【初心者必見】Webエンジニアになるためには?必要な知識を紹介

Webエンジニアになりたい!
でも何を身につけたら良いんだろう...

Webエンジニアに憧れているあなたも同じような悩みを持っていないでしょうか?

がむしゃらに勉強してWebエンジニアになることも不可能ではありませんが、よっぽど好きで時間と根気がある人でない限り、すぐに道を見失って挫折してしまうことがほとんどです。

そこでこの記事ではWebエンジニアの道を諦めることがないように、Webエンジニアになるための本当に必要な知識を厳選して解説していきます。

未経験から立派なWebエンジニアになる近道も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webエンジニアの仕事内容は

画像:Shutterstock

Webエンジニアは、インターネットを使ったアプリケーションやWebサービスの開発が主な仕事です。

システムエンジニアが設計した仕様書や要件定義書をもとに機能実装していき、完成まで開発に携わっていきます。完成後も保守という形で機能改善やバグ修正・セキュリティ対策などに当たることも少なくありません。

そんなWebエンジニアの中でも、フロントエンドサーバーサイドに分かれて仕事することがほとんどです。

フロントエンドのお仕事

フロントエンド開発ではサービスを利用するエンドユーザーが直接操作するUI(ボタンやテキストボックスなど)などのクライアント側(利用ユーザーのブラウザ側)の開発を進めます。

開発の際にボタンやバナー画像などが必要になることが多いため、Webデザイナーと連携して仕事を進めるのが一般的です。

サーバーサイドのお仕事

フロントエンド開発に対してサーバーサイド開発は、設計書通りのWebアプリケーション・サービスを実現するための裏側の処理を実装します。

1つのバグが重大な問題につながる可能性が高いため、フロントエンドと比べると難易度が高いです。それに加えてデータベースやセキュリティに関する深い知識と技術が必要です。

ただし、そのぶんフロントエンドエンジニアと比べると人数が少なく、需要が高い傾向にあります。そのためWebエンジニア職目当てで知識をつけたい場合は、データベースやセキュリティの知識をしっかり身につけると職探しに役立つ可能性が高まります。

ちなみにサーバーサイドエンジニアはバックエンドエンジニアと呼ばれることもありますが、どちらも意味的には同じですので覚えておいてください。

このように、フロントエンドとサーバーサイドでは必要な知識が大きく異なるため、Webエンジニアが1人しかいないプロジェクトでない限り別々で開発に当たるのが一般的です。

Webエンジニアに必要な知識とは

画像:Shutterstock

Webエンジニアを目指すにあたって必要な知識は、

  • プログラミング
  • データベース
  • セキュリティ
  • サーバー
  • 開発で使用する各種ツールの使い方

の5つです。

プログラミングの知識

Webエンジニアになるにあたって、プログラミング知識は必要不可欠です。使用することが多い言語はフロントエンドとサーバーサイドで異なるので、それぞれ見ていきましょう。

フロントエンド開発の場合

フロントエンド開発メインなら

  • HTML(必須)
  • CSS(必須)
  • JavaScript(必須)

の3言語を使うことが多いです。この最低限3つをマスターしておくと、様々な開発で活躍できるでしょう。

サーバーサイド開発の場合

フロントエンド開発メインのWebエンジニアに対してサーバーサイド開発メインのWebエンジニアが優先して覚えるべき言語は以下の6つです。

  • PHP(必須)
  • Ruby
  • Java
  • Python
  • JavaScript(Node.js)
  • SQL(必須)

サーバーサイドの開発では、プロジェクトによって使用するプログラミング言語が異なるため、1つの言語だけ覚えても役に立たないことがあります。

特にWeb開発においてシェアが大きいPHPと、主要なデータベースではほぼ例外なく採用されているSQLは、サーバーサイドのWebエンジニアなら使えるということが常識に近いレベルです。

なので、Webエンジニアの知識の中でもサーバーサイド周りに詳しくなりたい場合はPHPとSQLを優先して身につけるようにしましょう。

また、あくまで「使用することが多い言語」ですので、サーバーサイドの開発中にHTML・CSSなど普段使いしない言語を触ることがあります。

ですので、勉強に余裕が生まれたらほかのプログラミング言語も勉強してみると良いでしょう。

データベース

データベースとは大量のデータを扱うことに適したファイルの一つで、Webサービスやアプリケーションの開発では必ずと行っていいほど使われている必須技術です。

そのため、Webエンジニアならデータベース周りの知識は持っていて当然ともいえます。

ですので、Webエンジニアを目指す場合はデータベースに関する知識もつけておきましょう。データベースの知識が最も役立つのはサーバーサイドですが、フロントエンド開発を目指す場合でもデータベースの知識は大切です。

データベースの知識が全くないと、サーバーサイド開発担当とうまくコミュニケーションをとれずに開発が難航する可能性もあります。

勉強に使いやすいデータベースはMySQLという無料で使えるデータベースがあるので、1からデータベースの勉強したい場合はMySQLを使って知識をつけるといいでしょう。

セキュリティ

Webアプリケーション・サービスは常にインターネットでつながっているためセキュリティリスクが非常に高いです。

そのため、セキュリティ知識を活かした上で開発を進めないと、

  • サービスサイトが乗っ取られる
  • フィッシング詐欺に利用される
  • 個人情報が流出する

といった重要なインシデント(事件・出来事)に繋がります。

これらのセキュリティトラブルは大きな信用問題となり、信用低下による顧客減少からの売上減少といった悪循環に繋がります。

Webエンジニアとして仕事をしたい場合はセキュリティ知識を深めるようにしましょう。

サーバー

Webエンジニアとしてサーバーまわりの知識をつけておくことは大切です。

いざという時のサーバー障害に備えたRAID構成(サーバー故障によるデータ消失やサービス停止を防ぐ仕組みの1つ)など、知っていないと簡単には実装できないものも数多くあります。

そしてサーバーにはWindowsではなく、CentOSなどのLinux OSが使われることが多いため、サーバー周りの知識を持っていないとまず使いこなせません。

特にサーバーサイド開発メインのWebエンジニアにとって重要な要素であるため、SSH通信Linuxコマンドなどカンタンなものから少しずつ勉強していきましょう。

各種ツールの使い方

開発を進める際、Webエンジニアは以下のようなツールを使うことがあります。

  • クラウドコンピューティングサービス(AWSやGoogle Cloud Platformなど)
  • Linuxコマンド(CUI操作やリモート接続の際に必須)
  • Git(バージョン管理する際に必須)
  • カラーピッカー(Sipなど)

自社サーバーを用意せずにクラウドサーバーを使う場合は、AWSなどを扱う知識が必要になります。AWSなどのクラウドコンピューティングサービスは、便利な半面多機能すぎて初見では使いこなせないことがほとんどです。

現在はクラウドを利用したWebサービス・アプリケーションの開発が主流であるため、基礎的な使い方から順番に身につけておくことをおすすめします。

そのほかのLinuxコマンドやGitは、使い方を忘れても調べ方さえ分かれば問題なく使いこなせることがほとんどです。

ですがそれでも知識があること前提ですので、Webエンジニアを目指す場合はLinuxコマンドやGitに関しても身につけておくようにしましょう。

未経験からWebエンジニアになるには

画像:Shutterstock

ここまで読んで薄々気づいた方もいるかもしれません。

未経験からWebエンジニアを目指すには身につけなければならないことが多すぎて、どれから手をつけるべきなのかわからないでしょう。

そういう方向けに、効率よくWebエンジニアを目指す方法を以下の記事にまとめています。

がむしゃらに勉強せず、簡単なものから順番に勉強したほうが結果的に近道になりやすいので、気になる方はぜひ参考にしてください。

未経験でもWEBエンジニアになれる3つの方法と学習のステップ
更新日 : 2019年6月21日

まとめ

今回はWebエンジニア目指すために必要な知識について紹介しました。いままで全くWebエンジニアについて知らなかった人は、必要な知識量の多さに驚いたと思います。

ですがその分仕事のやりごたえも多く、携わったWebサービス・アプリケーションの開発が成功してリリースされた時の達成感は計り知れません。

必要な知識量が多いといっても、少しずつ順番に身につけておけば全然無理する必要のない量です。コツコツと頑張るといいでしょう。

人に教られて勉強すると覚えやすい、安心するという場合はスクールを利用するのもおすすめです。Webエンジニアへ転職希望の社会人なら、土日対応のスクールを活用するのがベターでしょう。

Webエンジニアを目指す方は、自分に合った方法で知識をつけて夢を実現してみてください。

 

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。