失敗から学ぶ!プログラミングスクールで失敗しないための秘訣とは?


プログラミングスクールで学びたいけど、覚えられるか不安.........
受講費は高いし、スクール受講後に失敗したくないな......

と思っていませんか?

スクールでプログラミングを学びたいと思う人が、増えています。しかし、上手く進められるか心配に思っている人も少なくありません。

実際に僕も、プログラミングスクール選びで失敗した経験があります。ただその理由もはっきりしていますし、今ではエンジニアとしてスタートできています。

そこで今回は、

  • どんなことで失敗したのか?
  • 失敗しないための事前準備とは?
  • 学習時間の決め方は?


といった、「プログラミングスクールで失敗しないための秘訣」について解説します。この記事を読めば、きっと自信を持ってスクールで学習できますよ!

School_CTA

僕がプログラミングスクールで失敗した理由

僕がプログラミングスクールで失敗した理由

僕がプログラミングスクールで失敗した理由は、大きく分けて次の5つです。

  • 学習時間を甘く見ていた
  • 目標設定ができていなかった
  • 講師に任せっきりだった
  • 分からないところがわからなかった
  • どんなWebアプリを作るかイメージできなかった


実体験も踏まえて、1つずつ詳しく解説します。

学習時間を甘く見ていた

まず最初に学習時間です。僕がスクールで選んだプランが1日5時間ぐらい学習するものでした。

僕は普通のサラリーマンをしていました。仕事が終わって家につく時間がだいたい20時ぐらいで、寝る時間は深夜1〜2時の間ぐらいでした。

なので、家に帰って学習すればなんとか5時間はクリアできるし、土日の休みにできなかった分を補えば「余裕でできるっしょ!」と思い込んでいました。しかし全然できなかったです……(笑)

この考えが甘かったと後々気づきました。1日5時間の学習って仕事をしていると結構キツイです。

少しでも知識があれば多少はスムーズに学習が進んだのかもしれませんが、僕は全くの初心者だったので、戸惑うばかりでした。わかないことばかりで、途中で集中力がなくなり一息付くことが多かったです。

目標設定ができていなかった

目標設定ができていなかったのも失敗の原因だと考えています。「なんとなくかっこいいから」などそんな感じで学習をはじめました。

やはり初心者だとつまずくことが多く、途中で「なんのために学習をしているのか」が分からなくなることが何度もありました。そのたびに学習を辞めたい気持ちでいっぱいでした。

しかし、お金を払って学習を始めたので辞めるわけにもいかず、ズルズルと学習をしていました。

講師に任せっきりだった

講師と対面で学習する時間が週に1回ありました。本当ならこの時間に講師の先生に分からないところを聞いたり、学習の方法を相談するのが効率のいい方法だったかもしれません。

でも僕は、上でも話したように十分な学習時間を確保できていませんでした。対面では必ず課題を提出するという決まりがありました。

しかし、学習時間が確保できていなかったので課題がクリアできません。なので、この対面の時間に、提出すべき課題を講師から教えられながら組んでしまっていました。

これでは学習もなかなか進みません。

分からないところがわからなかった

分からないところがわからなかった

講師の先生に質問したくても、分からないことばかりで理解もしていなかったので、何を質問していいかわからなかったです。すでに話についていくことが課題になっていました。

わからないところを後回しにしてしまい、「今さらこの質問かよ」と思われそうで質問しにくい状況を自分で作ってしまいました。最終的には分からないことばかり増えて、分からないところが自分でも分からなくなっていました。

どんなWebアプリを作るかイメージできなかった

プログラミングを学んで最終的に自分のオリジナルWebアプリを作るのが課題でした。しかし僕はどんなものを作るかイメージができていなくて、作るまでに時間がかかってしまいました。

講師の先生にアイディアを貰い、写真を撮った場所や日にちが見て分かるアプリを作ることになりました。でも、僕が自分で考えたアイディアではないので、イメージが全然できませんでした。

なので、どのような機能が必要で便利かなど全然わからなかったです。最終的には形にはなりましたが講師の先生の力がほとんどで、スキルの習得までは至らなかったです。

通って分かったプログラミングスクールで失敗しない秘訣

通って分かったプログラミングスクールで失敗しない秘訣

僕がプログラミングスクールに通って分かった、失敗しない秘訣をここで紹介します。秘訣は以下の5つです。

  • 事前に独学で学習しておく
  • 学習の目的を明確にする
  • 学習環境を揃えておく
  • 自分にあった学習形式を選択する
  • 無料体験レッスンで比較する

