一般的なWebアプリを開発するフロー | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

一般的なWebアプリを開発するフロー


ここでは一般的なWebアプリケーション開発の全体的な流れを紹介します。開発全体の流れを知ることで、

  • Webアプリケーションの開発とはどのようなものか
  • 何をしなければいけないのか

を理解することができます。またどのようなことに対しても言えることですが、全体像を把握することはモチベーションの維持にもつながります。結論がない発表やプレゼンテーションに飽きてしまった経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?

人はゴールが見えている方が、集中力が持続しやすいことがわかっています。また開発の全体的な流れがわかっていると、ゴール(完成)に向かって一つ一つの作業に達成感を得ることができます。

小さな達成感を積み重ねゴールに近づくほど、ゴールへの価値が高まりやる気が湧いてモチベーションを持続させることができます。

開発フローの全体図

開発フローの全体図

こちらが全体のフローになります。STEP5以降は実際に開発の作業に入ります。開発の実作業は、作るものや利用する言語によって大きく異なります。ですので今回はそこまでの全体図を一つ一つご説明します。

STEP1.企画作成

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「オリジナルWebアプリ開発」の記事

1.Webアプリ開発の学習を始める前に

  1. a. そもそも「Webアプリ」とは何か?
  2. b. Webアプリの有名サービス紹介

次の項目「2.Webアプリ学習の進め方」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説