スライドショー

【JavaScript入門】exitの代わりにtry catchでプログラムを終了する

こんにちは!エンジニアの中沢です。

JavaScriptにはプログラムを終了させるための「exit」がありません。

しかし、try catch文で代用することができるので上手く活用してください。

この記事では、

・exitとは
・JavaScriptにはexitがないので代用する方法

という基本的な内容から、

・try catchでexitのように終了させる方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、exitに関するさまざまな使い方をわかりやすく解説します!

exitとは

exitはプログラムを強制的に終了させるために使います。

しかし、JavaScriptにはexitがありません。

他の言語では、exitでプログラムを強制的に終了させることができますが、JavaScriptでは他の方法で代用する必要があります。

メソッドの処理を終了して呼び出し元のメソッドに戻るにはreturn文を使いますが、return文ではメソッドを抜けた後の処理はそのまま実行されてしまいます。

return文の使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【JavaScript入門】returnの使い方と戻り値・falseのまとめ!
更新日 : 2020年5月8日

JavaScriptにはexitがないので代用する方法

ここでは、JavaScriptにはexitがないので代用する方法を解説します。

exitのようにプログラムを終了させるには、try catch文を使います。

try catch文の中で処理を書き、終了させたいときに例外を投げることでプログラムを終了させることができます。

このようにして、exitを使ったような処理を書くことができます。

try catch文の詳しい使い方はこちらの記事で解説しているので、ぜひ確認してください。

【JavaScript入門】try…catchの使い方と例外処理のまとめ!
更新日 : 2020年5月8日

try catch文でexitのように終了させる方法

ここでは、try catch文でexitのように終了させる方法を解説します。

try catch文の中で終了させたいときに意図的に例外をスローしてプログラムを終了させます。

例外をスローした後の処理は実行されません。

次のプログラムで確認してみましょう。

const flag = true;

try {

    if (flag) {
        throw new Error('終了します');
    }
    console.log('実行されないコード');

} catch (e) {

    console.log(e.message);

}

実行結果:

終了します

このようにして、プログラムを終了させることができました。

まとめ

いかがでしたか?

今回はexitの代わりにtry catch文でプログラムを終了させる方法を解説しました。

return文と違いプログラムを完全に終了させることができるので、ぜひ活用してくださいね。

もし、プログラムを終了させる方法を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]