LPICの取得が目指せるおすすめスクール8選!選び方も紹介

今回紹介するおすすめスクール早見表

スクロールできます
スクール名分割払い給付金/割引転職保証副業支援フリーランスへの独立支援質問/相談サポート卒業後のサポート受講期間一括料金(分割)特徴担当講師受講形式

公式サイト
  4,098円~4週間~16万5,000円~(4,098円~)最大70%OFFの受講料でLPICの取得が目指せる現役エンジニアオンライン
・マンツーマンレッスン

公式サイト
1ヶ月~月額3万3,000円講師のサポートを受けながらのeラーニング現役エンジニア/エンジニア経験者通学/オンライン
・eラーニング/個別指導

公式サイト
136時間45万6,324円(要お問い合わせ)自分に合うカリキュラムとペースで学習できる要お問い合わせ通学/オンライン
・Web面談型学習

公式サイト
3ヶ月14万8,900円(要お問い合わせ)教室でもオンラインでも受講可能要お問い合わせ教室/オンライン
・少人数/個別授業
KENスクール
公式サイト
 3ヶ月~13万6,400円~(要お問い合わせ)LPIC向けのコースを幅広く設置トレーニングを受けたプロフェッショナルな講師教室/オンライン
・少人数/個別授業
パソコンスクールISA
公式サイト
12ヶ月35万2,000円~(要お問い合わせ)基礎から各種サーバーの構築まで多様なコースエンジニア経験者教室/オンライン
・少人数/個別授業

公式サイト
20コマ~12万2,100円~(要お問い合わせ)マンツーマンでレッスンを実施要お問い合わせ通学/オンライン
・少人数/個別授業

公式サイト
9週間22万5,500円(要お問い合わせ)少人数クラス制で修了まで1人の講師が担当実務経験がある現役エンジニア通学/オンライン
・少人数クラス制

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・公式サイトから確認できない情報には「要お問い合わせ」と記載しています。
・「料金」には、2023年10月時点の税込み価格を掲載しています。

LPICを取得できるプログラミングスクールってどこだろう?
自宅で学ぶなら、オンラインで通うのもありかな…

国内におけるIT人材不足の深刻化を背景に、ITエンジニアといったプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

そんななか、転職や副業での収入獲得に向けたリスキリングを目的に、スクールでプログラミングを学ぼうと考えている人は多いですよね。

ただ、プログラミングスクールは数多くあるものの「LPICを取得できる」とは明記していないところもあるため、どこに通おうか迷う人もいるはず。

資格取得への対策のみを行うスクールやITエンジニアに必要なスキルが学べるところまで、学習内容や身につけられるスキルはスクールごとにさまざまです。

そのため、詳細を確認せずにスクールを選べば「他のところにすればよかった…」と後悔しかねません。

そこで、この記事では、LPIC(Linux技術者認定試験)の資格取得が目指せるおすすめのプログラミングスクールを、選び方も交えて紹介します。スクールで学ぶメリットやLPICの難易度/合格率なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

本記事で紹介するおすすめスクールの選定基準

当メディア「侍エンジニアブログ」が本記事で紹介するプログラミングスクールは、下記のプログラミング学習・教育に関する論文/参考文献に加え、「コエテコ」「プロリア」といった口コミサイト、Google検索や弊社メディア実施の独自調査にて集計した受講生・卒業生の口コミ情報をもとに、次の5つの観点で評価・選定しています。

カリキュラム・カリキュラムのわかりやすさ/取り組みやすさ
・実務を想定した内容が学べるか など
料金・受講期間や身につけられるスキル、サポート内容を踏まえたコスパの良さ
・分割払いが可能か など
学びやすさ・特定の受講者(社会人や主婦・学生など)に学びやすいサポート体制が整備されているか
・レッスンの有無
・レッスン外での質問対応時間の長さ、返答スピードの速さ など
講師・指導力(丁寧さやわかりやすさ など)
・親身に寄り添ってもらえるか
目的実現へのサポート体制・就職/転職支援の有無、支援内容やその手厚さ
・副業サポートの有無、支援内容やその手厚さ
・フリーランスへの独立に向けた支援、支援内容やその手厚さ

【プログラミング学習・教育に関する論文/参考文献】
※資料のリンクはすべてPDF形式

・情報処理学会論文誌「個々の学習者の理解状況と学習意欲に合わせたプログラミング教育支援
・情報処理学会シンポジウムシリーズ「初学者を対象とした自習中心のプログラミング教育の教材開発と評価
・日本教育工学会論文誌「諸外国のプログラミング教育を含む情報教育カリキュラムに関する調査
・総務省「プログラミング⼈材育成の在り⽅に関する調査研究
プログラミング教育の問題と対策
プログラミングの本質的難しさと 日本語/英語プログラミング言語の比較検討
プログラミング教育における作問学習による学習効果向上の定量的評価

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

※選定基準の詳細は「当メディアに掲載するサービスの選定基準について」をご確認ください。

目次

LPICスクールを選ぶ5つのポイント

LPICスクールを選ぶ5つのポイント

資格取得へのサポート内容や身につけられるスキルなど、詳細を確認しないままスクールを選べば、かけた費用や時間を無駄にしかねません。

プログラミングスクールでの受講を通じて「LPICの資格取得」といった目的を実現するには、自分に適したスクール選びが不可欠です。

そこで、ここからはLPICスクールを選ぶ5つのポイントを紹介します。

受講は通学かオンラインか

各スクールの受講形式を比較し、通いやすく学びやすいところを選びましょう。

プログラミングスクールの受講形式は、主に通学とオンラインの2種類に分けられ、それぞれ特徴が異なります。

メリットデメリット
通学・その場で直接講師に質問できる
・他の受講生と交流しながら学習を進められる
・通学に費用や時間がかかる
・受講にはまとまった時間が必要
オンライン・時間や場所を問わず受講できる
・通学に費用や時間がかからない
・受け身の受講になりがち
・学習仲間を作りづらい

通学形式のスクールは、講師がその場にいる状態で学習を進めるため、わからないことを直接講師に質問できます。自分と同じように通学する他の受講生とも交流可能です。

しかし、自宅や職場からスクールまで通わなければならないため、通学に費用や時間がかかります。通学に時間がかかる点から、ある程度まとまった時間を確保できる人でないと通い続けるのは難しいでしょう。

一方、オンライン形式のスクールは時間や場所を問わず受講できる点がメリットです。自宅や職場からの受講も可能なため、家事や仕事が忙しくても隙間時間を確保して学習を進められます。

しかし、受け身の受講になりがちな点はデメリットといえます。特に、動画教材を使った受講は視聴しているだけで理解したつもりになることがあるため、注意が必要です。

上記の特徴をふまえ、通学とオンラインそれぞれに向いている人の特徴をまとめました。

スクール通学が向いている人・他の受講生と交流しながら学習を進めたい人
・人の目がある環境で学習したい人
オンライン受講が向いている人・通学に時間や費用をかけたくない人
・すきま時間を活用して学習したい人

生活リズムや受講に確保できる時間などを考慮し、受講しやすいスクールを選びましょう。

レッスン内外での学習サポートは充実しているか

各スクールのレッスン内外におけるサポート内容を比較し、学習支援が充実したところを選びましょう。

プログラミングスクールごとにレッスンの有無は異なります。また、レッスンがあるスクールでもレッスンの形式や頻度、時間が異なります。

レッスンの有無レッスンの形式レッスン頻度/時間
SAMURAI
ENGINEER
あり現役エンジニアとのマンツーマンレッスン週に1回/60分
UZUZ
COLLEGE
なし
Win
スクール
ありプロ講師による個別指導事前予約により決定

加えて、レッスン外でのサポート内容もスクールごとで異なります。

レッスン外のサポート内容
SAMURAI ENGINEER・Q&A掲示板(回答率100%)
・オンラインチャットで担当講師に質問可能
・担当コンサルタントに悩みや不安を相談可能
システムアーキテクチュアナレッジ・講師が常駐する学習ラボ(秋葉原校のみ)
・出席できなかったライブ講義を受講できるe-ラーニングシステム
noaZoomでのレクチャー指導

レッスン内外での学習サポートを事前に確認しておかないと、自分の求めていたサポートを受けられない可能性もあります。独学と変わらない環境で学習を進めなければならなくなるリスクがあるのです。

無理なく通える価格帯か

無理なく通える価格帯か
無理なく通える価格帯か

各スクールの料金を比較し、無理なく通えるところを選びましょう。

下記のように、スクールごとで受講に必要な費用は異なります。

一括料金分割料金
SAMURAI
ENGINEER
通常:16万5,000円~
学生:15万8,400円~
4,098円~
パソコン
スクール
ISA
35万2,000円~要お問い合わせ
システム
アーキ
テクチュア
ナレッジ
22万5,500円要お問い合わせ

事前にかかる費用を比較しておかないと、割高な料金を支払わなければならなくなる可能性があります。金銭負担が大きいことでの不安から、学習に集中できなくなってしまうことも。

事前に価格帯を確認しておけば、無理のない範囲でスクール選びが可能です。また、割引などの特典を設けているスクールもあるため、事前に確認しておきましょう。

割引/特典
SAMURAI ENGINEER対象コースが最大70%OFFで受講可能
厚生労働省 一般教育訓練給付金制度
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
・転職活動で内定が獲得できなければ受講料を全額返金(転職保証コース)
・学割
小/中/高校生は全コースを25%OFFで受講可能
女性の方は全コースを5%OFFで受講可能
シングルマザーの方は全コース25%OFFで受講可能
障がいをお持ちの方は全コース25%OFFで受講可能
50歳以上の方は全コース10%OFFで受講可能
UZUZ COLLEGE応援キャンペーン
KENスクールスクール提携企業特別割引
学割プラン
お友達紹介キャンペーン
厚生労働省 一般教育訓練給付金制度

分割払いや割引特典もリサーチしたうえで、無理なく通えるスクールを探してみてください。

LPIC取得後のキャリアを支援してもらえるか

各スクールのキャリアサポート内容を比較し、LIPC取得後のキャリアを支援してもらえるところを選びましょう。

ITエンジニアへの就職や転職・副業での収入獲得など、LIPCの資格取得を目指す以上、何らかの目的があるはずです。キャリアサポートのないスクールを選んだ場合、LPIC取得後は自力で転職活動や案件獲得のための活動を行わなければなりません。

