プログラミング学習におけるメリット・デメリットを初心者向けに解説

プログラミングにはどんなメリットがあるんだろう?
プログラミングは学び終えないとメリットはないでしょ?
学習する内容によってメリットも変わるのかな?

プログラミングに興味がある方の多くは、まずこのような疑問をもつのではないでしょうか。プログラミング学習をはじめるなら、メリットやデメリットはやはり押さえておきたいですよね。

またプログラミングにもさまざまなジャンルがあり、それぞれメリットは変わってきます。この記事を読めば、プログラミング学習の種類によるメリットの違いも分かって目指すべきものがより具体的に見えてきますよ。

誰でもわかる内容になっているので、プログラミングに興味のある方はぜひご一読ください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

プログラミング学習における3つのメリット

プログラミング学習における3つのメリット

プログラミング学習におけメリットとは

プログラミング学習には、以下3つのメリットがあります。

  • 問題解決能力が向上する
  • 論理的思考力が向上する
  • 発想力が向上する

それぞれ順に解説していきます。

問題解決能力が向上する

「問題解決能力」とは、起こっている問題に対して原因調査や解決策の検討を行い、解決に導くための能力です。プログラミングを学習することで、問題解決能力の向上が期待できます。

なぜなら、プログラミングにはエラーや誤動作といった「問題」が付き物だからです。ソースコードから問題の原因を特定したり解決策を考えるといった作業を日常的に行うことで、問題解決の手順やコツが身につきます。

実際に未経験から3カ月でエンジニアになった兵さんも、プログラミングによる問題解決能力の向上を実感しています。

一番は問題解決力が確実についたことですかね。

問題の原因などを論理的に考えて、完成系をイメージし、情報などのリソースを駆使して解決していく。

これはどんな仕事でも、共通して必要になってくることだと思います。

兵さんのエピソードについて気になる方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

論理的思考力が向上する

論理的思考力(ロジカルシンキング)

「論理的思考力(ロジカルシンキング)」とは、筋道を立てて合理的に物事を考える能力のことです。この能力を向上させると、自分の考えを相手にわかりやすく伝えられるなど、コミュニケーション面で大きなメリットがあります

プログラミングは感情論の一切通用しない、論理100%の世界です。1文字の書き間違いでエラーが発生することもありますし、正しい順序でプログラムを組み立てないと思い通りには動きません。

筋の通ったプログラムを作ろうと試行錯誤を繰り返すことで、物事の正しい順序を考える癖がつき、結果として論理的思考力も養われるでしょう。

発想力が向上する

プログラミングには必ず実現したい「目標」が存在し、それを実現する方法は1つだけではありません。たとえばプログラミングで複数データを並び替える「ソート」のアルゴリズムだけでも、30種類以上も存在します。

そしてどの実現方法を採用するかによって、処理速度などの性能も変わってくるのです。目標実現のためによりよいプログラミング方法を積極的に模索することで、発想力も向上します。

脳は使えば使うほど神経細胞が増え、働きが良くなります。新しいアイデアを積極的に出すことは、発想力に関わる右脳の発達につながり、より柔軟に考えやすくなるでしょう。

プログラミングを習得すると得られる5つのメリット

プログラミングを習得すると得られる5つのメリット

プログラミングを習得すると得られるメリット

前章でご紹介した3つのメリットは、プログラミングの学習過程で得られるものです。ここでは習得に成功すると得られる5つのメリットをご紹介いたします。

  • 柔軟なスタイルで働きやすい
  • アイデアを形にできる
  • 起業・独立がしやすい
  • キャリアの選択肢が広がる
  • 将来性の高い分野で働ける

詳細はひとつずつ解説していきます。

コロナ禍、仕事に不安を感じ、新たなスキルを身につけようと思っている人が増加中です。

弊社が独自で行った「プログラミング学習をするきっかけについて調査」では、40%以上の方がプログラミングを習いたいと考えていることがわかっています。

また、「給料が上がりそうな習い事」「転職で有利になりそうな習い事」「副業で活かせそうな習い事」について質問したところ、3つすべてにおいて「プログラミング」が1位という結果が得られました。

プログラミングにはビジネスにおいてメリットがあると考える方が多いことがわかります。

柔軟なスタイルで働きやすい

プログラミングは当然ながら、基本的にパソコンを使った仕事がメインとなります。パソコンとスキルさえあれば仕事できるので、勤務場所や勤務時間にとらわれず働きやすいのが大きなメリットです。

自宅はもちろん、ノートパソコンがあればカフェのような場所でも働くことが可能です。通勤が不要になる分時間を有効活用できるため、家事や趣味などもはかどります。

またオフィス勤務だと始業時間や休憩時間など、通勤に限らず時間の制約が多いですよね。その点在宅のフリーランスプログラマーになれば、時間の使い方を自分で好きに決められます。

フリーランスプログラマーについて気になる方には、以下の記事をおすすめします。

アイデアをプログラミングで形にできる

プログラミングを習得すればWebサービスやスマホアプリなど、さまざまなものが作れるようになります。特別に難しいプログラミング技術を使わずとも、1つのアイデアが多くの人に愛されるサービスへと変わることも。

