【Linuxコマンド】echoでテキストや変数を出力する方法

Linuxには文字列の内容や変数の中身を確認するときに便利な「echo」コマンドがあります。

ここでは「echo」コマンドについて以下の内容で解説していきます。

echo

この記事では「echo」コマンドについてわかりやすく解説していますので、ぜひ使い方を覚えておきましょう!

echoコマンドとは

「echo」コマンドは指定した文字列や変数の値を表示するときに使用します。

・「echo」コマンドの書式

$ echo 文字列

変数の中身を確認したい場合は変数名の先頭に「$」を付けます。

$ echo $変数名

次項では「echo」コマンドの使い方について詳しく解説します。

echoコマンドの使い方

shutterstock_325105187
ここでは「echo」コマンドの使い方についてパターン別に見ていきましょう。

文字列を表示する方法

指定した文字列を標準出力するには以下のように記述します。

$ echo output test

実行結果:
linux_echo01

このように「echo」の引数で指定した文字列が出力されていることがわかりますね!

変数を表示する方法

変数の中身を出力するには前述したように変数名の先頭に「$」を付ける必要があります。

以下の例では変数numに100を代入し、「echo」で変数の内容を出力しています。

$ num=100
$ echo $num

実行結果:
linux_echo02

設定した変数numの値が出力されていることがわかりますね!

また、Linuxではあらかじめ設定してある環境変数の値も「echo」コマンドで内容を確認することができます。

以下では環境変数SSH_AGENT_PIDの値を確認しています。

$ echo $SSH_AGENT_PID

実行結果:
linux_echo03

このように環境変数の値が確認できることがわかりますね!

シェルスクリプトで使用する方法

また、「echo」はシェルスクリプト変数や文字列を出力するときに使用する頻度が高いと言えます。

シェルスクリプトとは、Linuxで使用するコマンドをまとめて記述したテキストファイルで、Linuxでシステムを開発する上で、定期的に状態を確認したり、設定を変更するときに使用されます。

「test.sh」の名前で以下の内容でファイルを作成します。

#!/use/bin/bash
echo start
num1=100
num2=200

echo $num1
echo $num2

echo end

ファイルを作成したら、以下のコマンドを実行してみます。

$ sh test.sh

実行結果:
linux_echo04

このようにシェルスクリプトで記述した「echo」コマンドの内容が出力されていることがわかりますね!

echoコマンドのオプション

-eで改行を表示する

出力時に改行を表示したい場合は「-e」オプションを使用します。

なお、改行を指定する場合は「\n」を使用し、文字列をダブルクォーテーション「""」で囲む必要があります。

$ echo -e "melon\napple\norange\n"

実行結果:
linux_echo05

-nで最後の行の改行を出力しない

「echo」コマンドを使用すると、最後の行が改行されてしまいますが、改行表示しなくない場合は「-n」オプションを使用します。

以下のように記述すれば改行表示されなくなります。

$ echo -n TEST

Linuxについてもっと知りたい方へ

そもそもLinuxについて、

「実はなんとなくしか理解していない…」
「Linuxを効率よく学習する方法が知りたい」

といった情報を知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね!



まとめ

ここでは、Linuxでテキストや変数の値を表示する「echo」コマンドについて、

  • echoコマンドとは
  • echoコマンドの使い方
  • echoコマンドの便利な使い方
  • echoコマンドのオプションと使い方

について解説しました。

「echo」コマンドは環境変数の値を確認したり、シェルスクリプトで変数の値や文字列を出力するときによく使用しますので、この機会に使い方を覚えておきましょう。

もし、「echo」コマンドの使い方を忘れてしまったら、この記事を参考にしてくださいね。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー