フリーランスエンジニアの営業で大切な心構え4つと営業のポイント3つ

フリーランスエンジニアにとって重要なのは、安定した仕事量を確保することです。しかし、経験の浅いフリーランスほど、なかなか仕事を得られないという現状があります。

この記事では、フリーランスに必要な営業力を磨くために特に重要なポイントを紹介します。

フリーランスエンジニアは営業力が大事な理由2つ

フリーランスエンジニアと聞くと、自宅やカフェなどで期間に縛られずに自由に仕事をし、収入も一般的に高めというイメージを持っている人がとても多いです。しかし、実際にフリーランスエンジニアとして成功をするには、いくつかの重要なスキルを身に着けなければなりません。

フリーランスエンジニアとして成功するために特に重要な、営業に対する心構え実際に営業をするにあたって重要なポイントを紹介します。

営業力が大事な理由1:年収に関わる

フリーランスエンジニアのメリットの1つは収入面です。仕事をすればしただけ、すべて自分の収入に直結するため、同じレベルの会社員よりも収入は高くなる傾向にあります。

一方で、働かない時間=無収入となってしまうため、フリーランスエンジニアは次の仕事を確保するために、クライアントに対して自分を売り込む必要がでてきます。フリーランスエンジニアとして安定した年収を得るためには、営業力が重要です。

営業力が大事な理由2:クライアントに信頼を持たせる

フリーランスエンジニアとして仕事を続けていくためには、クライアントとの間に信頼関係を築く必要があります。

どんなに高い技術力を持っていたとしても、それを示す確かな実績を持っていなければ、重要な仕事や継続的な仕事を任されることはありません。黙っていても依頼が舞い込んでくるという状況は、企業に対して自分の技術力の高さをアピールし、確実に実績を積むことで一定以上の信頼を築いてからになります。

フリーランスエンジニアの営業で大切な心構え4つ

フリーランスエンジニアには営業が必須です。なぜならば、仕事量がそのまま年収に直結するため、常に新しい仕事を得る必要があるからです。

しかし、ただやみくもに営業活動をすればいいというものではありません。特にフリーランスになったばかりでは、実績に乏しいためクライアントからの信頼も得づらくなっています。そこで、フリーランスエンジニアとしてクライアントに信頼されるための営業や心構えのポイントをご紹介します。

大切な心構え1:SWOT分析を客観的に見つめ直す

SWOT分析とは、経営戦略分析の手法です。これをフリーランス市場に置き換えることで、自分がやりたいことの中で、市場のニーズにマッチしているものがあるかなどを客観的に捉えることができます。

自分ができることの中からビジネスになりそうなことを探し出し、それが市場にマッチしているかを考察して、営業のポイントにしましょう。

大切な心構え2:見た目の清潔感を大切にする

クライアントはあなたのことを何も知りません。そのため、第一印象が重要になってきます。メラビアンの法則によれば、心理学上人の第一印象は見た目が55%という結果があるように、自分自身が商品であるという自覚が必要です。

フリーエンジニアの中でもITエンジニアは、このようなことができていない人が多いですが、外観を整えることで相手に不快感を与えないという配慮は、営業をする上でとても重要なのです。

大切な心構え3:クライアントに良い印象を持ってもらう

フリーランスエンジニアは、クライアントから仕事をもらい、そのクライアントの期待以上の成果を出してはじめて、信頼を得ることができます。ところが、成果を出すには仕事をしなければなりません。しかし、最初のうちは信頼がないので仕事もなかなかもらえないというジレンマが発生します。

そこで、営業に力を入れることで、クライアントにいい印象を持ってもらう必要が出てきます。

大切な心構え4:マインドセットで自信を持つ

フリーランスエンジニアとして営業をする場合、大切な心構えとして、相手に自分を選ばせるというマインドセットが重要になってきます。

ここでいうマインドセットとは「自分と仕事をすればこのような利益があります」と、わかりやすく見てもらえるように、自分に自信を持つことです。クライアントに「この人と仕事をしてみたい」と思ってもらえれば好印象になり、信頼を得やすくなります。

フリーランスエンジニアの営業ポイント3つ

会社を辞めてフリーランスになると、自分の仕事を自分自身で獲得しなければなりません。

仕事を受注しなければ報酬も得られないので、営業力は必須スキルとなります。たとえ営業が未経験であったり苦手な分野だったとしても、努力をして営業力を身につける必要があります。

ここでは、企業に勤めていた時に営業を経験してこなかったり、営業が苦手だったりする人のために、フリーランスの営業のポイントを3つご紹介します。

営業ポイント1:実績を作る

フリーランスになって自由と高収入を実現したい、と考える人は多いですが、未経験からすぐにフリーランスエンジニアになれるのかというと、そういうわけにはいきません。特に実績のないフリーランスは、クライアントからの信用を得ることも難しく、仕事を任せてもらえない現状があります。

そこで、フリーランスエンジニアになるために必要な実績やスキル、安定した仕事を得られるようになるための営業のポイントをご紹介します。

独学する場合

フリーランスエンジニアになるためには、プログラミングのスキルが不可欠ですが、独学でプログラミングを学ぼうとする場合、いくつかの注意点があります。

学習本やネット、動画を使って独学をする場合、まず心得ておかなければならない事は、指示通りに打ち込んでも動かない、進まない、といったことがあります。未経験者が独学で覚える場合、習得に1年以上かかるか最悪挫折してしまいます。

プログラミングスクールに通う

未経験者がプログラミングを習得する場合、おすすめなのがプログラミングスクールに通うことです。

プログラミングスクールは、カリキュラムに沿って基礎からしっかりと学ぶことができます。そして、分からないことがあったら講師に直接質問をできるため、効率よく学べます。

直接教えてくれるプログラマーが居る場合を除き、独学で挫折するリスクや習得までの時間を考えれば、受講料を払っても通う価値は大きいでしょう。

営業ポイント2:ポートフォリオサイトを作る

フリーランスエンジニアとしてクライアントに営業をする場合、ポートフォリオサイトを作っておくと話がスムーズに進みます。

ポートフォリオサイトのメリットは、自分が持っているスキルを余すことなく伝えることができ、見る人にわかりやすく、短時間で自分を知ってもらえることにあります。ポートフォリオサイトを作る際には、必要以上に凝った作りにはせず、自分の技術力や成果を簡潔に理解してもらえるようにしましょう。

ポートフォリオの作り方

フリーランスエンジニアにとって、営業の際に有利なポートフォリオサイトは、あらゆる端末に最適化したレスポンシブWEBデザインという手法で作成しましょう。

サイトの構成は、誰が見ても見やすく簡単に理解できるものがおすすめです。営業の時にも、短時間で理解してもらえる上に、構成力の高さもアピールすることができます。他にも、自己紹介や自分の得意なプログラミング手法、成果物やサンプルプログラムも紹介しましょう。

付加価値の付け方

ポートフォリオサイトに必要なものはプロフィールや実績、成果物だけではありません。自分を採用することで、相手にどのようなメリットがあるのか、他人と違う点や自分の持っている強みなどをしっかりと書き込むことも重要です。

クライアントが求めているものに対して、プラスアルファの付加価値がある方がクライアントの興味も引きやすく、より営業の成果を得られやすくなります。

営業ポイント3:Web制作会社へのメール営業

ポートフォリオサイトを作ったら、実際に営業を始めてみましょう。

まずは、自分のスキルのニーズが高い業界に営業のメールを出します。ウェブ制作会社にメールを送る場合、メールを開封してもらうためにインパクトの強い件名にしたり、一週間に働ける時間や料金の目安などを箇条書きで書いておきます。

制作会社は見ず知らずの人の営業メールに割く時間を惜しみます。そのため、できるだけ簡潔に分かりやすい内容を心がけることが大切です。

営業リストの作り方

フリーランスエンジニアとしての実力がない場合、営業メールも無視されてしまうことが多いです。そのため、多くの提案をするためにも、営業リストを作っておきましょう。

営業リストの作り方にはいくつかの方法があります。取り掛かりやすく低コストな方法は、Webで企業が所在するエリアや業種、事業内容を検索することです。他にも、法人番号から企業リストをダウンロードしたり、SNSから企業情報を得る方法もあります。

フリーランスエンジニアが営業を成功させるコツ2つ

フリーランスエンジニアとして仕事を得るためには、まずは営業を成功させなければなりません。しかし、企業に提案のメールを送るにしても、どこにポイントを絞れば良いのか、どのような点をアピールをしたらいいのか、最初は悩んでしまいがちです。

ここでは、フリーランスエンジニアがクライアントから仕事を得るために営業を成功させるポイントを2つご紹介します。

成功させるコツ1:自分のアピールポイントを整理する

営業で仕事を得るためには、まずは自分が持つスキルの中でも特に強い部分を明確に把握することが重要でしょう。自分は何ができるのか、得意な業務や分野は何か、他のフリーランスエンジニアと違う部分があるか、抜きん出ている部分があるかなど、まずは書き出してみましょう。

これまでの業務経験や活動内容を通して、営業活動における自己アピールのポイントをしっかりと整理して営業に活かすことが大切です。

成功させるコツ2:市場ニーズを把握する

フリーランスエンジニアになったばかりの時は、仕事を得るためにやみくもな営業活動をしてしまいがちです。まずは、求人広告が掲載されているサイトを見て、現在求められている職種や技術をチェックしましょう。

企業に対して営業をする場合は、ホームページの採用情報を参考にします。市場のニーズをこまめにチェックし把握をすることで、企業のニーズにそった営業活動ができるようになり、案件獲得の近道にもなります。

フリーランスエンジニアが営業を成功させよう

フリーランスエンジニアとして営業をするうえで重要なことは、自分自身の実力を知ることと、相手に自分を知ってもらうことです。

まずは基本的な営業力を身につけ知識を深めることで、多くの営業手法の中でも、自分にあった手法で営業をしていきましょう。

クライアントを獲得して、フリーランスエンジニアとして参加できるようになったら、更に営業の質を向上されるとともに、新しい案件に向けて営業サイクルを作っていきましょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー