30代未経験でインフラエンジニアになれる!転職成功の秘訣を解説

インフラエンジニアは未経験でも目指しやすいエンジニア職の1つです。将来のことを考えて、他業種からインフラエンジニアへの転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし未経験から目指す場合、わからないことも多いですよね。

  • 30代でもなれるの?
  • 転職活動はどうやるの?
  • どんな勉強をすればいいの?

今回はそんな疑問にお答えして、30代未経験でもインフラエンジニアになれる理由や、なるための方法、アピールポイントを紹介します。

【結論】30代未経験でもインフラエンジニアになれる

30代未経験でもインフラエンジニアになれる?

結論から言うと、30代未経験でもインフラエンジニアになれます。まずはその理由から見ていきましょう。

IT業界は実力主義のため

IT業界は実力主義。さらに慢性的人手不足のため、スキルさえあれば未経験でも採用する企業は多くあります。

未経験の場合、実力主義というと不安に感じるかもしれませんが、逆に言えば勉強して知識やスキルを付ければ年齢のハンデを補える職種ということ。収入もスキルに応じて決まるため、はじめは少ないかもしれませんが、頑張り次第で上を目指せます。

これまでのビジネススキルを活かせるため

インフラエンジニアとして仕事をする上で、他業種で培ってきたスキルも役に立ちます。例えば以下の3つ。

  • タスク管理能力
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション力

エンジニアはチームで作業をするため、仕事を円滑に進めるにはコミュニケーション能力やタスク管理能力が必要です。また上流の工程にいけば、クライアントと会ったりチームをまとめる立場になってくるので、さらにマネジメント能力もあると重宝されます。

インフラエンジニアは、これまでのビジネススキルも十分に活かせる業種なのです。

インフラエンジニア未経験に必要なスキル

インフラ未経験者に必要な3つのスキル

これまで培ってきたビジネススキルは役に立ちますが、インフラエンジニアとして転職するには、新たなスキルと知識が必要です。ここからは未経験で転職するために必要なスキルを紹介していきます。

サーバーとネットワークの知識とスキル

インフラエンジニアに必要なスキルは幅広いですが、サーバーとネットワークの知識は必須。

まずサーバーを操作する際にはLinuxやUnix、Windows ServerなどのサーバーOSの知識がいります。次にネットワーク技術の概念やルーター、スイッチなど、ネットワーク機器にも詳しくなければいけません。

サーバーとネットワーク、両方学んでいる人もいますが、基本的にはどちらかに特化して仕事をします。

セキュリティの知識とスキル

サーバーには個人情報や企業の情報など、重要なデータが入っているため、セキュリティの設定は必ず必要。設計段階でセキュリティに考慮した設計をし、サーバーとネットワークのセキュリティ対策をします。

また企業によってはインフラエンジニアが設定まで行う場合もあり、セキュリティソフトやファイヤウォール、セキュリティマネジメントなどの知識が求められます。

【ヒアリング・提案】コミュニケーションスキル

インフラエンジニアはクライアントからの要望を聞いて、要望に沿った設計をするのも重要な仕事です。そのためには、しっかりとしたヒアリングと、クライアントの要望に応えた提案の2つが必要。クライアントはITに詳しいわけではないので、抽象的な要望を具体的な要件に落とし込む力も大切です。

そのため、コミュニケーションスキルや提案力も、インフラエンジニアには求められます。その他、インフラエンジニアに必要なスキルついてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

インフラエンジニアとは?年収・資格・未経験からの転職方法も徹底解説!
更新日 : 2020年7月14日

インフラエンジニアを目指す未経験30代のための学習方法

インフラエンジニアを目指す未経験者のための学習法とは

必要なスキルがわかったところで、次は学習方法を紹介します。

書籍で知識を得る

学習をする方法はいろいろありますが、まずは書籍で学んでいくのがおすすめです。

ネット上にも無料で情報はありますが、初心者のうちは何から勉強すればいいかわからないため、あまり効率よく学習ができません。その点、書籍は体系立てて学べるので、初心者が1から始めるのに向いています。まずは未経験向けの入門書から読んでみて、用語に慣れていきましょう。

実際に手を動かしてスキル習得

書籍を読むだけでなく、実際に手を動かさなければエンジニアとしてのスキルは身に付きません。難しい用語ばかりの本を読むより、実際に動かしてみたほうが楽しく学べます。

エンジニアとして就職してからも、新しい技術の学習は続ける必要があります。書籍などのテキストベースで勉強することも多いので、今のうちから手を動かして学ぶのに慣れておきましょう。

【おすすめ】未経験のためのインフラエンジニア資格

未経験からインフラエンジニアを目指す場合は、資格を取っておくのがおすすめです。ここではインフラエンジニアにおすすめの資格をご紹介します。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

引用元:IPA 情報処理推進機構 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

ネットワークやサーバー、セキュリティ、経営戦略など、幅広い知識を網羅的に学べる基本情報技術者試験はインフラエンジニアだけでなく、ITエンジニアを目指す人が最初に取得をすすめられる基本の資格。ITエンジニアの登竜門といわれており、基礎的な知識があることの証明になるので、まず取っておきたい資格です。

2020年9月現在の合格率は25.7%なので、ほかの資格よりは取りやすいですが、簡単ではありません。基本情報技術者試験よりもうワンランク上の応用情報技術者試験もありますが、こちらは実務経験を数年積んだエンジニアのレベルなので、まずは基本情報技術者試験を目指してみましょう。

Linux技術者認定(LPIC)

Linux技術者認定(LPIC)に合格すれば、Linuxを扱える証明になります。試験対策を通じてLinuxに関する知識が一通りつくので、インフラエンジニアにおすすめの資格です。

試験は3段階のグレードに分かれており、レベル1はLinuxの基本操作と構築・運用ができることを認定します。未経験であればレベル1でも十分アピールになるでしょう。同じLinuxの資格で、LinuCという日本市場向けの資格もありますが、難易度や評価、年収などは変わりません。

インフラエンジニアを目指す未経験30代のための転職活動アピール方法

未経験30代が転職活動でアピールすべき3つのこと

未経験でもインフラエンジニアになれるとはいえ、若い人に比べると年齢的に不利なのは間違いありません。これまで培ってきた経験や、これからの学習意欲をしっかりアピールしましょう。

資格取得によるスキルのアピール

資格を持っていれば一定以上のスキルがある証明になるので、転職において大きなアピールポイントになります。先ほど紹介した基本情報技術者やLPICの資格であれば、ITの基礎知識があることをアピールできるでしょう。中途採用は即戦力を求めているので、未経験OKとはいえ知識があるに越したことはないです。

また資格を取るために行った学習も評価されます。「これから勉強します」という人よりも「すでに勉強しています」という人の方が説得力はあるので、資格を取るのは効果的です。

培ってきたビジネススキルをアピール

冒頭でも紹介したように、今まで培ってきたビジネススキルはインフラエンジニアになっても役立つのでアピールできます。とくに、コミュニケーション能力などの対人スキルはアピールポイントです。

エンジニアとしての知識は入社後に教えられますが、コミュニケーション能力は教えるのが簡単ではありません。しかしエンジニアに求められる必須の能力です。30代は年齢的に不利ですが、ビジネススキルを持っている点では若い人よりも能力が高いとも言えるので、そこをアピールしていきましょう。

学習意欲のアピール

未経験の転職で最も重要なのが、意欲です。未経験であればこれから学習することや、現在学習していることを伝えましょう。資格を持っていなくてもサーバーやネットワークなど、ITに関して学んだ内容を話せば勉強しているのは伝わります。また、これから取ろうと思っている資格について話すのも効果的です。

エンジニアの仕事は、日々新しい技術を勉強し続けなければいけません。入社してからも学習を続けられる点をアピールしましょう。

30代未経験向け!インフラエンジニアにおすすめの転職サイト

インフラエンジニアにおすすめの転職サイト

インフラエンジニアへの転職を成功させるには、利用する転職サイトも重要です。サイトごとに特徴があるので、どのサイトを使うかでも転職が成功するか大きく変わってきます。

doda

dodaは国内トップクラスの転職サイトです。リクルートと並んで求人数が豊富で、20~40代まで幅広い求人情報を扱っています。

転職エージェントの評判も良く、多くの企業を提案してくれるので、たくさんある中から選びたい方におすすめです。非公開求人やスカウト機能も魅力で、書類選考免除や面接確約など、働きながら転職活動しやすいのもポイント。他業種からの転職に強いので、未経験でインフラエンジニアを目指すのに向いている転職サイトです。

dodaはこちら

Green

GreenはIT・WEB業界に特化した転職サイトです。ほかの転職サイトには載ってない求人も多く、ベンチャー企業なども探せます。

Greenでは60%以上がスカウトで転職しているため、スカウトを待ちつつ自分からアプローチすれば、転職活動も短く済むでしょう。ほぼすべての企業が写真を掲載しているので、会社の雰囲気も見られます。

興味がある会社には「気になる」ボタンを押して、マッチングすればカジュアルに面談するシステムです。転職エージェントではないのでサポートはありませんが、気軽に企業と繋がれるのは大きなメリットでしょう。

Greenはこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリアも、IT/WEB業界に特化した転職サイト。大手からベンチャーまで幅広く取り扱っています。

レバテックキャリアではキャリアアドバイザーのサポートが手厚く、転職に関するさまざまな悩みを相談できるのが特徴です。キャリアアドバイザーは年間3000社に訪問しているため、IT業界に関して熟知しています。IT業界の収入やキャリアについてはもちろん、会社の雰囲気まで詳しく知っているので、未経験の転職には心強いサポートです。

レバテックキャリアはこちら

まとめ

IT業界は実力主義の業界であり人手不足のため、30代未経験でもインフラエンジニアへの転職は可能です。これまで培ってきたビジネススキルも、インフラエンジニアでは活かせます。

事前にしっかり学習して、できれば資格を取るのがおすすめです。なにより未経験であればやる気が大事なので、面接ではやる気が伝わるようにアピールしましょう。

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー