システムエンジニアとは?仕事内容や1日の流れをわかりやすく解説

システムエンジニアの仕事内容は?
システムエンジニアになるために必要なスキルは?

システムエンジニアは収入も比較的高く、キャリアアップも目指しやすい魅力的な仕事です。しかし興味はあるものの、システムエンジニアについて良く知らない方も多いのではないでしょうか。

システムエンジニアへの就職・転職を検討される方に向け、仕事内容、求められるスキルを詳しく解説します。システムエンジニアが1日どのように仕事しているのかについても順番にわかりやすく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

そもそもシステムエンジニアとは

そもそもSE(システムエンジニア)とは
システムエンジニアとは

システムエンジニアとは一般に「SE(エスイー)」と呼ばれる、エンジニアの職種のひとつです。

システムやプログラムに関する幅広い知識と技術を持ちますが、自分自身でプログラミングを行うよりも、複数のプログラマーを束ね、システム開発を円滑に進めていくことが主な役割です。家づくりの現場監督や、雑誌づくりの編集者のような仕事ととらえても良いでしょう。

システムエンジニアの業務は広範囲にわたります。顧客からヒアリングを行い、顧客のニーズに応えるシステムを設計・構築し、仕様通りに仕上げて納期までに納める。それがシステムエンジニアのミッションです。

システムエンジニアの仕事内容を4ステップでわかりやすく解説

システムエンジニアの仕事内容

上図はプログラム開発の最もポピュラーな流れで、「ウォーターフォール開発」と呼ばれるものです。上流から下流に水が流れ落ちていくように、後戻りすることなく順を追って作業が進められていきます。

システムエンジニアの主な作業範囲は「上流工程」であり、図の1から3までの部分です。一方の「下流工程」は、プログラマーやテスター(テスト項目の作成やテストの実行を行う人)が担当します。

ただし、5の「テスト」についてはシステムエンジニアの確認が欠かせません。ですから実際には、要求分析・要件定義、基本設計、詳細設計、テスト、運用・保守の各工程にシステムエンジニアが関わることになります。

では次に、それぞれの工程での仕事内容について、具体的にお話ししましょう。

STEP1 .顧客のニーズを把握する「要求分析・要件定義」

「要求分析・要件定義」は、顧客からヒアリングを行い、業務フローの分析をして課題を絞り込んでシステムの全体像や方向性を決めていく工程です。

顧客のニーズを把握したうえで、コスト・性能・実現性などを考慮して、最適なシステム構成を検討します。顧客が持っている漠然とした「要望」を具体的で明確な「要求」とし、それをどのように実現するのかを含めて「要件」にすることを支援します。

ここで重要なのは、顧客が何を求めているのかを見きわめ、それに対して現実的な提案を行うことです。

ほとんどの顧客はシステムの専門家ではありません。「こうしたい」という要求が強いあまり、無理な注文が飛び出す場合もあります。

そんなとき、顧客の要求の本質をつかみ、「できる・できない」を判断しながら、具体案を提起できなくてはなりません。

要件定義はシステム設計の前段階であり、設計方針を決めるために非常に重要なものです。ここで顧客と開発側に認識のずれが生じると、後の工程で「こうではない!」ということになり、前工程に戻ってやり直しという事態も起こります。

それだけに慎重に打ち合わせ、細部まで明確にしておくことが肝心です。

STEP2 .システムの仕様を固める「基本設計」

基本設計
基本設計

「基本設計」は、そのシステムで行いたいことをどのように実現するかを具体化していく工程です。

システム全体の働きを個々の機能に分割していき、それぞれの機能をどのように関連づけるかを決めていきます。「入力された数値を演算して結果を表示し、OKボタンが押されたらデータベースに保存する」というような、一連の動きを設計するのです。

この段階で、画面の表示項目やボタン押下時の動作など、「ユーザーから見たときにシステムがどう動くか」という仕様が固まっていきます。

基本設計ができあがると、その内容は「基本設計書」としてまとめられます。ここにはネットワーク構成やデータベースのテーブル構成など、システムを実現するために必要な要素がすべて網羅されており、この書類をもとに次の「詳細設計」が行われます。

なお、完成した基本設計書は顧客にも確認してもらうのが一般的です。顧客はシステム全体の役割は理解していても、細かな機能や動作については漠然としたイメージしか持っていないことが多いもの。

しかしその状態で作業を進めてしまうと、後になって「仕様を変えてほしい」ということにもなりかねません。そのためこの段階で「何をするとどう動くか」という点をきちんと説明し、共通認識を持っておくことが大切です。

STEP3 .プログラミングの構想を練る「詳細設計」

「詳細設計」は、基本設計で固めた仕様をもとに、各機能の処理内容やそれぞれの機能をつなぐインターフェースの仕様など、プログラマーがソースコードを書けるレベルまで落とし込む工程です。

詳細設計では、機能ごとにフローチャートを作成して内部処理の流れを詳細に定義するなど、プログラムの構成要素について網羅する必要があります。

この工程では、システムエンジニアは「詳細設計書」を作成します。詳細設計書はプログラマー向けに書くので、変数名や関数名など、専門的で具体的な情報を入れることが多くなります。

この詳細設計書をもとに、プログラマーがソースコードを書き込んでいきます。

なおフローチャートについて気になった方は、以下の記事も参考にしてください。

プログラミングフローチャートとは?書き方・アプリ・ツールまとめ
更新日 : 2021年6月2日

STEP4.完成品が問題ないか確かめる「テスト」

テスト

「テスト」はプログラマーが作成した成果物(=プログラム)に対して、仕様や設計通りに作られているか確かめる工程です。プログラム単体で行う単体テスト、複数のプログラムを組み合わせて行う結合テスト、全体の動きを確認するシステムテストと、3段階で行われます。

テストはシステム開発では下流工程にあたるため、システムエンジニア自身がテスト作業を行うことはあまりありません。しかしシステム開発は複数のスタッフが手分けして作業していくため、スタッフ間の理解や認識にズレや誤解があると、想定とは異なる仕様のものができてしまう場合もあります。

またプログラム単体では問題なくても、組み合わせて動かした場合に誤動作が起こる、という可能性も大いにあります。そのため基本設計から関わっているシステムエンジニアの確認は不可欠です。

具体的には、テストを担当するテスターが作成したテスト項目書や、テストの実行結果に対してレビュー(チーム内でのチェック)を行うのが一般的です。システムエンジニアは仕様や設計の作成者としての視点を持ち、テスト項目の不足やテスト結果の異常がないか確認しましょう。

< システムエンジニアの1日の仕事の流れ・具体例を紹介>
IT業界は残業が多いイメージがありますが、上流工程を担当するシステムエンジニアの勤務形態は、一般のサラリーマンと大きく変わりません。

ただし納期前や作業が遅れ気味の場合は、残業することもありますし、保守・運用を担当する場合は、夜間に作業することもあり、ケースバイケースです。

例として、システムエンジニアの一日の流れを紹介しましょう。

  • 10:00 出社・メールチェック

まずメールをチェックし、急ぎの要件にはすぐに返信する。今日の作業内容を確認。作業にかかる前にスタッフ内でミーティングを行い、進捗の確認や課題・問題の有無、その内容、連絡事項などの情報を共有する。

午後からはクライアントとの打ち合わせがあるので、その際に使う資料に再度目を通し、漏れや不備がないか確認する。また想定される顧客からの質問や、開発側から顧客への確認事項を、QAリストにまとめておく。

  • 11:00 設計作業

本来の自分の業務にあたる。要件をもとに設計を起こし、基本設計書や詳細設計書に落とし込んでいく。システムエンジニアは顧客とのパイプ役やプロジェクトの進行役という重要な役割も担うため、自分の都合だけで予定を組むことが難しい。

効率的なスケジュール管理で、自分の作業時間を確保することも大切。

  • 12:30 昼休憩

多忙な時期になると、自分の席でサンドイッチとコーヒーで手早く済ませる、ということになりがち。だから時間的に余裕があるときは、できるだけ外に出てきちんと食事をとる。栄養の偏りや運動不足の予防になり、気分もリフレッシュできる。

午後からの仕事に備えて、硬くなった心身をリラックスさせておく。

  • 14:00 チームメンバーとディスカッション

ふだんはチャットで会話することが多いが、メンバー同士が直接顔を合わせて話し合える機会を定期的に設定しておき、開発作業上のアイデアや業務改善のための企画など、さまざまなテーマで意見交換を行う。

  • 15:00 顧客と打ち合わせ

設計内容の説明、進捗状況の報告、要望のヒアリングなど、顧客に確認あるいは共有すべき事項はさまざま。先方もエンジニアであれば専門的な話がしやすいが、そうでないことも多い。

