【JavaScript入門】大文字と小文字を変換(toUpperCase/toLowerCase)

こんにちは!エンジニアの中沢です。

JavaScriptには文字列の大文字と小文字を変換するための「toUpperCase」と「toLowerCase」があります。

大文字と小文字を揃えて比較することもできるので上手く活用してください。

この記事では、

・大文字と小文字を変換するには
・toUpperCaseで大文字に変換する方法
・toLowerCaseで小文字に変換する方法

という基本的な内容から、

・大文字と小文字を揃えて比較する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、文字列の大文字と小文字を変換する方法をわかりやすく解説します!

大文字と小文字を変換するには

大文字と小文字を変換するには、toUpperCasetoLowerCaseを使います。

toUpperCaseは小文字を大文字に変換するときに使います。

同様に、toLowerCaseは大文字を小文字に変換するときに使います。

これらのメソッドを使うことで、大文字と小文字を無視して文字列を比較することなどができます。

toUpperCaseで大文字に変換する方法

ここでは、文字列をtoUpperCaseで大文字に変換する方法を解説します。

文字列をtoUpperCaseで大文字に変換するには、変換したい文字列からtoUpperCaseメソッドを呼び出します。

戻り値として、大文字に変換後の文字列を返します。

次のプログラムで確認してみましょう。

var str = "Samurai";
str = str.toUpperCase();

console.log(str);

実行結果:

SAMURAI

このようにして、文字列を大文字に変換することができました。

toLowerCaseで小文字に変換する方法

ここでは、文字列をtoLowerCaseで小文字に変換する方法を解説します。

文字列をtoLowerCaseで小文字に変換するには、変換したい文字列からtoLowerCaseメソッドを呼び出します。

戻り値として、小文字に変換後の文字列を返します。

次のプログラムで確認してみましょう。

var str = "Samurai";
str = str.toLowerCase();

console.log(str);

実行結果:

samurai

このようにして、文字列を小文字に変換することができました。

大文字と小文字を揃えて比較する方法

ここでは、大文字と小文字を揃えて比較する方法を解説します。

比較する二つの文字列の大文字と小文字を無視して比較するには、toLowerCaseで小文字に揃えてから比較します。

次のプログラムで確認してみましょう。

var str1 = "Samurai";
var str2 = "samurai";

str1 = str1.toLowerCase();
str2 = str2.toLowerCase();

var result = str1 === str2;

console.log(result);

実行結果:

true

このようにして、文字列を小文字に揃えてから比較することができました。

文字列の比較についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【JavaScript入門】文字列を「比較」する演算子の使い方まとめ!
更新日 : 2020年5月8日

まとめ

いかがでしたか?

今回はtoUpperCasとtoLowerCaseで、文字列の大文字と小文字を変換する方法を解説しました、

大文字と小文字を揃えて比較することもできるのでぜひ活用してくださいね。

もし、文字列の大文字と小文字を変換する方法を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら