スライドショー

はじめてのGit!initコマンドでリポジトリを作成してみよう!

「git init」コマンドを使うことでリポジトリを作成することができます。そのため、git initはGitを使用するときにまず覚えるべき基本コマンドの1つとなります。

そもそもinitコマンドの使い方がよくわからない
リモートリポジトリを作成するにはどうすればいいの

そのような疑問を持つGit初心者に向けて、この記事では以下の内容を解説していきます。

  • 【基礎】git initとは
  • 【基礎】git initでローカルリポジトリを作成する方法
  • 【基礎】git initでリモートリポジトリを作成する方法
  • 【発展】git initからpushまで

git initについてわかりやすく解説していますのでぜひ参考にしてください。

git initとは

Gitのinitコマンドは、一言で言うと「リポジトリを新規に作成」するときに使用するコマンドです。

initコマンドを実行すると、現在のディレクトリまたは指定したディレクトリに「.git」というリポジトリを構成するディレクトリが作成されます。.gitにはGitで使用するファイルが新規に作成されます。

そのため、既に存在するリポジトリをサイド初期化を行いたい場合にもinitコマンドは使用されます。

git initコマンドの使い方

ここではローカル環境でgit initコマンドによるローカルリポジトリの作成方法について見ていきましょう。

ディレクトリを指定しない方法

ディレクトリを指定しない場合は引数なしのgit initを実行します。

$ git init

ここでは「/Users/ユーザー名/」以下にディレクトリ「inittest」を作成してgit initを実行しています。

$ mkdir gitinit
$ cd gitinit
$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/taka/gitinit/.git/

「Initialized empty Git repository in ~」と表示されたらOKです。

実行するとgitinit直下に「.git」ディレクトリが作成されます。

なお「.git」ディレクトリ以下は以下のディレクトリで構成されています。

$ ls -a .git
.        HEAD        config        hooks        objects
..        branches    description    info        refs

ディレクトリを指定する方法

ではディレクトリを指定してgit initを実行する方法についても見ていきましょう。

ディレクトリを指定する場合は以下のように実行します。

git init ディレクトリ名

ここでは先程作成した「gitinit」ディレクトリ以下に「inittest」ディレクトリを作成して実行しています。

$ mkdir inittest
$ git init inittest
Initialized empty Git repository in /Users/taka/gitinit/inittest/.git/

このようにディレクトリを指定することでも、リポジトリを作成できることがわかりましたね!

リモートリポジトリを作成する方法

リモートリポジトリを作成するためには、git initのオプションを指定する必要があります。リモートリポジトリを作成することで、Gitのサーバ上にリポジトリが作成されるので、開発メンバーでリポジトリを共有することができます。リモートリポジトリの作成は以下のように実行します。

git init --bare --share
Initialized empty shared Git repository in /Users/taka/gitinit/inittest/

リモートリポジトリの作成にはgit initコマンドの2つのオプションを使用しています。

オプション説明
--bare「.git」ディレクトリを作成されず、GIT_DIR環境が設定されていない場合、
現在の作業ディレクトリに設定されます。
--shareリポジトリが複数のユーザーによって共有することを指定します。
同じグループのユーザーがそのリポジトリにプッシュ(転送)することができます。

init~pushまでの流れを覚えよう

initでリポジトリを作成したはいいけど次は何をすればいいの?

という方は以下の記事でリポジトリの作成からファイルを登録する方法、リモートリポジトリにpushコマンドで送信する方法まで解説しています!

そもそもGitについてよくわからない方へ

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事にGitやGitHubの基本を解説していますので、参考にしてください!


GitHubとは?概要やメリットを初心者向けに簡単解説!
更新日 : 2020年3月3日

まとめ

ここではgit initでリポジトリを作成する方法について、以下の内容で解説しました。

  • git initとは
  • git initでローカルリポジトリを作成する方法
  • git initでリモートリポジトリを作成する方法
  • git initからpushまで


git initは最も基本的なコマンドになりますので、役割や使い方についてしっかりと理解しておきましょう。もし、initコマンドについて忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部