スライドショースライドショースライドショー

Javaで副業案件を取るには?必要なスキルと獲得方法まとめ

Javaで副業案件を得る 必要スキルと獲得方法


Javaで副業を始めたい!
でもどうやって学習すればいいんだろう?

この記事をご覧のあなたは、そんな疑問を抱いているのではないでしょうか?

Javaで副業をすると言っても「業務内容」や「案件数」「報酬額相場」などいくつか知っておくべきことがあります。加えてJavaでの副業に必要なスキルや案件獲得に必要な提案力も必要になります。

そこでこの記事ではJavaで副業をするにあたっての知識をステップ形式で解説します。

Javaでの副業の仕事内容や必要なスキル、案件を獲得するためのコツなども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Java副業案件の基本

画像:Shutterstock

Javaで副業と言っても様々な仕事がありますが、Javaでの副業とはどんな案件なのでしょうか? Javaでの副業とは、Javaと言うプログラミング言語を使ったWebサービスを作る仕事をさします。

Javaで作られたWebサービスとは、例えばツイッターなどのSNS、スマートフォン向け((Android)アプリの開発など、Webを経由したサービスの事です。

普段あなたも使っているような身近なサービスを開発しているのが、Javaでの副業ということですね。

Java副業の業務内容

では、Javaでの副業は具体的にどんな仕事をしているのでしょうか?

主には、Webサービスの設計から開発、運用、管理などを全般的に行っています。会社の規模にもよりますが、多くの場合Webエンジニアは、WebディレクターやWebデザイナー、Webプログラマーなどと連携して開発を進めます。

なので、コーディングはもちろんのこと、コミュニケーション能力が必要になってくる仕事と言えるでしょう。

Java副業の報酬額相場

案件のボリュームにもよりますが、簡単な機能追加なら一件あたり2万円程度。いちから開発するような案件なら50万円程と様々です。

Javaの経験年数や個人のスキルによって報酬に差が出やすい職業です。未経験者の場合は簡単な機能追加などをおすすめします。

逆にいえば、Javaの経験年数が長い人は好条件で受注しやすい環境にあります。自分のスキルレベルに合った案件を探すことができれば安定した収入が得られます。

Java副業の案件数

Javaの案件は、アプリ開発、システム開発のサポート、ゲーム開発。バックグラウンドエンジニア、プログラミング講師、など様々あります。

案件数はたくさんあるので、それぞれの単価や必要なスキルレベルを確認して、副業での取り組みに活かしてみましょう。

経験を重ねていけば、取り組める案件も多くなり報酬の高い仕事を手にすることができるので、自分の得意な領域を伸ばしていきましょう。

Javaの副業を獲得するために必要なスキル

画像:Shutterstock

アプリ開発スキル

Javaを利用して副業をする際にスマホやweb上のアプリケーション開発は欠かせない仕事になります。必要なレベルとしては初級~中級くらいです。

簡単な案件でも単価が数万のものからあるので初心者でも心配ありません。短時間で効率良く稼ぎたい人におすすめの仕事になります。案件をこなしてスキルが上がれば案件によってアプリ開発で大きく稼ぐことも可能です。

システム開発スキル

Webサービスや広告配信のシステム開発もJavaが活かされる副業案件です。必要なレベルは中級〜上級くらいです。

アプリケーション開発よりは難易度が高いです。Javaに詳しい人材には多くの案件が舞い込んでくるのでスキルが上がれば収入も増えていきます。

システム開発の仕事を募集している企業は多いので、スキルが上がれば自分が働きやすい環境を選ぶ事ができます。

Javaの副業案件獲得におすすめのサイト

画像:Shutterstock

プログラミング系の副業案件を探すにはクラウドソーシングサイトがあります。クラウドソーシングサイトとは、オンライン上で在宅ワーカーと仕事の発注者のマッチングを行い報酬の支払いまで一括で行えるサービスです。

国内で大手のクラウドソーシングサイトを3つ紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスはオンライン上でシステム開発やアプリ開発を引き受けたい方にはおすすめです。

クラウドソーシングサイトの中でも、特にシステム系の仕事が多いので登録しておいて損ないので登録する事をおすすめします。

他のクラウドソーシングサイトよりも敷居が低い印象にあり、初心者でも仕事を見つけやすいのがクラウドワークスです。

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークス同様のサイトです。2018年の段階で、最も登録者が多いのがランサーズです。クラウドワークスよりもランサーズの方が案件が多く、自分に合った仕事を見つけられます。

ランサーズには認定ランサー制度というのがあります。様々な条件をクリアするとランサーズから認めてもらえて仕事の受注がしやすくなる制度です。

ココナラ

ココナラは上記の2つのクラウドソーシングサイトとは少し違います。その違いは仕事の受注側(仕事をする側)が価格を決め仕事をする事です。

「私は〇〇(仕事)を何万円でやります!」と作業する側がまず自分を売り出し(出品)、依頼したい側が購入する形となっています。

プロフィールの充実や実績がなければお客さんがこないので、プロフィールをしっかり書いて仕事が来るのを待ちましょうり

Java副業案件を獲得するには?

画像:Shutterstock

どこの誰だかわからない、実績があるのかも分からない人に仕事は任せられません。なので、自分の実績や成果を示す必要があります。あなたの実績や自作したアプリなどを示してアピールしましょう。

実績かポートフォリオが必須

自分は何ができる人なのか、受注先の方に示す必要があります。

クラウドソーシングサイトで案件を受注した実績を公開する。もしくは自作のアプリやサイトなどを作ってプロフィールに書くなどすると好印象です。

案件をもらうためにも、実績もしくはポートフォリオをしっかり書きましょう。

課題解決につながる提案力

必要なのは、言われた事をしっかりこなす事以上に必要なのが提案力です。相手の悩みに気付き、それを解決できるような新しい提案をする事が提案力になります。

ただ言われた事をこなすのではなく、考えて、解決策を提案する、ことは多くの場合相手の想像を超える提案になります。

なるほど、この人はよく考えてくれている、となれば仕事の幅が広がります。案件をもらいやすくなり、金額も交渉できるようになるので提案力は大切です。

円滑に業務を進めるコミュニケーション能力

円滑に業務を進めるにはムダやストレスのないコミュニケーションを取ることが大切です。

意識することは、連絡の目的が明確である、要するに何が言いたいの? と聞き返させない、論点が明確である、相手側の意見を受け入れようとする、とこです。

無理な提案をせずに、なるべく少ない連絡で業務を進める事ができればお互いにストレスなく業務を進められます。

【結論】Java副業は稼げる

今回はJavaの副業に必要な情報をステップ形式で解説しました。

Javaで副業をするためのイメージは湧いたでしょうか? 未経験の方は受注するのが怖いかもしれませんが、しっかりとしたステップを踏めば問題ありません。

Java副業は案件数が多く、自分のスキルレベルに合わせて案件を選択することが可能です。報酬額が様々に設定されているので自分に合ったペースで作業ができます。

未経験者でもできるJava副業案件がいくつもあるので、案件をこなしていけば徐々に優秀なエンジニアとして成長できます。

この記事がきっかけで、Javaで副業を始める方の後押しになれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説