【入門】PhpStormでLaravelを使ってみる(プロジェクト作成,入力補完)

こんにちは!エンジニアのオータケです!

皆さんPhpStorm使ってますか?IntelliJ使ってますか?
僕はLaravelでWebアプリケーション開発を行う時にバリバリつかってます!

しかし、PhpStormをそのまま使うだけではLaravelで開発をしやすくはなりません。

そのため本記事では、

・PhpStormを使ってプロジェクト作成
・PhpStormを使って入力補完(自動補完)
・PhpStormを使ったXdebugの方法

についてわかりやすく解説していきます!

本記事を見ていただければ今すぐPhpStormでLaravelを使ったWebアプリ開発がしやすくなります!

PhpStormとは

PhpStormはPHPプログラマ向けのIDE(統合開発環境)です。

PHPでWebアプリケーションを作る際に必要な要素が一通りそろっており、足りない機能があればプラグインなどで機能を追加することが可能です。

また、Webアプリケーション開発に必要なJavaScriptHTMLといった言語も同時に扱うことができる機能がついています。

JetBrains社が開発しIntelliJ IDEAという製品グループの一つになります。

個人的に製品を使っていますがとても魅力的で面白い製品だと思います。

そんなPhpStormを使ってLaravelでのプロジェクト作成や入力補完など開発しやすい環境を整えていきましょう!

PhpStormをダウンロード&インストール

本記事ではダウンロード方法とインストール方法については解説をしませんが、次の記事でダウンロードからインストールまで丁寧に解説をしました。

よければ一度ごらんください。
5分くらいで読める内容となっています!

【インストール編】一度使えばやみつき!?PhpStormを使おう
更新日 : 2018年12月25日

PhpStormインストールが終わったら、早速PhpStormを使ってLaravelプロジェクトを作ってみましょう!

PhpStormでLaravelを使ってゴリゴリ開発

プロジェクトの作成

まずは最初にLaravelプロジェクトを作ってみましょう!

※今回はWindows版での解説となります。
※前章のリンク先で紹介した方法でインストールしているため日本語化されたバージョンでの解説になります。

PhpStormを起動し、新規プロジェクトの作成を行います。

php_laralvel

上記の画像を見て番号ごとに手順を解説します!

①Composerプロジェクトを選択します。

②Composerがすでにインストールされている場合は’composer’実行可能ファイルを選択してcomposerの場所を選択します。

インストールされていない場合は、composer.pharを選択してダウンロードするようにチェックを入れましょう。

③PHPインタープリターの項目ではPHPの実行ファイルを選択します。
Default interpreterと表示されていますが、画像にあるようにデフォルト設定ではデフォルト・インタープリターがありませんと表示される場合は「...」ボタンを押して自分でphp.exeの場所を指定する必要があります。

php_laravel_2

このように、「...」ボタンを押すとウインドウが表示されるため「+」ボタンを押してCLIインタープリターの選択を行います。

ここですでにPHPがインストールされている場合は画像のように「php.exe」が表示されます。

もしインストールをしていない場合はインストールしてみましょう。

次の記事を見ることでPHPのインストール方法について知ることができます。

ぜひ、ごらんください!

【初心者必見!】PHPをインストールする方法
更新日 : 2021年11月16日

php.exeを選択後、右下のOKを押して設定を完了します。

設定が完了すると③の赤枠で囲ったプルダウンメニューに選択できるPHPの項目が増えるため選択します。

④パッケージをフィルターにlaravel/laravelを記入しLaravelに関するパッケージのみを表示します。

その中から出てきたlaravel/laravelを選択し、「インストールするバージョン」の項目でv5.6.21を選択します。
※2018/05/14時点の最新バージョンになります。

一通り設定が完了すると次のような画面になります。

php_laravel_3

このような状態になったら右下の作成ボタンをおして作成します。

環境によって違いますが少々時間がかかるかと思います。

とりあえず待ちます。(5分ほど)

入力補完

では次に入力補完について解説します。
入力補完とは・・・

php_laravel_4

このように入力途中で入力候補を表示して入力の手間を短縮してくれる機能です。

この機能もPhpStormをインストールしただけでは使えないので今回設定を行って使えるようにします。

まずComposerを使ってIDE Helperという機能を導入します。

やり方は2種類あります。

ひとつ目はcomposer.json内に記述する方法、ふたつ目はターミナルから機能を導入する方法です。

チーム開発を行っていて、チームの何名かがPhpStormを使っているようであればひとつ目の方法をおすすめします。

特にそういう状態でなければふたつめでもよいでしょう。

1.composer.jsonに記述する方法

プロジェクト直下にあるcomposer.jsonを開いてrequireの項目に次を追記します。

"barryvdh/laravel-ide-helper": "^2.4"

記述すると次のような形になるかと思います。
(一例です。)

    "require": {
        "php": "^7.1.3",
        "fideloper/proxy": "^4.0",
        "laravel/framework": "5.6.*",
        "laravel/tinker": "^1.0",
        "barryvdh/laravel-ide-helper": "^2.4"
    },

このように記述をして次のコマンドを実行します。

composer update

これがひとつ目の方法です。

2.composerコマンドで実行する方法

composer require barryvdh/laravel-ide-helper

php_laravel_5

これで完了です。

どちらかの方法で成功したら次のステップへ進みます!

導入できたらconfigディレクトリの中のapp.phpファイルを開きます。

php_laravel_6

122行目あたりにある、

'providers' => [

という項目の末尾に次の項目を追記します。

'Barryvdh\LaravelIdeHelper\IdeHelperServiceProvider'
php artisan ide-helper:generate

を実行すると先程の画像のような形で補完できるようになります。

php_laravel_7

ModelでbelongsToと入力する途中で補完候補が表示されていますね!

まとめ

いかがでしょうか?

プロジェクトの作成方法~IDEHelper導入までを見てきました。

この記事でPhpStormを使ってよりよいLaravel開発ライフを過ごしましょう!

\業界最安級/
月額2,980円のプログラミングスクール

✔ 業界最安値の月定額2,980円
✔ 「Q&A掲示板」で平均30分以内に回答がもらえる
✔ 月に一度の「オンライン相談」で悩みを解決
✔ 教材の数は30種類以上
✔ 入会金不要+いつでも退会OK

公式サイトはこちら

Writer

オータケ

フリーランス

30歳、フリーランスプログラマ。中学の頃よりプログラミングに興味を持ちゲーム開発やWebサイト構築などを経験
新しいフレームワークやライブラリに興味があり革新的な機能が含まれていると泣いて喜ぶ。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close