そのため認識のズレや誤解を生まないよう、慎重に言葉を尽くして打ち合わせを行う。「たぶん理解してくれただろう」という思い込みや「おそらく、こういうことだろう」という曖昧さは、後で問題を生みやすい。

  • 17:00 開発作業のイシュー洗い出しMTG

プロジェクト全体の状況を再確認し、やるべき作業に漏れがないかを洗い出す。また進捗状況や当面の課題、各自が抱えるトラブルなどを報告・相談する。

  • 18:00 開発作業

顧客やメンバーとのミーティングが完了したら、再び自分の作業に戻る。夕方以降は顧客からの連絡も少なくなるので、目の前の作業に没頭するには最善の時間帯。とはいえ、あまり遅くならないよう切りの良いところで作業を切り上げ、続きは明日に。

  • 19:00 業務終了

状況によっては、残業が避けられないときもある。その分、余裕がある時はダラダラと仕事をせずに切り上げることも大切。どんな仕事でも、オンとオフの切り替えが作業効率の向上にも役立つもの。

システムエンジニアに求められる6つのスキルと、それを習得する方法

システムエンジニアに必要なスキル

幅広い業務を手がけるシステムエンジニアは、「技術力さえあれば良い」というわけにはいきません。

プログラミングに関する知識と技術は不可欠ですが、それ以上に顧客の言葉からニーズを正確にくみ取るヒアリング能力や、相手の予想を超えて最適な回答を提示する提案力などが必要です。

つまり、上流工程の各業務を的確に処理し、開発をスムーズに進めていくスキルが求められるのです。

例を挙げれば、次のようなものです。

  • ヒアリング能力
  • 提案力
  • マネジメント能力
  • 問題解決力
  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考力

それぞれについて、もう少し詳しくお話ししていきましょう。

ヒアリング能力

顧客とやり取りする「交渉スキル」
ヒアリング能力

システムエンジニアには、顧客が何をしたいのか、そのシステムに何を求めているのか、顧客の要望を正確に見きわめ、くみ取るヒアリング能力が不可欠です。

顧客からヒアリングを行う場合、相手が情報システム部などのエンジニアであれば、話はスムーズです。しかしそうでない場合、プログラムに関する専門知識を持っていない顧客からヒアリングすることになります。

システム開発は、顧客のニーズにどう応えるかを出発点に設計を進めていきます。そのスタートラインであるヒアリングが不十分だったり正確さを欠いていたりすると、顧客が求めるものを作ることができず、何度も修正を加えることになってしまいます。

ヒアリング力を高める方法はさまざまですが、相手の話を漫然と聞くのではなく「なぜこうした要望を持つに至ったのか?」「業務上、何が課題になっていて、システムで何を解決したいのか?」などと、常に考えながら相手の話を聞くことが大切です。

そして的確な質問で話の核心をつかむことです。経験を重ねていけば、言葉だけでなく声のトーンや態度などから、相手の真意を探ることもできるようになるでしょう。

提案力

顧客の要望に対して、必要充分以上の提案を行える提案力も、システムエンジニアには欠くことのできない能力です。

ここでポイントになるのは「顧客の要望に応えるだけでは十分ではない」ということです。

たとえ顧客の要望であっても、技術的にできることとできないことはあります。また技術的には可能でも、コストや納期などほかの要因によって、実現不可能という場合もあるでしょう。

こんな時、顧客の要望に流されてしまったら、後でトラブルに発展するのは目に見えています。

さまざまな条件を勘案した上で「できること、できないこと」を明確にし、その上で顧客が求める以上のシステムを提案する。これはシステムエンジニアにとって重要なスキルであり、財産でもあります。

提案力を高めるには、プログラムとシステム構成に関する広範かつ最新の知識を身につけたうえで、それらを機能的に組み合わせる柔軟な発想が必要です。

また、その提案によって顧客にどのような価値を提供できるかを客観的に判断し、プレゼンテーションできなくてはなりません。エンジニアとしてのスキルに加えて、営業的なセンスも必要とされる部分です。

マネジメント能力

マネジメント能力

企業やプロジェクトによりますが、システムエンジニアにはマネジメント能力が求められる場合があります。

大規模なプロジェクトでは「プロジェクトマネージャー」が置かれ、コスト配分や人材配置なども含めた全体管理を担当します。しかしそうでない場合、システムエンジニアが開発チーム全体の進捗管理を任されることも珍しくありません。

納期や仕様に影響するような問題の場合は、開発チームの代表としてシステムエンジニアが顧客に報告し、対策を協議するのが一般的です。

マネジメント能力はプログラミングスキルとはまったく異質のものですから、エンジニアにとっては習得は簡単ではないかもしれません。しかし苦手意識から避けてばかりいては、いつまでも身につけることはできません。

まずはマネジメントの基本的な概念と手法を学び、実践を通じて習得していくと良いでしょう。そのために役立つ書籍を一冊、紹介しておきましょう。

システムエンジニアがプロジェクトを管理するためのノウハウについて、具体的に解説している書籍です。進捗管理や仕様の調整など、開発メンバーや顧客と円滑にコミュニケーションするコツが分かります。

問題解決力

問題をうまく乗り越え、プロジェクトを進めていく問題解決力は、システムエンジニアにとって重要なスキルです。

システムエンジニアとして開発に関わっていると、システムの不具合や突然の仕様変更、作業の遅れ、コストの増大など、実に多くの問題にぶつかります。問題が起こった際、システムエンジニアはダメージを最小に止める必要があります。

問題解決力は、経験によって磨かれるものです。自身が経験したトラブルの内容とその対処、その後の結果をストックしておけば、同じような場面に遭遇した時によりベターな対応ができるでしょう。

また日頃から「起こりうるトラブル」を想定しておき、「こうなったら、こうする」という対処法を用意しておけば、いざというときも落ち着いて対応できるはずです。ネットコミュニティなどにアップされている、他のエンジニアの体験例などを検証しておくのも有用かもしれません。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

ほかの多くの職種と同様、システムエンジニアにとってもコミュニケーション能力は重要なスキルです。

顧客とのやりとりにおいて、十分なヒアリングを行うには、それ以前に良好な関係を築くコミュニケーション能力が欠かせません。これは、顧客との信頼関係を強固にする意味でも大切なことです。

また、チーム内のプログラマーやテスターとも正確な意思の疎通ができていないと、システムが当初の設計とはズレたものになってしまう危険があります。同時に複数のスタッフのまとめ役としてリーダーシップを発揮し、チームが一丸となってプロジェクトを進めていくためには、常に良好なコミュニケーションをとっておくことが必要です。

こればかりは一朝一夕で身につけるのは難しいことです。しかし良好なコミュニケーションの基盤は相互の信頼です。

そして信頼は相手を尊重し、配慮する言葉や行動から始まります。ある程度の時間をかけて自分を磨き、周囲との良好な関係を築くと良いでしょう。

なお、エンジニアとしてのコミュニケーションにおいては「正確さ」も求められます。そのため設計段階では顧客やプログラマーが理解できるドキュメントを作る必要がありますが、ここでUMLを活用できれば、誤解のないコミュニケーションが可能になるでしょう。

UMLはさまざまなソフトウェアの機能や、その組み合わせの構造を図で表記するための、統一された表記法です。UMLを勉強するためにおすすめの書籍を一冊、紹介しておきましょう。

UMLで様々な図を描くための基本がすべて詰まった入門書です。図が充実しているので、初心者の方でも理解しやすいでしょう。500ページ弱とボリュームがあるので、UMLのあらゆる図を習得できます。

論理的思考力

顧客のニーズに応える「分析力」
最適なシステムを見つけ出す分析力も重要

システムエンジニアという仕事で活躍するには、論理的思考力が不可欠です。

論理的思考力とは、物事を論理的に分析し、構築する能力です。勘や思い込みなどの感覚的な要素を排除することで、現実的で実効性の高い対応をとることができます。

システムは論理的構造で成り立っており、たったひとつのコードの誤りによって論理性が破綻し、不具合が起きたり動かなくなったりしてしまいます。また何らかのトラブルの原因を探り、その対策を立てるときにも論理的思考力は不可欠のスキルといえます。

論理的思考力を身につけ、鍛えるためには、常に論理的に考えることを習慣にすることです。その積み重ねによって、明確な根拠に根ざした判断と行動をとれるようになるでしょう。

また論理的思考の前段階として、分析力を磨くことも有用です。分析力は物事についてさまざまな視点で考え、課題や本質を明らかにする能力。

顧客が求めるシステムの全体像を正確に把握して最適な形を見つけ出すためには、大いに役立つでしょう。

こちらは情報を分析するためのポイントについて、詳細に解説している書籍です。情報分析のプロが実際に使っているテクニックを複数紹介しているので、システムエンジニアの業務に活かしてみてはいかがでしょうか。

システムエンジニアの仕事内容や工程ごとに求められるスキルについては、次のリンク先の記事でも詳しく解説しています。併せてご覧ください。

システムエンジニアに必要なスキル一覧・仕事内容も解説!
更新日 : 2021年4月30日

システムエンジニアの年収はどのくらい?

求人検索サイト大手の「求人ボックス」によると、システムエンジニアの平均年収は約494万円です。国税庁による日本全体の平均年収は約436万円なので、システムエンジニアの年収は比較的高いことが分かります。

もちろん企業規模や能力によって平均年収は前後しますが、なかには年収900万円を超える方も。システムエンジニアとして成功できれば、収入アップも夢ではありません。

システムエンジニアの将来性

システムエンジニアの将来性

システムエンジニアは、将来性が高い職業といえます。

現代の日本ではICTやIoTが急速な広がりを見せています。この傾向は今後も続き、AIやビッグデータを活用したサービスもさらに発展していくことでしょう。

こうしたサービスが増え続けていけば、それを支える人材の需要は当然のように増えていきます。ですが今のところ、日本におけるIT人材の絶対数は決して十分とはいえません。

それどころか今後のIT領域の発展を考慮すると、人材の不足は深刻さを増すばかりです。2018年に経済産業省が公開した調査結果によると、2030年には最悪の場合、70万人のIT人材が不足するという試算が出されています。

もちろん「IT人材」といっても多くの職種があり、活動分野があります。それぞれの領域でどんな職種が不足するのかまでは、正確には見通せません。

しかし日本のIT業界が全体的な人材不足におちいっており、それが今後も続く傾向にあることは間違いありません。そのなかでも、幅広い業務領域を持ち、いくつものスキルを備えたシステムエンジニアの存在はますます価値を高めていくはずです。

システムエンジニアになるための方法とは

システムエンジニアになるための方法

将来的な人材不足を見越して、未経験からシステムエンジニアへ転職したいと考えている方も多いことでしょう。

しかし、システムエンジニアとして求められるスキルはこれまでご紹介したとおりかなり幅広く、当然ながらプログラミングの知識や技術も欠かせません。

特にプログラミングにはとても多くの言語が存在し、人それぞれの相性もあります。選択を誤ると挫折の恐れもありますし、仮に習得できても仕事が長続きしないかもしれません。

しかも、プログラミングの知識は実践しないと自分のものにはできませんし、独学の実践ではエラーをすべて自分1人で解決しなければならず、かなり大変な道のりでしょう。

SAMURAI ENGINEER

「挫折してしまうかも」と心配な方には、プログラミングスクールをおすすめします。

SAMURAI ENGINNERでは現役エンジニアの講師が、プログラミングはもちろんシステム開発のコツまでしっかり伝授してくれます。今後のキャリアプランについて相談してみたいという方は、まずは気軽に無料カウンセリングにお問い合わせください。

無料カウンセリングの詳細はこちら

まとめ

システムエンジニアとして成功できれば、収入アップやプロジェクトマネージャーなどへのキャリアアップも期待できます

プログラミング未経験からシステムエンジニアになるのは大変かもしれませんが、目指してみる価値は十分あります。あなた自身が描いている将来のあなた自身に向かって、その第一歩を踏み出してください。

システムエンジニアについておさらいしたくなったら、いつでもこの記事を読み返してくださいね。

この記事のおさらい

システムエンジニアの仕事内容は?

システムエンジニア(SE)の仕事内容は、システムの設計・運用・保守を行うことです。顧客とのミーティングやチーム内でのディスカッションなど、さまざまなポジションにある人々と接して、求められる仕様のシステムを納期までに納めることがミッション。

システムエンジニアに必要なスキルは?

システムエンジニアにはエンジニアとしての知識・技術のほか、プロジェクト全体をマネジメントする管理能力、誰とでも良好な関係を持ちディスカッションできるコミュニケーション能力が必要です。さらにヒアリング能力や問題解決力など、幅広いスキルが求められます。

システムエンジニアの将来性は?

IT業界の人材不足という背景から、システムエンジニアは将来性が高い職業といえます。経済産業省が2018年に公開した調査結果では、「2030年には最大約70万人のIT人材が不足する」という試算も出ています。システムエンジニアの需要は今後も継続する見込みです。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら