【5分で分かる】Java言語のStringBufferの使い方とStringBuilderとの違い

Javaを使う上で、文字列を扱うStringクラスはご存知の方も多いと思いますが、StringBufferクラスは、使ったことがない方も多いのではないでしょうか?

StringBufferもStringと同じく文字列を扱うクラスですが、使い方によって用途が異なります。

StringBufferクラスはStringクラスとどう違うの?
どのような時に使えばよいの?
他の文字列を扱うクラスとどう住み分けすればよいのか?

この記事を読めば、これらの疑問が解決できるでしょう。

StringBufferとは

StringBufferクラスは、Stringクラス同様に宣言した変数に文字列を格納するために使用します。

Stringクラスとの違いとして、変数に文字列を格納したあとでも「値を追加」「挿入」「変更」などの、文字列操作が可能なことが挙げられます。

つまり、StringBufferクラスは、文字列の値が「不変である」と分かっているときに、使用するケースが多いと言えます。

StringBufferの使い方

StringBufferは以下のように宣言を記述します。

実際にStringBufferの簡単な使い方を、以下に紹介します。

実行結果

紹介した例では、StringBuffer型変数sStrBuf1とsStrBuf2を宣言して、文字列を格納しています。
(ここまではString型と同じ)

続いて、変数sStrBuf1にappendメソッドを使って、sStrBuf2を結合しています。出力結果は、sStrBuf1の文字列にsStrBuf2を結合した結果である”appleorange”が表示されます。

また、insertメソッドを使用すれば、文字列に値を挿入することが可能です。使い方は以下。

出力結果は、sStrBuf1の文字列のインデックス番号5番目から文字列” and ”を挿入しているため、結果は、”apple and orange”が表示されます。

StringBuilderとの違いは?

StringBufferクラスとStringBuilderクラスは、文字列の追加・変更などが行えますが、その違いはなんでしょうか?

違いを一言でいうと、StringBufferはマルチスレッドで、同じStringBufferのインスタンスにアクセスできます

マルチスレッドとは、複数の処理を並行して進めることを言います。そのため、ユーザーが1つの処理の完了を待たずに次の処理が実行できたり、メモリなどのリソースを節約できるといった利点があります。

StringBuilderは、マルチスレッドに不向き(実行結果が保証されていない)なことが挙げられます。StringBuilderについては次の記事で詳しく解説しています!

まとめ

StringBufferクラスは、Stringクラスと違ってさまざまな文字列操作ができることがわかりました。

  • 可変長(データの長さを問わない)であるため、値を繰り返しセットできる
  • 値を追加・挿入・変更することができる
  • マルチスレッド(並行処理)に対応している

もし、StringBufferの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説