Pythonを入門する時にこれだけは覚えておきたい基本まとめ

今回はPythonを始める際に、これだけ覚えていればOK!という基本的な概念について解説したいと思います。

この記事では

・Pythonとは
・Pythonで扱えるデータ型

などといった基本的な内容から

・Pythonの基本的な構文
・その他Pythonで出来ること

など、より深い内容に関してもわかりやすく解説していきます。

※ この記事のコードはPython 3.7, Ubuntu 18.04で動作確認しました。

Pythonとは

「Pythonって何?」

これは、これからPythonという言語を勉強し始めようという人にとって、一番最初に浮かび上がる疑問のひとつではないでしょうか。

Pythonは今大人気のプログラミング言語で、Web開発はもちろん人工知能や、マシンラーニングなど幅広い分野で使われているんです。

一番のメリットとしては少ないコード行数でプログラミングを仕上げる事が出来、文法も比較的シンプルだという点です。

C言語やJavaなどを先にチャレンジした方などは、Pythonの文法の柔軟性やシンプルさに驚かれると思います。

Pythonの基礎の基礎については、以下の記事で詳しく解説しています!

専門知識いらず!Pythonとは何かを言語の特徴から網羅的に徹底解説
更新日 : 2019年6月20日

Pythonで扱えるデータ型

Pythonの概要がある程度理解出来たところで、Pythonで扱えるデータ型について軽く解説したいと思います。

そもそも、データ型とはオブジェクトの「型」の事です。

変数の「型」とは、その変数が保有するデータのタイプのことです。

データ型の種類は言語によって微妙に違うので、Pythonを始めるにあたってざっとどんなものが存在するのか把握しておきましょう。

整数型

整数型とは、一般的にはint型と呼ばれているものです。

int型は整数をもつオブジェクトのことです。

myvar変数の値として整数1234を設定しました。

この型は基本的にはどのプログラミング言語にも存在するので、馴染みある方も多いのではないでしょうか。

文字列型

文字列型はいわゆるstring型のことです。

その名の通り、文字列型は文字列を値としてもっているオブジェクトのタイプのことです。

文字列とは、ダブルクォート(“)かシングルクォート(‘)で文字を囲んだものの事です。

上記のmystr1やmystr2は文字列型の変数、という事になります。

また、改行を含む文字列を扱いたい場合は、ダブルクォート3つかシングルクォート3つで囲みます。

リスト型

リスト型は、これから紹介するタプル型、集合型、辞書型とともに基礎的要素であるプリミティブ型を用いて構成されているより複雑な型になります。

リスト型はシーケンス型のひとつです。

シーケンス型とは、複数の要素から構成されている型の事を指します。

リスト型の再際の特徴は、要素が順に並んでいる点です。

上記のmylist1やmylist2は両方ともリスト型変数です。

mylist1の要素はすべて整数型に統一されていますが、リスト型は構成する要素のタイプが混在していても構わないので、mylist2もリスト型として認識されます。

リスト型を扱うにあたって、forループなどを用いた処理がが一般的です。

タプル型

タプル型もリスト型と同じくシーケンス型のひとつです。

リスト型とさほど違いはなく、リスト型が要素を[ ] で囲んでいるのに対し、タプル型は( )を使用します。

リスト型と同じように、要素のタイプは統一していなくても良いのですが、一度作成したタプルは要素の変更が出来ないので注意してください。

集合型

集合型も上記ふたつの型と同じくシーケンス型の仲間です。

しかし、リストやタプルとは違い、要素は順番を持ちません。

集合型オブジェクトは( )の中に[ ]を含み、その中に要素が含まれています。

集合の要素は重複しないので、3や4や1のように重複している要素は自動的に削除されます。

辞書型

辞書型はシーケンス型とはまた違い、マップ型のひとつです。

要素は順番を持たず、代わりにkeyという識別子を保有しています。

ご覧いただけるように、辞書オブジェクトを構成する要素たちはkeyとvalueをコロンで区切ったペアです。

辞書型オブジェクトは様々なシーンで使用され、出現頻度が比較的高いので覚えておいて損はありません。

Pythonの基本的な構文

先ほど「Pythonの文法は比較的シンプル」だと述べました。

構文そのものがシンプルなだけでなく、読みさすさも追求したのがPythonの特徴です。

実際、Pythonには「インデント(字下げ)」という概念が存在します。

他のプログラミング言語では大体 { } で1つのブロックを表すのですが、Pythonではインデントでブロック部分を明確にしています。

その為、誰が書いても同じコード構成になり、結果とても読みやすいコードが仕上がるのです。

その反面、スペースなどが少しでもずれているとエラーが発生するので十分注意しましょう。

Pythonでは他のプログラミング言語と同様にif文や、forループwhileループなどといったものが存在します。

比べてみると、とてもシンプルで書きやすい構成になっているんです。

これらについてのもっと詳しい解説は、以下のリンクを参照してください。


【初心者必見】Pythonのwhile文の特徴や使い方を徹底解説!
更新日 : 2018年10月24日

【Python入門】for文による繰り返し処理まとめ
更新日 : 2019年7月1日

その他Pythonで出来ること

Pythonで作れるものは多岐にわたり、Webアプリケーションやゲームまで様々な分野で活躍しています。

特に、YoutubeやInstagramなどもPythonで作られているんです。

Pythonで作られたサービスはこの他にも多数存在します。

興味があれば、ぜひ以下のリンクを参照してください。

Pythonで作れるモノとその事例まとめ【WEBアプリ/データ解析/人工知能】
更新日 : 2019年6月21日

あなたが学ぶべき言語はPythonで本当に大丈夫?

ここまでPythonのGUIライブラリについて解説してきましたが、この記事をご覧の方の中には、

このままでPythonを習得できるのだろうか..

と不安になっている人もいるのではないでしょうか?そんな方には、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。それは、そもそもあなたがPythonを学ぶ目的は何か?本当に学ぶべき言語はPythonで間違いないか?ということです。

Pythonを学ぶ目的や理由は明確ですか?

Pythonに限った話ではありませんが、プログラミング学習はエラーとの戦いが大半なので、学ぶ目的や理由が不明確だとモチベーションが下がってしまい、挫折してしまいやすいです。

なのでもしあなたが今、

  • なんとなくPythonが人気そうだから
  • Pythonは将来性がありそうだから

といったような、ぼんやりした理由でPythonを学んでいるとしたらそれは要注意。もっと言うと、そもそもあなたが学ぶべき最適な言語が他にあるという可能性も考えられます。

どのプログラミング言語を学ぶか?は、その先のエンジニア人生を左右すると言っても過言ではありません。もしあなたが現状の言語選定に少しでも不安があるなら、まずはプログラミング言語無料診断アプリを使ってみてください。

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの言語や学習プランを1分ほどで無料診断致します。

挫折せずに学びたいなら

また、学ぶべき言語はPythonで間違っていないけど、エラーとの戦いに消耗している方や、想像以上にPython学習に手こずっている人もいるかもしれませんね。

というのも、一般的にPythonは初心者でも学びやすい言語と言われていますが、そもそも機械学習という分野は、プログラミング以外にも専門的な知識や数学の知識も必要になってくるので、実は思っている以上に挫折しやすい言語でもあるのです。

なのでやはりつまずいた時に分からない部分を聞ける環境を作っておくと、挫折する事なく学習を続けられスキルを習得できる可能性がグッと上がります。

もしあなたが今Pythonの独学に少しでも不安を抱いていたり、思ったよりも進捗が得られていないのであれば、ぜひ弊社「侍エンジニア塾」をご利用ください。

弊社ではAI専門コースを用意しており、経験豊富な現役エンジニアがマンツーマンであなたの学習をサポートします。また、転職支援や独立・起業サポートもしているので、学習した先も安心ですよ。

もちろん、いきなり入会するのは不安な人も多いと思います。そこで、興味がある人はまず無料体験レッスンを利用してみてください。弊社随一のコンサルタントが、あなたの理想や目標をヒアリングした上で、あなたにぴったりの学習プランを提供させて頂きます。

無料体験は下記ボタンから1分ほどで予約できるので、ぜひお気軽にご利用ください。オンラインでの利用も可能となっています。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの予約はこちら

まとめ

今回はPythonの基本的な情報をまとめました。

Pythonは非常にシンプルで、覚えやすく書きやすい、幅広い分野で使用出来るとても魅力的なプログラミング言語です。

皆さんもこの記事を通して、Pythonの理解や知識をどんどん深めていってくださいね。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Kotono

Kotono

イタリア在住15年目の22歳です。イタリアの大学で情報科学&応用数学を学んでいます。主にJavaScriptやPythonについての記事を書いたりしています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説