合いになってしまい、なかなか案件が獲得できないという状況になってしまいます。

ランディングページ作成のみだけだと収入は伸びない

これから学ぶのにランディングページ制作だけというのは、オススメしません。

その理由は、

  • 案件単価が比較的低い
  • 競合が多い
  • AIに代替される可能性が高い

上記3つが主な理由です。

先ほども紹介したように、単価の高い案件は競争率が高い傾向にあります。また、ランディングページ作成は比較的短い学習期間でできるため、今後も競合が増える可能性が高いです。競合が増えると案件単価もジリジリと下がってしまいます。

また、ランディングページ作成などはAIに代替えされる可能性が高いとも言われています。ランディングページ作成だけで、安定した収入を得るのは厳しい現実があります。

そのため、AIが作るツールができたときに使いこなす側にまわるか、他のスキルも身に着けて収入を上げるほうが得策といえそうです。

収入を増やすならWeb制作を学ぼう

収入を増やすならWeb制作を学ぼう
画像:Shutterstock

ランディングページ作成を学ぶのであれは、Webサイト制作ができるスキルまで身に付けることをオススメします。Webサイト制作になると単価も倍以上になり収入を上げることができます。

WordPressを使ったWebサイト制作はまだまだ需要が高く、ランディングページ作成よりも高い単価が期待できます。

ランディングページ作成がしたいと考えている場合は、WordPressなどのスキルを身に着けて、Webサイト制作までできる方が、価値も高まり仕事もあるのでオススメします。

まとめ:あなたの人生目標に合わせたカリキュラムを提供

この記事ではランディングページ制作が学べるスクールについて紹介しました。

ですが、ランディングページ制作を学ぶのであれば、Webサイト制作まで学ぶのがオススメです。

SAMURAI ENGINEERでは、学びたいものがあるけど今後の将来性が分からないという方や、何から初めてどこを目指すべきか分からないという方に無料で学習相談を実施しています。

先ずはスクールに通うことを検討し始めたら、複数のスクールの無料カウンセリングに参加して比較しながら決めましょう。

無料カウンセリングの詳細を見る

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら