30代未経験でインフラエンジニアになれる?転職成功のコツを紹介

なにから始めればいいかわからない…
そんな悩みを完全無料でサクッと解決できる「プログラミング学習プラン診断」
→さっそく診断する

30代未経験からインフラエンジニアになれるのか不安
効率的にインフラエンジニアになるにはどうしたらいい?

30代未経験からインフラエンジニアを目指している人は、技術を習得し転職に成功できるか不安ですよね。

この記事では、30代未経験でもインフラエンジニアになれるかを解説します。また、インフラエンジニアの実態や将来性、必要なスキルなども紹介します。

あわせて学習法や転職のコツも解説するため、ぜひ参考にしてください。効率的に学習し短期間でインフラエンジニアになりたい人にも参考になるはずです。

30代未経験でもインフラエンジニアになれる?

30代未経験でもインフラエンジニアになれる

IT業界は実力主義のため、30代であってもスキルがあれば採用している企業は多く、30代未経験でもインフラエンジニアになれます。未経験の場合はスキルレベルの提示を要求されるケースも多いですが、しっかりアピールできれば企業に評価してもらえます。

また30代で転職する場合、前職で培ったマネジメント力やタスク管理力、コミュニケーション力などを活かせます。

インフラエンジニアは、クライアントと接する機会や開発メンバーとかかわることも多いのです。ビジネススキルはインフラエンジニアにも必要なため、前職の経験も活かせます。

30代未経験でもインフラエンジニアを目指せます。年齢を理由に諦めてしまうのはもったいないですよ。

知っておきたいインフラエンジニアの実態

インフラエンジニアを目指すのであれば、仕事内容や年収など実情もチェックしておきましょう。ここでは、知っておきたいインフラエンジニアの実態を紹介いたします。

  • インフラエンジニアの仕事内容
  • インフラエンジニアの年収
  • インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、社内もしくはサービスの基盤となるインフラシステムの設計・構築・運用を担当する職種です。

主にサーバーやOS、ネットワークなどの環境構築や設定を行います。

インフラエンジニアは細かく分けると、サーバーエンジニア・セキュリティエンジニア・ネットワークエンジニア・クラウドエンジニアなどに分けられます。

  • サーバーエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • クラウドエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの設定やネットワークとの接続などを担当する職種です。セキュリティエンジニアは、システム全体のセキュリティ構築を担当します。

近年、IT化が進むにつれてハッキング等のセキュリティ問題も浮上していますよね。セキュリティエンジニアは問題が発生しないように対策を行う職種です。

ネットワークエンジニアは、ネットワーク環境の設計・構築・運用を担当します。

また、ネットワークやサーバーなどのクラウド化が進むにつれて生まれたのがクラウドエンジニアです。クラウドエンジニアは、サーバーやネットワークなどの環境をクラウド化します。

Amazon社のAWSやGoogle社のGCPなど、クラウドサービスを駆使しながらインフラ環境を構築する職種です。

それぞれ仕事内容に特化した職種で、具体的な仕事内容は次のとおりです。

  • 設計
  • 開発
  • 運用・保守

どの箇所を担当するかで作業内容は異なりますが、インフラエンジニアは設計・開発・保守運用のすべてにかかわります。

設計を作成するためにクライアントと打ち合わせを行うこともあり、意外にもコミュニケーション機会もある職種です。

開発して終わりではなく、保守・運用やトラブルの対処、メンテナンスなどを行います。そのため、長期的に同じ業務を担当するケースもあり、Web開発やアプリ開発などとは少し異なる働き方といえますね。

インフラエンジニアの年収

引用元:求人ボックス

求人ボックスのデータによると、インフラエンジニアの正社員平均年収は525万円です。一般会社員の平均年収が約460万円ということを考えると、年収は高めですね。

また、Webプログラマーの平均年収が428万円であることを考えると、エンジニアのなかでも収入は高めです。

インフラエンジニアは、ネットワーク・サーバー・セキュリティなど幅広い知識が求められます。また、Webエンジニアなどに比べると専門性も高いのです。

必要な知識量や専門性もあって、給料が高い傾向にあると考えられますね。ちなみに、年収については次の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

インフラエンジニアの年収は?1000万も可能?年代・性別・経験別に紹介
更新日:2023年3月21日

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアは、企業が事業を継続するために必要なITインフラを支える仕事です。そのため、なくなることは考えにくく、インフラエンジニアの将来性は高いといえます。