キャリアサポートのあるスクールを選べば、面接対策や職務経歴書の添削など、プロのアドバイスを受けながら就業活動が可能です。また、講師に案件の相談ができるスクールであれば、初めての副業にも安心して取り組めます。

就職/転職支援副業/フリーランスへの独立支援
SAMURAI
ENGINEER
IT企業で人事を経験したキャリアアドバイザーによる就業サポート・受講期間中に実案件を実践可能
・現役フリーランスエンジニアが案件獲得から納品までをサポート
noa就活/キャリア相談別コースでフリーランス特化コースあり
パソコン
スクール
ソフト
キャンパス
・就職専門カウンセラーによるキャリア相談
・面接や書類作成支援
在宅ワーク/副業向け講座あり

各スクールのキャリアサポートの例

各スクールのサポートを比較して、自分に必要なサポートはどのようなものかじっくり考えてみてください。

卒業生からの評判や口コミはよいか

各スクールの評判を比較し、卒業生からの口コミがよいところを選びましょう。

各スクールのWebサイトや資料だけでは、実際に受講した人がどのような魅力や不満を感じたかわかりません。卒業生からの評判や口コミを確認するようにしましょう。

スクール全体の実績だけでなく、就職や転職など自分と同じような目的を実現している卒業生がいるかも確認しておきましょう。

ちなみに、卒業生の口コミはSNSや口コミサイト、スクールが運営するWebメディアなどで確認できます。

SNSex Twitter
プログラミングスクールの口コミサイトex プロリア
プログラミングスクールが運営するWebメディアex SAMURAI ENGINEER Blog「卒業生の声

例えば、侍エンジニアが運営するオウンドメディア「SAMURAI ENGINEER Blog」では次のようなインタビュー記事を公開しています。

ただし「よい」「悪い」の感じ方は人によって異なります。口コミの評価を鵜呑みにするのではなく、内容を確認し、自分にとってよいか悪いかを判断する材料として利用してください。

なお、次の記事では事前に知っておくべき前知識も交え、プログラミングスクールの選び方を7つの観点から徹底解説しているので、あわせて参考にしてください。

プログラミングスクールの選び方!7つの観点から徹底解説

LPICの取得が目指せるおすすめスクール8選

選び方をおさえたところで、ここからはLPICが学べるおすすめのプログラミングスクールを8校紹介します。

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
2
4
5
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
2
4
5
previous arrow
next arrow

侍エンジニアは、現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスンとオリジナルカリキュラムが特徴のオンラインプログラミングスクールです。

事前のカウンセリングにて、

  • ITエンジニアに転職したい
  • 本業のすきま時間に副業で収入を得たい

などといった、LPICを取得する目的や理想の生活・仕事像をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも理想の実現に必要な知識・スキルを効率的に習得できます。

また、レッスン以外の時間でも

  • オンラインで質問できるQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でLPIC取得に向けた学習を進められるといえます。

なお、最大70%OFFの受講料で受けられるLPIC資格対策コース」ではインフラエンジニアへの就職・転職を見据え、LPIC(101/102)の資格取得を目指します。

LPIC資格対策コースのカリキュラム例

金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してLPICの資格取得が目指せますよ。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社SAMURAI
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・無料カウンセリングの満足度98%
・受講生の転職成功率99%
・転職成功後の平均年収65万円UP
・転職成功後の離職率3%
受講形式オンライン
レッスン詳細担当講師:現役エンジニア
時間:1回60分~
頻度:週に1回~
形式:マンツーマンレッスン
学べる言語
フレームワーク
HTML/CSS,JavaScript
Python,Wordpress,Ruby
PHP,Java,Flutter,C++,C#
Swift,Unity,Docker,Git など
対応時間全日8~22時
レッスン外での学習サポート・Q&A掲示板(平均回答時間30分以内)
・オンラインチャットで担当講師に質問可能
・担当コンサルタントに悩みや不安を相談可能 など
就職/転職支援IT企業で人事を経験したキャリアアドバイザーによる就職/転職サポート
(履歴書/職務経歴書の作成・添削、求人案内、面接対策など)
副業/フリーランスへの独立支援・受講期間中に実案件を実践可能
・現役フリーランスエンジニアが案件獲得から納品までをサポート
卒業後のサポート・(上記で記載している)就職/転職サポート
・教材の閲覧/利用
・質問掲示板の閲覧
・受講生コミュニティ/イベントへの参加
・案件獲得サポート など
輩出した卒業生卒業生のインタビュー記事はこちら
特典
お得な制度
・対象コースが最大70%OFFで受講可能
・厚生労働省 一般教育訓練給付金制度
・転職活動で内定が獲得できなければ受講料を全額返金(転職保証コース)
・学割(通常の受講料から10%OFFで受講可能)
・小/中/高校生は全コースを25%OFFで受講可能
・女性の方は全コースを5%OFFで受講可能
・シングルマザーの方は全コース25%OFFで受講可能
・障がいをお持ちの方は全コース25%OFFで受講可能
・50歳以上の方は全コース10%OFFで受講可能
アクセス完全オンライン
備考他の受講生と交流できる「もくもく会」や「オンライン自習室」を開講中

次の表に、侍エンジニアの各コース料金をまとめました。

通常コース

コース名受講期間一括料金分割料金
プログラミング
教養コース
4週間~通常:16万5,000円~
学生:15万8,400円~
4,098円~
オーダーメイド
コース
8週間~通常:46万2,000円~
学生:42万5,700円~
1万4,751円~
副業スタート
コース
12週間通常:29万7,000円
学生:27万7,200円
7.376円~
業務改善
AI活用コース
8週間~通常:22万円~
学生:20万7,900円~
5,313円~

給付金コース

コース名受講期間一括料金分割料金
Webエンジニア
転職保証コース
16/24週間通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
クラウドエンジニア
転職保証コース
16/24週間通常:47万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:17万2,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
フリーランス
コース
16週間~通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
AIアプリ
コース
16/24週間通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
データサイエンス
コース
16/24週間通常:69万3,000円(16週間の場合)
給付金利用時:25万2,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
Webデザイナー
転職コース
24週間通常:39万6,000円
給付金利用時:13万8,600円
可能(詳細は要お問い合わせ)
Java資格
対策コース
12/24週間通常:29万7,000円(12週間の場合)
給付金利用時:10万8,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)
LPIC資格
対策コース
12/24週間通常:29万7,000円(12週間の場合)
給付金利用時:10万8,000円
可能(詳細は要お問い合わせ)

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・入学金を含む税込みの一括/分割料金を掲載しています。
・2024年2月時点の情報を掲載しています。

侍エンジニアの評判・口コミ

調査概要:「SAMURAI ENGINEER」に関する意識調査
調査期間:2021/10/28~11/11
対象者:「SAMURAI ENGINEER」の受講生・卒業生
調査媒体:クラウドワークス
掲載媒体:SAMURAI ENGINEER Blog

UZUZ COLLEGE(ウズウズカレッジ)

9
10
11
12
9
10
11
12
previous arrow
next arrow

UZUZ COLLEGEは、eラーニングを中心に、講師のサポートを受けながら学習を進めるスタイルのスクールです。現役エンジニアの講師にチャットで質問が可能なほか、週次のミーティングで学習やキャリアの相談ができます。

LPICの取得を目指せるのはLinuCコースで、資格取得を目指すと同時にインフラエンジニアを目指せるコースでもあります。Linuxに関する基本的な知識から、セキュリティ管理まで学習可能です。

キャリアサポートでは、書類や面接対策だけでなく、求人選定や自己分析もサポート。IT専門エージェントのサポートを受けられるため、入社半年後の定着率が高い点も魅力です。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社UZUZ
実績・受講者数3万名以上
・就職定着率97%以上
・利用満足度4.4/5.0以上
レッスンの受講形式オンライン
・eラーニング(個別指導)
レッスン外での学習サポート・チャットグループでの質問
・個別ミーティング
就職/転職支援IT専門エージェントの就職支援
副業/フリーランスへの独立支援なし
対応時間平日10時~18時
特典
お得な制度
応援キャンペーン
アクセス完全オンライン
備考・6ヶ月の就職/転職サポートあり
・違約金なし

次の表に、UZUZ COLLEGEのコース料金をまとめました。

コース名LinuCコース
受講期間1ヶ月~
月額料金3万3,000円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・2023年2月時点の税込み価格を掲載しています。

UZUZ COLLEGEの評判・口コミ

2021年以降に投稿されたGoogle検索時の口コミ内容を掲載しています。
他の口コミが見たい方はこちら

UZUZ COLLEGE(ウズウズカレッジ)の評判・口コミ!卒業生のリアルな声も紹介
更新日:2024年2月2日

KENスクール

出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (4) (1)
1-6
2-6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (4) (1)
1-6
2-6
previous arrow
next arrow

KENスクールは、プログラミングやウェブデザイン、CADなどITに関する知識を幅広く学べるスクールです。

LPICを目指す人向けには次のようなコースがあるため、自分のスキルレベルや最終目標にあったコースを選んでみましょう。

就転職サポートでは、7,000人以上の卒業生をサポートしており、受講生就職率83%の実績もあります。カウンセリングを実施し、理想の働き方を確認したうえで企業の紹介を受けられるため、自分にあった企業を見つけられる可能性が高まります。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社シンクスバンク
実績・卒業生7千人以上
・受講生の就職率83%
レッスンの受講形式教室/オンライン
・集団/個別授業
レッスン外での学習サポート・活用したい時間帯や場所を指定して校舎を利用可能
・パソコンの無料開放
・制作物へのアドバイス
就職/転職支援求人紹介、書類添削、面接対策 など
※受講料が免除される就業支援コースあり
詳しくはこちら
副業/フリーランスへの独立支援なし
対応時間平日10時~13時/14時~19時
特典
お得な制度
スクール提携企業特別割引
学割プラン
お友達紹介キャンペーン
厚生労働省 一般教育訓練給付金制度
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
アクセス※校舎名をタップすると、Google Mapが表示されます。
新宿本校
東京都渋谷区代々木2-9-2
久保ビル4F
池袋校
東京都豊島区西池袋1-11-1
メトロポリタンプラザビル20F
北千住校
東京都足立区千住旭町4-12
桜テラス 3F
横浜校
横浜市西区高島2-19-12
横浜スカイビル 20F
名古屋校
名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ42階
梅田校
大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト11F
札幌校
札幌市中央区北5条西2-5
JRタワーオフィスプラザさっぽろ19F
備考分割支払いは要お問いわせ

次の表に、KENスクールの各コース料金をまとめました。

講座名受講期間一括料金
Linuxレベル1
取得講座
3ヶ月18万7,000円
Linuxレベル2
取得講座
6ヶ月31万9,000円
Linuxレベル2
試験対策講座
3ヶ月13万6,400円
CCNA+Linux
レベル1&2取得コース
12ヶ月67万3,200円
速習CCNA+Linux
レベル1取得コース
6ヶ月40万8,100円
速習CCNA+Linuxレベル1
+Windows Server構築コース
9ヶ月45万9,800円
Linuxエキスパート
就転職総合コース
12ヶ月88万4,400円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・入学金を含む税込みの一括料金を掲載しています。
・2023年2月時点の情報を掲載しています。

KENスクールの評判・口コミ

調査概要:「KENスクール」に関する意識調査
調査期間:2021/10/28~11/11
対象者:「KENスクール」の受講生・卒業生
調査媒体:クラウドワークス
掲載媒体:SAMURAI ENGINEER Blog

KENスクールの評判!卒業生の口コミからわかる受講の是非
更新日:2024年2月1日

Winスクール

16
17
18
19
16
17
18
19
previous arrow
next arrow

Winスクールは、プロの講師による個別指導を受けられるスクールです。教室でもオンラインでも受講できるシステムです。

そのため平日は会社近くの校舎、休日は自宅で受講するといったような使い分けもできます。

LPIC取得に向けた学習ができるコースは「LPIC資格対策講座(Level1)」で、コマンドやセキュリティ、管理業務を学習可能です。サーバーエンジニアを目指す方やLinuxの基本操作を習得したい人にも適しています。

資格対策講座に加えて、サーバー構築やネットワーク構築を学べる総合コースもあります。自分のスキルや目標にあわせて、コースを選びましょう。

公式サイトで詳細を見る
運営会社ピーシーアシスト株式会社
実績・パソコン資格一発合格率99%
・就職率96%
レッスンの受講形式教室/オンライン
・マンツーマンレッスン
レッスン外での学習サポート・質問掲示板
・オンラインセミナー
就職/転職支援・就職カウンセラーの個別サポート
・就職支援セミナー
副業/フリーランスへの独立支援なし
対応時間平日9~21時
土日祝9~18時
特典
お得な制度
MOS資格取得応援キャンペーン
アフタースクール
厚生労働省 一般教育訓練給付金制度
厚生労働省 特定一般教育訓練給付金制度
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
アクセス全国各地に校舎あり
詳しくはこちら
備考・分割支払いに関しては要お問い合わせ
・下記以外にも各コースを組み合わせた講座あり

次の表に、Winスクールの講座料金をまとめました。

講座名LPIC資格対策講座(Level1)
受講期間3ヶ月
受講料12万2,500円
入学金1万9,800円
教材費6,600円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・2023年2月時点の税込み価格を掲載しています。

Winスクールの評判・口コミ

調査概要:「Winスクール」に関する意識調査
調査期間:2021/10/28~11/11
対象者:「Winスクール」の受講生・卒業生
調査媒体:クラウドワークス
掲載媒体:SAMURAI ENGINEER Blog

Winスクールの評判!口コミからわかる受講の是非
更新日:2024年2月1日

パソコンスクールISA

出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (1)
1-10
2-10
3-10
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (1)
1-10
2-10
3-10
previous arrow
next arrow

パソコンスクールISAは、完全オンラインまたは通学+オンラインから学び方を選べるスクールです。プログラミングなど専門的な知識だけでなく、インターネットや電子メールなどの基礎的な操作も学べます。

LPIC取得を目指せるコースは、次の5つです。

  • CCNA+LPIC-1/LinuC ベーシック養成コース
  • CCNA+LPICベーシック養成コース
  • CCNA+LPIC/LinuCプロフェッショナル養成コース
  • MCP+LPIC/LinuCプロフェッショナル養成コース
  • MCP+LPIC/LinuC ベーシック養成コース

ネットワークインフラの基礎を学べるコースから、各種サーバーの構築を学習できるコースまで多様なコースが特徴です。現在のスキルはもちろん、将来どんな目標を達成したいのかもふまえてコースを選びましょう。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社アイエスエイ
実績・マイクロソフトジャパンパートナーオブザイヤー2019受賞
・テストセンター賞全国1位(新宿エルタワー校)
レッスンの受講形式対面
・マンツーマンレッスン
レッスン外での学習サポートなし
就職/転職支援IT企業人事担当者による就職カウンセリング
副業/フリーランスへの独立支援なし
対応時間教室により対応時間は異なる
ex
新宿エルタワー校:月~木10時~20時30分、金~日・祝10時~17時
銀座校:月~金11時~20時30分、土10時~18時、日・祝10時~17時
特典
お得な制度
厚生労働省 一般教育訓練給付金
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
アクセス※校舎名をタップすると、Google Mapが表示されます。
新宿エルタワー校
東京都新宿区西新宿1丁目6-1
新宿エルタワー6F
銀座校
東京都中央区銀座3丁目2-15
ギンザ・グラッセ5F
池袋校
東京都豊島区南池袋1丁目18ー17
I&Kビル8F
渋谷校
・東京都渋谷区道玄坂2-29-19
関口ビル5F
イオンスタイル南砂校
東京都江東区南砂6-7-15
イオンスタイル南砂店3F
横浜校
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-21-8
第1安田ビル3F
大宮校
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目3-6
第1高井ビル5F
川口校
埼玉県川口市川口1丁目1-1
キュポ・ラ3F
千葉校
千葉県千葉市中央区新町3-13
日本生命千葉駅前ビル10F
船橋FACE校
千葉県船橋市本町1丁目3-1
FACEビル12F
柏校
千葉県柏市柏1丁目2-38
さくら柏ビル6F
備考分割支払いに関しては要お問い合わせ

次の表に、パソコンスクールISAの各コース料金をまとめました。

講座/コース名受講期間一括料金
CCNA+LPIC-1/LinuC
ベーシック養成コース
12ヶ月(117時間)35万2,000円
CCNA+LPICベーシック
養成コース
12ヶ月(126時間)37万4,000円
MCP+LPIC/LinuC
プロフェッショナル
養成コース
12ヶ月(171時間)50万6,000円
MCP+LPIC/LinuC
ベーシック養成コース
12ヶ月(126時間)36万3,000円
CCNA+LPIC/LinuC
プロフェッショナル
養成コース
12ヶ月(171時間)51万7,000円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・入学金を含む税込みの一括料金を掲載しています。
・2023年2月時点の情報を掲載しています。

パソコンスクールISAの評判・口コミ

システムアーキテクチュアナレッジ

17
18
19
20
21
17
18
19
20
21
previous arrow
next arrow

システムアーキテクチュアナレッジは、少人数のクラスを開始から修了まで1人の講師が受け持つことが特徴のスクールです。フリータイムは、Eラーニングシステムを使って学習を進められるハイブリッド方式です。

レッスンだけでなく予習・復習と繰り返し学ぶことで、学習内容が身につきます。

LPICの取得を目指せるのは「​LPIC Lv1合格保証コース​」で、Linuxサーバーの構築・運用スキルを学習可能。一発合格率96%、修了率98%の実績がある点も魅力です。

就職・転職支援では、希望条件に合う求人の紹介や面接対策、内定・承諾後のフォローなどを実施しています。オンラインで受講している人でも、通学している人と同様のサポートを受けられるのがうれしいポイントです。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社エスアイイー
実績・受講生のLPICレベル1一発合格率96%
・受講生の修了率98%
・受講満足度9.9/10.0以上
レッスンの受講形式対面/オンライン
・少人数クラス制/ライブ授業
レッスン外での学習サポート・講師が常駐する学習ラボ(秋葉原校のみ)
・出席できなかったライブ講義を受講できるe-ラーニングシステム
就職/転職支援専門チームによる就職
・転職サポート
副業/フリーランスへの独立支援なし
対応時間要お問い合わせ
特典
お得な制度
・学割(資格対策講座10%OFF)
厚生労働省 教育訓練給付金
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
アクセス※校舎名をタップすると、Google Mapが表示されます。
秋葉原校
東京都千代田区神田松永町18
ビオレ秋葉原ビル3F
新宿校
東京都新宿区西新宿1-7-1
松岡セントラルビル3F
備考分割料金に関しては要お問い合わせ

次の表に、システムアーキテクチュアナレッジのコース料金をまとめました。

コース名LPIC Lv1合格保証コース
受講期間54時間(9週間)
一括料金22万5,500円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・入学金を含む税込みの一括料金を掲載しています。
・2023年2月時点の情報を掲載しています。

システムアーキテクチュアナレッジの評判・口コミ

noa

11
12
13
14
11
12
13
14
previous arrow
next arrow

noaは、ITだけでなくビジネス関連のさまざまなスキルを学べるスクールです。自習室を利用できるため、自宅では学習しにくいと感じる人にもおすすめです。

LPICの取得を目指せるのは「サーバースペシャリストコース」で、ネットワークの初歩からスタートできます。実習を交えて学習を進められるため、資格取得だけでなく就職・転職後の実務にも役立ちます。

就職・転職に関する相談や、面接練習などのサポートを受けることも可能です。元人事のスタッフが対応するため、どんなアピールが効果的なのか、企業側の目線からアドバイスを受けられます

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社ワークアカデミー
実績要お問い合わせ
レッスンの受講形式対面/オンライン
・クラス制授業
レッスン外での学習サポートZoomでのレクチャー指導
就職/転職支援就活/キャリア相談
副業/フリーランスへの独立支援別コースでフリーランス特化コースあり
対応時間梅田校
・平日13時~21時/土日祝10時~17時
あべのハルカス校
・13時~21時/土日祝10時~17時
特典
お得な制度
・学生割引全講座10%OFF
・提携先企業割引
・お友達紹介割引 など
アクセス※校舎名をタップすると、Google Mapが表示されます。
梅田校
大阪市北区茶屋町1-27
ABC-MART梅田ビル7F
あべのハルカス校
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス23F
備考分割支払いに関しては要お問い合わせ

次の表に、noaのコース料金をまとめました。

コース名サーバースペシャリストコース
受講期間136時間
受講料42万9,000円
入会金8,800円
教材費1万8,524円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・2023年2月時点の税込み価格を掲載しています。

noaの評判・口コミ

パソコンスクール ソフトキャンパス

11
12
13
14
11
12
13
14
previous arrow
next arrow

パソコンスクールソフトキャンパスは、マンツーマンのレッスンを受けられるスクールです。通学でもオンラインでも受講可能で、自習室も自由に利用できます。

LPICを取得できるコースは次の5つが設置されており、Linuxの操作経験がない人から中規模のネットワーク管理者を目指す人まで、自分に合ったレベルのレッスンを受講できます。

就職・転職を目指す人は、キャリアコンサルタントの資格を持つ専門カウンセラーに相談可能。履歴書の書き方や求人の探し方を相談できます。

公式サイトで詳細を見る
運営会社株式会社ソフトキャンパス
実績要お問い合わせ
レッスンの受講形式対面/オンライン
・マンツーマンレッスン
レッスン外での学習サポート要お問い合わせ
就職/転職支援・就職専門カウンセラーによるキャリア相談
・面接や書類作成支援
副業/フリーランスへの独立支援在宅ワーク/副業向け講座あり
対応時間横浜校:平日10時~21時/水土祝日10時~18時/日曜定休日
仙台校:平日10~21時/土祝10時~18時/日曜定休日
青森校:平日10~20時/土10時~18時/日曜定休日
弘前校:平日10~20時/土10時~18時/日曜定休日
特典
お得な制度
厚生労働省 教育訓練給付金
※本スクールでの給付金紹介ページはこちら
アクセス※校舎名をタップすると、Google Mapが表示されます。
新宿校
東京都渋谷区代々木2-13-5
KT新宿ビル10F
横浜校
神奈川県横浜市西区北幸1-5-10
JPR横浜ビル6F
仙台校
宮城県仙台市青葉区一番町3-3-1
クラックス仙台 3F
青森校
青森県青森市緑3-9-2
サンロード青森3F
弘前校
青森県弘前市土手町38番地
スカイパークビル2F
備考分割支払いに関しては要お問い合わせ

次の表に、パソコンスクールソフトキャンパスの各講座/コース料金をまとめました。

講座名受講期間受講料
LPIC
Essential講座
20コマ12万2,100円
LPICレベル
(101/102)コース
50コマ(4ヶ月)33万2,200円
LPIC
レベル1講座
50コマ31万5,700円
LPICレベル2
(201/202)対策講座
50コマ33万7,700円
LPICコース85コマ(6ヶ月)55万2,200円

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・入学金/教材費を含む税込みの一括料金を掲載しています。
・2023年2月時点の情報を掲載しています。

パソコンスクール ソフトキャンパスの評判・口コミ

おすすめのLPICスクール・比較表

ここでは、今回紹介したLPICの資格取得が目指せるおすすめのプログラミングスクールを比較できるよう、一覧表にまとめて紹介します。赤いボタンから各スクールの公式サイトに移動できるので、詳細が気になる人はタップして確認してみると良いですよ。

スクロールできます
スクール名分割払いの有無給付金/割引の有無オンライン対応転職保証の有無副業支援フリーランスへの独立支援レッスン外での学習サポート卒業後のサポート受講期間一括料金(分割)特徴担当講師受講形式

公式サイト
  4,098円~4週間~16万5,000円~(4,098円~)最大70%OFFの受講料でLPICの取得が目指せる現役エンジニアオンライン
・マンツーマンレッスン

公式サイト
1ヶ月~月額3万3,000円講師のサポートを受けながらのeラーニング現役エンジニア/エンジニア経験者通学/オンライン
・eラーニング/個別指導

公式サイト
136時間45万6,324円(要お問い合わせ)自分に合うカリキュラムとペースで学習できる要お問い合わせ通学/オンライン
・Web面談型学習

公式サイト
3ヶ月14万8,900円(要お問い合わせ)教室でもオンラインでも受講可能要お問い合わせ教室/オンライン
・少人数/個別授業
KENスクール
公式サイト
 3ヶ月~13万6,400円~(要お問い合わせ)LPIC向けのコースを幅広く設置トレーニングを受けたプロフェッショナルな講師教室/オンライン
・少人数/個別授業
パソコンスクールISA
公式サイト
12ヶ月35万2,000円~(要お問い合わせ)基礎から各種サーバーの構築まで多様なコースエンジニア経験者教室/オンライン
・少人数/個別授業

公式サイト
20コマ~12万2,100円~(要お問い合わせ)マンツーマンでレッスンを実施要お問い合わせ通学/オンライン
・少人数/個別授業

公式サイト
9週間22万5,500円(要お問い合わせ)少人数クラス制で修了まで1人の講師が担当実務経験がある現役エンジニア通学/オンライン
・少人数クラス制

・各項目は公式サイトへ記載された情報をもとに掲載しています。
・公式サイトから確認できない情報には「要お問い合わせ」と記載しています。
・「料金」には、2023年8月時点の税込み価格を掲載しています。

