プログラミングは最強のビジネススキル | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

プログラミングは最強のビジネススキル

プログラミングはビジネスにも活かせる

こんなことを聞いたことはありませんか?しかし、

プログラミングとビジネスとなんの関係があるの?
本当にビジネスで役立つの?

と疑問に思うことでしょう。

そこでこの記事では、プログラミングがどのようにビジネスに活かせるのかを解説します。

  • プログラミングがビジネスでも役立つ理由
  • ビジネスで活きるスキル

コンピュテーショナル・シンキングとは

前の章「プログラミングがわからないと仕事がなくなる時代へ」でもお話した、「プログラミング的思考」について注目してみましょう。

こちらの考え方は本来

  • プログラミングのうよに考える
  • コンピュータの気持ちになって考える


このような意味ではありません。

海外などの教育現場では、このプログラミング的思考を「コンピュテーショナル・シンキング(CT)」と呼んだりします。

日本では、「計算論理的思考」「プログラマー的思考」とも呼ばれていますが、その要点をまとめると

  • 問題を抽象化して、解決しやすいように考える
  • 問題を細分化し分解して考える
  • 入力と出力、その状態と結果を論理的に考える
  • アルゴリズムで物事を考える
  • 最適な方法を考え、結果を予想する
  • この考え方や方法が他の問題にも適用できないかを考える


この考え方のことを「コンピュテーショナル・シンキング」と呼んでいます。

「コンピュテーショナル・シンキング」=「プログラミング的思考」なんですが、プログラミング的思考はただプログラミングが読み書き出来るだけではなく、プログラミングで開発していく中で考える思考のことなんだと理解できれば大丈夫です。

混乱しやすいので、ここでは統一して「プログラミング的思考」と呼びます。この、「プログラミング的思考」の考え方を身につけることで

  • 論理的に計画を組み立てることができる
  • 大きな問題を分解して最速で解決できる
  • 問題点を分解することで今やるべき課題が見える


など、仕事には欠かせない考え方でビジネスの成長を加速することができます。このような考え方は今後、ビジネスそ進めていく中で必須になるでしょう。

プログラミング的思考でビジネスが加速する

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「プログラミング基礎」の記事

1.プログラミングの必要性

  1. a. プログラミングがわからないと仕事がなくなる時代へ
  2. c. 非エンジニアでも学ぶべき理由とは
  3. d. プログラミングの未来
  4. e. プログラミングが変える未来の世界

次の項目「2.プログラミングの概念」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説