【JavaScript入門】exitの代わりにtry catchでプログラムを終了する

こんにちは!エンジニアの中沢です。

JavaScriptにはプログラムを終了させるための「exit」がありません。

しかし、try catch文で代用することができるので上手く活用してください。

この記事では、

・exitとは
・JavaScriptにはexitがないので代用する方法

という基本的な内容から、

・try catchでexitのように終了させる方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、exitに関するさまざまな使い方をわかりやすく解説します!

exitとは

exitはプログラムを強制的に終了させるために使います。

しかし、JavaScriptにはexitがありません。

他の言語では、exitでプログラムを強制的に終了させることができますが、JavaScriptでは他の方法で代用する必要があります。

メソッドの処理を終了して呼び出し元のメソッドに戻るにはreturn文を使いますが、return文ではメソッドを抜けた後の処理はそのまま実行されてしまいます。

return文の使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【JavaScript入門】returnの使い方と戻り値・falseのまとめ!
更新日 : 2019年7月12日

JavaScriptにはexitがないので代用する方法

ここでは、JavaScriptにはexitがないので代用する方法を解説します。

exitのようにプログラムを終了させるには、try catch文を使います。

try catch文の中で処理を書き、終了させたいときに例外を投げることでプログラムを終了させることができます。

このようにして、exitを使ったような処理を書くことができます。

try catch文の詳しい使い方はこちらの記事で解説しているので、ぜひ確認してください。

【JavaScript入門】try…catchの使い方と例外処理のまとめ!
更新日 : 2019年4月15日

try catch文でexitのように終了させる方法

ここでは、try catch文でexitのように終了させる方法を解説します。

try catch文の中で終了させたいときに意図的に例外をスローしてプログラムを終了させます。

例外をスローした後の処理は実行されません。

次のプログラムで確認してみましょう。

const flag = true;

try {

    if (flag) {
        throw new Error('終了します');
    }
    console.log('実行されないコード');

} catch (e) {

    console.log(e.message);

}

実行結果:

終了します

このようにして、プログラムを終了させることができました。

まとめ

いかがでしたか?

今回はexitの代わりにtry catch文でプログラムを終了させる方法を解説しました。

return文と違いプログラムを完全に終了させることができるので、ぜひ活用してくださいね。

もし、プログラムを終了させる方法を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説