リスキリングで何を学ぶ?おすすめの分野や決め方、学習方法も紹介

リスキリングで学ぶスキルはどうやって決めたらいい?
「これがおすすめ!」みたいなのがあれば知りたいな…

職場で求められる能力の研鑽や新しいスキルの習得を促すため、政府はリカレント教育(社会人の学び)やリスキリング(学び直し)に注力しています。補助金や助成金など、政府が提供する給付制度を活用すれば、費用をおさえつつリスキリングも可能です。

とはいえ、リスキリングに取り組みたい気持ちはある反面、どんなスキルを学べばいいのかわからない人も多いですよね。

そこで、この記事ではリスキリングで何を学ぶべきなのか、おすすめの学習分野を決め方も交えて紹介します。リスキリングを目的とした学習方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • リスキリングで学ぶならITスキルがおすすめ
  • リスキリングで学ぶスキルは目的に合わせて選択すべき
  • リスキリング向け補助金を利用するとお得にスキルが習得できる

なお、どのプログラミング言語を学べばいいのか、どう学習を進めればいいのかなどがあいまいな人は「プログラミング学習プラン診断」をお試しください。

かかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、あなたにあう言語や学習プランを診断してもらえます。

これからプログラミングを学ぼうとしている人は、ぜひ一度お試しください。

\ 4つの質問に答えるだけ /

リスキリングとは
新しい職業に就くまたは現在の職業で必要とされる業務に適応するため必要なスキルを獲得すること。DX(デジタルトランスフォーメーション:デジタルテクノロジーを活用して価値の創造や課題を解決すること)を推進させる背景から、政府や企業は積極的にリスキリングを進めている

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

リスキリングで何を学ぶかは「スキルの習得目的」で決めよう

リスキリングで何を学ぶかは、なぜスキルを身につけたいのか、その習得目的と照らし合わせながら決めましょう。

大前提として、リスキリングに取り組む以上、次のようなスキルを習得する目的があるはずです。

目的に合わせて学ぶスキルを決定すれば、効率よく目的を実現できます。たとえば、ITエンジニアに転職したい場合、プログラミングスキルを習得すれば転職時に評価されやすいです。また、昇給・昇進が目的であれば、業務で利用するITツールやビジネススキルなど仕事に直結するスキルを学ぶと成果につながります。

反対に目的と関係性が浅いスキルを習得した場合、目的を達成できない可能性も。リスキリングに取り組んでも、目的を達成できなければ意味がありません。後悔しないためにも、目的に合わせてスキルを選択しましょう。

なお、上記の目的ごとにリスキリングで何を学ぶかの決め方が知りたい人は、下記のリンクから移動してください。

→ 目的別にリスキリングで何を学ぶかを決めるポイントをチェックする

ITスキルはあらゆる目的・年齢でのリスキリングにおすすめ

ITスキルは目的や年齢を問わず、リスキリングにおすすめの学習分野です。

前述したとおり、学習するスキルは目的で選択するのがベスト。しかし、目的があいまいな人や年齢が気になり行動できない人もいるでしょう。その点、ITスキルはあらゆる目的の実現に適しています。

転職が目的であれば、プログラミングスキルを身につけてITエンジニアが目指せます。ITエンジニアは人手不足かつ需要が高いため、未経験からでも転職しやすいです。

昇進・昇給を目指す場合には、Microsoft Office製品の操作スキルやAIツールの活用スキルなどを学ぶことで、業務を効率化できます。空いた時間をクリエイティブな業務に使えば、新たな成果につながる可能性もあるでしょう。

さらに副業・独立が目的の場合、プログラミングやWebデザインスキルを身につければテレワーク(在宅勤務)での仕事が可能です。インターネット環境があれば場所問わず働けるため、自由度の高いライフスタイルを実現できます。

加えて、ITエンジニアなどIT関連の職種はスキル・実績があれば年齢を問われないケースも多いです。一般的に30代以上はキャリアチェンジの難易度は上がるといわれますが、IT分野であればチャンスがあります。

とくに学びたいスキルがない人や、年齢が気になり一歩踏み出せない人は需要が高いITスキルを選ぶと良いでしょう。

スキル習得を通して資格も取得しよう

リスキリング時はスキル習得に加え、資格取得も目指すのがおすすめです。

スキル習得と同時に資格を取得すれば、転職やキャリアアップのタイミングで役立ちます。たとえば、転職や昇進・昇格、副業・独立時に案件を獲得するときは資格を企業へアピールできます。資格は経験や保有スキルを客観的に証明できるため、自己申告より効果的です。

たとえば、介護職では介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修を取得すれば、昇進や昇給を目指せます。資格があれば転職時に評価され、初任給が高く設定される可能性も。資格取得はメリットが多いため、リスキリング時はスキル習得と合わせて検討すると良いでしょう。

リスキリング時は補助金の活用がおすすめ

かかる費用がおさえられるよう、リスキリング時は補助金などの給付制度を活用しましょう。

リスキリングは独学でも可能です。しかし、挫折するリスクや学習効率、転職対策を考えるとリスキリング講座を受講すべきです。リスキリング講座は次の補助金を利用できるため、費用をおさえてスキルアップできます。

補助金を利用すると、受講料の最大20~70%がキャッシュバックされます。具体的な制度内容や給付額などは後述しますが、補助金を活用することで、お得にリスキリング講座が利用可能です。

たとえば、侍エンジニアでは次のような講座が実質70%OFFの受講料で受けられます。

コース名給付例学べるスキル
クラウドエンジニア
転職保証コース
通常:47万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:17万2,000円
・クラウド(AWS)
・ネットワーク
・インフラ関連スキル など
AIアプリ
コース
通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
・AIを活用したデータ分析
・AIアプリ開発 など
フリーランス
コース
通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
・アプリ開発
・Webサイト制作 など
Webデザイナー
転職コース
通常:39万6,000円
給付金利用時:13万8,600円
・Webデザイン
・Webサイト制作 など
Java資格
対策コース
通常:29万7,000円(12週間の場合)
給付金利用時:10万8,000円
・Oracle認定Javaプログラマの資格対策
・Javaでのアプリ開発 など

事業者により補助金の対象講座は異なるものの、幅広い講座をお得に受講できます。リスキリング講座を受講するときは、補助金の対象講座がないか確認すると良いでしょう。

なお、個人で利用できるリスキリング講座向けの補助金について次の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

補助金・助成金でリスキリング!個人が使える給付制度を詳しく紹介
更新日:2024年4月29日

リスキリングで何を学ぶか決めるポイント

リスキリングで何を学ぶか決めるポイント

ここからは、次の目的別にリスキリングで何を学ぶかを決めるポイントを紹介します。

転職が目的の場合

転職が目的の場合、年収や仕事内容など理想の働き方が実現できるかを基準に学ぶスキルを決めましょう。

学ぶスキルにより目指せるキャリアは異なるため、理想のキャリアが実現できるスキルを選択すべきです。たとえば、プログラミングスキルを習得した場合は次のキャリアが実現できます。

職種の例年収相場
プログラマー349万円
システムエンジニア504万円
Webエンジニア536万円
ITコンサルタント647万円

参考:求人ボックス

職種により年収は異なりますが、プログラミングスキルを習得すれば年収500万円以上も実現可能です。また、プログラミングスキルはリモートワークとの相性がよく、自由度の高い働き方もできます。

在宅でも業務を完結できる実践スキルがある人であれば、場所問わず働くことも可能です。働く場所や時間に縛られず働きたい人は、プログラミングを含むITスキルが向いています。

このように、学習するスキルによって転職先の選択肢や年収、実現できる働き方が異なります。自分が希望する職種や労働条件を明確にしたうえで、学ぶスキルを選んでください。

昇進・昇給を見据えたスキルアップが目的の場合

昇進や昇給が目的の場合、所属企業で昇進・昇格につながるスキル・資格を取得する必要があります。

昇進・昇格の基準は業界・職種・企業によって異なるため、まずは所属企業で評価されるスキルは何か確認しましょう。

たとえば、IT企業ならプログラミング言語を扱うスキルが当てはまります。新しい言語を習得できれば担当できる開発分野が増えるため、企業から評価される可能性があります。

そのほか、商社なら社内のDX化に必要なITツールの操作方法の習得などが評価されやすいです。業務で使用するツールを扱うスキルがあれば、業務の自動化や効率化を実現できます。

また、空いた時間で新しいビジネスに取り組めるため、業績アップに貢献できる可能性も。業務の効率化や業績向上に貢献できれば、昇進・昇格につながります。

このように、リスキリングを効果的に行うには昇進・昇格に直接つながるスキルを習得すべきです。所属企業でどのようなスキルが評価されるか分析したうえで、最適なスキルを選択しましょう。

副業・独立が目的の場合

副業・独立が目的の場合、理想の働き方や収入が実現できるかを基準に学ぶスキルを選択すべきです。

副業や独立を目指す人の多くは、在宅ワークやフレックスタイムなど自由度の高い働き方や年収アップを実現したい人が多いはず。しかし、すべてのスキルが希望の実現に適しているわけではなく、難易度が高いスキルも存在します。

たとえば、介護やサービス業に関するスキルなど、対人業務が発生する場合は自由度の高い働き方は実現しにくいです。

その点、プログラミングスキルを習得すれば在宅ワークが実現できます。とくにプログラミングはパソコンとインターネット環境、開発環境があれば仕事をできるため、場所を問わず働きやすいです。実際にフリーランスのなかには、海外でリモートワークを行う人や旅行先で作業を行う人もいます。

また、プログラミングスキルを扱うフリーランスは年収が高い傾向にあります。具体的には次のとおりで、年収1,000万円を超える職種もあるのです。

職種例年収相場
プログラマー804万円
システムエンジニア852万円
セキュリティエンジニア852万円
フロントエンドエンジニア864万円
ITコンサルタント1,008万円

引用:レバテックフリーランス

プログラミングスキルのあるフリーランスがすべて高年収というわけではありません。しかし、スキル学習や実践経験を積み重ねた人は、高年収を実現できる可能性もあります。

そのほか、WebデザインやWebマーケティングなども副業・独立しやすいスキルです。副業・独立をきっかけに自由度の高い働き方や高年収を目指したい人は、希望の実現しやすいスキルを選択しましょう。

リスキリングにおすすめの学習分野

リスキリングにおすすめの学習分野

ここから、リスキリングにおすすめの学習分野を厳選して5つ紹介します。

前述したリスキリングで学ぶスキルの選び方を参考に、必要なスキルを選択してください。

プログラミングスキル

プログラミングは、リスキリングにおすすめなITスキルの1つです。

プログラミングは目的を問わず活用しやすいスキルです。転職を目指す場合は、プログラミングスキルを活かしITエンジニアとしてIT企業を目指せます。WebエンジニアやAIエンジニアなど、幅広い職種へ転職可能です。

さらに、プログラミングスキルは昇進・昇格にも役立ちます。たとえば、ITエンジニアが新しい開発スキルを身につけて活躍の場が広がれば、成果につながり評価される可能性があります。

そのほか、ITエンジニアに限らずプログラミングスキルを活かして社内システムや新サービスなどを考案すれば、実績が評価されて昇進・昇格につながるかもしれません。

加えて、プログラミングスキルを高めることで副業・独立も視野に入ります。プログラミング業務は在宅ワークがしやすく、自由度の高い働き方を実現できます。プログラミングは将来性が高いスキルであるため、これから学習するならおすすめです。

なお、Webエンジニアへの転職を見据えプログラミングスキルを習得したい人は、侍エンジニアの「Webエンジニア転職保証コース」がおすすめです。

給付金の活用で受講料が最大70%OFFになる「Webエンジニア転職保証コース」では「転職後に活躍できるエンジニア」を目標に、開発スキルが習得できます。

現役エンジニアと学習コーチが2名体制で学習をサポートしてくれるため、途中で挫折する心配もありません。また、転職活動で内定を獲得できない場合には受講料を全額返金してもらえる「保証制度」が適用されるので、スクールにかけた費用を無駄にする心配なく、スキルの習得や転職活動に励めます。

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの転職が実現できますよ。

公式サイトで詳細を見る

Webデザインスキル

Webデザインも、リスキリングにおすすめなITスキルの1つです。

Webデザインスキルを習得すれば、Webデザイナーへの転職を実現できます。また、Webデザイナーにならない場合でも、画像の加工・編集やロゴ作成などデザインスキルを活かして昇進・昇格が実現可能です。

デザイン部門がない企業であれば、他部署で簡単なWebデザイン作業を担当するケースも。Webデザインスキルがあれば、活躍の場が広がるのです。

加えて、副業・独立を目指す場合はWebデザインスキルがとくにおすすめです。Webデザインはパソコンとインターネット環境があればできるため、在宅での副業・独立に向いています。

さらに、WebデザインはWebアプリやAI開発などに比べると難易度が低く、未経験者でも習得しやすいスキルです。総合的に判断すると、Webデザインはリスキリングにおすすめのスキルといえます。

なお、Webデザイナーへの転職を見据えてWebデザインスキルを習得したい人は受講料の最大70%が給付される、侍エンジニアの「Webデザイナー転職コース」がおすすめです。

Webデザイナー転職コースでは、金銭面での支援を受けつつ、Webデザインスキルの習得から転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

費用をおさえてつつWebデザイナーへの転職を目指したい人におすすめのコースです。

公式サイトで詳細を見る

マーケティングスキル

マーケティングスキル
マーケティングスキル

マーケティングスキルも、リスキリングにおすすめなITスキルの1つです。

WebサイトやSNSのアクセス分析などマーケティングスキルを習得すれば、Webマーケターとして転職が可能です。また、SEOやSNS分析、実施した施策の効果分析などスキルは業界問わず求められます。とくに商品開発や新規企画を行う職種では、マーケティングスキルは評価されやすいです。

転職だけでなく、昇給・昇格にもマーケティングスキルは役立ちます。マーケティング結果をもとに試行できれば、根拠に基づいた施策を考えられるので利益につながりやすいです。そのため、企業からの評価が高まり昇給・昇格につながるのです。

副業・独立でもマーケティングスキルは活かせます。顧客の依頼した意図を理解して仕事ができれば、継続して案件が受注できるでしょう。

さらに、分析力が評価されWebマーケターとして仕事を依頼される可能性もあります。将来的に企画職や商品開発部、分析力を求められる仕事につきたい人におすすめのスキルです。

なお、マーケティングが学べるリスキリング向け講座にはWORKPORTの「マーケティング戦略」があります。この講座では、経営者に必要なマーケティングスキルが学べます。市場調査や商品開発の手法、ブランド戦略などビジネスで理解しておきたいマーケティングノウハウを習得できる講座です。

また、WORKPORTの講座は買い切り式で、講師の添削を2回受けられます。学習内容を添削してもらえるため、しっかりスキルを身につけられるのです。WORKPORTは、費用をおさえてマーケティングが学びたい人におすすめです。

ビジネススキル

ビジネススキル全般も、リスキリングにおすすめなITスキルの1つです。

ビジネススキルは働き方や目的問わず必要なスキルで、社会人として働くのに欠かせません。たとえば、次のようなビジネススキルがあれば、顧客と良好な関係を築きながら業務が円滑に進められます。

  • コミュニケーションスキル
  • 提案/プレゼンテーションスキル
  • Microsoft製品などITツール操作
  • スケジュール管理などマネジメントスキル
  • 営業スキル など

ビジネススキルを活かして業務が円滑に進められる人は、転職で評価されやすいです。また、利益を高める働きができれば、昇進・昇格につながります。

さらに、副業・独立時にも営業スキルやコミュニケーションスキルがあれば、安定して案件を獲得しやすいです。スムーズに業務を行い納品まで完了できれば、顧客からの評価が高まり成功しやすいでしょう。

このように、ビジネススキルは身につけるメリットが多いです。働き方を問わず社会人として長く活かせるスキルを身につけたい人は、ビジネススキルを検討すると良いでしょう。

なお、ビジネススキルが学べるリスキリング向け講座には「ジョブドラフトSchool」があります。

この講座は転職を希望する人向けで、アルバイトから正社員を目指す人や社会人経験が浅い人でも転職できる支援が魅力です。パソコンスキル・営業スキル・ビジネスマナーなど、社会人なら身につけておきたい基本スキルを学べます。

ビジネススキルを身につけて、社会人デビューしたい人や転職を効率的に進めたい人におすすめです。

語学スキル

語学スキルも、リスキリングにおすすめなITスキルの1つです。

英語やフランス語など外国語を学ぶことで、海外の情報を入手しやすくなります。たとえば、IT業界であればAIやIoTなど最新技術は海外のほうが発展しているため、外国語が理解できればいち早く情報を入手可能です。

入手した情報はビジネスで活用できるため、日本語しか理解できない人より先を見据えて行動できるでしょう。入手した情報を活用して成果が出せれば、昇進・昇格も目指せます。

また、語学スキルがあれば海外で働く選択もできます。ビジネスレベルの語学力があれば、海外企業への転職やフリーランス・副業で海外顧客と仕事が可能です。

このように、語学スキルを身につけると海外情報の入手や世界で活躍できる人材を目指せます。将来的に海外を相手に働きたい人は、語学スキルを学習すると良いでしょう。

なお、語学スキルが学べるリスキリング講座にはMeRISE英会話の「英語リスキリングプログラム」があります。この講座では、日本人講師と外国人英会話教師から、ビジネスレベルの英語を学べます。

リスニングから学ぶ独自の学習法を採用しており、英語が苦手な人でも無理なく学習可能です。英語を身につけて海外で活躍したい人におすすめの講座です。

個人がリスキリング目的で学ぶ方法

個人がリスキリング目的で学ぶ方法

なかには、どうリスキリングを進めていけば良いか、イメージが湧かない人もいますよね。

そこで、ここからは、個人がリスキリング目的で学ぶ方法を、2つにまとめて紹介します。

リスキリングの専門講座に申し込む

リスキリング専門講座を受講すれば、無理なくスキルを学べます。

リスキリングで学ぶスキルは、Webサイトや本での独学も可能です。しかし、独学ではわからないことを質問できず挫折するリスクがあります。また、自分に合う教材選びも難しく、スムーズに学習できないケースも多いです。

その点、リスキリング専門講座を受講すれば講師の指導を受けながら学習できます。対面・オンラインレッスンや質問機能でわからない点を相談できるため、未経験者も挫折しにくいです。

さらに、実践学習を含む教材が用意されているため、学習後に目的を実現できるスキルが学べます。とくにリスキリング向けの講座は、次のように目的の実現に直結するカリキュラムが多いです。

スクール名講座名学べるスキル
侍エンジニアWebエンジニア転職保証コースHTML/CSS、JavaScript、PHP、MySQL など
MeRISE
英会話
英語リスキリングプログラムビジネスレベルの英会話スキル
エヌ・エフ
・ユー
介護職員初任者研修介護業務の基礎知識と実技スキル

プログラミングや介護スキルなど、独学では習得が難しいものも講座を受講すれば習得できます。効率的に目的を実現したい人は、リスキリング専門講座で学習するのがおすすめです。

なお、次の記事ではおすすめのリスキリング向け講座を詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

リスキリング講座おすすめ10選!選び方やお得に学ぶ方法も紹介
更新日:2024年5月8日

補助金対象スクールに申し込む

費用をおさえてリスキリングに取り組みたい人は、補助金対象のスクールを利用するのがおすすめです。

前述のとおり、リスキリング向け講座を対象とした補助金は2種類あります。

受講者が1度受講料を立て替える必要はあるものの、補助金を利用すれば実質負担が減らせます。予算が少ない人でも、補助金を利用すれば受講できる可能性があるのです。

同じスキルが学べるのであれば、補助金を利用できるスクールがお得。スクールを検討するときは、補助金のあるところを優先的に検討すると良いでしょう。

なお、リスキリングで転職を目指したい人は侍エンジニアがおすすめです。「Webエンジニア転職保証コース」はWebエンジニアへの転職。「Webデザイナー転職コース」はWebデザイナーへの転職を目指せます。

また、両コースは転職保証制度の対象です。条件を満たしたうえで受講期間内に内定を獲得できない場合は、受講料が全額返金されます。学習サポートや転職支援が充実しているため挫折するリスクは低いものの、万が一転職がうまくいかなくても安心です。

