【ExcelVBA】Workbooks.Openでブックを開く方法について徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAで別のブックを開く方法を知っていますか?複数のブックを使って処理を作るとき、別のブックを開く方法を覚えておくと便利です。そこで今回は、

  • ブックを開くためのOpenメソッドの使い方
  • Openメソッドを使ったサンプルコード
  • Openメソッドがエラーになるケース・対処方法
  • 合わせて覚えておくと便利なブック操作方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

Workbooks.Openメソッドの使い方とは

はじめに、ブックを開くためのOpenメソッドの使い方について解説します。Openメソッドの使い方は、次のとおりです。

使い方:

Workbooks.Open ブックのファイルパス

また、ブックを閉じるCloseメソッドと組み合わせて次のように使うのがおすすめです!

使い方:

Sub Test1()
  Dim wb1 As Workbook
    
  'ブックを開く
  Workbooks.Open ブックのファイルパス
  Set wb1 = ActiveWorkbook
  
 
  'ブックに対してのメイン操作----------------------------
  '
  '
  '
  '------------------------------------------------------
  
  'ブックを閉じる
  Application.DisplayAlerts = False
  wb1.Close
  Application.DisplayAlerts = True
  
End Sub

Workbooks.Open ブックのファイルパスでブックを開いた後、Set wb1 = ActiveWorkbookで開いたブックのオブジェクトを変数wb1に入れています。

そのあと、メインの処理(ブックからデータをコピー、ブックのデータを変更など)を実行し、最後にwb1.Closeでブックを閉じる流れですね。

Application.DisplayAlerts = Falseは一時的にメッセージボックスを非表示にする方法で、ブックを閉じるときに「保存しますか?」といったメッセージを出さないようにするために書いています。

DisplayAlertsプロパティの詳しい使い方については以下で解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】DisplayAlertsプロパティでメッセージを制御する方法とは
更新日 : 2019年5月21日

Openメソッドを使ったサンプルコード

次に、サンプルコードをもとに、具体的な使い方について解説します。サンプルについて解説する前に、サンプルで使うCopyメソッドについて簡単に解説します。Copyメソッドを使えば、次のようにセルのデータをコピーすることができます。

Copyメソッドの使い方:

Workbook.Worksheets.Range(コピー元のセル範囲).Copy Destination:=Workbook.Worksheets.Range(貼り付け先のセル範囲)

アクティブワークブックをのデータをコピーするサンプルコードを用意しました。

画像:コピー元セルデータ

画像:実行前のセルデータ

サンプルコード:

Sub Test()
    
  'ブックを開く
  Dim wb1 As Workbook
  Workbooks.Open ThisWorkbook.Path & "Test.xlsx"
  Set wb1 = ActiveWorkbook 'アクティブなワークブック

  'アクティブワークブックから、マクロブックにデータコピー
  wb1.Worksheets(1).Range("A1:A5").Copy Destination:=ThisWorkbook.Worksheets(1).Range("A1:A5")

  'ブックを閉じる
  Application.DisplayAlerts = False
  wb1.Close
  Application.DisplayAlerts = True
  
End Sub

画像:実行後のセルデータ

このサンプルでは、Workbooks.Openファイルパスで新しくブックを開き、開いた直後は必ずアクティブになる習性を利用して、アクティブワークブックからマクロのブックにデータをコピーしています。

このように、別ブックを開いてデータ操作したいときに、Openメソッドは便利です。ちなみに、サンプルに使ったActiveWorkBookについては以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】ActiveWorkBookの使い方!ThisWorkBookとの違いも解説!
更新日 : 2019年5月2日

Openメソッドがエラーになるケース・対処方法

ここまでOpenメソッドがエラーにならないことを前提に話を進めましたが、エラーになるケースがあります。「指定したファイルパスにファイルがない」ケースです。

そのためOpenメソッドを使う前に、ブックの存在チェックをするのがおすすめです!Dir関数を使えば、次のように簡単にファイル存在チェックができます。

サンプルコード:

Sub Test()
    Dim str1 As String, str2 As String
    str1 = "C:UsersSiroDesktopVBATest1.xlsx"
    
    str2 = Dir(str1)
    If (str2 = "Test1.xlsx") Then
        Debug.Print "Test1.xlsxが見つかりました。"
    Else
        Debug.Print "Test1.xlsxは見つかりませんでした。"
    End If
End Sub

実行結果:

Test1.xlsxは見つかりませんでした

このように、簡単にファイルの存在チェックをすることができます。Openメソッドを使う時は必須なので、セットで覚えておくのがおすすめです!

Dir関数の使い方については以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

VBAでファイル名を取得するには?3+1のパターンで速攻理解!
更新日 : 2019年4月25日

合わせて覚えておくと便利なブック操作方法

ここまでOpenメソッドでブックを開く方法について解説してきましたが、ブックを開いた後に操作する方法も知りたいですよね。そんな方向けに、ワークブックの操作をまとめている記事をご紹介します!

以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】ワークブック操作する方法について徹底解説!
更新日 : 2019年8月28日

まとめ

今回は、Openメソッドを使ってブックを開く方法について解説しました。別ブックを開いてデータを操作したいケースはよくあります。使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

Writer

Sanshiro Wakizaka

フリーランス

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!
侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close