【ExcelVBA入門】ハイパーリンクを設定・解除・開く方法を徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAでハイパーリンクを操作する方法を知っていますか?ハイパーリンクはExcelの使いやすさを向上する機能の1つなので、使いこなすととても便利です。

そこで今回は、

  • VBAからハイパーリンクを操作する方法

といった基礎的なことから、

  • ハイパーリンクを開く方法
  • ハイパーリンクを解除する方法
  • 実用性の高いサンプルコード

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

VBAでハイパーリンクを操作する方法とは

ハイパーリンクを操作する方法について解説します。

ハイパーリンク設定方法

最初は、ハイパーリンクの設定方法です。方法は2パターンありまして、以下のように書くことでハイパーリンクを設定することができます。

Worksheet.Hyperlinks.Add(Anchor , Address ,  [SubAddress] ,  [ScreenTip] ,  [TextToDisplay])
Range.Hyperlinks.Add(Anchor , Address ,  [SubAddress] ,  [ScreenTip] ,  [TextToDisplay])

引数の意味は、以下の通りです。

No引数意味
1Anchorハイパーリンクを設定するセル位置(Range)または、オートシェイプのShapeオブジェクトを指定
2Address接続先のURL、ファイルパス、メールアドレスなどを文字列で設定
SubAddressを指定する場合は「""」を設定
3SubAddressハイパーリンク先のWEBページにあるブックマークまたは、ワークシートのジャンプ先のセルを設定
4ScreenTipハイパーリンク上にマウスを置いたときに表示するヒントを設定
5TextToDisplayハイパーリンクに表示する文字列を設定

サンプルコード:

Dim hyplink  As hyperLink
 
'セルへのハイパーリンク設定
Set hyplink = ActiveSheet.Hyperlinks.Add(Anchor:=Range("A1"), _
                                          Address:=”https://www.sejuku.net/”, _
                                          TextToDisplay:=”侍エンジニア塾”)

実行後:

ハイパーリンクを開く方法

次に設定したハイパーリンクを開く方法を解説します。以下のように書くことで、ハイパーリンクを開くことができます。

Range("A1").Hyperlinks(1).Follow NewWindow:=True

上記はA1セルのハイパーリンクを開く例ですが、Rangeの範囲を変更することで設定した位置のリンクを開くことができます。

ハイパーリンク解除方法

次にハイパーリンクを解除する方法について解説します。以下のように書くことで、ハイパーリンクを解除することができます。

'指定したセル位置を解除
Range("A1").Hyperlinks.Delete

ハイパーリンクを開くときと同じく、Rangeの範囲を変更することで指定した位置のリンクを解除することができます。また、ワークシート全体を指定することで、一括で解除することもできます。

'全てのハイパーリンクを解除
Worksheets("Sheet1").Hyperlinks.Delete

サンプルコード

最後に、表形式のデータにハイパーリンクを設定するサンプルコードを紹介します。一覧データにループ処理でハイパーリンクを設定する例はよくあるので、ハイパーリンクを使いたいときにすぐ使えるサンプルを用意しています。

実行前:

サンプルコード:

Sub Test()
  Dim i As Integer
  Dim maxRow As Integer
  Dim hyplink  As hyperLink
 
  '最終行を取得
  maxRow = ActiveSheet.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row
  
  '行数文ハイパーリンクの追加処理を実施
  For i = 4 To maxRow
    'セルへのハイパーリンク設定
    Set hyplink = ActiveSheet.Hyperlinks.Add(Anchor:=Range("C" & i), _
                                             Address:=Range("D" & i))
  Next i

End Sub

実行後:

D列のURLを利用して、C列の記事タイトルにハイパーリンクを設定しています。

また、データの行数が可変になった時にも対応できるよう、最終行を最初に取得してFor文でハイパーリンク設定をループしています。

最終行を取得する方法、For文の書き方は以下で詳しく解説しているので、気になる方はこちらも見てみて下さいね!

VBAで最終行を取得するには?|End(xlUp)、SpecialCells(xlLastCell)
更新日 : 2019年4月24日
【VBA For Next】ループ処理の基本を5つのステップで完全理解
更新日 : 2019年4月20日

まとめ

今回は、VBAでハイパーリンクを操作する方法について解説しました。ハイパーリンクがあると元のデータをスッキリさせつつ、重要な情報をまとめることができます。

VBAでハイパーリンクを操作する方法は簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。