【初心者必見!】Gitをプロキシ(Proxy)経由で使う方法を理解しよう

この記事ではGitプロキシ(Proxy)を使う方法について解説をします!

GitHubからクローンが出来ない場合などは、このプロキシが原因なことも多いです。

Gitとプロキシの関係について知りたい。
Gitでプロキシを使えるようにしたい。

といった方に向けてこの記事では、

・プロキシとは何か
・Gitでプロキシを使う方法
・GitHubでクローンが出来ない場合

について、解説をしていきます。

Gitとプロキシの関係について見ていきましょう!

プロキシ(Proxy)とは

まずはプロキシについて何かを知っておきましょう。

プロキシサーバーとはクライアントの代理としてサーバーに情報を受け取りに行くサーバーのことです。

プロキシサーバーをクライアントとサーバーの間に挟むことによって、プロキシサーバーに蓄えられたキャッシュのおかげで高速にアクセスすることが出来ます。

また、プロキシサーバーで通信内容をチェックすることで不正アクセスに対する安全性が高くなります。

ただし、プロキシサーバーにアクセスが集中するとキャッシュの有無に関わらず、アクセスが遅くなります。

また無料で誰でも使えるようなプロキシは安全性が確保されていないので、通信の内容をすべて見られてしまう危険性もあります。

特徴をまとめると、、、

  • キャッシュで高速にアクセス
  • 不正アクセスに対する安全性を高める


ためにプロキシサーバーは使われます。

プロキシを使う意味

先程のメリットとデメリットからプロキシを使う意味はなんとなく分かって頂けたかと思います。

キャッシュを貯めて高速にアクセスすることができるようにしたり、匿名性を高めたりするのが主な目的でしたね。

会社などの社内LANでは社内LANとネットワークの間にプロキシを挟むこともあります。

これはある程度大規模なネットワークだと誰がどのように使っているのか、アクセスを把握するためです。

Gitでプロキシを使う方法

それではGitでプロキシを使う方法について見てみましょう。

「Gitでプロキシを使う」というのは、ネットワーク上のリポジトリをクローンする時に、プロキシ経由でアクセスすることを指します。

こちらのコマンドをご覧ください。

gitのコマンドでこのコマンドを実行するとGitのプロキシを設定することが出来ます。

ドメインの後ろの「:80」はポート番号を表していて、代表的なポートには80、8080、1080、3128があります。

これはnetstatコマンドを使うことで実際に使われているポートを確認することが出来ます。

netstatコマンドをオプション無しで実行したときの、「Local Address」の列に羅列された数字の最後の区切りがポート番号になります。

このgit configコマンドで加えた変更は実際に記録として残ります

~/.gitconfigを見てみましょう。

このcatコマンドで実際に加えた変更を確認することが出来ます。

また、このコマンドでも確認をすることが出来ます。

GitHubからクローンできない場合

GitHubからクローンできない場合、プロキシが原因ということが考えられます。

その場合もgitコマンドで適切なプロキシを設定することで解決します。

GitHubについての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

【GitHub入門】超初心者から使い方をマスターしよう!
更新日 : 2018年12月25日

まとめ

この記事ではGitとプロキシの関係について解説してきました。

プロキシについては分かって頂けたでしょうか?

また、gitのコマンドで環境設定ができるということも知っておきましょう。

Gitでプロキシ周りのトラブルが起きたときはぜひ、またこちらの記事をご覧ください!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ryo

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説