副業で月20万円を稼ぐには?おすすめの仕事5選を解説

副業で月20万円を稼ぐにはどうすればいいの?
月20万円を目指せる副業はどれ?

一見、副業で月20万円を稼ぐのは難しいと感じられるかもしれません。しかし、適切な方法で副業に取り組めば月収20万円は実現可能です。

とはいえ「何から始めればいいかわからない」と悩む方は多いでしょう。

そこで、今回は副業で月20万円稼ぐ方法を、注意点も交えて紹介します。月20万円を目指せるおすすめの副業や選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • 副業で月20万円の収入を目指すならWebサイト制作やWebデザイン案件がおすすめ
  • いかに高単価な案件を獲得できるかが月20万円の収入獲得への近道
  • 条件が悪い案件や苦手な仕事を請け負うと継続的に稼ぎづらくなる

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

副業で月20万円を稼ぐためのスキルを身につけたい方は「侍エンジニア」がおすすめです。侍エンジニアの副業スタートコースでは、Web制作やWebデザインのスキルを習得して、約3ヶ月で5〜10万円程度の収入獲得を目指せます。月20万円を稼ぐまでの着実なステップアップに最適です。興味がある方は下記からぜひご覧ください。

公式サイトで「副業スタートコース」の詳細を見る

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

副業で月20万円稼ぐならスキルや実績が不可欠

大前提として、副業で月20万円を稼ぐにはスキルや実績が不可欠です。たとえば、月20万円を達成する場合は以下のような仕事を毎月こなす必要があります。

副業達成基準の例
Webライター1記事5000円の場合、月に40記事
Web制作者LP1ページ制作1万円の場合、20ページ
プログラミングプログラミングスキルがある前提で、週1,2日常駐

「スキル不要」「未経験・初心者OK」と記載されている案件は単価が低く、月20万円を目指すのに現実的ではありません。

月20万円を達成するには、高単価の案件を獲得することが重要になります。高単価案件はスキルや実績をアピールすることで獲得できるため、スキルアップや実績づくりに積極的に取り組むことが大切です。

副業で月20万円を稼ぐ3つの方法

副業で月20万円を稼ぐには下記の方法があります。

それぞれの内容を知り、どの方法が自分に合っているかを考えてみましょう。

【方法1】本業や身につけているスキルを活かす

1つ目の方法は、本業や身につけているスキルを活かすことです。

月20万円の達成にはスキルや実績が必要だとお伝えしましたが、すでに本業でのスキルや実績があればスタートから高単価案件を狙えます。

たとえば、本業でITエンジニアをしている場合、プログラミングスキルを活かして「サイト制作」や「アプリ開発」などの案件を獲得できるでしょう。「明確なスキルがない」と感じる場合でも、本業の経験や実績は副業次第で活かせます。

自分の本業における経験や現状のスキルを見直して、活かせる副業を選ぶと効率的に月20万円に近づけるでしょう。

【方法2】案件単価の高いスキルを習得する

2つ目の方法は、案件単価の高いスキルを習得することです。月20万円ともなると、より専門性の高いスキルが求められます。

1案件の単価が高いもので言うと、下記の職種がおすすめです。それぞれ即戦力としてのスキルが求められます。

職種求められるスキルの例
ITエンジニア・プログラミングスキル
・上流工程で扱う設計スキル
・クラウドなどのインフラスキル
・Gitなどを利用したチーム開発スキル
マーケター・現状を正確に分析するスキル
・分析したデータから改善策を提案するスキル
・ABテストなどで施策を改善できるスキル

特にITエンジニアは月に1、2日でも月20万円の収入を達成できる案件もゼロではなく、受託開発なども含めると副業としても最適です。

もしも副業で月20万円を目指す場合は、スクールで今の悩みを相談してみませんか。以下から、無料カウンセリングをお試しください。

公式サイトで無料カウンセリングの詳細を見る

【方法3】副業を仕組み化する

3つ目の方法は、副業を仕組み化することです。仕組み化とは「1人でやっていた仕事を、外部のパートナーなどを考慮してチーム化して取り組むこと」を指します。下記のような仕組み化により、自分にスキルや実績がない場合でも高単価案件を受注できます。

