スライドショー スライドショー スライドショー

港区で学べるプログラミング教室おすすめ6選【2021年最新】

どのプログラミング教室を選べば良いの?
教室が多すぎてどこが良いのか見分けがつかない…
教室選びに失敗したくない!

プログラミングを学習したい気持ちがあっても、「どの教室を選んで良いのかわからない…。」という方は多いです。

通いはじめてから「思っていたのと違う…」「授業の進め方が合わない」と思ったとしても時すでに遅し。

このような悩みをお持ちの方へ、教室選びの時に重視すべきポイントをご紹介します。

この記事で、

  • 失敗しないプログラミング教室の選び方
  • 大人向け・子ども向けのおすすめプログラミング教室
  • 子どもがプログラミングを学ぶメリット

以上のことが理解できますよ。

この記事を読めば、最適なプログラミング教室が見つかります。ぜひ最後までお読みください。

失敗しないプログラミング教室の選び方5選

画像:失敗しないプログラミング教室の選び方

プログラミング教室選びで失敗しないために必須の、5つの項目をお伝えします。

  • 対象年齢
  • 授業料
  • 開講時間
  • 授業形式
  • 通いやすさ

それぞれ詳しく解説していきますね。

対象年齢

子ども向けのプログラミング教室は、対象年齢が細かく決まっていることが多いです。子どもは、知能が発達するスピードが速いため、年齢で区切って適切な学習を進められるようカリキュラムが組まれています。

大人向けの場合は明確な年齢制限はありませんが、プログラミングの転職を目指すコースは、年齢の上限が設けられている場合があります。大人向けのプログラミング教室を検討する際は、年齢に上限が決まっていないか注意しましょう。

授業料

画像:プログラミング教室の受講料は?

プログラミング教室の受講料は幅広く、相場としては総額平均30万前後と決して安くない金額がかかります。そのため「授業料が1番気になる」という方は多いです。

プログラミング教室を選ぶときに、支払える価格の上限を考えましょう。授業料が高いほど教室の質が良いわけではありません。

決めた金額の範囲内で受講できる教室を絞りましょう。

  • 開講時間
  • 授業形式
  • その他のサポート体制

などを比較して、ご自身の生活に合った選択をしてください。

プログラミング学習を終えて達成したい目標(サイト制作や転職など)がある場合は、必ず考慮して教室を選んでくださいね。

開講時間

画像:開講時間

プログラミング教室を選ぶ際は開講時間も重要なポイントです。

開講時間はプログラミング教室によって様々。朝8時から開講している教室もあれば、夜23時まで開講している教室もあります。

仮に教室の開講時間が通勤や通学と重なれば、無理に時間を空けなくてはなりません。始めのうちは良くても、無理が続けば通い続けることが難しくなります。

そのため、通うプログラミング教室が平日・土日の何時から何時まで開講しているのか事前に確認しておきましょう。

ちなみに、平日仕事をする大人の方であれば仕事終わりの夜間帯に開講している教室を、子どもであれば学校帰りや休日に長く開講している教室を選ぶのがおすすめです。

授業形式

画像:プログラミング教室の授業形式

プログラミング教室の授業形式は、オンラインか対面かで分類できます。

オンラインの場合は通学時間がかからないため、時間の節約ができます。しかし、対面ではなく画面越しで受講するので、モチベーションを保ちづらいという難点も...。

オンラインのプログラミングスクールは、1人でもコツコツと学習できる人にぴったりです。子どもよりも大人向けといえます。

対面で学習するプログラミング教室は、通学時間がかかるものの講師に直接教えてもらうことができます。疑問点を解決しつつ学習を進められる点は、大きなメリットです。

特に子どもの場合は、対面授業の方が講師に見守ってもらえるため授業内容が効率良く吸収できます。個別や集団といった授業形式の違いもあるので、子どもの性格に合った選択をしましょう。

通いやすさ

画像:通いやすさ

対面学習を進めるプログラミング教室を選ぶ場合は、通いやすさも重要です。

ひとえに通いやすさといえど、自宅や学校・職場からの近さだけが要素になるわけではありません。

先生との相性や教室の評判、駐車場の有無などの要素も通いやすさに繋がります。選んだプログラミング教室が通いやすければ通いやすいだけストレスなく学習に集中できますよね。

そのため、通いやすさは自宅や学校・職場からの近さだけでなく「学習に集中できる教室かどうか」を基準に選びましょう。

港区のプログラミング教室おすすめ3選【子ども向け】

画像:港区でおすすめのプログラミング教室

ここでは、港区にある子ども向けのプログラミング教室をご紹介します。子どものプログラミング学習を「講師に一任したい」と思っている方は多いです。そのお望みにお応えできるようなプログラミング教室を3つピックアップしました。

今回は、港区に絞って通いやすさも加味したスクールをお伝えしていきます。

ご紹介する教室はこちらです。

  • プロキッズ
  • コトミライ
  • LITALICOワンダー 青山

プログラミング教室ごとに特徴があるので、順番にみていきましょう。

プロキッズ

引用元:プロキッズ https://prokids.jp/onarimon

プロキッズは小学3年生から通えるプログラミング教室で、港区に御成門校があります。

Scratchとはアメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発した、子ども向けのプログラミング言語です。パソコンの画面に表示されるさまざまなブロックをつなげて、プログラムを組めます。

小学校高学年からはHTMLやCSSをはじめ、JavaScriptやPython・Swiftなどといった、現役のエンジニアが使用している言語を学習できます。

プログラミングの言語がわからない場合でも、Webサイトやゲーム、iPhoneアプリなど作りたいものがあれば、講師に尋ねると最適なコースを教えてくれますよ。

プロキッズの授業は、無料で体験することができます。インターネットでの情報収集も大切ですが、百聞は一見に如かずです。まずは体験して講師に疑問点を質問したり、お子さんの意見を聞いたりしてからの方が失敗しづらいでしょう。

公式サイトで詳細を見る
対象年齢 小学校3年生~高校生
料金(期間) 8,800円~17,600円(1ヶ月)
受講形式 通学・オンライン
対応時間 第2,4週木曜日 16時30分~19時45分
備考 パソコン貸出あり(2,200円/月)

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

コトミライ

引用元:コトミライ https://www.kids-mirai.jp/

港区に構えるコトミライでは、3歳からプログラミングを学習できます。

「3歳は早すぎるのでは……?」と思われるかもしれませんが、プログラミングトイで遊びながら創造性や表現力を養うので、小さな子どもでも楽しみながら学べる内容です。

年中以上になると、ブロックやタブレットを使用してプログラミングの初歩に触れることができます。小学生になると園児と同じような教材を使いながら、より高度な内容を学習していきます。

無料体験ができるので、お子さんの年齢に対応したコースを申し込んでみましょう。実際に教室に行ってみることで、授業の雰囲気を知ることができますよ。

公式サイトで詳細を見る
対象年齢 3歳~小学校6年生
料金(期間) 3歳~未就学児:3,300円(1回)
年中〜小学校6年生:8,800円~14,850円(1ヶ月)
受講形式 通学
対応時間 10時~17時
備考 定休日:日曜日・月曜日・祝日

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

LITALICOワンダー

引用元:LITALICOワンダー https://wonder.litalico.jp/location/tokyo/aoyama/

LITALICOワンダーは、首都圏を中心に展開しています。港区にはLITALICOワンダー青山があり、以下の4種類のコースを開講しています。

  • ゲーム&アプリプログラミングコース
  • ロボットクリエイトコース
  • ロボットテクニカルコース
  • デジタルファブリケーションコース

ゲーム&アプリプログラミングコースは年長から高校生、ロボットクリエイトコースは、年長から小学3年生など、対象年齢が決まっているのであらかじめチェックしておく必要があります。