たとえば有名なレシピサイトの「クックパッド」は、「レシピをオンラインで共有する」というアイデアから生み出されたもの。自分が形にしたアイデアが誰かの役に立つという実感は、大きなやりがいになるでしょう。

クックパッド

画像出典:クックパッド

またプログラミングができると、オリジナルのツールを作って簡単なパソコン作業を自動化・効率化することも可能です。ツールによって作業時間を短縮できれば、その分時間を有意義に使えるようになります。

起業・独立がしやすい

起業した男性

起業した男性

独立して起業したいと考えている会社員の方も少なくありませんよね。しかし起業してビジネスを成功させるためには、新しい商品やサービスを生み出さなければなりません。

その点プログラミングのスキルがあるとアイデアから新しいものを生み出しやすくなります。自分自身で新しいビジネスのきっかけを作れるため、起業や独立という選択肢がより身近になるでしょう。

またプログラミングのスキルを活かせば在宅でも仕事ができます。そのため、オフィスを借りるために高いコストをかけなくても起業できるのもメリットです。

独立すれば高い自由度で仕事できますし、起業して成功すれば大幅な収入アップのチャンスもあります。このようにプログラマーは起業や独立の敷居が低く、新しい場所に踏み出しやすいのが強みといえるでしょう。

キャリアの選択肢が広がる

習得したプログラミングのスキルは、他の業種にも活かしやすいというメリットがあります。たとえばWebデザイナーにプログラミングのスキルがあれば、Web制作の仕事がよりスムーズに進められるでしょう。

営業の仕事にITの専門知識を活かせば、クライアントにIT製品の魅力をより強く伝えられます。このように、IT分野の知識やスキルをうまく活用することで、他の業種に付加価値を付けられるのです。

将来性の高い分野で働ける

IT業界では、AIやIoTなどの新しい技術が次々と生み出されています。プログラミングは、このような新しい技術に関わりやすいのも魅力のひとつです。

またAIやIoTは業務効率化といった企業にとってのメリットが大きいため、今後も需要が高まっていくでしょう。将来性の高い分野のため、仕事がなくなる心配をする必要がないのは大きいですよね。

プログラミング学習における3つのデメリット

プログラミング学習における3つのデメリット

プログラミング学習におけるデメリット

ログラミング学習にはたくさんのメリットがありますが、デメリットも3つあります。

  • 学習コストが高い
  • 挫折率が高い
  • 適性を問われる

それぞれ順番に解説していきます。

学習コストが高い

プログラミング学習には、「時間」という学習コストがかかります。弊社の現役エンジニアを基に調査したところ、エンジニアになるまでに必要な1日の学習時間は平均4時間24分、期間は平均17カ月でした。

学習コストが高い

1カ月30日として計算すると、実にトータル約2,244時間も学習が必要であるとわかります。プログラミング学習中はお金を稼げないので、それなりの時間と経済的な余裕が求められるのはデメリットと言えるでしょう。

挫折率が高い

挫折率が高い

以下の記事にも書かれている通り、弊社の行った調査結果によるとプログラミング学習の挫折率は約90%。エラーなどの問題を解決したりモチベーションを保ったりするのが難しいため、これだけ多くの方が挫折してしまうのです。

独学でのプログラミング学習は相談できる人も、いい刺激をくれる人も周りにいないため、挫折しやすい環境が揃っているといえます。「挫折してしまうかも…」と思った方には、プログラミングスクールがおすすめです。

侍エンジニアでは、満足度95%の講師がスキル習得から仕事獲得まで丁寧にサポートいたします。オンラインで無料カウンセリングも受講できるので、気になった方はぜひ受講してみてくださいね。

「無料カウンセリングの詳細はこちら」

適性を問われる

プログラミング学習の成否には、以下3つの適性が大きく関わってきます。

  • 集中力がある
  • 探究心がある
  • 学び続ける意欲がある

上記の適性がない方だと、プログラミング学習が長続きしにくいことも。さらにプログラミング言語にはそれぞれ特徴があり、自分に合った言語を選ばないと学習をはじめてから後悔するかもしれません。

ただしこれらの適性がないからといってプログラマーになれないわけではありません。自分に合ったプログラミング言語を選んで正しいプランに沿って学習を進めていけば、成功につながるでしょう。

自分にあったプログラミング言語や学習プランを知りたい方には、以下のプログラミング学習プラン診断がおすすめです。目的にあわせた学習プランがひと目でわかり、プログラミング学習が成功しやすくなりますよ。

「プログラミング学習プラン診断を試してみる」

プログラミングを習得しないことによる3つのデメリット

プログラミングを勉強しないデメリット

プログラミングを習得しないことによるデメリット

今度は視点を変えて、プログラミングを習得しなかった時のデメリット3つを見ていきましょう。

  • IT化社会に対応できないことも
  • エンジニアと意思疎通で手間取る
  • キャリアの選択肢が狭くなる

詳細は上から順番に解説していきます。

IT化社会に対応できないことも

最近では農業などの分野にもIoTといったIT技術が導入されつつあります。人手不足がささやかれる現代の日本では業務効率化や人件費削減のために、こうした新しいIT技術がさらに広まっていくでしょう。

