【MySQL入門】CREATE DATABASEで最初のデータベースを作ろう!

皆さんMySQLは得意ですか?MySQLはデータベース管理システムなので、一般的なプログラミング言語とは少し勝手が違いますよね。

また、ウェブサービスを作る際はかならずお世話になるので、プログラミング経験のまったくない方がはじめて触ったのがMySQLだった、なんてこともあるかもしれません。

ある程度PCが得意な方はインストールぐらいまでならスムーズに終わらせることができると思います。ですが、インストールが終わったあと、はて、何をすれば良いのか?となってしまうのもデータベース管理システムの特徴かもしれません。

そこで、この記事ではMySQLのインストール後の最初の一歩として、データベースの作成を紹介します。とりあえずインストールは終わったけど、何をすればわからなくなってしまった方必見ですよ。さっそくいってみましょう!

データベースの作成

MySQLのインストールが終わり、rootアカウントでログインするところまでは完了したとしましょう。この段階で最初に覚えるべきクエリデータベースを作成するものです。ちなみにクエリとはデータベースに対する命令のことをいいます。

同じ意味でSQL文ともいいますね。ここらへんは臨機応変に対応してください。MySQLの学習では、このクエリを一つづつ使えるようになっていき、抽出や結合、削除などの複雑な操作が自由にできるようになることが第1の目標になります。

そのために、まずはクエリで操作するためのデータの入れ物が必要になります。それがこれから学んでいくデータベースなのです。

データベースの作成とクエリの一般規則

というわけで、まずはすべての入れ物になるデータベースを作っていきましょう。データベース作成クエリの書式は次のようになります。

データベース作成の書式

CREATE DATABASE データベースの名前;

大文字で表記されている部分をSQL文のコマンドと呼びます。クエリの基本として、コマンドは大文字で書くのが一般的です。

対して、コマンド以外の部分は小文字のスネークケースで書くことが一般的です。スネークケースとは名詞をアンダーバー(_)でつないでいく表記法です。

my_friends_list

という書き方をみなさんもどこかでみたことがあるのではないでしょうか?余談ですが、蛇の胴体のように単語が長く繋がっていくから「スネーク」ケースなのだとか。

なお、大文字小文字に関しては、厳密な決まりが有るわけではなく、一般的にこのように行われている事が多い、という慣習です。所属先のチームや現場ごとに細かく異なる可能性があるため、柔軟に対応できるようにしましょう。

一方、絶対のルールとして、クエリの末尾にはセミコロン(;)が必要です。セミコロンを忘れると、環境によりますが、延々と改行が続いていつまでもクエリが実行されない!なんて状態になりますので、忘れないようにしましょう。

とくに初心者の頃は忘れがちなので、注意してください。

実際にデータベースを作る:CREATE DATABASE

では、実際に1つデータベースを作ってみましょう。書式にしたがって、次のように入力してください。

データベースの名前:first_db

次のような表示が出ればデータベースができた合図です。

若干応用的な話にも触れておきます。データベースの作成時、内部で扱う文字コードを指定したい場合があります。データベース内部で日本語などのマルチバイト文字を扱う場合が当てはまるでしょう。

文字コードの設定がうまくいかないと文字化けしてしまうことがあるのです。このような場合、CREATE DATABASEにCHARACTER SET句を加えることで文字コードを指定することができます。

文字コードを指定したデータベース作成の書式

CREATE DATABASE データベース名 DEFAULT CHARACTER SET 文字コード;

汎用的な文字コードであるUTF-8を指定してデータベースを作成するクエリは次のようになります。

データベースの文字化けに悩まされたら、思い出してください。

データベースの表示・指定・確認

つづいて、制作したデータベースの表示と指定、確認方法を学んでいきましょう。次のクエリを入力すると、現在MySQL内にある全てのデータベースを確認することができます。

このようにいくつかのデータベースとともに、first_dbが作られたのが確認できるはずです。

導入したてのMySQLで、自分が作ったもの以外のデータベースが存在することが不思議に感じるかもしれません。ですが、これらはMySQLが管理や運用のために自前で生成しているデータベースなので、気にしなくて大丈夫です。

確認ができましたら、今度はfirst_dbを使えるようにする方法を学びましょう。MySQLでは次のクエリを使うことで使用するデータベースを指定し、そのデータベース上で様々な作業をしていきます。

実行結果

使い方はUSEコマンドの後ろにデータベース名を入れるだけです。一緒に今使っているデータベースの確認方法も覚えましょう。

このように表示されればデータベースの指定はオッケーです。

最後に、応用的な話をもう一つ。初心者の方は読み飛ばしていただいて構いません。実はSHOWコマンドはMySQL独自のいわゆる方言です。

RDBMSはMySQLだけというのであれば問題ないのですが、将来PostgreSQLなどのほかのシステムを扱う際はSHOWが別の意味で使われていることもある、ということを頭の片隅にでも置いておいてください。

データベースの削除:DROP DATABASE

最後にデータベースの削除方法を学びます。注意点として、この方法で削除してしまったデータベースは基本的に復元することができません

練習としてデータベースを作成・削除するのは大いにすべきですが、クリティカルな環境で行う際は細心の注意を払うようにしてください。ではデータベースの削除の書式です。

DROP DATABASE データベース名;

今回作成したfirst_dbを削除するクエリは次のようになります。

実行結果

実際に削除できたかどうかSHOW DATABASESで確認してみましょう。

実行結果

たしかにfirst_dbが削除できましたね。

まとめ

いかがでしたか?今回はMySQLインストール直後のファーストステップとして、データベースの作成、表示、削除の方法を学んできました。データベースはMySQLのまさに第一歩。

ここからテーブル作成、レコード抽出、結合、ストアドプロシージャやトランザクションと応用に繋がっていきます。まずはデータベースの作成までを楽々こなせるようになって、次はテーブルの作成にステップアップしてください。

テーブル作成に関する記事はこちらに用意してあります。

【MySQL入門】テーブルの基礎を学ぶ!作成・一覧・行数取得まで紹介
更新日 : 2019年6月19日

一歩一歩理解を重ねていき、MySQLを習得していきましょう。この記事が皆様のMySQL学習の一助となれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

平山 晃

平山 晃

フリーのエンジニア・ライター。
プログラミング、ライティング、マーケティングなど、あらゆる手段を駆使して、
ハッピーなフルリモートワーカーを目指し中。

最近興味がある分野は深層強化学習。
積みゲー、積ん読がどんどん増加しているのがここ数年の悩み。
実は侍エンジニア塾の卒業生だったりします。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説