LPICスクールで学ぶ3つのメリット

LPICスクールで学ぶ3つのメリット

ここまで、LPICの資格取得が目指せるおすすめのプログラミングスクールを、選び方も交えて紹介しました。ただ、なかにはスクールに通うべきか悩んでいる人もいますよね。

そこで、ここからはスクールでLPICの資格取得を目指す3つのメリットを紹介します。

効率よくLPICの取得勉強を進められる

スクールでは、要点を押さえたカリキュラムを使用して学習を進められます。そのため、独学と比べて短い時間で効率よく学べます。

LPICの資格取得に向けた勉強は、独学でも進められます。しかし、LPICの資格取得といったプログラミングの学習途中で挫折する人は多くいます。

事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が学習中に挫折や行き詰まりを経験しているのがわかりました。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

ただし、スクールに通えば不明点を講師に質問しながら学習を進められるため、挫折の可能性を下げられます。

また、独学ではモチベーションが続かないことも、挫折の大きな原因です。多くのスクールでは、学習のモチベーションを維持するための工夫がなされている点もメリットです。

実務を想定したスキルが身につけられる

資格を取得するだけでなく、学んだ内容を実務にも活かせる点もメリットです。

LPICを取得して、仕事に活かしたいと考えている人もいますよね。独学の場合、LPIC取得のために学習した内容を、どのように仕事に活かせばよいのかわからないという人も少なくありません。

スクールであれば、経験豊富な講師から、実務を想定した内容を学べます。学んだ知識をどのような場面で活かせるのかわかれば、学習のモチベーションにも繋がるでしょう。

LPIC取得後のキャリア実現をサポートしてもらえる

キャリア実現のために、LPICの取得を考えている人もいますよね。しかし、1人で活動していると、どのように行動すれば資格を最大限に活かせるのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

スクールを活用すれば、LPIC取得後に転職支援や求人紹介など、キャリア実現のためのサポートを受けられます。

ただ、なかには自分にどのキャリアが合うかわからない人もいるでしょう。そんな人は、弊社の「ITキャリア診断」をご活用ください。

診断にかかる時間は1分ほど。5つの質問に答えるだけで、あなたに合うITの職業や職種を診断してもらえます。

自分にあう職業や職種があいまいな人は、ぜひ一度お試しください。

自分にあうITキャリアを診断してみる

なお、次の記事ではプログラミングスクールに通うメリットを、デメリットや受講時の注意点も交え詳しく解説しているので良ければ参考にしてください。

プログラミングスクールに通うメリットは?デメリットや受講時の注意点も解説

おさえておきたいLPIC(Linux技術者認定試験)の基本情報

おさえておきたいLPIC(Linux技術者認定試験)の基本情報

最後に、下記のトピック別でLPICの基本情報を解説します。

LPICとは

LPIC(Linux Professional Institute Certification、正式名称:Linux技術者認定試験)は、Linuxのスキルを証明するための試験です。世界基準で認定されている資格であるため、取得すれば日本だけでなく世界中にスキルを示せます。

LPICを取得することでスキルや知識を証明できることに加え、学習の過程で体系的に知識を身につけられる点もメリットです。何から学習を始めたらよいかわからない人は、資格取得を目指して学習を進めてみましょう。

LPICの種類

LPICは下記3種類に分かれており、それぞれの難易度や問われる内容が異なります。

レベル1(Level1、LPIC-1)・コマンドラインでのメンテナンスタスク実行
・Linuxを実行するコンピューターの構成
・基本的なネットワークの構成
レベル2(Level2、LPIC-2)中小規模の混合ネットワークを管理する能力
レベル3(Level3、LPIC-3)・混在環境における企業全体の Linuxシステム管理
・セキュリティに重点を置いた企業全体の Linuxシステム管理
・仮想化およびコンテナ化に重点を置いた企業規模の Linuxシステム管理
・高可用性システムとストレージに重点を置いた、企業全体の Linuxシステム管理

101試験と102試験の両方に合格すると、レベル1と認定されます。

レベル2を受験するためには、レベル1に合格し、有効期間内である必要があります。201試験と202試験の両方に合格すると、レベル2と認定されます。

レベル3は、4種類のうちいずれかの試験に合格するとその専門分野のレベル3認定を受けられます。レベル3の試験を受けるためには、有効なレベル2の認定を持っていなければなりません。

いずれも、有効期間は5年間です。

つまり、現在LPICを取得していない人は、どのレベルを目指す場合でもまずはレベル1に挑戦する必要があります。

LPICの難易度/合格率

LPICの合格率は非公表ですが、難易度はITスキル標準でそれぞれ次のように設定されています。

LPICの種類ITスキル標準
LPIC-1レベル1(最低限必要な知識を持っていると認められるレベル)
LPIC-2レベル2(上位者の指示があれば必要な作業ができるレベル)
LPIC-3レベル3(要求された作業を全て1人でできるレベル)

どのレベルを目指すか考える際には、ITスキル標準を参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、LPICの資格取得が目指せるおすすめのプログラミングスクールを、選び方も交えて紹介しました。スクールを選ぶ時には、受講スタイルやサポートに注目しましょう。

スクールを利用すると、挫折の可能性を下げられます。この記事を参考に、LPIC取得のために学習できるスクールを選んでみてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次