スライドショースライドショー

はじめてのGit!git statusで変更内容を確認する方法

gitでファイルの更新状況などを確認したい場合は「git status」コマンドを使用すると便利です。

現在のファイルの状態を確認したい
git statusコマンドの使い方が知りたい
git statusの出力結果の意味が知りたい

といった方に向けて、この記事ではgit statusコマンドについて、以下の内容で解説していきます。

  • git statusとは
  • git statusの使い方
  • git statusの便利なオプション

git statusコマンドについてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

git statusとは

git statusは一言で言うと、「現在の状況を確認する」ためのコマンドです。具体的にはファイルの追加や修正、addでインデックスに登録など、現在どのような状態かを確認することができます。

git statusの書き方

$ git status

#ディレクトリの状態を確認する
$ git status [ディレクトリ]

引数にディレクトリやディレクトリのフルパスを指定することで、対象のディレクトリの変更状態のみ確認することができます。

git statusの使い方

事前準備

まずは事前準備としてローカルリポジトリを作成します。ここでは「/Users/ユーザー」以下に「sample」ディレクトリを作成しています。

$ mkdir sample
$ cd sample

続けてgit initコマンドでリポジトリを作成します。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/taka/sample/.git/

新規ファイル「sample.txt」を作成します。

$ touch sample.txt

ファイルが追加されていない場合

リポジトリにファイルを作成・追加した状態でgit statusコマンドを実行すると、以下のように表示されます。

$ git status
On branch master

No commits yet

Untracked files:
  (use “git add <file>…” to include in what will be committed)

    sample.txt

nothing added to commit but untracked files present (use “git add” to track)

この状態ではgit addでファイルをGitに追加していないため、Untracked files(未対応のファイル)となっています。

git addでファイルが追加されている

では新規ファイル「sample.txt」をgit addコマンドで追加します。

$ git add sample.txt

この状態でgit statusコマンドを実行すると、以下のように表示されます。

$ git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use “git rm —cached <file>…” to unstage)

    new file:   sample.txt

この状態だと「new file」としてファイルが登録されていることがわかります。

コミットしている状態

続けてファイル「sample.txt」をgit commitコマンドでコミットします。

$ git commit -m “Gitの勉強”

コミットすると、nothing to commit, working tree clean(コミットするものは何もない)となります。

$ git status
On branch master
nothing to commit, working tree clean

ファイルを修正した状態

最後にファイル「sample.txt」の内容を変更してみます。変更した状態でstatusを実行すると、以下のように変更された(modified)ファイルとして認識されます。

$ git status
On branch master
Changes to be committed:
  (use “git reset HEAD <file>…” to unstage)

    modified:   sample.txt

git statusの便利なオプション

-sで簡易フォーマットで出力

オプション「-s(--short)」を指定すると、git statusコマンドでの結果が簡易的なフォーマットで出力されます。

$ git status -s
M  sample.txt

最初に出力されるアルファベット大文字はそれぞれ以下のとおりです。

  • M:変更
  • A:追加
  • D:削除
  • R:ファイル名の変更

-bでブランチ名の表示

現在のブランチ名も表示したい場合は「-b(--branch)」を指定します。

以下は-sオプションと組み合わせた場合の出力結果です。

$ git status -sb
## master
M  sample.txt

そもそもGitについてよくわからない方へ

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事で基本を解説していますので、参考にしてください!


【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

まとめ

ここでは、現在のファイルの状況を簡単に確認できるgit statusについて、以下の内容で解説しました。

  • git statusとは
  • git statusの使い方
  • git statusの便利なオプション

git statusを使用すれば、簡単にファイルの更新状況がわかるので、使い方についてはしっかりと理解しておきましょう。もし、git statusの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説