また、今あるインフラ業務が仮に変わったとしても、身につけたネットワーク・セキュリティなどスキルは活かせます。

インフラエンジニアはどちらかというとエンジニアのなかでは裏方ですが、将来性のある職種を選びたい人にはおすすめです。

ただ総務省のデータにもある通り、近年クラウドサービスを利用する企業が増加しています。

クラウドサービスが普及することで、インフラエンジニアの仕事内容が変化する可能性があります。今からインフラエンジニアになるなら、クラウド系の知識も併せて習得しておきましょう。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアは、次のような幅広いスキルが求められます。

  • サーバーとネットワークの知識
  • セキュリティの知識
  • インフラ設計
  • コミュニケーション力
  • マネジメント力

インフラ構築ではサーバーやネットワーク環境の設置や設定を行うため、ネットワークやサーバーの知識が求められます。

また外部ネットワークとの接続も必要となり、セキュリティの知識も必須です。セキュリティソフトの扱い方やサーバー監視の方法などを知っておく必要があります。

合わせて、コミュニケーション力やマネジメント力も大切です。インフラエンジニアは幅広いスキルが必要なため、少しずつ学習することをおすすめします。

ちなみに、必要なスキルを詳しく知りたい人は次の記事で詳しく解説しています。スキルのチェックシートも掲載されているので、参考にしてみてくださいね。

インフラエンジニア必須のスキルを完全網羅!スキルチェックシート付き
更新日:2023年5月11日

未経験からインフラエンジニアになるための学習法

インフラエンジニアになるための学習法

30代未経験からインフラエンジニアになるには、できるだけ効率的に学習する必要があります。

ここでは、インフラエンジニアになるための学習法を3つ紹介します。

  • 書籍で学ぶ
  • 実際にコーディングして学ぶ
  • 資格勉強で学ぶ

書籍で学ぶ

インフラエンジニアに必要な知識は、書籍で学ぶことができます。

ネットワークやセキュリティ、サーバーなど専門ごとの書籍があるため、自分の理解度に合う書籍を選んで学習してみてください。

いきなり実践練習をしようとしても、専門用語が理解できていないと難しいです。まずは、書籍を使って基礎を学びましょう。

実際にコーディングして学ぶ

書籍で基礎を学べたら、次は実際にコーディングして学びましょう。

従来、インフラエンジニアはコーディングをあまりしない職種といわれていました。しかし近年クラウド環境の導入が進んだことで、インフラエンジニアもプログラミングスキルが必要になっています。

例えばクラウド環境の設定や、OSのコマンド運用時にコーディングが行われます。使用される言語は次のとおりです。

  • Shell(シェルスクリプト)
  • Python
  • Rubyなど

インフラエンジニアに必要な言語については、次の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

インフラエンジニアにも必須!PythonやRubyを習得しよう
更新日:2023年3月21日

書籍で継続して学習する人もいますが、座学と実践では学べる内容が異なります。実際にコーディングをすることで、文法の規則性やコーディングの基礎ルール、エラーの解決方法などが理解できます。

コードの実行環境を整え、試行錯誤する経験をたくさんしてみてください。コーディングの難しさだけでなく、うまくいったときの達成感も味わえるはずです。

資格勉強で学ぶ

インフラエンジニアに必要なスキルは、資格勉強をとおして習得できます。

インフラエンジニアにおすすめの資格は、次の3つがあげられます。資格は必要な知識が網羅されているため、知識を深めるのに最適です。

  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
  • Linux技術者認定(LPIC)
  • CCNA

基本・応用情報技術者試験は、IT知識全般の幅広いがとわれる資格です。ITエンジニアの登竜門といわれる資格で、難易度もIT系資格のなかでは低めです。

Linux技術者認定(LPIC)は、Linux技術者としての技術を認定する資格です。LinuxはWindowsやMacなどと同じOSの一種で、サーバーのOSとしては広く使われています。

この資格ではLinuxを扱うスキルが問われますので、Linuxの基礎から学びたい初心者にもおすすめです。

CCNAは、世界最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコシステム社が実施している資格です。基礎的なネットワーク技術とシスコ社のネットワーク機器を扱った設計や各機器の設定スキルを証明できます。

世界的に有名な資格のため、世界的に評価される点もメリットです。ネットワークの知識を深めたい人は、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

今回紹介した資格は、次の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

インフラエンジニア必須のスキルを完全網羅!スキルチェックシート付き
更新日:2023年5月11日

30代未経験からインフラエンジニアへ転職するコツ

インフラエンジニアへ転職するコツ

30代未経験からインフラエンジニアへ転職する場合、コツを抑えてしっかり対策する必要があります。ここでは、インフラエンジニアへ転職するコツを3つ紹介します。

  • 資格を取得して知識をアピールする
  • 培ってきたビジネススキルをアピールする
  • 学習意欲やポテンシャルをアピールする

資格を取得して知識をアピールする

30代未経験からインフラエンジニアへの転職を成功させるには、資格を取得して知識をアピールすることが必要です。

新卒や20代のポテンシャル採用とは違い、中途採用枠で争うことになります。そんな状況では、資格を持っていれば一定以上のスキルがある証明になるため、大きなアピールポイントになります。

紹介した基本情報技術者やLPICの資格であれば、未経験者であってもITの基礎知識があることをアピールできるでしょう。

また、「これから勉強します」という人よりも「すでに勉強しています」という人の方が説得力はあるため、資格を取るのは効果的です。

培ってきたビジネススキルをアピールする

今まで培ってきたビジネススキルは、インフラエンジニアになっても役立つためアピールできます。特に、コミュニケーション力などの対人スキルはアピールポイントです。

エンジニアとしての知識は入社後も覚えられます。しかし、コミュニケーション力は鍛えるのが簡単ではありません。

30代は年齢的に新卒に比べると不利ですが、ビジネススキルがあることを評価する企業もあります。転職活動をするまえに、今身につけているビジネススキルを確認しておくと良いでしょう。

学習意欲やポテンシャルをアピールする

未経験であれば、学習意欲やポテンシャルをアピールすると良いです。これから学習する意欲や、現在学習していることを伝えましょう。

資格を持っていなくても、サーバーやネットワークなど、ITに関して学んだ内容を話せば勉強していることは伝わります。

また、取得を検討している資格について話すのも効果的です。

エンジニアの仕事は、日々新しい技術を勉強し続けなければいけません。入社してからも学習を続けられる点をアピールしてみてください。

未経験からインフラエンジニアになれる転職保証コース

未経験からインフラエンジニアになりたいなら、SAMURAI ENGINEERの転職保証コースがおすすめです。

転職保証コースでは、現役エンジニアのサポートのもと必要なスキルを短期間で学習できるカリキュラムが用意されています。また所定の基準を満たしている場合、もし転職がうまくいかなくても入学金および受講料を全額返金する保証付きです。

効率よくインフラエンジニアに必要なスキルを身につけたい人や、できるだけリスクなく転職を成功させたい未経験者におすすめのサービスです。

受講基準など無料カウンセリングで確認できます。ぜひ、気軽にご参加ください。

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

まとめ

今回は、30代未経験からインフラエンジニアになる方法や必要なスキル、学習方法や転職方法などを紹介しました。

インフラエンジニアはネットワークやサーバーなど、エンジニアのなかでも幅広いスキルが求められます。ただ少しずつ学習すれば、30代でも十分目指せる目標です。

特に30代は、ビジネススキルなど若手に比べて武器になるスキルもあります。ぜひ、すぐに諦めずインフラエンジニアにチャレンジしてみてくださいね。

インフラエンジニアについては、下記記事でも詳しく紹介しています。あわせて参考にしてください。

インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、必要なスキルも紹介
更新日:2023年5月11日

この記事のおさらい

30代未経験でもインフラエンジニアになれますか?

30代未経験でもインフラエンジニアになることは可能です。ただ未経験であってもスキルは求められるため、転職活動前にしっかりスキルを身につけ、企業にアピールできる準備は必要です。

30代未経験からインフラエンジニアになるコツは?

30代未経験からインフラエンジニアになるコツは次の3つです。

・資格を取得して知識をアピールする
・培ってきたビジネススキルをアピールする
・学習意欲やポテンシャルをアピールする

挫折せず目的を達成するなら
専属マンツーマンレッスンの侍エンジニア

SAMURAI ENGINEER

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」トリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

→侍エンジニアの詳細をみる

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close