スライドショー

Slackのアプリ連携について!基礎の基礎を1から紹介

みなさんこんにちは!フリーランスプログラマーのstaoです。

Slackのアプリ連携について、今回は見ていきましょう。と言っても非常に幅が広い話です。ですので、内容を以下の二つに絞りつつ、広く浅く説明を進めていきます。

アプリの導入方法を知りたい
アプリの作り方を知りたい

必要な部分を参考にしていただければ幸いです。

SlackAppとは

意味はそのままでSlackのアプリケーションです。いろいろなものが用意されており、それをSlackに導入することで、その恩恵を受けることができるわけですね。

導入も簡単ですし、自作することも可能です。後者はプログラマーの方は、興味がそそられるところなのではないでしょうか。

アプリの導入方法

ではまずアプリの導入方法を見てきましょう。

Appディレクトリを開く

まずはAppディレクトリを開きましょう。

URL:https://my.slack.com/apps

上記URLへアクセスしてください。

Appディレクトリが開けたと思います。ここでアプリの管理を行うわけです。

どんなアプリがあるの?

トップページの「必須アプリ」項目にSlack上のオススメのアプリが乗っています。何があるか気になる人は目を通しておきましょう。

例えば今だとGoogleドライブ、GitHub、Asanaなどがオススメされていますね。どれも有名なので、知っている人も多いサービスでしょう。

こういった有名どころのサービスで、使用しているものとの連携は、視野に入れてもいいのではないでしょうか。

アプリを連携する

入れたいアプリが決まったらそれを選択しましょうか。すると中の画面にインストールボタンが確認できるはずです。インストールについては、それを押し、そのあとはアプリにしたがって設定を行うだけです。

例えばGigHubを選択したなら以下の画面が表示されるでしょう。

インストールボタンが確認できますね。それを押すだけです。インストールも非常に簡単ですね!

[補足]アプリの連携数

便利なアプリが多いので、たくさん入れたくなりますね。しかしここで注意が必要な点があります。それがアプリの連携数には上限があるという点です。

その上限はプランにもよりますが…。もし、無料プランを使用している場合は10個しかありません。入れるアプリは選別を行いましょう。

SlackAppの作り方

次にそもそもアプリを作るには、どうすれば良いのかも見ておきましょうか。長くなってしまいますので…、今回は非常に簡単に、入口の説明だけ行います。

[補足]アプリ開発に入る前に…

アプリを開発する目的にもよりますが…

  • 自分の工数削減のためBotを作りたい!
  • 趣味でメッセージ送ったりしたいだけ

このような場合は、アプリまでつくる必要はありません。Webhookを使用すれば、簡単にGASなどと連携して、メッセージの送受信を行うことが可能です。以下リンクで説明を行っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【Slack】一番楽なBotの作り方!メッセージ送信・受信するBotを作ろう
更新日 : 2019年7月22日

アプリ作成ページ

アプリの作成は以下のURLから行えます。

URL:https://api.slack.com/apps

開いたら、作成ボタンを選択しましょう。

アプリの設定

アプリが作成できたら、アプリの設定画面が開きます。

英語なのでわからないですね…。日本語訳してみましょう。

日本語訳されれば、なんとなくわかりますね!ここで、必要な機能や影響範囲・アプリ名、配信設定などを決めていくわけです。

機能の設定もいろいろありますね。コマンドを作成したり、Bot機能用のアカウント設定も行えます。

また、鍵やトークンなどもここから取得できますので、ここから先はそれを使用して開発を進めていくことになります。ですが、また長くなってしまうため…、ここから先は需要が高ければ、追記を行っていきたいと思います。

まとめ

今回は、見ている人それぞれの疑問を解消するため、二つにわけでSlackのアプリを見てきました。Slackはアプリを導入することで、もっと便利になります。有力なアプリはどんどん導入を検討していきましょう。

アプリの作り方については、非常に浅くなってしまいましたが、ベース部分の作成だけは終えることができましたね。トークンなど取得できましたので、あとはそれを使って開発を進めていきましょう。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!