  • 外注
  • チーム化
  • 自動化

自分にスキルがなくとも、スキルがある人に外注することで案件の受注・遂行が可能です。またチームを作ることで自分は管理にまわり、実務をメンバーにお願いすることもできるでしょう。

ある程度の資金が必要なケースが多いですが、軌道に乗れば効率的に月20万円を稼げます。マネジメントやディレクションのスキルアップにもつながる方法です。

月20万円を稼ぐ副業の選び方

月20万円を稼ぐには副業選びが重要になります。月20万円という金額は到達までにある程度の期間がかかりますが、自分に適した副業を選ばなければ長く続けられないためです。

月20万円を稼ぐ副業の選び方を2つ見ていきましょう。

1.自分の得意や苦手とマッチするか

選び方の1つ目は、自分の得意や苦手とマッチするかです。

得意なことなら業務をするハードルが低いため、長期的に続けられます。一方で苦手なことを副業にすると業務自体の負担が大きく、月20万円に到達する前に挫折しかねません。

自分はどのようなことが得意なのか、苦手なのかを洗い出して、マッチする副業を選ぶと収入を伸ばしやすいでしょう。

2.知識やスキルの習得を楽しめるか

選び方の2つ目は、知識やスキルの習得を楽しめるかです。

月20万円に到達するには、積極的に知識・スキルを習得することが必要になります。もし習得を楽しめず「やりたくない」という気持ちでいると、学ぶ機会を持てずにいつまでも低単価な案件しか獲得できません。

一方で、知識やスキルの習得を楽しめる副業の場合、日頃からスキルアップに取り組めて高単価案件にも手が届きやすくなります。

興味がある副業は知識やスキルを少し学んでみて「楽しく学び続けられそうだ」と感じられるかを確認しましょう。

月20万円を目指せるおすすめ副業5選

選び方をお伝えしましたが「月20万円を目指せる副業は具体的にどれ?」と気になる方もいるでしょう。

ここでは、月20万円を目指せるおすすめ副業5選を紹介します。

それぞれの内容や特徴を知り、副業選びの参考にしてください。

1.Webサイト制作

仕事内容Webサイトの作成・公開
案件の単価目安サイト制作:5万円〜15万円
(高いスキルがあれば20万円〜30万円以上も可能)
必要なスキル・HTML/CSS
・JavaScript
・WordPress
・サーバー

Webサイト制作は、Webサイトを作ることです。基本的にWebサイトの作成から公開までをおこないます。

Webサイト制作は数万円〜数十万円と単価が高いことが大きな魅力です。初心者からでもスキルを習得しやすく、業務をある程度パターン化できるため効率よく稼げます。

Webサイトのページ数が多くて規模が大きいほど高単価です。まずは小規模のWebサイト制作で実績を積み、次第に高単価案件に挑戦するといいでしょう。

なお、Webサイト制作のスキルを身につけるなら「侍エンジニア」がおすすめです。侍エンジニアの副業スタートコースは、約3ヶ月で5〜10万円程度の収入獲得を目指せるスキルが身につきます。案件獲得から納品までプロ講師と進められるので安心です。興味がある方はぜひ下記からご覧ください。

公式サイトで「副業スタートコース」の詳細を見る

2.Webデザイン

仕事内容Webページやバナーの作成
案件の単価目安・バナー作成:3,000円〜1万円
 (高いスキルがあれば2万円〜5万円も可能)
・LP作成:3万円〜5万円
 (高いスキルがあれば10〜30万円も可能)
必要なスキル・Illustrator
・Photoshop
・HTML/CSS
・JavaScript
・WordPress

「Webデザイン」は、Webページの見た目を作ることです。バナー作成などの低単価から、LP作成などの高単価案件までステップアップできます。

Webサイト制作と近いですが、よりデザインに特化しており「Illustrator」や「Photoshop」などのデザインソフトを扱うスキルが必要です。

Webデザインはスキルや実績が高いほど高収入を得られます。高いスキルが求められるLP作成には単価が10万円以上の案件もあるため、将来的により高い副業収入を目指せます。

なお、Webデザインに興味がある方は「侍エンジニア」をおすすめします。侍エンジニアの副業スタートコースは、プロ講師とともに実際のWebデザイン案件に取り組みながら学習を進めるスタイルです。Webデザインで稼ぐ一連の流れやスキルを身につけられます。ぜひ下記をご覧ください。

公式サイトで「副業スタートコース」の詳細を見る

3.Webライティング

仕事内容Webサイトに掲載する記事の作成
案件の単価目安1記事3,000円〜1.5万円
(専門知識やスキルがあれば2万円〜10万円など)
必要なスキル・文書作成ツール(WordやGoogleドキュメントなど)
・WordPress
・SEOの知識
・専門分野の知識・スキル・実績

WebライティングはWeb上の文章を書くことです。SEO記事やコラム記事、インタビュー記事などがあります。

SEO(検索エンジン最適化)とはGoogleなどの検索エンジンで、目的のページが検索結果の上位に表示されるよう施策を施すことです。月20万円を目指すならSEOの知識は必須といえます。

「転職」「子育て」「恋愛」「スポーツ」など、あらゆるジャンルで記事を執筆できるので、自分の興味関心が高いテーマで仕事ができます。経験を活かせる仕事とも言えるでしょう。特定のジャンルの知識や実績を増やすことで、記事単価を数万円に上げることが可能です。

4.アフィリエイト

仕事内容自分のブログ・サイトへの広告掲載
案件の単価目安数百円〜数万円
必要なスキル・WordPress
・アフィリエイトの知識
・SEOの知識

アフィリエイトは、自分のブログやサイトに広告を掲載して、成果が出た際に報酬が発生するものです。ブログやサイトの閲覧数を増やし、広告を効果的に設置する必要があります。

軌道に乗れば自分が手を動かさなくとも収益が発生する点が魅力です。初期コストが低く、初心者でも始めやすい副業といえます。

ただし、収益が出るまで半年〜1年ほどかかることが多いです。月20万円の収益を得るにはアフィリエイトの知識を身につけて戦略的に運用し続ける必要があります。作業した分だけ稼げるわけではないため、分析をしながら長期的に取り組める方におすすめです。

5.動画編集

仕事内容動画内容の調整、BGM・テロップの挿入
案件の単価目安3,000円〜1.5万円
(高いスキルがあれば2万円〜3万円も可能)
必要なスキル動画編集ソフト

動画編集は、動画素材を組み合わせたりBGMやテロップを入れたりすることです。YouTube動画やPR動画などの案件があります。

あらゆるジャンルや雰囲気の動画があるため、興味のあるジャンルや好きな雰囲気の案件を選ぶと楽しく編集できるでしょう。

動画編集は慣れると短時間で作業でき、時給換算の単価を上げやすいです。アニメーションや3DCGなど専門的なスキルがあれば高単価案件を獲得できます。

また編集だけではなく、企画構成も含めると単価5万円〜10万円、撮影まで含めると単価5万円〜15万円以上を狙えます。

副業で月20万円を稼ぐ3つのポイント

月20万円を目指せる副業を選んだからといって、必ず到達できるわけではありません。月20万円を実現できるかは実際の行動次第です。

副業で月20万円を稼ぐ3つのポイントをおさえましょう。

各ポイントを着実に積み重ねれば、次第に収入が上がります。

【ポイント1】スキルアップして受注単価を上げる

1つ目のポイントは、スキルアップして受注単価を上げることです。スキルを身につけることでより高単価の案件を受注できます。

たとえばWebデザインの副業の場合、Webページの要素となるバナーや画像の作成だけではなく、Webページのレイアウトやコンテンツの配置を定めた設計図(ワイヤーフレーム)を作成できると受注単価を高められます。

副業でスキルアップするには、土日などのまとまった時間を確保するほか、日々のスキマ時間を活用することが重要です。通勤時間や待ち時間などでスキルアップに取り組みましょう。

【ポイント2】目標設定と改善を繰り返し生産性を高める

2つ目のポイントは、目標設定と改善を繰り返して生産性を高めることです。

月20万円を達成するために「案件を月◯件こなす」「単価を○円に上げる」などの目標設定をおこないましょう。計画的に達成できるよう、スケジュールに落とし込むことが重要です。

もし達成できない場合は、原因を考えて改善する必要があります。改善することで目標を達成できるようになれば、さらに高い目標を設定しましょう。

目標設定と改善を繰り返すことで、同じ期間でも生産性がアップして、月20万円に近づきます。

【ポイント3】競合と差別化することで付加価値を高める

3つ目のポイントは、競合と差別化して付加価値を高めることです。

副業をする人は多いため、ライバルたちとは異なる自分なりの価値をアピールすることで、高単価の案件を受注しやすくなります。

たとえばWebライティングの副業なら「金融×技術(FinTech)特化ライター」など専門ジャンルを持つことで、ほかのWebライターと差別化し、付加価値を高められます。

クライアント視点でも、大勢いるWebライターより、1人のジャンル特化ライターに仕事を依頼したほうが高品質な記事を期待できるでしょう。

副業で20万円を稼ぐ際の注意点3つ

副業で20万円を稼ぐ際には注意が必要なこともあります。知らずに進めてしまうとあとから後悔することもあるため、十分に気をつけましょう。

副業で20万円を稼ぐ際の注意点を3つ紹介します。

上記の注意点を実践することでトラブルを回避できるため、ぜひ覚えておきましょう。

1.条件が悪い案件を選ばない

1つ目の注意点は、条件が悪い案件を選ばないことです。条件が悪い案件を受注すると、業務を進めることに疲弊して続けられなくなります。

条件が悪い案件の例は下記のとおりです。

  • 案件の業務内容に対して単価が明らかに低い
  • 何度も修正を依頼される
  • クライアントのコミュニケーションに問題がある

案件を受注する際は概要や条件をよく確認し、クライアントと詳細をすりあわせて納得した上で契約に進むことが大切です。

2.苦手なことはやらない

注意点の2つ目は、苦手なことをやらないことです。副業で苦手なことをやろうとしても長続きしません。

たとえば、文章を書くのが苦手なのに「Webライティング」を選んでしまうと、苦手なことをやり続けなければならないため負担が大きいです。

副業をするなかで、やりたくないことをやらなければならない場面はあるでしょう。しかし、苦手なことを極力やらないという選択ができる点は、個人で仕事をする魅力の1つです。

できるだけ苦手なことをやらずに、得意なことや楽しんでできることを選んでください。得意や楽しいを伸ばすことで、高いスキル獲得にもつながります。

3.睡眠時間を削らない

注意点の3つ目は、睡眠時間を削らないことです。睡眠時間を削ることは健康に悪影響を及ぼし、本業にも支障が出ます。

日中は会社で働き、勤務時間後や休日に副業をしていると「もっと副業に時間を割きたい」と考えることがあるでしょう。またキャパシティを超えた案件数を受注してしまうこともありえます。どうしても作業時間を確保するため、睡眠時間を削って対応しがちです。

ここぞというときに多少の無理をすることはあっても、日常的に睡眠時間を削ることは避ける必要があります。睡眠時間をしっかりと確保した上で、副業に取り組みましょう。

【Q&A】副業で月20万円稼ぐ際によくある質問

最後に、副業で月20万円稼ぐ際によくある質問をまとめました。

副業で20万円を稼ぐにあたり知っておきたい内容ですので、ぜひご覧ください。

Q1.副業をすると会社にバレるの?

副業をすると、住民税によって会社にバレる可能性があります。

住民税は、都道府県や市区町村がおこなう行政サービスを維持するため、地域に住む人々が経費を分担して支払う税金です。所得に応じて決まる「所得割」と一律に課される「均等割」を合わせたものになります。

会社員の場合、会社が本人の給料から天引きして代わりに住民税を納付する仕組みです(特別徴収)。この場合、副業によって給料以外の所得があると住民税の「所得割」が増えるため、社内の経理担当者にバレるおそれがあります。

会社にバレないためには、副業で得た所得分の住民税を自分で納付する「普通徴収」を選択する方法があります。ただし、会社の副業に関する規定を違反するとトラブルになるリスクがあるため、あらかじめ就業規則を確認しましょう。

Q2.副業で20万円稼いだら確定申告は必要?

副業で年間20万円以上の所得がある場合、確定申告が必要です。

下記の点に注意して確定申告が必要かを判断しましょう。

  • 「月」ではなく「年間」の所得が20万円以上
  • 「所得」は「売上−経費」

年間20万円以上稼いでいたとしても、経費を差し引いた金額が20万円に満たなければ、確定申告の必要がありません。

確定申告が必要なケースで申告せずにいると、ペナルティを課される可能性があります。実際に国税庁のサイトを見ると、下記のように定められています。

各年分の無申告加算税は、原則として、納付すべき税額に対して、50万円までは15パーセント、50万円を超える部分は20パーセントの割合を乗じて計算した金額となります。

引用:国税庁

副業を始める際は十分に注意しましょう。

Q3.副業は実名で顔出ししたほうがいいの?

副業において、実名で顔出しをしたほうがいいかは状況次第ですが、リスクがあるためしなくとも問題ありません。

実名で顔出しをするメリット・デメリットは下記のとおりです。

  • メリット:クライアントやユーザーに信頼感・安心感を与えられる
  • デメリット:身バレする可能性が高い、実生活に影響が出る可能性がある

基本的に副業で稼ぐには、実名で顔出しをしていることより、スキルや実績があることのほうが重要です。

Q4.やりたい副業がない場合は?

特にやりたい副業がない場合、下記の2つの行動を起こしましょう。

  • 知っている副業の幅を広げる
  • 興味を持てそうな副業をやってみる

副業の選択肢を幅広く持つことで「この仕事ならやってみたい」と感じられる副業に出会える可能性があります。世の中にどのような副業があるのかを調べてみましょう。

また、いくら副業を知っても「やりたい」と感じられない場合、とりあえず興味の持てそうな副業からやってみることもおすすめです。実際に自分でやらなくてはわからない部分が多いため、手を動かしてみることでやりたい副業が見つかる可能性もあります。

まとめ:コツコツ継続して副業で20万円を稼げるようになろう

副業で20万円を稼ぐことは簡単ではありませんが、自分に適した副業を選び、スキルや実績を積み重ねながら継続することで到達可能です。

月20万円を稼げる方法には下記の3つがありました。

  • 【方法1】本業や身につけているスキルを活かす
  • 【方法2】案件単価の高いスキルを習得する
  • 【方法3】副業を仕組み化する

現在のスキルや実績に不安がある方は、案件単価の高いスキル習得がおすすめです。習得に時間や労力はかかるものの、一度身につければ高単価な案件を獲得でき、月20万円に着実に近づけます。

たとえば「侍エンジニア」の副業スタートコースは、Webサイト制作・Webデザインのスキルを習得し、約3ヶ月で月5万円〜10万円の収入獲得を目指せるカリキュラムです。

プロ講師とともに実際の案件をこなしながら学ぶため、副業経験がない方でも安心して稼ぐ力を身につけられます。下記の無料カウンセリングでは副業について相談できるので、ぜひご活用ください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次