プログラマーであれば新しいIT技術に直接触れたり、間接的に情報が入ってきたりしやすいといえます。反対にIT分野に関わっていない方だとこのような情報が入りにくく、IT技術の進歩についていけないかもしれません。

エンジニアと意思疎通で手間取る

前述のとおりIT化社会への移行によって、新しいIT技術を導入する企業は増えています。たとえIT分野以外の仕事をはじめたとしても、IT技術を取り入れなければ競合他社に後れを取ることになるかもしれません。

IT技術を導入するためには、エンジニアに要望を伝えたり実現方法についてヒアリングすることになるでしょう。しかしIT分野の知識がないと相手の説明がうまく理解できず、エンジニアとの意思疎通が難しいというデメリットがあります。

キャリアの選択肢が狭くなる

経済産業省の試算によると、2030年には約79万人のIT人材が不足する見通しです。IT分野の人手不足はとくに深刻で、プログラマーをはじめとしたIT技術者の需要は今後さらに高まっていくでしょう。

IT分野はそれだけ仕事が豊富にあるので、プログラミングを習得しておけば仕事を安定的に見つけやすいといえます。逆にIT分野のスキルがないと、このようなチャンスを逃してしまうことになるのです。

【学ぶジャンル別】プログラミングを習得するメリットを紹介

ジャンル別にプログラミングを学ぶメリット

ジャンル別にプログラミングを習得するメリットとは

一言でプログラミングといっても、何を開発するかはさまざまです。プログラミングには大きく分けると、以下の4ジャンルが存在します。

  • Web系サービス・アプリ開発
  • 人工知能(AI)開発
  • スマホアプリ開発
  • 組み込み系開発

ジャンルによって、得られるメリットは結構変わってきます。ここでは、学ぶジャンル別にプログラミング習得のメリットをご紹介しますね。

Web系サービス・アプリ開発を学ぶメリット

YouTubeなどのようにWebブラウザ上で使えるアプリやサービスを開発する仕事です。Web開発は基本的にパソコン以外の機器を必要としないため、リモートワークしやすいのがメリットといえます。

またリモートワークの普及にともないWebアプリ・Webサービスの需要は高まっており、将来性の高さも魅力のひとつです。Web開発にはフロントエンド(Web利用者のブラウザ側)と、バックエンド(Webサーバー側)の2種類あり、両方習得すれば幅広く活躍できます。

■主なプログラミング言語

人工知能(AI)開発を学ぶメリット

学習や予測といった、人間でいう脳のような機能をパソコンで再現するのが人工知能(AI)開発です。昨今のIT業界でもとくに新規性の高いジャンルで、今後も伸びしろが期待できます。

将来性が高く、習得すれば安定して仕事を獲得しやすいというメリットがあります。また開発できるプログラマーがまだ多くないので高単価な仕事が多く、収入アップが期待できるのも魅力的です。

■主なプログラミング言語

スマホアプリ開発を学ぶメリット

スマートフォンにインストールして使えるアプリを開発する仕事です。スマホアプリの市場規模は年々拡大しているため、今後も高い需要が期待できるジャンルでしょう。

スマホアプリ開発はフリーランス案件も多く、個人で請け負えるためリモートワークしやすいのがメリットです。案件によって幅はありますが全体的に高単価な案件が多く、収入アップのチャンスも多くあります。

■主なプログラミング言語

組み込み系開発を学ぶメリット

電子機器などに組み込まれるプログラムを開発する仕事です。組み込み系にはテレビや冷蔵庫といった生活必需品の開発も多く、安定して仕事獲得しやすいのがメリットといえます。

また開発プロジェクトによってはIoTなどの新しい技術を使うこともあり、時代を先取りできるのも魅力のひとつです。リモートワークは難しいものの大規模なプロジェクトに参画しやすく、エンジニアとして大きく成長するチャンスがあります。

■主なプログラミング言語

まとめ

今回はプログラミング学習における、メリットやデメリットについて解説しました。

  • プログラミング学習のそれぞれのメリットとデメリット
  • プログラミング習得における学ぶジャンル別のメリット

学ぶことによるメリットはたくさんありますので、これからプログラミングをはじめたくなった方も多いのではないでしょうか。プログラミング言語の選び方や学習プランに気をつければ、未経験の方でもきっと成功できますよ。

侍エンジニア塾ブログでは今回の記事だけでなく、プログラミングに役立つ情報を沢山お届けしています。プログラミングの世界に飛び込む決心がつかない方は、他の記事もチェックしてみてはいかがでしょうか。

なお、プログラミング初心者向けの基礎知識については、次の記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

プログラミング初心者は何から始める?言語選びから案件獲得まで6ステップ
更新日 : 2021年9月14日

Supervisor

金田 茂樹

株式会社SAMURAI

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら