Ubuntu+UNetbootinでLinux MintのLive USBを作ろう!

侍エンジニア塾ブログTech編集部
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

今回は、Linux Mint 18.3 XfceエディションのLive USBを作成する操作を説明します。

この記事を読めば、以下のような不安やトラブルを解決できます。

・Live USBって何?
・Live USBを作るときに誤って大事なUSB HDDのデータを消さないか心配…。
・UbuntuにUNetbootinをインストールしたけどキチンと起動しないよ!

誤操作で大事なUSB HDDを破壊してしまうことを避けるため、VirtualBoxにUbuntu(任意のLinuxディストリビューションでも大丈夫です)をインストールし、そこでLive USBを作成する方針です。

いきなりLive USBを作るよりも余計な手間がかかりますが、USBメモリーにデータを書き込むときは、他のUSB HDDなどは表示されないため、安心して操作できます。

では始めましょう。

Live USBとは

この記事は、「LinuxディストリビューションをインストールしたUSBメモリー」のことをLive USBと呼びます。

Wikipediaでは、Linuxディストリビューションに限らず「オペレーティングシステム (OS) 」と書かれていました。

Live USB とは、USBメモリまたはUSB接続の外付けハードディスクドライブ (HDD) であって、オペレーティングシステム (OS) 全体を格納していて、そこからブート可能なものを言う。Live CDと密接な関連があるが、設定をセーブして長期的に保持したり、ソフトウェアパッケージをUSBデバイス上に追加インストールしたりということが可能である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/Live_USB

これは、Windows To Goで作成するWindows環境もLive USBの1つに含まれるという考え方なのでしょう。

この記事では、LinuxディストリビューションのLive USBのみを取り扱い、Windows To Goなどは扱いません。

また、WindowsにLinuxLive USB Creatorをインストールすると、WindowsでもLinuxディストリビューションのLive USBを作成できます。

参考:https://www.linuxliveusb.com/

この場合は、間違ってUSB HDDを選択しないように気をつけてくださいね…。

Ubuntuをインストールする

VirtualBoxで仮想パソコンを作成して、Ubuntu Desktop日本語Remix(18.04 LTS)(以降、Ubuntu)をインストールしよう。

Ubuntuは、Live USBを作成する環境として使用します。

Live USBにインストールするのは、Linux Mint 18.3 Xfceエディションです。

UbuntuにUNetbootinをインストールする

この手順は、Ubuntuで操作します。

UNetbootinは、Ubuntuの「Ubuntuソフトウェア」からインストールできません。

そこで、UNetbootinの公式サイト(https://unetbootin.github.io/linux_download.html)で紹介されている手順に従ってインストールします。

(1)「端末」を起動し、以下のコマンドを入力します。

(2)パスワードを入力する画面が表示されたら、パスワードを入力し、Enterキーを押します。

(3)以下の画面が表示されたら、Enterキーを押します。

linux-usb01

(4)以下のコマンドを1行ずつ順番に入力します。

(5)以下の画面が表示されたら、Enterキーを押します。

linux-usb02

これで、UNetbootinのインストールは終了です。

Linux Mint 18.3 Xfceエディションのisoファイルをダウンロードする

USBメモリーに書き込むLinuxディストリビューション(ここでは、Linux Mint 18.3 Xfceエディション)のisoファイルをダウンロードします。

もちろん、他のLinuxディストリビューションでも構いません。

(1)https://linuxmint.com/download.phpにアクセスして、「Xfce」「64-bit」をクリックします。

linux-usb03

(2)「Download mirrors」の中に表示されているリンクをクリックします。

linux-usb04

以下の記事でも書きましたが、一番上に表示されている「EvoWise CDN」は日本からは遠いようで、ものすごく時間がかかります。

私は「kernel.org」などをクリックすることをおすすめします。

USBメモリーをFAT32でフォーマットする

USBメモリーをFAT32でフォーマットします。

(1)VirtualBoxをインストールしたパソコンにUSBメモリーを挿入します。

(2)VirtualBoxで、「デバイス」「USB」Live USBにするUSBメモリーの順にクリックします。

linux-usb05

VirtualBoxをインストールしたOSからは、選択したUSBメモリーが見えなくなります。

もし、VirtualBoxをインストールしたOSで、Live USBにするUSBメモリーが見えている場合は、操作(2)をやり直してください。

この後の手順を実行していくと、ここで選択したUSBメモリーの中に保存されているデータはすべて削除されます。

(3)Ubuntuの「端末」で以下のコマンドを入力します。

以下のように表示されます。

私のところでは、上のとおりUSBメモリの製品名「usb 1-2: Product MF-LSU3」が出力されており、LinuxカーネルがUSBメモリーを認識していることが確認できました。

また、「sdb: sdb1」と表示されていることから、「/dev/sdb1」でUSBメモリーにアクセスできることもわかります。

(4)以下のコマンドを入力します。

以下のように表示されたときは、すでにUSBメモリーがマウントされています。

何も表示されなかった場合は、手順(6)に進みます。

(5)いったんアンマウントするため、以下のコマンドを入力します。

(6)以下のコマンドを入力します。

このコマンドを入力すると、USBメモリーの中に保存されているデータがすべて削除されます。

なお、「/dex/sdbX」の部分は、手順(3)で確認した「/dev/sdb1」を指定します。

USBメモリーがFAT32でフォーマットされました。

USBメモリーをマウントする

FAT32でフォーマットしたUSBメモリーを、Ubuntuにマウントします。

今回のようにLinuxを使ってFAT32でフォーマットしたUSBメモリーも、以下の記事と同様の操作でマウントできます。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

UNetbootinでLinux Mint 18.3 XfceエディションのLive USBを作成する

UNetbootinisoファイルUSBメモリーの準備ができましたので、いよいよLive USBを作成しましょう!

と書きましたが、UNetbootinの起動方法にひと工夫が必要です。

思いつくままに、画面のように操作すると…

linux-usb06

linux-usb07

UNetbootinの画面こそ表示されますが、中のUIがまったく表示されません!

linux-usb08

そこで、以下の手順で起動します。

(1)Ubuntuの「端末」で以下のコマンドを入力します。

(2)パスワードを入力する画面が表示されたら、パスワードを入力し、Enterキーを押します。

今度は無事にUNetbootinが起動しましたね!

(3)「ディスクイメージ」を選択し、「…」をクリックします。

linux-usb09

(4)あらかじめダウンロードしたLinux Mint 18.3 Xfceエディションのisoファイル(linuxmint-18.3-xfce-64bit.iso)を選択し、「Open」をクリックします。

linux-usb10

(5)「タイプ」「ドライブ」の設定を確認し、「OK」をクリックします。

「ドライブ」では、現在マウントしているUSBメモリーだけが表示されますので、誤って選択することはないと思いますが、念のためもう一度他の選択肢が無いか確認しておきましょう。

linux-usb11

(6)以下の画面が表示されたら、「終了」をクリックします。

linux-usb12

これでLive USBが作成されました!

お疲れさまでした。

まとめ

今回は、VirtualBoxUbuntu Desktop日本語Remixをインストールし、そこでUSBメモリーをフォーマットしたり、UNetbootinをインストールしたりして、Live USBを作成しました。

Live USBにインストールしたLinuxディストリビューションは、(Ubuntu Desktop日本語Remixではなく)Linux Mint 18.3 Xfceエディションでした。

今回の操作であれば、USBメモリーをLive USBにしようとして、まったく別のUSB HDDをLive USBにしてしまう、といった事故は防げると思います。

一手間必要にはなりますが、安全に勝るモノはないと思いますので、参考にしていただけると嬉しいです!

それでは、今回はこの辺で。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーランスをされている市川友哉さん。33歳で、プログラミングを学び始め、4ヶ月という短い期間でフリーランスエンジニアとして独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


自分にプログラミングなんて・・・と思っていませんか?

今後10年間で今ある職業の『77%』はなくなると言われています。

人工知能や機械学習を筆頭にVR、AR、ドローンなどの最先端技術の発達はこれからのあなたの働き方に間違いなく影響を与えるでしょう。

将来を見据えてプログラミングができるようになってエンジニアになりたい、自分だけにしかできないクリエイティブな仕事がしたい、、、とお考えの方も少なくないでしょう。

と、同時に「難しそう、、自分にはできないだろう、、、」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

弊社マンツーマンレッスンは、お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは『無料体験レッスン』で弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下の画像をクリックしてください。

cta_mtm2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログTech編集部

侍エンジニア塾ブログTech編集部