子どもの作りたいものを重視して学習プランを設計してくれるので、モチベーションを保ちやすいのが特徴です。また講師1人に対して生徒は2~4人の少人数授業なので、ひとり1人手厚くサポートしてもらえます。

LITALICOワンダーでは、体験レッスンを無料で受講できます。全てのコースが体験の対象で、個別にカスタマイズされた授業を体験できるのも嬉しいポイントです。

公式サイトで詳細を見る
対象年齢 年長~高校生
料金(期間) 5,775円~(1回)
受講形式 通学・オンライン
対応時間 水曜日・金曜日:15時~20時
土曜日・日曜日:9時~18時
備考 月4回~受講可能

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

港区のプログラミング教室おすすめ3選【大人向け】

大人の方には、オンラインで受講できる教室がおすすめです。

筆者は完全オンラインでプログラミングを学習しましたが、時間や場所問わず学習できるのが大きなメリットでした。スキマ時間を活用しながら学習を進め、教室を卒業したらすぐにサイトの運営を任せてもらえるようになりました。

そんな筆者が自信を持っておすすめするプログラミング教室を順番にご紹介していきます。

  • SAMURAI ENGINEER
  • Tech Academy
  • DMM WEBCAMP

SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

専属講師がマンツーマンでサポートしてくれます。教室によっては学生や教室の卒業生が講師をしていることがありますが、 SAMURAI ENGINEERでは、現役のエンジニアがサポートしてくれる点が心強いです。

また何回でも質問できるのも嬉しいポイント。プログラミング学習をはじめたばかりの頃は、思わぬところでミスをしてエラーを解決するのに何時間も悩んでしまうものです。質問をすることで、効率良く学習を進めることができます。

オーダーメイドのカリキュラムに沿って学習を進め、専属の講師と二人三脚でオリジナルサービスの開発まで経験できます。開発したサービスはポートフォリオとして活用することができるので、転職や仕事の受注に役立ちますよ。

SAMURAI ENGINEERでは、無料のカウンセリングを行っています。Amazonギフト券や現役エンジニアへの相談、非売品の独学メソッドといった特典がついてくる太っ腹なカウンセリングです。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 2,833円~(1ヶ月)
受講形式 オンライン
対応時間 8時~22時
対応地域 全国
備考 レッスンは週に1回・60分

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

Tech Academy

previous arrownext arrow
Slider

多彩なコースが魅力的なプログラミング教室です。授業料は他の教室よりも安く設定されています。

また専属のメンターと1週間に2回のメンタリングを行うことで、モチベーションを保てるだけでなく、現役のエンジニア目線の意見を聞くことができます。

メンタリングの回数は限られているので、自分で学習のスピードをコントロールする必要があります。エラーから抜け出せなくて心が折れそうになっても、チャットでいつでも質問できるので安心です。

Tech Academyは課題をクリアしないと先に進めないので、学習したことが身についたのか確認しながら進めていけます。最後の課題としてオリジナルサービスの開発があるので、合格できたら卒業ですよ。

まずは無料体験をしてみてから決めるのがおすすめです。申し込みから1週間、実際のカリキュラムに近い形式で体験できます。コース選びに困惑した場合はメンタリングで聞いてみるのが良いですよ。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 社会人:174,900円(4週間)
学生:¥163,900円(4週間)
受講形式 オンライン
対応時間 15時~23時
対応地域 全国
備考 先割キャンペーン・学割あり

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

DMM WEBCAMP

previous arrownext arrow
Slider

DMM WEBCAMPには、以下の3つのサービスがあります。

  • DMM WEBCAMP COMMIT
  • DMM WEBCAMP PRO
  • DMM WEBCAMP SKILLS

このうちDMM WEBCAMP PRO、DMM WEBCAMP SKILLSの2つはオンラインで学習できます。

DMM WEBCAMP PROはオンライン完結で、プログラミング未経験の方でもIT業界への転職を目指せるコースです。プログラミング学習にとどまらず、キャリアアドバイザーによる転職サポートも最大1年間受けられます。

DMM WEBCAMP SKILLSには、1ヶ月でプログラミングスキルを習得できる「Webアプリ開発コース」とプログラミングの基礎を学習する「初めてのプログラミングコース」があります。

必要なスキルは人それぞれですので、無料カウンセリングを受けてみて適したサービスを教えてもらいましょう。コースはカウンセリングが終わってから変更することもできるので安心してくださいね。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 24,882円~(1ヶ月)
受講形式 オンライン・通学
対応時間 13時~22時
対応地域 全国
備考 パソコン貸出あり(¥12,800円/月)

2021年6月時点の税込み価格を掲載しています。

子どもがプログラミングを学ぶ3つのメリット

画像:子どもがプログラミングを学ぶメリット

筆者は子どものときからプログラミングを学習した方が良いと考えます。大人の場合は就職や転職に直結するイメージがありますが、子どもの場合はどうですか?

子どもがプログラミングを学ぶメリットとして、以下の3つをお伝えします。

  • 論理的思考が身につく
  • 問題解決能力が向上する
  • 就職に役立つ可能性がある

上記はプログラミング学習を通して子どものうちに身につけると、大人になってからも役立つメリットです。順番に解説していきます。

論理的思考が身につく

画像:論理的思考が身につく

プログラミング学習では技術とともに論理的思考も養われていきます。プログラミングでは、求める結果を得るために明確な指示が必要です。

「〇〇したい」と思ても、指示が正しくなかったり曖昧であったりすると、違った結果がもたらされます。エラーが出てしまい、そもそも結果が出ないなんてことも……。

プログラミングでは結果を導き出すために明確なプロセスを考えることが必須になります。これを繰り返していくうちに、論理的思考が身につくのです。

論理的思考は、プログラムを組むときだけに必要なものではありません。目標を達成するために何を・どのように行うべきなのか考えられるようになるともいえます。

子どもに身近な例えとして「夏休みの宿題」を挙げると、「1日あたりに〇ページ進めれば、×日で終えられるだろう」と考える力を養うことです。このように論理的思考は、子どもの頃から持っておきたいスキルといえます。

問題解決能力が向上する

画像:問題解決能力が向上する

プログラミング学習では、問題解決能力も養うことができます。プログラミングは頻繁にエラーが起こります。

エラーが出てしまったら、解決するためにコードを見直さなければなりません。不具合の原因を突き止め、改善するにはどのようなコードを書くべきなのか検証します。

筆者がプログラミングを勉強しはじめた頃、たった1文字を打ち間違えたことで全てが動かなくなり数時間悩んだことがありました。

間違いに気づくまでに長い時間を要してしまいましたが、問題を解決できた爽快感は忘れられません。

生きていれば、さまざまな問題が起こります。問題解決能力が身につくことで、困難な状況になっても戸惑うことなく乗り越える手段を考えられるようになります。

就職に役立つ

画像:就職に役立つ

プログラミングは、今の子どもが大人になる頃でも就職に役立つ可能性が高いです。経済産業省によると、2030年には45万人のIT業界の人材が不足することが予想されています。

つまりプログラミングは義務教育の一部となっています。プログラミング学習を始める時期は早いに越したことはありません。

早期からプログラミングを勉強することで「授業でついていけない」という事態を回避し、未来につながる学習にもなるのです。

まとめ

今回は港区で学べるおすすめのプログラミング教室を選び方も交えて紹介しました。プログラミング教室を選ぶ際に重視するポイントは以下の5つです。

  • 対象年齢
  • 授業料
  • 開講時間
  • 授業形式
  • 通いやすさ

また、プログラミング教室では無料体験やカウンセリングを行っているところも多くので、気になる教室があれば試しに体験してみると良いですよ。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら