【Python入門】ブール型(Boolean)の用途と使い方を学ぼう!

Pythonに限らず、どのプログラミング言語でも真偽を判定するためのブール型(bool・boolean)は用意されています。

ブール型の用途を知りたい
ブール型の使い方を具体的に知りたい

このような方に向けて、この記事ではブール型の基本について解説していきます。

  • 【基礎】ブール型とは
  • 【基礎】ブール型の使いかた
  • 【発展】無限ループで使用する方法
  • 【発展】ブール型の演算

ブール型は条件式などでよく使われます。ブール型について、初心者でもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ブール型とは

ブール型(bool又はboolean)はプログラミング言語でよく使われる真偽値のことを指します。

表)ブール型の種類

意味
True
False

真偽値は真(True)と偽(False)の二種類が用意されています。条件式や論理演算で確認するときなどに、

  • 条件式の結果が真(True)なら処理を実施する
  • 条件式の結果が偽(False)なら実施しない

のような使われ方をします。次項ではそんなbool型の使い方を見ていきましょう。

ブール型の使い方

bool型の定義

bool型は数値型や文字列型の変数と同様に定義することができます。

bool1 = True
bool2 = False

print(bool1)
print(bool2)

実行結果:

True
False

bool型を条件式で使用する

bool型は前述したように条件式や論理演算でよく使われます。プログラミングにおいてbool型はフラグとして使用されることも多く、例えば以下のように条件式で記述することも多いです。

bool1 = True

if bool1 == True:
    print("処理を続行")
else:
    print("処理を終了")

実行結果:

処理を続行

上のコードでは「TrueがTrueと等しければ…」のようなことをやっているので、効率的ではありません。同じことを書くなら、以下のようにやるのが一般的です。

bool1 = True

if bool1:
    print("処理を続行")
else:
    print("処理を終了")

また以下のサンプルでは、変数bool1とbool2の値を論理演算子を用いて、いずれの値もTrueだったら結果はTrueになります。

bool1 = True
bool2 = False
bool3 = True

# bool1とbool2の比較
if bool1 and bool2:
    print("結果はTrueです")
else:
    print("結果はFalseです")
    
# bool1とbool3の比較
if bool1 and bool3:
    print("結果はTrueです")
else:
    print("結果はFalseです")

実行結果:

結果はFalseです
結果はTrueです

このように論理演算子のandを使えば変数が両方ともTrueの場合は条件式はTrueとなり、条件式の処理が実行されます。また、論理演算子orの場合はどちらかがTrueの場合は結果はTrueとなります。

bool1 = True
bool2 = False
bool3 = True

# bool1とbool2の比較
if bool1 or bool2:
    print("結果はTrueです")
else:
    print("結果はFalseです")
    
# bool1とbool3の比較
if bool1 or bool3:
    print("結果はTrueです")
else:
    print("結果はFalseです")

実行結果:

結果はTrueです
結果はTrueです

無限ループを行う方法

bool型はwhile文による繰り返し処理で、無限ループを使用する場合にもよく使われます。

while True:
    処理1

このように記述すると、処理1を延々と繰り返すことが可能になります。

ブール型と数値型の演算

bool型はTrueなら1、Falseなら0の値として扱うことができるため、数値型との演算も可能になります。

bool1 = True
bool2 = False

# ブール型と数値型の演算
print(bool1 + 1)
print(bool2 + 1)

# ブール型と数値型の演算
print(bool1 + bool2)

通常このような使われ方はしませんが、たとえば処理結果によって値を1加算したいときなどに加算用にbool値の変数を用意しておくこともできます。

まとめ

ここではPythonのブール型について解説しました。

  • ブール型とは
  • ブール型の使いかた
  • 無限ループで使用する方法
  • ブール型の演算

ブール型はif文などで使用する基本的な型となりますので、使い方についてはしっかりと理解しておきましょう。もし、ブール型の使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部