加えて、キャリア相談や面接対策、求人紹介など転職サポートも充実。はじめての転職でも、安心して活動できます。効率的にスキルを習得し、WebデザイナーやWebエンジニアへ転職したい人は侍エンジニアを検討してください。

公式サイトで詳細を見る

リスキリングに活用できる補助金

リスキリングに活用できる補助金

ここからは、リスキリングに利用できる補助金を、2つにまとめて解説します。

なお、簡単に各補助金の概要を知りたい人は次の一覧表を参考にしてください。

補助金名補助金の目的対象者補助金の割合
リスキリングを通じた
キャリアアップ
支援事業
転職を目的としたスキルアップに対する支援・企業等と雇用契約を締結している在職者
・転職を検討している人
受講料の最大70%(56万円)
教育訓練
給付制度
労働者のスキルアップ支援・雇用保険に加入している在職者
・離職して1年以内の人
受講料の最大20~70%(10~56万円)

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業

「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」は、転職を目的としたスキルアップの支援事業です。

対象者は企業と雇用契約を結んでいる人で、次の労働形態に該当する人です。加えて、スキルアップの目的が副業や独立ではなく、転職である必要があります。

  • 正社員
  • 契約社員
  • パート/アルバイト
  • 派遣社員

対象者の条件を満たしていれば、受講料の最大70%が支給されます。受講料は1度全額立て替えが必要で、補助金の支払いタイミングはスクールごとに異なります。

たとえば、侍エンジニアは講座を修了した段階で受講料の50%。転職後1年間就業したと確認できたタイミングで20%が支給されます。

  • 受講修了したら受講料の50%相当額を支給(上限40万)
  • 侍エンジニアが紹介した求人に転職後、1年間継続的に就業した段階で追加の20%相当額を支給(上限16万)

このように、「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」は、転職を目的にスキルアップを検討中の人が利用すべき補助金です。

なお、より詳しくリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業を知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業とは?活用条件や利点も紹介
更新日:2024年5月10日

教育訓練給付制度

「教育訓練給付金制度」は、労働者のスキルアップを支援する制度です。

対象者は雇用保険に加入している在職者で、離職して1年以内の人が該当します。キャリアアップ支援事業と同様に、次の労働形態で働く人が利用できます。

  • 正社員
  • 契約社員
  • パート/アルバイト
  • 派遣社員

教育訓練給付金制度は3つの給付金にわかれており、それぞれ支援対象が異なります。

給付金の種類補助金の割合対象講座の特徴
一般教育
訓練給付金
受講料の最大20%(年間上限10万円)安定した雇用や就職につながるスキルが学べる
特定一般教育
訓練給付金
受講料の最大40%(年間上限20万円)再就職や早期のキャリアアップにつながるスキルを学べる
専門実践教育
訓練給付金
受講料の最大70%(年間上限56万円)中長期的なキャリア形成につながる専門分野のスキルが学べる

一般教育訓練給付金は、安定した雇用や就職につながるスキル。特定一般教育訓練給付金は、再就職や早期のキャリアアップにつながるスキル。専門実践教育訓練給付金は、中長期的なキャリア形成につながる専門分野のスキル習得が対象です。

補助金の割合も異なり一般教育訓練給付金が最大20%、特定一般教育訓練給付金が最大40%、専門実践教育訓練給付金が最大70%給付されます。

教育訓練給付金は対象条件が厳しくないため、転職を含む幅広い目的でのスキル学習に利用できます。

まとめ

今回は、リスキリングで何を学ぶべきか解説しました。

リスキリングで学ぶスキルに悩んでいる人は、転職や昇進・昇格など目的に合わせて選択すると良いでしょう。また、将来性や選択肢の多さを考えると、プログラミングスキルがおすすめです。

リスキリングで学ぶスキルが決まっていない人は、本記事を参考に選択してください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

この記事を書いた人

【プロフィール】
新卒でプログラマーとして勤務し、実務経験を積んだ後、現在はフリーランスWebライターとして活動中。主に、企業のオウンドメディアやブログ記事の執筆を担当。IT・プログラミング関連の執筆が得意。2020年から侍エンジニアブログの記事制作を務めており、文章の読みやすさや納得感を意識しながら執筆しています。
【専門分野】
IT/プログラミング
【SNS】
X(旧:Twitter)

目次