Visual Basic .NETでできることは?活用シーンや需要についても徹底解説

こんにちは、エンジニア歴10年でライターも兼業で行っているテックライターのヤマシタです。

Visual Basic .NETってどんなことができるの?今でも使えるの?

そういった疑問が多い、Visual Basic .NETですが、「ココが使いどころですよ!」というわかりやすくイメージできる例が少ないのも事実です。

実際に検索してみると、初心者にはよく分からない記事が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、分かりやすさ重視でどの記事よりも要点をサクッとつかめるように短い文章でまとめていきます。

また、次の記事ではそもそもプログラミング言語とは何なのか、その特徴や種類をできることも交えて解説しているので、あわせて参考にしてください。

→ プログラミング言語とは?種類別の特徴やできることをわかりやすく解説

この記事の要約
  • Visual Basic .NETはWeb/スマホアプリ開発向き
  • ボタンやテキストボックスなどユーザーが目にする部分の開発向き
  • Visual Basic .NETは将来性/需要が高い

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

目次

Visual Basic .NETの特徴

VisualBasic.NET(通称、VB.NET)とは、Microsoftが作っている基本的にWindowsコンピュータ上で利用するプログラミング言語です。

Visual Basic .NETのメリット

  • とにかく簡単でわかりやすい
  • そのまま仕事で使えることもある

C言語やJavaと比較すると、私たちが日常に使うような言葉(自然言語)に似ているため、プログラミング初心者でも分かりやすいので、IT教育の現場でも使われています。

Visual Basic .NETのデメリット

  • 他言語よりも簡単な分、汎用性が欠けることがある

自然言語に近いので簡単に理解しながら学習が進められるというメリットの反面、VisualBasic.NETでしか開発できないアプリもあり、汎用性に欠けてしまいます。

他のプログラミング言語を学習する際にまたゼロからの学習になってしまうので要注意です。

Visual Basic .NETでできること・活用シーン

Visual Basic .NETでできることは、ボタンやテキストボックス等、ユーザーが直接目にする部分の開発に適しています。

各プログラムごとにまとまったコードになっているので、組み合わせるだけでプログラムを作ることができます。

Excel、Outlook、WordなどのWindowsのアプリのプログラム構築も可能で、メールの件名や本文を条件によって分けて自動で返信をしたりなどもできます。

活用シーンとしては、Visual Basic .NETが使える統合開発環境として「Visual Studio」で開発されるアプリケーションの例を見てみるとイメージができます。

  • WEBアプリの開発
  • スマホアプリの開発
  • 3Dゲームの開発
  • Windowsクラシックアプリの開発
  • UWPアプリの開発
  • Officeアプリケーションの拡張ツールの開発

これらのコーディングを担うことはできます。しかし、基本的には上記で解説したユーザーが直接目にするユーザーインターフェースが得意分野となるので、ゴリゴリと裏側の開発を行うことには向いていないことは覚えておきましょう。

とはいえ、Visual Basic .NETはC#とほとんど文法が似ているため、ゲーム開発やWEBアプリ開発に携わりたい初心者の方がまずはじめに手をつける言語としておすすめできますね!

Visual Basic .NETの需要や将来性

引用:TIOBE Index | TIOBE – The Software Quality Company https://www.tiobe.com/tiobe-index/

上記はTIOBEが発表したプログラミング言語ランキングで、Visual Basic .NETは、2019年も根強く6位にランクインしています。

初心者向けフリーランス案件のサイト「ポテパン」で公開されているVBの案件は10件ほど、転職サイトdodaでは598件ほど求人があるので、フリーランスよりも正社員としての需要の方があります。

とはいえ、平均年収は350万円程度ということでVisual Basic .NETだけで生計を立てていくには向いていないと評価できそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Visual Basic .NETについて詳しく解説していきました。

  • Visual Basic .NETのメリット・デメリット
  • Visual Basic .NETの活用シーン・できること

この2つだけを押さえていれば、Visual Basic .NETについては大まかに把握できたと考えて良いでしょう。これからVisual Basic .NETを学ぶのかどうか、ゆっくり検討してみてください!

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次