それぞれ詳しくみていきましょう。

事前に独学で学習しておく

失敗しない秘訣一つめは、事前に独学で学習しておくことです。プログラミングスクールは高額なお金を支払って、数か月間プログラミングを学びます。

  • プログラミング知識0ゼロからのスタート
  • 多少プログラミングの理解がある状態

この2つなら、圧倒的に後者の方がスクール卒業時点のレベルは高くなっているはずです。独学で学習を済ませている人と、プログラミングスクールでイチから学ぶ人は、プログラミングに対する主体性が全く異なります。

主体的にプログラミングを学習するためにも事前学習は欠かせません

学習の目的を明確にする

失敗しない秘訣二つめは、学習の目的を明確にすることです。あなたはなぜプログラミングを学習したいのでしょうか。

学習の際に目的を明確にし、始めることは非常に重要です。目的もなく学習を始めることは目的地のない旅行のようなもので、それは観光ではなく、さまよっているだけです。

目標の有無によって学習効率や主体性にも大きく影響します。そうならないためにも資格を取得したい、こんなWebサービスを制作したい、アプリを制作したいなど自分の目標を明確にしましょう。

学習環境を揃えておく

学習環境を揃えておく

失敗しない秘訣三つめは、学習環境を揃えておくことです。プログラミングを学習するための環境が整っていないと、学習しようにもできません。

例えば「プログラミングに必要なパソコンの購入」「学習するための勉強時間の確保」などが挙げられます。パソコンがなければ家での自主学習ができませんし、勉強時間を確保しなければ自主学習もできません。

もちろん、プログラミングスクールに通うことも難しいでしょう。そのため、プログラミングスクールに通う前に学習環境は最低限でも揃えておく必要があります。

自分にあった学習形式を選択する

失敗しない秘訣四つめは、自分にあった学習形式を選択することです。現在では多種多様なプログラミングスクールが立ち並んでいます。

スクールによって学習形式は、

  • 通学
  • オンライン学習
  • マンツーマン形式
  • クラス授業

など、いろいろな学習形式があります。

自分の学習状況や好みによって最適な学習形式を選択するようにしましょう。

無料体験レッスンで比較する

失敗しない秘訣五つめは、無料体験レッスンで比較することです。プログラミングのイメージが掴めないまま、「数か月で未経験からエンジニアになれる!」という記事や広告を目にしてプログラミングを始める人も少なくありません。

そのような人は、すぐにプログラミングスクールに申し込むのではなく、無料体験レッスンをいくつか受けてからイメージを掴むのがオススメです。資料請求やHPの情報だけでは分からないことを無料体験レッスンを通じて吸収できるため、自分に合ったスクールを見つけやすくなります。

失敗しないプログラミングスクールの選び方

失敗しないプログラミングスクールの選び方

失敗しないプログラミングスクールの選び方は、スクール卒業後の目標によって大きく異なります。ここでは失敗しないプログラミングスクールの選び方を以下の3つご紹介します。

  • フリーランスになりたい人の選び方
  • 転職/就職したい人の選び方
  • 副業したい人の選び方

それぞれみていきましょう。

フリーランスになりたい人の選び方

フリーランスになりたい人の選び方としては、フリーランス向けのコースの有無です。未経験から企業に入社することなくフリーランスとして働くのも実質可能です。

スクール卒業後にフリーランスとして独立するのであれば、案件をもらうための営業スキルが必要になります。どのようなサービスを利用し案件を獲得し、仕事を進めていくのか。

そんな「独立する際に必要なスキル」が学べるプログラミングスクールを選択しましょう。

就職/転職したい人の選び方

就職/転職したい人なら、就職/転職サポートがしっかりしているスクールを選びましょう。学んだ知識や経験を最大限活かした就職/転職活動ができるよう、専門のキャリアアドバイザーがサポートするスクールもあります。

また、案件の一連の流れが理解できるサポートをしているスクールもあります。このようなサポートがあると、就職/転職後もスムーズに業務に取りかかれます。

副業したい人の選び方

副業したい人の選び方としては、Web制作向けのコースがあるのかが重要です。副業の案件が豊富なクラウドソーシングサイトではWeb制作案件が最も多いためです。

Web系言語は比較的に覚えやすい言語ですし、受講期間が短く、そこまで金銭面の負担になりません。プログラミングを学ぶことで副次的に「論理的思考」「構造化スキル」「問題解決力」も身に付きやすいのでお得です。

目的別おすすめプログラミングスクール

プログラミングスクールの失敗しない選び方までご紹介しましたが、ここでは目的別のオススメのプログラミングスクールを3つ厳選しました。

目的別おすすめプログラミングスクール

【フリーランス向け】TechExpert

【フリーランス向け】TechExpert

引用元:TechExpert https://tech-camp.in/expert

フリーランスを目指している方にオススメのプログラミングスクールは、TechExpertです。TechExpertはフリーランスエンジニアになるためのカリキュラムもしっかり用意されています。

フリーランスコースでは案件獲得の支援や、セルフブランディングの方法なども学習でき、卒業後に独立できるスキルを学べます。さらに600時間におよぶプログラミング経験によって即戦力の人材に導いてくれます。

【就職/転職者向け】侍エンジニア塾

【就職/転職者向け】侍エンジニア塾

就職/転職者を目指している人にオススメのプログラミングスクールは、侍エンジニア塾です。侍エンジニア塾では、初期費用が0円で始められる「転職コース」が設けられています。

前払いで受講料の10%を支払う必要はありますが、転職が成功すれば受講料が全額返金されるコースです。また、専任マンツーマンで現役のエンジニアと学習を進められるため挫折しにくいカリキュラムになっています。

本気で就職/転職を目指す方には最適なプログラミングスクールです。

侍エンジニア塾の詳細はこちら

【副業したい向け】TechAcademy

【副業したい向け】TechAcademy

引用元:TechAcademy https://techacademy.jp/

副業でプログラミングをしたい方にオススメのプログラミングスクールは、TechAcademyです。TechAcademyでは完全オンラインで現役エンジニアにマンツーマン指導をしてもらえ、現場のプログラミングスキルを培うことが可能です。

さらにTechAcademyには、一週間の無料体験レッスンがあります。プログラミングに不安を抱えている人はまずTechAcademyの無料体験から始めてみてはいかがでしょうか。

プログラミングスクール選びで失敗したくない人によくある2つの質問

ここからは、「プログラミングスクール選びで失敗したくない!」と思っている方によくある、以下の2つの質問についてお答えします。

  • 質問1:30代未経験でもプログラミングスクールに通えば転職できる?
  • 質問2:プログラミングスクール受講後でも副業はできる?


1つずつ詳しく見ていきましょう。

質問1:30代未経験でもプログラミングスクールに通えば転職できる?

1つ目は、「30代未経験でもプログラミングスクールに通えば転職できる?」といった質問です。年齢を気にしてプログラミングスクールの受講を悩んでいる方が、悩んでいるようです。

確かに、新卒などと比べて求められるスキルは違います。しかし、何もスペシャリストだけが求められるわけではありません。

たとえば、営業からエンジニアに転職をする際には、「営業として学んだ経験」を活かして転職活動をすることもできます。なぜならエンジニアは、「プログラムを作ること」だけが仕事ではないからです。

アプリケーションの仕様を決めるためにクライアントと打ち合わせしたり、その内容を設計書として作ったりと、コミュニケーション能力が必要不可欠です。営業経験があれば、クライアントから上手く要件を引き出せる可能性もあります。

このように、元々の経験を活かして転職活動もできます。30代だからといって、絶対に不利というわけではないのです。

「30代未経験からエンジニアを目指すときに必要なノウハウ」については、以下で詳しく解説しています。合わせて、参考にしてみてください。

未経験でも叶う!30代エンジニアの転職ノウハウ│男女別・年齢別に解説
更新日 : 2020年6月11日

質問2:プログラミングスクール受講後でも副業はできる?

2つ目は、「プログラミングスクール受講後でも副業はできる?」といった質問です。プログラミングスクールは、高額な費用がかかります。

そのため、プログラミングスクールで学んだスキルを活かして、副業などで稼ぎたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そんな時気になるのが、「プログラミングスクールを受講して、副業が受けられるスキルが身につくか?」といった点だと思います。

結論から言うと、プログラミングスクールでも「副業しやすいスキル」を学ぶことはできます。ただ、プログラミング言語によって、副業しにくいものもあるので注意は必要です。

具体的に言うと、Web制作やWordPressのサイト作成ができる、以下のスキルを学ぶのがおすすめです

  • HTML・CSS
  • Javascript/JQuery
  • PHP

これらを学べるプログラミングスクールを選ぶと、副業がしやすくなります。プログラミングで副業するときに求められるスキルや、メリットを知りたい方は以下がおすすめです!

今すぐプログラミング副業をはじめよう!未経験者におすすめな理由&稼ぎ方
更新日 : 2020年7月1日

まとめ

私の失敗経験をもとに、プログラミングスクールで失敗しないための秘訣を紹介しました。

このようにプログラミングスクールの選び方や勉強も、自分にあった工夫をすれば学習効率を上げられます。

みなさんもぜひ参考に実行してくださいね!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

小林 幸秀

地元茨城で10年間機械エンジニアとして働き、医療用ロボット開発や半導体開発を経験。その後、プログラミングに興味を持ち、スクールで学習をしてオリジナルWebアプリを作成。
その後、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。
その他にも、未経験者向けのブログ立ち上げディレクションなどを経験し、SEOのスキルを日々磨き続けています。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー