スライドショー スライドショー スライドショー

プログラミング研修とは?5つの基礎知識と選び方のポイントを3つ解説

プログラミング研修ってどんなもの?
プログラミング研修のメリット・デメリットは?
プログラミング研修会社を選ぶポイントは?
プログラミング研修についていけない場合はどうすればいいの?

プログラミングに興味がある方の中には、プログラミング研修についてこのような疑問を抱えている方も多いですよね。

プログラミング研修はスキル習得しやすい学習方法ですが、研修会社の選び方など基本事項を知らないと失敗してしまうことも。

そこでこの記事を参考いただき、プログラミング研修に関する5つの基礎知識や、選び方の3ポイントを押さえておきましょう。プログラミング研修を受けられるおすすめ企業3選もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

プログラミング研修について知っておくべき5つの基礎知識

プログラミング研修の基本事項

まずはプログラミング研修について、以下5つの基本事項を押さえておきましょう。

  • プログラミング研修とは?
  • 受講対象者は?
  • 費用の相場は?
  • どのくらいの期間?
  • どこで受講できる?

ひとつずつ順番に解説していきます。

そもそもプログラミング研修とは?

「プログラミング研修」とは、プログラミングの知識やスキルの習得を目的とした研修のことです。企業が社員育成のために実施するのも広い意味では「プログラミング研修」ですが、多くの場合はプログラミングスクールが提供している研修サービスを指します。

プログラミング研修サービスを提供している企業はとても多く存在し、それぞれ得られるスキルやサービスの内容はさまざまです。

記事の後半でご紹介するおすすめプログラミング研修3選では、企業ごとにそれぞれ得られるスキルについて解説しますね。

受講対象者は?

受講対象者は法人と個人の2種類

プログラミング研修は、大きく分けると「法人向け研修」「個人向け研修」の2種類。個人向け研修であれば、基本的に誰でも申し込めば受講できます。IT企業の社員が、個人的に受講するのもOKです。

法人向け研修の場合は、企業の人事担当者が申し込んで自社社員に受講してもらうのが一般的です。この記事では、個人向け研修を中心に解説していきます。

法人向け研修について詳しく知りたい人事担当の方には、以下の記事が参考になりますよ。

【法人向け】プログラミング研修を成功させるための完全攻略ガイド
更新日 : 2021年7月30日

費用の相場は?

プログラミング研修の費用も選ぶ企業によって様々ですが、おおよその相場としては3カ月で30万円ほどです。当然ながら、研修期間が長くなるほど料金も高くなります。

なお、企業が社員に研修を受講してもらう場合は、「人材開発支援助成金」を申請できる可能性があります。

以下の記事では助成金を利用できるおすすめスクールを紹介していますので、参考にしてくださいね。

IT研修&キャリアUP!助成金・給付金が利用できるITスクール8選
更新日 : 2021年10月1日

どのくらいの期間必要なの?

1〜3ヶ月程度

プログラミング研修の期間も企業によりますが、その多くは1~3カ月程度です。期間の異なる複数コースを提供している企業も多いので、自分の都合に合ったものを選ぶと良いでしょう。

ただし、必ずしも「研修期間の長さ」と「学べることの多さ」が比例するとは限りません。研修内容の密度は企業やコースによって変わるので、どんなことを学べるかしっかり確認しましょう。

どこで受講できる?

プログラミング研修には「集合研修」「オンライン研修」の2種類があり、それぞれ受講場所が変わってきます。集合研修の場合は、企業が指定した研修会場へ行って集団で受講するのが普通です。

一方のオンライン研修は、自宅でパソコンを使って受講する形式となります。オンライン研修の方が手軽に受講できますが、集合研修の方がコミュニケーションは取りやすいので一長一短です。

プログラミング研修を受講する3つのメリット

プログラミング研修のメリット

プログラミング研修を受けるメリットは、以下の3つです。

  • メリット1:独学よりも挫折しにくい
  • メリット2:効率的にスキルを習得できる
  • メリット3:転職までサポートしてくれる研修も

各メリットについて、詳しく解説していきます。

メリット1:独学よりも挫折しにくい

独学のプログラミング学習では、プログラムが思い通りに動かなくても、自分だけで原因を探さなければなりません。これはプログラミング初心者にとって難易度が高く、挫折しやすい最大の原因となっています。

その点プログラミング研修では、分からない事があっても講師が丁寧にフォローしてくれます。プロの講師に教わることで不明点や問題点をすぐに解決できるので、挫折しにくいのが最大のメリットです。

メリット2:効率的にスキルを習得できる

効率的なスキル習得

たとえ独学でプログラミングを習得できたとしても、不明点や問題点を自力で解決するためにかなりの時間を費やしてしまうでしょう。一方のプログラミング研修には、効率的にスキル習得するための工夫が施されています。

プログラミング研修のカリキュラムを作っているのは、IT人材育成のスペシャリスト。初心者が効率的に学べるよう最適化されたカリキュラムのため無駄がなく、短期間で効率的に学べるのもメリットです。

またオンライン研修であれば時間を有効活用でき、スキル習得しながら自分の趣味にも時間を使えるでしょう。

メリット3:転職までサポートしてくれる研修も

個人向け研修であれば、企業によっては転職のサポートまでしてくれるのもメリットです。

IT求人の紹介や面談のレクチャー、ポートフォリオ(企業にアピールできる作品集)の作成支援など、転職を有利にする様々なサポートが受けられます。

プログラミングのスキルを習得しても転職に必要なノウハウがなければ、目指しているIT企業に転職するのは難しいでしょう。プログラミングを仕事にしていきたい方には、転職までサポートしてくれる企業を選ぶのがおすすめです。

プログラミング研修を受講する2つのデメリット

プログラミング研修のデメリット

プログラミング研修には、以下2つのデメリットも存在します。

  • デメリット1:集合研修の場合ついていけないことも
  • デメリット2:研修によっては仕事に活かせないことも

各デメリットの詳細は、順番に解説していきます。

デメリット1:集合研修の場合ついていけないことも

集合研修の場合、周りには自分以外にも受講者がいます。受講者ごとにプログラミング適性や元々持っているスキルが異なるので、研修の進み具合に差が付くことも少なくありません。

受講者のレベルに合わせてフォローしてくれる研修も多いのですが、なかには遅れている受講者をあまりサポートしてくれない研修も……。

集合研修の場合は、周りのスピードについていけずに挫折してしまう恐れもあります。

デメリット2:研修によっては、仕事に活かせないことも

実践的なスキルを得られない

プログラミングを仕事にするためには、実践的なスキルが欠かせません。よって、プログラミングの知識を集めるだけでは不十分で、たくさんの実践経験を積むことが大切です。

しかし研修のカリキュラムによっては、実践できる時間があまり与えられない場合もあり得ます。実践的なスキルが得られない研修だとプログラミングの仕事では活かしづらいので、カリキュラムをしっかり確認しましょう。

プログラミング研修会社選びの3つのポイント

研修会社選びのポイント

先ほども解説したとおり、プログラミング研修会社によってカリキュラムも得られるスキルも変わってきます。そのためスキル習得を成功させるためには、プログラミング研修会社選びが大切です。

プログラミング研修会社を選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

  • ポイント1:実践的な内容になっているか
  • ポイント2:受講者のレベルに合わせた柔軟な内容か
  • ポイント3:先を見据えたカリキュラムになっているか

ひとつずつ順番に解説していきます。

ポイント1:実践的な内容になっているか

前述のとおり仕事で活かせるプログラミングスキルを身に付けるには、実践的な研修が大切です。

さまざまなソースコードに触れ、多くの試行錯誤と失敗を繰り返しながら、自分でプログラムを作っていくことで実践力が身に付きます。

一方的な講義がメインの研修では自らプログラムを作り上げる能力も、問題を自己解決する能力も身に付きません。プログラム研修会社を選ぶ際は、実践が充実しているカリキュラムになっているかをチェックしましょう。

実務レベルのスキルを身に付けるには、オリジナルのアプリやサービスを作れる内容になっているのが理想です。

ポイント2:受講者のレベルに合わせた柔軟な内容か

マンツーマンがベスト

集団研修では受講者のレベルによって、差が生まれることも少なくありません。画一的なカリキュラムでは、受講者によって難しすぎたり簡単すぎたり感じてしまい、期待通りの効果が生まれない恐れがあります。

挫折しないためにも、受講者のレベルに合わせた柔軟な内容になっているかどうかチェックしましょう。それぞれの受講者に合わせて柔軟にカリキュラムを変えられる、マンツーマンの研修がベストです。

ポイント3:先を見据えたカリキュラムになっているか

プログラミング研修の受講を考えている方のほとんどは、スキルを仕事で活かしたいですよね。

プログラミング研修会社を選ぶ際は、先を見据えたカリキュラムになっているものを選ぶと良いでしょう。

前述のとおり、研修によっては転職のサポートまでしてくれるものもあります。将来的に転職を有利にしたい方は、良質なオリジナルのポートフォリオを作成できる研修がおすすめです。

プログラミング研修を受けられるおすすめ企業3選

プログラミング研修を受けられる企業

プログラミング研修を受けられるおすすめ企業を3社、ご紹介します。

マンツーマンで確実な「SAMURAI ENGINEER」

引用元:SAMURAI ENGINEER

■学べる言語:オーダーメイドカリキュラムのため全て

「SAMURAI ENGINEER」は、業界初のオンラインマンツーマンを取り入れたプログラミングスクールです。受講生1人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムを作成してくれるので、法人向け研修でも挫折の心配がありません。

またオリジナルアプリの作成を重視したカリキュラムとなっており、実践的なスキルが身に付くだけでなく、転職にも活かせます。マンツーマンレッスンで丁寧なフォローが受けられるので、確実にスキル習得を成功させたい方におすすめです。

研修の詳細はこちら

オンラインでも充実の「CodeCamp」

引用元:CodeCamp(コードキャンプ)

■学べる言語:Python/Ruby/PHP/JavaScript/HTML/CSS/Java/Swift

「CodeCamp」は、質の高いオンライン研修が受けられるプログラミングスクールです。オンラインシステムが充実しているため、1人でも100人でも対応できるメリットがあります。

オンラインマネジメントシステムで課題の進捗状況や評価などを一元管理でき、現在の到達度を把握しながら成長できます。また目指すゴールに応じたプランで学べるので、企業や個人の様々なニーズに対応できるのも強みです。

研修の詳細はこちら

実践的に学べる「TechAcademy」

引用元:TechAcademyビジネス

■学べる言語:Python/Ruby/PHP/JavaScript/Java/Swift/Kotlin/C#/C言語

「TechAcademy」は、実践を重視したプログラミング研修が受けられるプログラミングスクールです。課題作成などの実践的な内容が充実しており、受講者自ら能動的に学べるカリキュラムとなっています。

また課題では回数無制限で講師にレビューしてもらえるため、良質な成果物を作成できます。AIやデザインなど幅広いコースが用意されているので、自分のニーズに合わせて細かく選べるのもメリットです。

研修の詳細はこちら

プログラミング研修についていけない場合の対処法

研修について行けない場合にすべきこと

前章でご紹介した企業であれば質の高い研修が受けられるので、挫折の心配はまずありません

とはいえ、万が一プログラミング研修についていけなかった場合の対処法も一応ご紹介しておきますね。

まずは講師に相談しよう

理想を言えば、不明点が発生したら早めに講師へ質問して解決するのが1番です。それでも研修についていけない悩みがある方は、まずは講義の合間などに講師へ相談しましょう。

オンライン研修であれば、ビデオ通話やチャットで講師とやり取りするタイミングで相談すれば問題ありません。しっかりした研修会社であれば、カリキュラムや教え方を見直してくれるはずです。

復習して遅れをしっかり取り戻そう

復習して不明点を解消する

分からない箇所をそのままにしておくと、次の講義がさらに分からなくなってしまいます。研修で発生した不明点は、できる限りその日のうちに解消するべきです。

講師に質問できるタイミングがなかった場合は、集合研修であれば周りの友人に聞いてみると良いでしょう。あるいは、teratailなどのQ&Aサイトで質問してみるのも1つの手です。

それでもダメだったら…

引用元:SAMURAI ENGINEER Plus+

上記の方法を試しても解決できなかった場合は、「SAMURAI ENGINEER Plus+」でオンライン学習するのがおすすめです。すべてのプログラミング教材が月額たったの3,278円(税込)で使い放題となり、自分のペースで学習できます。

また、現役エンジニアに不明点や問題点を質問できるQ&A掲示板があるのも魅力の1つです。追加料金なしで転職の相談も気軽にできるので、プログラミングを仕事にしていきたい方におすすめします。

30日間の無料トライアルもあるので、プログラミング研修についていけない悩みを抱えている方は、気軽に試してみてくださいね。

「SAMURAI ENGINNER Plus+」はこちら

まとめ

今回は、プログラミング研修に関する以下5点の内容について解説しました。

  • プログラミング研修について知っておくべき基礎知識
  • プログラミング研修を受講するメリット・デメリット
  • プログラミング研修を受けられるおすすめ企業3選

プログラミング研修は、未経験の方でもスキル習得できる可能性の高い学習方法です。今回ご紹介した内容を参考にして、ぜひプログラミングスキルの習得を成功させてくださいね。

SAMURAI ENGINNER Blogには、この他にもプログラミングの習得に役立つ記事がたくさん存在します。プログラミングを仕事にしていきたい方は、色々な記事を読んでみると良いでしょう。

プログラミング研修を受講する3つのメリットとは?

メリット1:独学よりも挫折しにくい
メリット2:効率的にスキルを習得できる
メリット3:転職までサポートしてくれる研修も

プログラミング研修を受講する2つのデメリットとは?

デメリット1:集合研修の場合ついていけないことも
デメリット2:研修によっては仕事に活かせない

プログラミング研修を受けられるおすすめの企業は?

①マンツーマンで確実な「SAMURAI ENGINEER」
②オンラインでも充実の「CodeCamp」
③実践的に学べる「TechAcademy」

Writer

ハナキ ノボル

株式会社SAMURAI

侍エンジニア塾ブログ編集長。オウンドメディア運営、コンテンツマーケティング、SEO対策が得意分野です。プログラミングはすべての人が学ぶべきスキルだと思っています。0→1を作り上げるエンジニアはとてもかっこいい職業で世の中のイメージ(3K)を変えたい!と密かに思ってます。現在Swiftを勉強中。音楽鑑賞が趣味で、ライブやフェスによく行きます。
インスタやってます。
ツイッターやってます。
ブログやってます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら