Javaインストールで初心者がつまずかないための完全攻略ガイド

これからJavaを初めたいんだけど、まずJavaのインストールの方法がよくわからなくてつまづく方も多いのではないでしょうか?

  • 「Javaで開発するときに何をインストールすればいいの?」
  • 「Javaのインストール方法を知りたいんだけど…」
  • 「JavaでHello Worldを簡単に知りたい!」


といった疑問に、初心者でもわかるようにわかりやすく答えます。

それでは、行ってみましょう!

そもそもJavaとは

Javaは、アプリケーション開発で使用される人気のプログラミング言語の一つです。開発市場でも衰えることなく需要が存在し、さらに、ある程度高い収入が見込めるようです。

詳しくは、次の記事をご覧ください。

Javaをインストールしてみよう!

Javaを習得するには、何はなくともJavaの開発環境をインストールしなければ始まりません。Javaの開発環境は、Java Development Kit(JDK)と呼ばれています。

Javaのアプリケーションを実行する方が必要とする、Javaの実行環境(Java Runtime Environment、JRE、Java Virtual Machine、Java VM、JVMなどと呼ばれることがあります)とJDKは別のモノです。

したがって、Javaのアプリケーションが実行できるのに、コンパイルができない!というケースも十分に起こりえます。注意が必要です。

JDKのインストール

それでは実際にWindows 10(64bit)に、JDK 9をインストールしてみましょう。

(1)以下の公式サイトにアクセスし、「Java DOWNLOAD」をクリックします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

Java02

(2)「Accept License Agreement」の○をクリックし、「jdk-9.0.1_windows-x64_bin.exe」をクリックして、インストーラーをダウンロードします。

Java03

(3)ダウンロードしたインストーラー(jdk-9.0.1_windows-x64_bin.exe)をクリックして実行します。

Java04

(4)「次 >」をクリックします。

Java05

(5)「次 >」をクリックします。

「ソース・コード」が不要な場合は、「ソース・コード」をクリックして「この機能は、使用できなくなります。」をクリックします。

Java06

インストールが始まります。インストールが進むと、JREのインストーラーが起動します。

(6)「次 >」をクリックします。

Java07

(7)「閉じる」をクリックします。

Java08

JDK 9のインストールが完了しました。

環境変数の設定

ここまでの操作で、Javaの実行はできるようになりましたが、まだコンパイルはできません。

次に、コンパイルができるようにするために環境変数を設定します。

(1)スタートボタンをクリックし、歯車アイコンをクリックします。

Java09

(2)「システム環境変数」と入力し、「システム環境変数の編集」をクリックします。

Java10

(3)「環境変数」をクリックします。

Java11

(4)「XXXXX のユーザー環境変数」の「Path」をクリックし、「編集」をクリックします。

Java12

「システム環境変数」の「Path」をクリックし、「編集」をクリックしても、JDKを利用できます。ただし、この場合は、環境変数の設定後にWindowsを再起動する必要があります。

(5)「新規」をクリックします。

Java13

(6)Javaをインストールしたフォルダ(デフォルトのままインストールした場合は、C:\Program Files\Java\jdk-9.0.1)を入力し、続けて「\bin」を入力して、「OK」をクリックします。

Java14

(7)「OK」をクリックします。

Java15

以上で、環境変数の設定が完了しました。

Javaの動作確認

次に、Javaが正しくインストールされているか確認してみます。コマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを入力してみましょう。

java -version

以下のように表示されれば、Javaの実行環境(JRE)のインストールは成功しています。

java version "9.0.1"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 9.0.1+11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 9.0.1+11, mixed mode)

(通常、色は付きません。)

次に、以下のコマンドを入力してみましょう。

javac -version

以下のように表示されれば、JDKのインストールは成功しています。

javac 9.0.1

インストールが失敗した場合

「java -version」または「javac -version」と入力して、以下のように表示された場合は、環境変数の設定に誤りがあります。

'java' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

この問題を解決するには、上で紹介した手順で、環境変数をもう一度だけ設定し直してみてください。

設定し直しても、入力した内容が正しくても、どうしてもダメな場合は、Windowsを再起動すると成功するハズです。だまされたと思って試してみてください。

Javaプログラムを実行してみよう!

「java -version」も「javac -version」も動作することが確認できたところで、Javaで「Hello, world.」を出力してみましょう!

プログラムの作成方法

Javaの拡張子はjavaです。メモ帳でHelloWorld.java(実態はただのテキストファイル)を作成しましょう。

ファイル名の大文字小文字も大切です。

public class HelloWorld {
    public static void main(String[] args){
        System.out.println("Hello, world.");
    }
}

今回は、以下の画面のように「D:\Java\hello_world」フォルダに「HelloWorld.java」を作成しました。

Java16

ソースコードのコンパイル

コマンドプロンプトを起動し、Dドライブの「Java」フォルダに移動してから、HelloWorld.javaをコンパイルします。具体的には、以下の画面のように入力しましょう。

Java17

何も起きていないように見えますが、改めてエクスプローラーで確認すると、HelloWorld.classが作成されていますね。

Java18

拡張子がclassのファイルを、クラスファイルと呼びます。このクラスファイルを実行すれば、Windows 10以外のOSでも「Hello, world.」が表示できます。これはJavaの特徴の一つです。

もちろん、クラスファイルを実行するには、Javaの実行環境をインストールする必要がありますので、そこは忘れないでくださいね。

Javaプログラムの実行

HelloWorld.classをダブルクリック...と言いたいところですが、そのままでは実行できません。コンパイルした続きの画面で、「java HelloWorld」と入力してEnterキーを押します。拡張子は入力しないことに注意しましょう。

Java19

いかがでしょうか。「Hello, world.」と表示されましたか?

Javaのアップデートをするには?

Javaをインストールしたままアップデートをしていないと、Javaの欠陥や不具合が修正されないので危険です。そのため、Javaを定期的にアップデートするようにしましょう。Javaをアップデートする方法は次の記事で解説しているので、ぜひ確認してください!

Javaのアップデートは必要?手順や失敗時の対処をわかりやすく解説!
更新日 : 2019年4月18日

Java9とは

Java9は2017年9月にリリースされました。

多くの新機能が追加されているので、こちらの記事で解説しています。

Java9とは?開発者に嬉しい9つの新機能を徹底解説!
更新日 : 2019年8月7日

EclipseでJavaの開発環境を構築するには?

Javaでアプリケーションを開発するには、JDKのほかに開発環境が必要です。

ここでは、Javaの開発でよく使われているオススメの開発環境「Eclipse」のインストール方法を解説します。Windows編とMac編でそれぞれのインストール方法を解説しているので、ご自身の環境に合わせて確認してください。

Windows編

本来、「JDK」と「Eclipse」は別々にダウンロードしてインストールや環境設定を行いますが、これらを一つにまとめた「Pleiades All in One」という無料の統合開発環境があります。

「Pleiades All in One」を使えばJavaの開発に必要なモノをまとめてインストールできるので大変便利です! Windows OSを使っていて「Eclipse」や「Pleiades All in One」をインストールする方法は次の記事で詳しく解説しています。

ぜひ確認してみてください。

【Java初心者必見!】Javaの開発環境を構築する方法を解説!
更新日 : 2019年5月7日

Mac編

Mac OSでJavaの開発環境の「Eclipse」をインストールする方法は次の記事で詳しく解説しています。

ぜひ確認してみてください。

【Mac編】Javaの開発環境を簡単に一括インストールする方法
更新日 : 2019年4月29日

JRE・JDKとは

JDKの他にも似た用語としてJREというものがあります。

これらの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【Java入門】SEとEEの違いは?JRE・JDKとは?を初心者向けに解説
更新日 : 2019年7月3日

JVMとは

Javaのプログラムを開発するには「JDK」が必要ですが、Javaで書かれたプログラムを使うだけなら「JVM」をインストールするだけで大丈夫です。

  • JVMとはそもそもどんなものなのか?
  • JVMをインストールするにはどうしたらいいのか?
  • javaコマンドオプションの使い方は?

このような疑問を解決するために次の記事で詳しく解説しています。ぜひ確認してみてください。

【Java入門】JVMの役割から設定まで総まとめ
更新日 : 2019年10月14日

まとめ

今回は、Javaの最新の開発環境であるJDK 9のインストール方法を説明し、定番のHello Worldをやってみました。Javaも最初のバージョンが公開されてから20年以上が経ちましたが、まだまだ衰える気配はありません。

Hello WorldだけではJavaが実行できることしか確認できていませんが、すべてのプログラミング言語の習得は、ここから始まると言っても過言ではありません。

ぜひ、この記事を読むだけでなく、お手元のWindows 10で挑戦してみてください。Javaプログラマーを目指して頑張りましょう!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説